【SNSで注目集まる】フィリピンの化粧品業界

化粧品市場は、インターネットやSNSなど、爆発的な情報拡散を可能にする電子ツールの利用者数の増加により、成長が加速しています。

今回は、そんなフィリピンの化粧品業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

資生堂、ワトソングループとの提携を強化

2019年5月30日、日本最大手の化粧品メーカーの資生堂は、 世界最大のドラッグチェーンであるワトソンズグループと戦略的提携を結び、今後商品開発や社会貢献などの分野で共同して取り組むことを発表した。

ワトソンズは1841年に香港に設立された、ヘルスアンドビューティ分野で世界最大のドラッグチェーン。25の国と地域で展開する12の小売ブランドの下に、15,000の店舗を運営し、店舗とECサイトを合わせた年間の総客数は52億人にものぼる。


資生堂商品のワトソンズでの取り扱いは1987年に台湾でスタートし、現在はアジアを中心に10ブランド以上を展開。資生堂のブランド力と、ワトソンズの小売ネットワークと消費者インサイトデータを融合させることにより、アジアの消費者に適した商品とサービス提供を目指す。

FDA、J&Jにベビーパウダーの成分検査を要請

2019年10月23日の発表によると、食品医薬品局(FDA)は、Johnson & Johnsonに対し、アスベスト汚染の可能性から消費者を保護するために、ベビーパウダー製品のテストを実施するよう促した。

米国FDAがアスベストを発見した後、33,000本のボトルを回収したことがきっかけ。米国FDAは、ベビーパウダー製品から致命的なクリソタイルアスベスト繊維を発見したことを発表し、既定のロット番号におけるJ&Jベビーパウダーの使用を中止するように消費者に勧告した。

これを背景に、人口増加に伴い多くのフィリピン人が使用するベビー用品のアスベスト汚染の発覚により、フィリピン国内の消費者の過度の不安を軽減するための措置を積極的に講じることが求められている。

Philippines-cosmetics

AVON、災害時の支援や寄付を実施

英国に本社を置く化粧品会社で、カラー化粧品、香水、スキンケア製品、ヘアケア製品を製造・販売するAVONは、世界中の数十億人の女性の生活にプラスの影響を与えることにより、より良い世界を創造するという社会的責任のもと、災害時にコミュニティを支援している。

フィリピンでは、2020年1月13日にタール火山が噴火した際、被災者3,000人に下着、消臭剤、トイレタリーを含む衛生パックを寄付した。さらに前年12月の台風ウルスラの際には、被災地域の支部にある1,470個の衛生パック(下着、シャンプー、石鹸、消臭剤)を、影響を受けたエイボンの代表者とその家族に寄付している。

その他同社の災害時の支援活動として、オーストラリアの山火事において同国の赤十字に25,000ドルの寄付を行ったり、トルコ東部を襲った地震の被災者のためにスカーフ、手袋、トイレタリーを含む5,000を超える製品をRed Crescentへ寄付したことなどが挙げられる。

Cosmetique Asia CorpのMiss Silkaコンテスト

Silka Papaya Soapが主力ブランドであるCosmetique Asia Corpは、12年目を迎えるMiss Silkaフィリピン2019のコンテストを開催した。それぞれの地域タイトルを獲得したさまざまな州を代表する26人の候補者が競演した。

Miss Silkaコンテストは、国内で最も人気の美人コンテストの1つであり、フィリピンの女性の多様性を祝うための手段として、地域および文化の代表を全国的に募り華々しく競い合う。

2019年のミスシルカフィリピンの優勝者であるパンパンガのジェイミーニコルアンヘレスマニオに、現金15万ペソと豪華な優勝賞品が贈られた。さらに10万ペソ相当の寄付が、彼女が選んだ慈善団体に寄付される予定。

まとめ

近年は、新規に設立されたブランドほど、SNSの活用や双方向コミュニ ケーションの取入れなど、複数のマーケティング手法を駆使し、ターゲット市場において集客を行っています。このような傾向に注目することでも新たなビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

フィリピンに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ フィリピンのビジネス事情 ・フィリピンで知っておきたい基本情報 ・フィリピンは外資規制が厳しい国? ・就労ビザの取得についての最新情報 ・フィリピンのカントリーリスク ・注目の政策「ビルド・ビルド・ビルド」とは? Ⅱ フィリピンの業界トレンド ・飲食トレンド、3つのポイント ・フィリピンの製造業の今 ・医療・介護分野のビジネスチャンスとは? ・教育分野は大きなチャンスあり Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


フィリピンへの進出状況 *




関連記事

  1. philippines-taxi

    【多様化するタクシーサービス】フィリピンのタクシー・配車アプリ業界

  2. philippines-supermarket

    【自閉症に対する理解を深める】のスーパーマーケット・コンビニ業界の最新トレンド

  3. philippines-bank

    【業務提携で成長】フィリピンの銀行業界

  4. 【縮小市場に対抗!】タイの文房具・オフィス用品業界

  5. 【市場競争、激化へ】インドネシアの化粧品業界

  6. philippines-food

    【食肉業界が熱い!】フィリピン食品業界の最新動向

  7. philippines-shipping

    【世界中へのネットワーク】フィリピンの海運業界

  8. thai-drugstore

    【日本式スーパードラッグストア】タイのドラッグストア業界

PAGE TOP