【美容意識、向上中】ベトナムの美容・エステ・ヘアカット業界

近年、力強い経済成長を続けるベトナムでは、主要ターゲット層である若い女性消費者の購買力が向上し、美容意識が高まると共に、美容サロン業界の市場規模が拡大しています。

今回は、そんなベトナムの美容・エステ・ヘアカット業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

保健省、美容整形の安全性に注意喚起

2019年5月13日の発表によると、ハノイで美容整形を行なったのちにHIVに感染した患者がいることを受け、ベトナム保健省は美容整形の利用者に注意喚起を促した。同患者が利用した院は無資格の施設であった。

一般的に美容整形は、その効果を予測するのがスタッフでさえ難しく、予想外の結果をもたらすこともある。上記の患者以外にも、術後に出血が止まらなかったり、感染症を起こしたりと言った事例が報告されている。

こうした問題の多くは無資格の施設で行われているケースが多い。施設も衛生基準を十分に満たしておらず、ホテルやゲストハウスなどで行われていることすらある。利用者は適切な医院を選ぶよう注意が必要だ。

Xuan Huong、院内でコロナウイルス対策を実施

昨今のコロナウイルス感染拡大に伴い、Xuan Huongもコロナウイルスの感染予防の重要性を認識している。2020年3月9日の発表によると、同院はベトナム保健省の指導に従い、厳格な対策を実施している。

具体的には、噴霧により院内全体を消毒、医師、専門家、従業員の全員がマスクを着用、定期的に手を洗い、顧客とのやり取りや、機材を操作する際には手袋を着用する、と言った内容だ。

同院は顧客に対しても体温の確認や手指の消毒、体調に問題がないかを確認する、と言った協力を求めており、顧客と院が一丸となって、コロナウイルスの感染拡大防止に務めたい考えだ。

Vietnam-beauty

6年以上の研究!まぶた施術手法とは?

2019年11月23日、Dr. Hai LeはDEEP TECH20で新たなまぶた施術手法を公開した。これはベトナムと韓国の医師チームによる6年以上の研究の集大成と言える。

今回公表された手法では、状態の良くないまぶたを修復することができる。特に過去に整形手術を受けた際の失敗が原因の損傷も回復することができるとしている。

Dr. Hai Leiは同技術をベトナム国内で独占的に利用することができる。同技術と同院の経験豊富なプロフェッショナルなチームにより、顧客により満足度の高い施術を提供することで、国際水準の高品質なサービスを今後も提供していきたい考えだ。

スキンケアの問題を解決するLotion P50

ローションP50は世界中のすべての美しい女性の不可欠な美容製品となっている。 同製品は人気のウェブサイトPopSugarにおいて、何度も購入すべき化粧品上位12中2位にランクされている。

同製品ラインの特徴は、古い角質細胞を取り除くことができる、角質除去機能だ。これにより、肌の本来の能力を引き出し、回復、再生を助けると言われている。

製品には天然成分が主に用いられている。1例としては、角質を除去する機能があるクエン酸や乳酸、はちみつ、りんごから製造した酢や、スパイスの抽出物などが含まれている。

まとめ

ベトナムでは、経済成長に伴い、美容に費やす金額が増加傾向にあり、富裕層のみならず中間層の人々のヘアサロン、ネイルサロン、スパの人気が増えています。そんな中、同国の美容・エステ・ヘアカット業界は今後も多くのビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

◆本記事の出典はこちら

ベトナムに進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全16ページ)
Ⅰ ベトナムのビジネス事情 ・ベトナムで知っておきたい基本情報 ・ベトナムの外資規制が緩和されたって本当? ・就労ビザの取得の最新情報 ・ベトナムのカントリーリスク ・ベトナムが最も力を入れている政策「SEDP 2016-20」とは? Ⅱ ベトナムの業界トレンド ・飲食トレンド、3つのポイント ・ベトナムの製造業の今 ・医療・介護分野は大きなチャンスあり ・ITと日本語に強い、ベトナムの教育事情 Ⅲ 現地でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


ベトナムへの進出状況 *




関連記事

  1. philippines-cosmetics

    【グローバル化進む】フィリピンの化粧品業界

  2. philippines-stationery

    【外国企業とのパートナーシップが盛んに】中国の文具・オフィス用品業界

  3. vietnam-bank

    【きめ細やかなサービス】ベトナムの銀行業界

  4. vietnam-celemony

    【伝統を守る】ベトナムの冠婚葬祭トレンド

  5. vietnam-drugstore

    【市場は海外がメイン】ベトナムのドラッグストア業界

  6. thai-salon

    【医療観光の促進化】タイの最新美容スパ・サロン事情

  7. Singapore-beauty salon

    【最新テクノロジーによる新たな顧客体験を】台湾の美容・エステ・ヘアカット業界

  8. vietnam-warehouse

    【競争力、サポート力強化】ベトナムの倉庫業界

PAGE TOP