【市場は海外がメイン】ベトナムのドラッグストア業界

vietnam-drugstore

ベトナム国内の医薬品は海外の商品がメインで外資系ドラッグストアも国内で勢力を強めています。健康志向が高まる国内において外資系企業の参入はどこまで拡大していくのでしょうか?

今回は、そんなベトナムのドラッグストア業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

更なる成長を見込む、Bamepharm

2019年4月19日、Bamepharmは、サイゴン・バン・メホテルで、2019年株主総会を開催した。参加株主は総議決権株式の67.3%に相当する1,306,495株の所有者が参加した。

総会での報告では、2018年の同社の活動が総括された。それによると、活動15年を記念するにふさわしい成功を納めたことが強調されている。

2018年、医薬品市場は様々な困難に苛まれたが、同社の税引後利益の目標である65億VND(計画比100%)および従業員の平均収入(計画比106.3%)を達成した。同社は来季も更なる成長を見込んでいる。

Dapharco、生分解性ビニール袋を開発

環境保護は企業の最大の社会的責任の1つであると同時に、現代の社会にとって大きな懸念事項と言える。なぜなら、廃プラスチックに起因する環境問題が深刻化しているからだ。

通常、ビニール袋は日光が当たらないと分解に500〜1,000年かかる。つまり、使い終わったビニール袋はその後も長く環境と生態系に悪影響を及ぼし続ける。

Dapharcoは生分解性ビニール袋を店舗で使用している。生分解性のビニール袋は有機原料(トウモロコシ粉、小麦粉)から作られているため、微生物の作用により、分解されやすく、生態系を汚染しないことが特徴となっている。

Tam Binh、ベトナムのトップブランド50に選定

2020年1月9日、Au Co Art Center(ハノイ)で、Dược phẩm Tâm Bìnhは「ベトナムのトップブランド」のトップ50に入選した。同時に同社の製品は「ゴールデンプロダクト&ゴールデンサービス」でトップ20にもランクインした。

同社がこの名誉ある賞を受賞したのはこれが2回目となる。同賞に選出されるには、社会コミュニティへの貢献など数十の厳格な基準を満たす必要がある。

特に生産および品質管理システム、企業内のリソース管理システム、知的財産活動、および市場でのブランド評価が重要となる。同社は自社の活動を通じてこれらの基準を高く満たしたことが受賞につながったと考えている。

5回目のベトナム製消費財1位に選ばれたのは?

Tam Binhは、5回目となる「ベトナムの消費者お気に入り消費財」で第1位を獲得した。2019年11月1日にハノイのホアンキエム区で同賞獲得を祝うセレモニーが開催された。

同賞は例年開催されている質の高いプログラムだ。 一流の高品質な製品を称える機会であるだけでなく、消費者にとっても大きな意味がある。信頼できるサービスを見極めたり、製品の選択、使用を決定する上での参考になるからだ。

企業側にとっての受賞は、消費者のニーズを満たすために自社製品の品質を向上させ、多くの消費者に製品を消費してもらうチャンスになっている。

2019

Guardian、7周年

設立7周年を迎えた外資系ドラッグストア大手のGuardian ヘルス・アンド・ビューティー・ベトナムは、「同社を常に信用し支えてくれた顧客に感謝を示す」とし、10月25日から11月13日まで化粧品有名ブランドの特別イベントを開催した。

イベントの内容は大きく分けて以下の3つ。

1.有名ブランド100以上を対象とした割引率最大50%の特別セール。

2.ブランドの人気投票。

3.500,000 VND以上の商品を購入した顧客へ、コスメティックバッグをプレゼント。

同社は、健康・美容に対する意識向上が見られるベトナム消費者を主要ターゲットに定め事業を展開していく方針。

Dapharco、製薬業界トップ10入り

2018年12月26日、 Vietnam Report (ベトナム・レポート・ジョイント・ストック・カンパニー) はオンラインニュースペーパーのVietnamnetと共同で2018年製薬業界の優良企業トップ10を発表した。

評価の基準は大きく分けて以下の3つ。

1.財務状態(総資産、収益、利益、資本効率など)

2.メディアにおける評価。

3.ドラッグストアにおける薬剤師の評価。

Dapharcoはトップ10の企業のうち、8位にランクインした。2019年1月16日にはホーチミン市で表彰式が開催され、ランキング入りした企業が参加し、表彰状やトロフィーが贈呈された。

Tam Binh、持続的な企業100に選定

ベトナム商工会議所は2018年11月22日、持続的な企業100を表彰するセレモニーを開催し、Tam Binhが見事リスト入りを果たした。リスト入りには、131の定量的基準に基づいたコーポレート・サステナビリティ・インデックス (CSI; 企業持続可能性指数) を満たす必要がある。

Tam Binh同社ウェブサイト上で表彰を受けるまでに収益面での成長、コーポレートガバナンス、企業文化の醸成、労働条件の改善や、環境保護などあらゆる分野において努力を続けてきたことについて触れた。

自社の事業においては高品質の商品を手ごろな価格で提供することで顧客満足度を高め市場競争力を強化してきた実績を有しており、こうした活動が認められ今回の受賞に至ったと言える。

Tam Binh、キャリア開発のための研修を実施

Tam Binh (Tam Binh 製薬株式会社) は2018年9月28日、 キャリア開発のための研修を実施した。研修の目的は、従業員の意識や就業態度、生産性を改善することに置かれた。

研修の内容は講師のレ・チュン・ヒュウ(Le Trung Hieu)氏が18年間の業務で得た26のヒントと世界中のライフマネジメント部門の専門家の考え方を合わせたもの。

ライフマネジメントのツールである「成功と幸福マップ」の作成方法を議論することで、参加者にとって仕事や生活における目標について改めて考える機会を提供した。同社は人材の育成が事業における重要事項と認識しており今後も人材育成に注力していく考えだ。

2018

DAPHARCO、新形態のドラッグストアをオープン

DAPHARCO(Da Nang Pharmaceutical – Medical Equipment Join Stock Company)は、一般的なドラッグストア形式と言えるDapharcoBLU Pharmacy Stackhouse と、独自システムに基づいたDapharcoBLU + Pharmacy、2業態の新店舗をオープンした。

生活水準の上昇に従って高まる健康分野へのニーズを捉えつつ、また産業革命4.0のような時代背景にあわせて生活の質を高め、ヘルスケアプロダクトの付加価値を最大化できる小売ネットワークの構築を目指す。

ベトナムの医薬品は海外からの輸入に依存しているため、海外企業にとってはビジネスチャンスがある。

DapharcoBLU + Pharmacyの特徴は主に下記の通り。

 1. 薬局と、ヘルスケア商品のスーパーマーケットを兼ね備えた店舗

 2. 処方箋での薬品販売だけでなく、消費者が自身にあった商品を、
  コンサルタントに相談しつつ、購入できる

 3. インターネット上での販売と、市内の無料配送

 4.販売されている商品が全て本物であることの保証。「商品の品質と原産地の保証」は同店舗の大きなセールスポイントである。

医薬品大手BAMEPHARM、若手起業家の表彰を受ける

ベトナム・ユース・ユニオンと中央ベトナム若手起業家協会は2017年12月28日、「ベトナム若手起業家2017~レッドスター」の授与セレモニーを開催した。BAMEPHARM (Pharmaceutical Joint Stock Company – Dak Lak medical materials) のPhan Thanh Trinhゼネラル・ダイレクターがレッド・スター・アワードを受賞した。

同委員会は、レッド・スター・アワードの受賞者である上位10名を含むめたベトナムの卓越した若手起業家100名を、ビジネスや社会への貢献度に基づいて選出した。

受賞した起業家は、若い世代のベトナム知識人を代表する、ダイナミックで先進的かつ、自立の精神を持った若者たちである。彼らはベトナムという国の若い世代を支えていくことが期待されている。

Vietnam-drugstore(ベトナム
ドラッグストア)

guardian、50店舗目のオープン記念キャンペーン

ドラッグストア大手のguardian (Diary Farm International Holdings 傘下の外資系企業) はベトナム国内50店舗目となる、Guardian Thao Dien店のオープンを記念したキャンペーンを2017年9月9日、10日に実施した。

50店舗目を記念して9月9 日に店舗を訪れた50人目の顧客に記念品をプレゼントするほか、「美しさを愛する」のテーマのもと、顧客への感謝を込めて9月中はキャンペーンを継続する。

新店舗のオープンに伴って、改善されたショッピングエリアを体験できたり、キャンペーンにおいて有名人と話す機会を得たり、「雨のような(沢山の)」プレゼントを受け取ることができる。

ベトナムとチェコのヘルスケア大手が協業

2017年6月6日、チェコ – ベトナムビジネスフォーラム(※)において、DAPHARCOとClineXが協力合意書にサインした。本協力合意は、チェコのMilos Zeman大統領、ベトナムのVuong Dinh Hue副首相、Elmich (DAPAHRCOはElmichの関連会社) の参加のもと執り行われた。

Elmichは欧州を拠点に家庭用品を扱う企業だが、医薬品など他分野への投資も行っている。幅広いネットワークを持ち、 今回の協力合意はElmichの仲介があったことも貢献している。

※ベトナム・チェコビジネスフォーラムはMilosZemanチェコ大統領のベトナム国賓訪問に  あわせ行なわれ、7件の覚書が署名された。

まとめ

ベトナム国民の生活水準が高くなり、国内全体で健康志向が強まってきています。国産の医薬品よりも外国産の医薬品がメジャーであり外資系企業にとっては市場を開拓しやすいという利点があります。またチェコの大手ヘルスケアも協業することで医薬品以外のネットワーク拡大のきっかけになっていきそうですね。

関連記事

  1. vietnam-wholesale

    【著しい成長を遂げる】ベトナム食品卸業界の最新動向

  2. singapore-ec

    【政府も積極的に支援!】シンガポールのネット通販業界

  3. vietnam-tourism

    【新たな観光資源の開拓】ベトナム旅行業界のトレンド

  4. 【成長を続ける】インドネシアの美容・エステ・ヘアカット業界

  5. malaysia-salon

    【イスラム法に準拠】マレーシアの美容・エステ・ヘアカット業界

  6. indonesia-cosmetics

    【すべての人へ向けた商品を】インドネシアの化粧品業界

  7. vietnam-trainbus

    【急激な発展】ベトナムの鉄道・バス業界

  8. philippine-shoppingmall

    【新規開拓に挑む】フィリピンの百貨店・ショッピングモール業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP