【保育サービスの需要拡大】タイの保育業界

Thailand-childcare

タイでは現在、共働き世帯の急増を始めとする社会構造の大幅な変化により保育サービスの需要が拡大しています。

今回は、そんなタイの保育業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

タイの保育業界 業界地図はこちら!

2020年 タイの保育(教育)業界

タイ政府、24時間無料の児童養護施設を開設〜保育業界動向〜

2020年11月2日、タイ政府は、子育てを行う労働者の職業生活と家庭生活の両立を支援するため、プーケットに24時間無料のベビーシッターサービスを提供する児童養護施設を開設したことを発表した。

この施設は、就業中に子育ての問題に直面している親や、ひとり親家庭への子育てを支援するため、労働省の全面的な支援によって、2〜6歳の幼児を対象に24時間無料のデイケアサービスが提供される。

国家幼児発達基準に準拠したこの施設に幼児を預ける事で、保護者はキャリアを築きながら家庭のために十分な就労収入を得ることができる。さらに、100名の社会問題に苦しむ家庭に助成金が提供された。

出典:https://www.thaigov.go.th/news/contents/details/36436

タイの社会開発・人間安全保障省、保育園を設立〜保育業界動向〜

2020年8月15日、社会開発・人間安全保障省は、子育て支援の拠点として、タイのチェンマイ県で最初の片親育児モデルであるDAY CARE NIGHT CARE 保育園「フエンウンジャイ」を開設したと発表した。 

これは、生活の質と人間の尊厳を向上させるという政府の方針に従ったものであり、片親家庭や昼夜問わず就労する保護者に代わって保育する施設である。片親家庭での子育て環境は、タイ社会では依然として問題である。

この施設では、教育省が政府機関やネットワークパートナーを含む10の省庁と統合して福祉の取り決めを支援することで、全ての人に育児相談などを行い、子育てを支援する。さらに今後、様々な分野で拡大していく方針である。

出典:https://www.m-society.go.th/news_view.php?nid=28620

タイの新聞事務所、夜間保育園の開設を発表〜保育業界動向〜

2020年8月26日、新聞事務所は、社会開発・人間安全保障省が、チョンブリ県のBaan Eua Arthornプロジェクトのエリア内に、夜間帯に保育を必要とする人のためのナイトケアセンターを設立したと発表した。

この施設は、チョンブリ県では初となり、タイでは2番目となる夜間保育園である。国の幼児発達基準に準拠した適切で安全な保育園は、夜勤する保護者を支援するために開設され、夜間のみの保育が実施される。

また、一人親家庭で子を持つ父親もしくは母親にアドバイスを提供するとともに、他の多くの省庁と連携して取り組んでいく。さらに今後、労働省がフルサービスのセンターを設立する予定だと発表した。

出典:http://www.opt-news.com/news/12821

Thailand-childcare

タイ国立児童家族開発研究所、オープンハウス開催〜保育業界動向〜

2020年10月8日、マヒドン大学の国立児童家族開発研究所は、Assocが主導するオンラインプラットフォームで「Innovation for Child Development and Protection」というタイトルのオープンハウスを組織した。

イノベーションプログラムには、子供の発達と介入のためのイノベーションとデザイン思考、子供の発達と保護のための発達神経科学、児童保護など様々なコアコースと選択コースが用意されている。

同研究所が提供するこのプログラムは一般公開され、グローバル社会の急速な変化に対応する人材育成を目的として、必要な知識とスキルを向上させる。これにより、プログラムを修了した者は様々なキャリアを追求できる。

出典:https://cf.mahidol.ac.th/en/?p=4765

タイの地方行政局、人材育成プロジェクトを実施〜保育業界動向〜

2020年10月26日、内務省地方行政局は、国際学校や行政組織とのコラボレーションの一環として、幼児教育を担う人材を共同で育成するためのワークショッププロジェクトを実施した。

現在、全国に18,696の児童発達センターが存在し、697,140の幼児がいる。チャイルドケアラー、ケアギバーなどが幼児期発達の鍵になるとして、タイの組織下にある児童発達センターの幼児達があらゆる面で発達を遂げる事を目指す。

これまでにDLTV情報技術開発プログラムなど幼児教育の開発に着手してきた同局は、2021年に地方自治体の学校および児童発達センターでの幼児学習体験を促進するプログラムとワークショッププログラムを実施する予定である。

出典:http://www.dla.go.th/servlet/ActivityServlet?_mode=detail&id=1859

タイの保育業界 業界地図はこちら!

2019年 タイの保育(教育)業界

タイ石油公社、PTTの育児サービス産業への参入〜保育業界動向〜

タイ石油公社PTTは企業の社会的責任を担うソーシャルビジネス事業の一環として託児サービス産業およびプラスチック再生事業への参入を検討していることを明らかにした。初期投資額4000万バーツにおよぶこれらの事業は今後、同社グループ会社の主導で進行される。

託児サービス事業はPTTの本社内に設置された1~3歳の幼児を対象とした託児所として運営される予定で、主にPTTで勤務する従業員が利用できるスペースとしてデザインされる。

PTTは他社の従業員でも託児所の利用を可能とするなど、企業の社会的責任(CSR)活動としてこの事業を普及させる方針。今回のソーシャルビジネス事業をモデルケースとして、タイ国内で教育・保育サービスに対する需要の高い地域へ拡大させる旨を公表している。

出典: http://www.pttplc.com/th/Sustainability/Social/Pages/People.aspx

タイで幼児福祉政策推進プロジェクト〜保育業界動向〜

福祉政策推進プロジェクト財団は、幼児向けの補助金提供をはじめとするタイ政府による福祉政策が適切に機能しているかをモニタリングする機能と、育児政策の普及・発展のための政策提案ネットワークを備えた福祉機関である。

2015年に施行された福祉政策により、0~3歳の幼児を持つ家庭に対し育児手当として400バーツ/月(約1350円/月)が支給されていることを受け、幼児福祉政策推進プロジェクト財団は2018年11月9月、同補助金を受けられる児童の対象年齢を6歳まで引き上げることをタイ政府へ提案した。

タイの家庭別平均月収は2018年11月現在約13,000バーツ(約44,500円)となっているが、月収3,000バーツ(約)以下の貧困家庭が依然多く経済格差の拡大がかねてより問題視されていた。財団は幼児福祉の観点から制度の改善を要求している。

出展URLはこちら

Thailand-childcare

タイで託児所施設建設推進と新税金控除政策〜保育業界動向〜

タイ財務省は労働省と協議し、児童保護に関する法律に従って託児所を設立するための要項の見直しを図った。今後、オフィス内に託児所を設置するための規制が一般の保育所の要件とは異なるよう新たな基準を設置する。

会社またはパートナーシップ企業の従業員福祉として託児所を設立する場合、100万バーツ(約342万円)以下という条件付きで設立費用を実際の事業経費として控除することが1度限りできるとした。

上記の措置の実施により今後さらに多くの託児所が併設されるケースが増加することが予想されており、企業側が従業員の負担を軽減することができることから生産効率の向上が期待されている。またタイ社会における福祉政策の総合的な向上についても期待の声が上がっている。

出典: https://www.dcy.go.th/webnew/upload/regulation/regulation_th_20183101093413_1.PDF

UNICEFによる小児発達センターへの指導、タイ財務省〜保育業界動向〜

タイ財務省は社会開発・人間安全保障省およびUNICEFの代表と共に、タイ北部チェンマイ県メージョー自治体の小児発達センターにて視察を行い、児童保護に関する法律を遵守し託児所を設立するための要項の見直しを図った。

また、UNICEFから幼児期の教育や保育の質を改善するための支援を受け、各地域における24時間運営の託児所センターの設立案などコンピテンシー(高業績者の行動特性)の促進について話し合った。

UNICEFは今回の視察事業全体を通じて「各地方自治体の児童福祉に関する質の改善は急務であり、タイ全土で一貫性のある指導が行われるべきである」と述べている。また、各託児所における幼児教育や保育の質については人材育成が急務であり、研修プログラムの開設などについて今度模索していく方針を示した。

出典: https://www.facebook.com/maejocity/posts/1823079671119711?__tn__=-R

タイの保育業界 業界地図はこちら!

2018年 タイの保育(教育)業界

タイ石油公社PTTの育児サービス産業への参入〜保育業界動向〜

タイ石油公社PTTは2018年12月23日、企業の社会的責任を担うソーシャルビジネス事業の一環として託児サービス産業およびプラスチック再生事業への参入を検討していることを明らかにした。初期投資額4000万バーツにおよぶこれらの事業は今後、同社グループ会社の主導で進行される。

託児サービス事業はPTTの本社内に設置された1~3歳の幼児を対象とした託児所として運営される予定で、主にPTTで勤務する従業員が利用できるスペースとしてデザインされる。

PTTは他社の従業員でも託児所の利用を可能とするなど、企業の社会的責任(CSR)活動としてこの事業を普及させる方針。今回のソーシャルビジネス事業をモデルケースとして、タイ国内で教育・保育サービスに対する需要の高い地域へ拡大させる旨を公表している。

出典:http://www.pttplc.com/th/Sustainability/Social/Pages/People.aspx

タイで幼児福祉政策推進プロジェクト〜保育業界動向〜

福祉政策推進プロジェクト財団は、幼児向けの補助金提供をはじめとするタイ政府による福祉政策が適切に機能しているかをモニタリングする機能と、育児政策の普及・発展のための政策提案ネットワークを備えた福祉機関である。

2015年に施行された福祉政策により、0~3歳の幼児を持つ家庭に対し育児手当として400バーツ/月(約1350円/月)が支給されていることを受け、幼児福祉政策推進プロジェクト財団は2018年11月9月、同補助金を受けられる児童の対象年齢を6歳まで引き上げることをタイ政府へ提案した。

タイの家庭別平均月収は2018年11月現在約13,000バーツ(約44,500円)となっているが、月収3,000バーツ(約)以下の貧困家庭が依然多く経済格差の拡大がかねてより問題視されていた。財団は幼児福祉の観点から制度の改善を要求している。

出典:https://aromfoundation.org/2018/%E0%B9%80%E0%B8%84%E0%B8%A3%E0%B8%B7%E0%B8%AD%E0%B8%82%E0%B9%88%E0%B8%B2%E0%B8%A2%E0%B8%81%E0%B8%B2%E0%B8%A3%E0%B8%82%E0%B8%B1%E0%B8%9A%E0%B9%80%E0%B8%84%E0%B8%A5%E0%B8%B7%E0%B9%88%E0%B8%AD%E0%B8%99/

Thailand-childcare

タイのAyasanとLINEによるマッチングサービス〜保育業界動向〜

スタートアップ企業のベビーシッター派遣事業を運営するAyasanは、コミュニケーションサービス大手LINEと共同で、家事労働者およびベビーシッターの派遣業務に関するマッチングサービスに参入することを発表した。

LINEタイ支社は他国では未だ事例のないフード宅配や運送業など特定のマッチングサービスにおいて事業を展開しているが、今後Ayasanとの提携により保育サービス産業におけるシェア拡大を図ることで育児期間にある新規顧客の獲得を目指す。

Ayasanはタイ国内におけるスタートアップのランキングサイトでも上位に格付けされるなど気鋭のベンチャー企業で、タイでは初の試みとなる保育サービス関連のマッチングサービスに注目が高まっている。

UNICEFによる小児発達センターへの指導、タイ財務省〜保育業界動向〜

タイ財務省は社会開発・人間安全保障省およびUNICEFの代表と共に、タイ北部チェンマイ県メージョー自治体の小児発達センターにて視察を行い、児童保護に関する法律を遵守し託児所を設立するための要項の見直しを図った。

また、UNICEFから幼児期の教育や保育の質を改善するための支援を受け、各地域における24時間運営の託児所センターの設立案などコンピテンシー(高業績者の行動特性)の促進について話し合った。

UNICEFは今回の視察事業全体を通じて「各地方自治体の児童福祉に関する質の改善は急務であり、タイ全土で一貫性のある指導が行われるべきである」と述べている。また、各託児所における幼児教育や保育の質については人材育成が急務であり、研修プログラムの開設などについて今度模索していく方針を示した。

出典:https://www.facebook.com/maejocity/posts/1823079671119711?tn=-R

タイの保育業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. thai-building

    【経済を牽引する】タイの建設業界

  2. thailand-furniture

    【活発な競争】タイの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

  3. philippines-languagesschool

    【観光業と共に】フィリピンの語学学校業界

  4. thai-hospital

    【医療の幅を広げる】タイの病院業界

  5. Malaysia-school

    【グローバル化を意識】マレーシアの学校業界

  6. malaysia-languageschool

    【急速な成長を遂げる】マレーシアの語学学校業界

  7. thai-eatingout

    【利便性ニーズをつかむ】タイの外食・中食業界

  8. thai-fastfood

    【利便性の向上】タイのファストフード業界に迫る

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. singapore-toiletries
  5. malasya-fashion
PAGE TOP