【ヘアケアへの関心増】タイの美容・エステ・ヘアカット業界

美容法としてのヘアケアは消費者の間でも人気が高く、シャンプー、コンディショナーの他にもトリートメントを利用する習慣も拡大を続けています。

今回は、そんなタイの美容・エステ・ヘアカット業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

世界で最もホットなスパはどこ?

2020年1月31日の発表によると、Chiva-Som Spaが2020年のCondé Nast Traveller Spa Awardsで表彰され、Best Destination Spa 2020の最優秀賞を受賞した。ウェルネス・トラベルのスペシャリストであるHealing Holidaysが後援するこの賞は、世界で最もホットなスパを表彰している。

授賞式は2020年1月28日にロンドンのLanesboroughホテルで行われ、Chiva-Som会長兼最高経営責任者(CEO)のKrip Rojanastien氏が授賞式で賞を獲得した。

リゾートは2020年4月に25周年を迎える。5年間の段階的な改修を経て包括的にリニューアルし、2019年10月に営業を再開した。エネルギーを再利用した新しいChiva-Somは、滞在後のアフターケアの改善など多くの機能を強化した。

マレーシアに進出!Anantara Hotels

2019年12月20日にAnantara Hotels, Resorts & Spas は、マレーシアでブランド初の高級ホテル「Anantara Desaru Coast Resort & Villas」の開業を発表した。ホテルは緑豊かなトロピカルガーデンに囲まれた様々な豪華宿泊施設を提供する。

ホテルは南シナ海のビーチフロント沿いに位置し、マレーシアのスナイ国際空港(JNB)から車で45分、シンガポールから車で2時間で到着する。また、健康愛好家やアドレナリン中毒者のための特製のスパやヘルス&フィットネスセンターが設置される。

Anantara Desaru Coast Residencesのポートフォリオは、ビーチフロントレジデンスで構成されている。リゾートがサービスを提供するこの物件の各所有者は、リゾート管理のレンタルプログラムを利用すると、居住していない時に投資収益を得ることができる。

thailand-beauty

SALA Hospitality Group、上級女性幹部の任命

SALA Hospitality Groupはビジネスを推進するため、2019年10月17日に2人の上級女性幹部の任命を発表した。グループは高級ビーチリゾートおよびブティックホテルのスペシャリストであり、SALA Resorts and Spasなど7つのホテルを運営する企業である。

JW MarriottやAnantaraなど有名ホテルで20年の経験を持つタイ国民のBenjaporn氏が、セールス&マーケティングのグループディレクターに昇格した。収益管理部門において6年間の経験を持つインドネシア生まれのFarah氏が、収益最適化のグループディレクターとして就任した。

この任命はアジアの主要なビーチリゾートおよびブティックホテルオペレーターの1つとしての地位を高めることを目的としている。両者は企業を前進させるのに最適な人物であり、ノウハウはポートフォリオ全体の収益性を高めるのに役立つ。

Rosewood Bangkok、健康重視のスパを提供

2019年11月26日の発表によると、バンコクのビジネス街のプルーンチット通りにあるホテル、Rosewood Bangkokのスパは、トリートメントルームに加えて、専門家によるネイルバーやヘアサロンを提供する。

男性のために特別に設計されたスパメニューでは、顧客の関心事に的を絞った特定の治療法を提供する。ネイルサロンでは、子供のために特別に作られた優しいマニキュアが用意される。さらに、遠方からの顧客に対して北部および北東部のタイの人々が訪問者に提供する伝統的なタイ療法の時差ぼけのリバイバル治療を提供する。

タイは世界的にトップスパの本拠地として知られている。Rosewoodのスパは、タイの癒しの文化の伝統を受け継ぎ、個人の健康に合わせて様々なスパサービスを提供し続ける。

まとめ

タイでは高齢化に伴い黒染めクリームやその他の染髪剤の売上が伸びています。このような動向に目を向けることでも、新たなビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

タイに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!

banner
東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全16ページ)
Ⅰ タイのビジネス事情 ・タイで知っておきたい基本情報 ・タイはどんな外資規制があるの? ・就労ビザの取得についての最新情報 ・タイのカントリーリスク ・タイが最も力を入れている政策「Thailand 4.0」とは? Ⅱ タイの業界トレンド ・飲食業界のトレンド ・タイの製造業の今 ・医療・介護分野は大きなチャンスあり ・国民の教育に力を入れるタイ政府 Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


タイへの進出状況 *




関連記事

  1. thailand-construction

    【街の景色が変わる?】タイの建設業界

  2. thai-telecommunications

    【ネットワーク回線の発展】タイの通信業界

  3. vietnam-stationery

    【オフィスの進化】ベトナムの文房具・事務用品業界

  4. thailand-eatingout

    【都市化の影響?】タイの外食・中食業界

  5. 【今注目の自動車は?】タイの自動車業界

  6. Thailand-workerseducation

    【技能不足が課題】タイの資格・社会人教育業界

  7. philippines-stationery

    【外国企業とのパートナーシップが盛んに】中国の文具・オフィス用品業界

  8. indonesia-stationery

    【日本企業と共に】インドネシアの文房具・事務用品業界

PAGE TOP