【プラスチックの利用制限、化粧品にも】タイのドラッグストア業界

タイの医薬品販売市場は、政府及び個人レベルの医療費支出額の増大により、近年大きく規模を拡大させた業界のひとつとなっています。

今回は、そんなタイのドラッグストア業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

マイクロプラスティック化粧品、販売禁止へ

タイ保健省は、2020年1月から微細なプラスチック粒子のマイクロビーズ(マイクロプラスチック)が含まれた化粧品の製造、輸入、ドラッグストア内での販売を禁止すると発表した。

現在販売されているマイクロビーズ入りの化粧品については、2020年1月1日付で保健省の通達が発効してから180日以内に販売を中止する必要がある。通達によると、マイクロビーズは5ミリメートルより小さいプラスチック粒子を指すとしている。

タイ政府が策定したプラスチック製品の使用削減に向けたロードマップ(行程表)では、2019年末までにマイクロビーズを100%削減するという目標が掲げられており、オキソ分解性プラスチックの国内での販売、流通中止を目指している。

資生堂とwatsons、共同製品開発

2019年4月23日の発表によると、資生堂はヘルスアンドビューティ分野の世界最大のドラッグチェーンwatsonsグループと、敏感肌向けのブランド「dプログラム」の「アーバンダメージケア」シリーズを共同開発し、タイで販売を始めた。

「dプログラム」と「 アーバンダメージケア」シリーズからは、敏感肌の女性を取り巻く花粉やちりなどの微粒子の汚れから肌を守るスキンケア製品として、洗顔料の「Urban Damage Care Foaming Wash」および化粧液の「Urban Damage Care Concentrate」がラインナップされる。

ワトソンズの保有する世界各国1億3500万人以上の消費者インサイトの情報と、資生堂の長年にわたる敏感肌スキンケア研究の知見を融合させることにより、dプログラムの新シリーズ「アーバンダメージケア」を共同開発する。

Thailand-drugstore

ドラッグストアとしても認知 DONKI MALL THONGLOR

2019年11月30日の発表によると、ドン・キホーテを運営するパン・パシフィック・インターナショナルホールディングス(PPIH)は、タイ・バンコクに大型総合アミューズメントモール「DONKI MALL THONGLOR」を設立した。

PPIHグループの海外事業持株会社Pan Pacific Retail Management(Singapore) Pte.Ltd.、タイ国内最大手塗料メーカーグループのTOA Venture Holding Co., Ltd.、Nippon Parking Development (Thailand)Co., Ltd. の3社によって、タイでは化粧品の販売をはじめドラッグストアとしても認知されている。

「DON DON DONKI」は、店内の商品を日本製もしくは日本市場向けの美容商品でラインナップした「ジャパンブランド・スペシャリティストア」をコンセプトとして、PPIHグループの東南アジア仕様の新業態の形をとっている。

カネボウ、タイで化粧品新ブランド展開

2019年8月21日の発表によると、カネボウ化粧品は、グローバル戦略ブランド「freeplus(フリープラス)」をタイ国内のドラッグストアでの販売によって導入する。はじめにタイでの導入を行ったあと、ASEAN地域での展開を行う。

「freeplus(フリープラス)」は、海外展開ブランドとして2005年より中国で導入されているブランドとなってヒットした。今回の発表によると、「freeplus(フリープラス)」のさらなるグローバル化を加速するためにタイでの販売が決定されたとのこと。

タイ国内の販売は日系ドラッグストアを中心に行われ、インターネット販売も行う。「敏感な肌と心」をターゲット層として積極的に発信し、大規模サンプリングや、タイ人インフルエンサーによる宣伝も行われるとのこと。

まとめ

タイのドラッグストア業界のプレイヤーの多くは、小規模な個人経営店であり、近代型小売店舗は依然少数派となっています。今後の動向に注目することでも新たなビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

タイに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!

banner
東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地の頼れる相談相手としてだけでなく、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。

「タイでビジネスをするなら知っておきたい10のこと」

目次(全16ページ)

Ⅰ タイのビジネス事情 ・タイで知っておきたい基本情報 ・タイはどんな外資規制があるの? ・就労ビザの取得についての最新情報 ・タイのカントリーリスク ・タイが最も力を入れている政策「Thailand 4.0」とは? Ⅱ タイの業界トレンド ・飲食業界のトレンド ・タイの製造業の今 ・医療・介護分野は大きなチャンスあり ・国民の教育に力を入れるタイ政府 Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために ・成功に欠かせない3つの要素 ・販路拡大のための情報プラットフォーム「ビズラボ」

関連記事

  1. thai-private-banking

    【ターゲットは富裕層】タイのプライベートバンキング業界

  2. 【新規路線に向けて】タイの鉄道・バス業界

  3. 【フリーランサー増大、増える〇〇需要】タイの資格・社会人教育業界

  4. Thailand-workerseducation

    【技能不足が課題】タイの資格・社会人教育業界

  5. singapore-ec

    【政府も積極的に支援!】シンガポールのネット通販業界

  6. philippines-drugstore

    【今後の市場拡大に期待】フィリピンのドラッグストア業界の最新トレンド

  7. indonesia-supermarket

    【近代型小売りスーパーの拡大】インドネシアのスーパーマーケット・コンビニ業界の最新トレンド

  8. thai-stationery

    【異業種も取り入れる】タイの文房具・事務用品業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. singapore-lawyer
PAGE TOP