【今後の成長に期待】シンガポールの美容・エステ・ヘアカット業界

Museeなどが提供する脱毛サロンのサービスが徐々にシンガポール国内にも浸透しつつつあります。

今回は、そんなシンガポールの美容・エステ・ヘアカット業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

ALEYDAのコロナ対策とは?

2020年2月5日の発表によると、国内のモバイルスパで有名なALEYDAは、深刻化するコロナウイルス対策のため、新たに厳しい衛生基準を設けた。すでに消毒のためのサニタイザーや抗菌ワイプの使用、サージカルマスクを着用することが許可されていた。

この度新規で開設されたポリシーは下記の通り。発熱や風邪などに限らず、呼吸器症状の兆候を示した場合、施術を拒否する権利を持つ。Stay Home Notice(SHN)または検査指示(QO)を受けている顧客には対応しない。

またスタッフに対しても一日二度の体温測定を義務付けている。その他には、ホームスパのキャンセル期限を6時間前から3時間前までに短縮、コロナウイルスによるイベント中止や延期に伴うキャンセル料金は一切かからないとしている。

HAS、豊胸手術へ警鐘

2019年5月10日、HASは豊胸手術により細胞リンパ腫(BIA-ALCL)を引き起こすリスクがあると発表した。乳房インプラントを使用している人が、切開後にインプラントの周りに痛みや腫れが発生した場合は、医師に相談することを勧めている。

BIA-ALCLの推定発生率は、3,817人に1人から30,000人に1人とかなり幅がある。グローバルレポートによると、マクロテクスチャの乳房インプラントを使用した患者の発生率が比較的高いことが示されている。

2017年以降、BIA-ALCLに関する新たな科学的報告を受けて、HSAは乳房インプラントメーカーに、シンガポールで登録されている乳房インプラントの説明書類にBIA-ALCLのリスクに関する注意書きを含めるように要求しており、新たな症例があった場合は報告するようにしている。

Singapore-beauty

ラッフルズホテル、スパをリニューアル

シンガポールで最も歴史のある5つ星ホテルとして有名なラッフルズホテルのスパが、2019年12月にようやくリニューアルオープンした。当ホテルは約2年間にも及ぶ大規模な改装を経て、2019年8月に営業再開をしたばかりである。

スパの内装はニューヨークの有名インテリアブランド”Champalimaud” によりデザインされ、洗練された空間となっている。各部屋は宝石にちなんで名づけられており、施術前には一杯の宝石水で迎えられる。

トリートメントに関しては主に2種類あり、宝石の自然な治癒特性を使用してストレスと緊張を和らげることを目的とした、ラッフルズシグネチャージェムストーンマッサージと伝統的な手法で古代の有機ハーブを使用するヒーリングセレモニーがある。

シンガポールの歯科矯正事情

シンガポールで歯科矯正にかかるお金は7000-9500Sドルで、治療期間としては最低でも1年、複雑な場合は2年以上かかることもある。治療のオプションとしては主にComprehensive、Moderate、Lite、Expressの4タイプで、それぞれの歯の状態に応じて選択する必要がある。

一般的なのはインビザライン治療。透明で目立たない取り外し可能な “アライナー”と呼ばれるマウスピースを用いて歯並びを矯正するシステムとなっている。従来のワイヤー矯正よりも痛みが少なく、手入れが簡単で衛生的と言われている。

シンガポールで歯科矯正は保険適用外となっている。また、矯正歯科の資格を持っていない歯科医も矯正治療をすることが許可されている。歯科矯正の相談料は50-100Sドルが相場。

まとめ

世界的な美容ブームにより、今後もシンガポールの美容業界の市場規模は拡大していくことが見込まれています。今後も同国の美容・エステ・ヘアカット業界は目が離せません。

◆本記事の出典はこちら

シンガポールに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!

banner
東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。

目次(全15ページ)

Ⅰ シンガポールのビジネス事情 ・人口はたったの560万人。それでも多くの企業が進出する理由 ・外需を獲得するために知っておきたい、2つのキーワード ・シンガポールはどんな外資規制があるの? ・就労ビザの取得が厳しいって本当?その背景と対策 ・世界中が注目!シンガポール政府が力を入れる3つの政策 Ⅱ シンガポールの業界トレンド ・今年の飲食トレンド、3つのポイント ・シンガポールで製造業って、アリなの? ・医療・介護分野は大きなチャンスあり ・教育ビジネスをするなら、これを活用すべき Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


シンガポールへの進出状況 *




関連記事

  1. 【市場競争、激化へ】インドネシアの化粧品業界

  2. singapore-taxi-taxiapp

    【新サービス続々登場】シンガポールのタクシー・配車アプリ業界

  3. Singapore‐staff-agency

    【絶好のビジネス環境】シンガポールの人材サービス業界

  4. singapore-shipping

    【国際貿易の中継地!】シンガポールの海運業界

  5. Singapore‐shopping

    【最新統計と企業動向からみる】シンガポールのファッション業界

  6. 【今注目の化粧品は?】シンガポールの化粧品業界

  7. singapore-stock

    【外資系企業を魅了する】シンガポールの証券業界

  8. thai-cosmetics

    【環境との共存】タイの化粧品業界

PAGE TOP