【市場競争、激化へ】インドネシアの化粧品業界

近年、カラーコスメの製品カテゴリーは非常に細分化が進んでおり、国内ブランドと外資系ブランドの市場競争が激化しています。

今回は、そんなインドネシアの化粧品業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

Mustika Ratu、2020年に2桁成長目指す

2019年12月12日、インドネシアの化粧品メーカーPT Mustika Ratu Tbk(MRAT)は、ホームページに2020年のターゲットを発表した。

2020年の売上高目標は前年比111%。輸出市場の拡大、新製品の開発と流通経路を改善することによって達成しようというもの。

まず、輸出に関しては、インドシナ、中東とアフリカの国々への輸出を強化し、現在5%の販売への輸出貢献度をさらに高める計画。新製品については、漢方薬分野の新製品で新たにイスラム市場やミレニアム市場を開拓する計画。流通チャネルの改善については、アウトレットのアクティブ化、店頭でのディスプレイの改善、販売エリア区分けの再マッピング、デジタルチャネルの強化などが行われる計画である。

インドネシア初!ランコムブティックがオープン

2019年12月23日、L‘ORÉAL Indonesiaはホームページで、インドネシアで最初のLancômeブティックをオープンしたことを発表した。

場所は、バリ島のクタにあるビーチウォークショッピングセンターの中。総面積71平方メートルのこのブティックは、スキンケア、メイクアップ、フレグランスの3つのカテゴリに分かれている。

スキンケアエリアでは、最新のYouth Finderテクノロジーを使用して肌の状態を分析し、最適なスキンケア製品を選べる。メイクアップエリアでは、有名メイクアップアーティストによるメイクアップレッスンも開催される。フレグランスエリアでは、さまざまな香水がフレグランスバーに置かれており、カスタマイズもできるということ。

Indonesia-cosmetic

研究技術大臣、Martha TilarのR&D活動に謝意

2020年1月9日、インドネシアの化粧品会社Martha Tilarは、インドネシアの研究技術大臣がMartha Tilarのオーガニック薬用植物園と研修所を訪れたことを公表した。

今回の大臣の訪問は、Martina Bertoの研究所、BPPT(技術評価・研究庁)、LIPI(インドネシア科学知識院)とインドネシア大学およびパジャディラン大学の教育機関を交えたディスカッションセッションのスピーカーを務めるためであった。

大臣はスピーチの中で、民間企業の事業開発における研究開発(R&D)の役割が持続可能なビジネスモデルの一部でなければならないとしてその重要性を強調し、研究の重要性を認識したマーサ・ティラー・グループへの感謝の意を表明した。

YSLインドネシア、皮膚再生効果のある新製品発売

YSLビューティーインドネシアは日々の生活と肌の再生の必要性とのバランスを最大限に取るという女性のニーズに応えることができる新製品、PURE SHOTSシリーズを記者会見で発表した。

YSLの調査によると、人間の皮膚が最適に再生するには安定した28日間のサイクルが必要で、生活が不規則だとサイクルが長くなり、結果として、皮膚がすぐに再生できず、より早く老化の兆候が現れるとのこと。

PURE SHOTSは天然成分から得られる有効成分で構成されており、皮膚の再生を助けるだけでなく、肌の角質除去や新しい皮膚細胞層の保護にも役立つ。PURE SHOTSは、2020年1月6日から店頭に登場するとのこと。

まとめ

国民の9割近くをムスリムが占めるインドネシア市場では、ハラール認定製品の活発なプロモーションを行うことなどで、独自の販路を拡大できるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

インドネシアに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ インドネシアのビジネス事情 ・インドネシアで知っておきたい基本情報 ・厳しい外資規制があるため、ネガティブリストを確認 ・就労ビザってどうやってとるの? ・インドネシアのカントリーリスク ・インドネシアが最も力を入れている「Making Indonesia 4.0」とは? Ⅱ インドネシアの業界トレンド ・飲食トレンド、3つのポイント ・インドネシアの製造業の今 ・医療・介護分野でのビジネスチャンス ・教育分野は大きなチャンスあり Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


インドネシアへの進出状況 *




関連記事

  1. indonesia-warehouse

    【日本企業との連携】インドネシアの倉庫業界

  2. 【ヘアケアへの関心増】タイの美容・エステ・ヘアカット業界

  3. philippines-stationery

    【若年層へのアプローチ】フィリピンの文房具・事務用品業界

  4. indonesia-telecommunication

    【大手キャリアの新規開発】インドネシアの通信業界

  5. 【市場が拡大!】インドネシアの美容・エステ・ヘアカット業界

  6. Iindonesia-securities

    【国民に広めていく】インドネシアの証券業界

  7. 【成長を続ける】インドネシアの美容・エステ・ヘアカット業界

  8. 【ASEAN最大の市場】インドネシアの自動車業界

PAGE TOP