【健康意識の最新トレンドを解説】シンガポールのドラッグストア業界

シンガポールでは、国民の美意識が向上したことを背景に、ドラッグストア店舗内の美容化粧品が人気を集めています。

今回は、そんなシンガポールのドラッグストア業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

余仁生、創業140周年!今後の戦略とは?

2020年1月時点で国内に46の販売店と22のクリニックを持つ、香港の企業Eu Yang Sang(余仁生)が140周年を迎え、Forbes Asia誌に特集された。

Eu Yang Sangは中医学に基づいた健康食品・ドリンクやサプリメントの販売の他、施術を行うクリニックを運営しており、中華圏以外のアメリカ、カナダ、オーストラリアなどでも販売店を展開している。約200の店舗があり、同社がコアマーケットとして位置付けている、シンガポール、マレーシア、香港、マカオ、中国でクリニックを展開している。

同社はシンガポールでも非常に人気が高く、チャンギ空港の全ターミナルに販売店があり、チャイナタウンには大型店舗を構える。今後は中医学を元に、より革新的な製品開発を行うほか、若手層にも中医学を継承してもらうべく、気軽に取り入れやすいように加工するなど、商品開発を行う。また、中国本土では販売店を次々と閉鎖し、製薬会社卸のプラットフォームとオンラインを通じてより効率よく販売を行っていく。

Watsons、管理職の画期的な研修制度とは?

2019年4月30日の発表によると、Watsons Singaporeでは年長の社員が若手社員を教育する研修制度に加え、ミレニアル世代がDirectorクラスにトレンドの共有やアドバイスを行う従来とは逆の研修制度、リバース・メンター研修を導入した。

今回Singapore Polytechnic(主に実学を教える高等教育機関)のマーケティングマネジメントを専攻する学生2名とコラボレーションを行い、トレーディングと顧客担当のDirector2名に対しマンツーマンの指導を行い、昨今のビジネスのトレンドや顧客の嗜好について研修を行った。

このリバース・メンター制度と従来のメンター制度の両方を行うことで、将来のマネジメントを担う若手には早期からマネジメントの視点を持ってもらうことができる。また、現在のDirector層にはよりアップデートされたビジネスの知識をもたらすことが可能となる。

Singapore-drugstore

2019年のシンガポール製薬協会の会議

Pharmaceutical Society of Singapore(シンガポール製薬協会)とSingapore Pharmacy Congress Organising Committee(会議の組織委員会)が共同で主催する、第29回目となるSingapore Pharmacy Congress 2019が開催された。

この会議は毎年2日間行われ、今年のテーマは“Educate, Engage & Empower for a Future Ready Pharmacy”(将来の期待されている薬学を教育し、理解と能力を高める)であった。このテーマは、シンガポールのMinistry of Health(保健省)が、来る高齢化に備え、2020年のテーマとして提唱している内容に沿ったもの。

会議では患者のニーズに応じた革新的な治療や解決策を提供出来るよう、最新のテクノロジーや若手薬剤師のソフトスキルを強化するだけでなく、製薬関係者が病院とより密接に協業出来る為の施策について、講義やシンポジウム、ワークショップなどを行った。

SaSaの事業内容と受賞歴

2019年12月31日の発表によると、化粧品を中心としたドラッグストアを展開する香港企業のSaSaが、3年連続World Branding ForumのBrand of the Yearを受賞した。美容や健康分野で同賞を受賞した香港企業は同企業のみ。SaSaはシンガポールでも22店舗(2020年1月現在)を展開する人気企業。

特に化粧品に力を入れており、自社ブランドを持つ他、約700の幅広い価格帯のブランドの商品を販売している。同社は多様な人種の顧客を持つことで知られている。また、香港証券取引所のメインボードに上場しており、香港、マカオ、中国、台湾、シンガポール、マレーシアに店舗を持ち、約5千人の従業員が働く。

約100カ国の顧客が利用するオンライン販売プラットフォームの他、約100の他社ブランドのブランディング、プロモーション方法や流通のコンサルティングも行っている。

まとめ

シンガポールでは、サプリメントを販売するにあたり、健康保険省(HAS)からの認可や特別なライセンスを必要としないため企業が参入しやすくなっています。このような動向に注目することでも新たなビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

シンガポールに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!

banner
東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地の頼れる相談相手としてだけでなく、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。

「シンガポールでビジネスをするなら知っておきたい10のこと」

目次(全15ページ)

Ⅰ シンガポールのビジネス事情 ・人口はたったの560万人。それでも多くの企業が進出する理由 ・外需を獲得するために知っておきたい、2つのキーワード ・シンガポールはどんな外資規制があるの? ・就労ビザの取得が厳しいって本当?その背景と対策 ・世界中が注目!シンガポール政府が力を入れる3つの政策 Ⅱ シンガポールの業界トレンド ・今年の飲食トレンド、3つのポイント ・シンガポールで製造業って、アリなの? ・医療・介護分野は大きなチャンスあり ・教育ビジネスをするなら、これを活用すべき Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために ・成功に欠かせない3つの要素 ・販路拡大のための情報プラットフォーム「ビズラボ」

関連記事

  1. 【中長期的な成長に期待】タイのドラッグストア業界

  2. singapore-workers-education

    【政府が生涯学習を推進!】シンガポールの資格・社会人教育業界

  3. vietnam-electronic-commerce

    【デジタル革命の波に乗れるか】ベトナムのネット通販業界

  4. 【空港免税店、10年の独占?】タイの百貨店・ショッピングモール業界

  5. singapore-shipping

    【国際貿易の中継地!】シンガポールの海運業界

  6. thai-fashion

    【ファッションのハブになるためには?】タイのファッション業界

  7. singapore-real-estate

    【需要はまだある!】シンガポールの不動産業界

  8. singapore-cosmetics

    【世界中の企業が続々進出】シンガポールの化粧品業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. singapore-lawyer
PAGE TOP