【スキンケア製品、売上好調】ベトナムの化粧品業界

vietnam-cosmetics

ベトナム国内の消費者が化粧品に支出する額は周辺地域と比較して相対的に低く、同国の化粧品市場は今後の拡大が予想されています。

今回は、そんなベトナムの化粧品業界に関する最新ニュースをお届け!ベトナム化粧品業界の今に迫ります。

読了時間の目安:5分

2020年 ベトナムの化粧品業界

ベトナムのCOSMERIA、ECと実店舗販売の実現へ〜化粧品業界事情〜

2020年3月3日の発表によると、COSMERIAを運営する株式会社プラネティアは、ベトナムで日本製品のEC販売と実店舗販売を行うアーバン・コーポレーション株式会社と、戦略的パートナーとして業務提携契約を締結した。

プラネティアが提供するプラットフォームCOSMERIAは、東南アジア各国向けの化粧品の口コミサービス。提携先のアーバン・コーポレーションは日本製品の美容関連商品や化粧品を主に取り扱うECサイトをベトナム国内で運営している。

今回の提携により、口コミによるPR・話題作り・販売促にとどまらず、ベトナムにおける現地EC販売と実店舗販売を実現させ、口コミから現地輸出、販売まで一気通貫でマーケットにアプローチできるようになった。

ベトナム保健省、CPTPPにより化粧品の自由販売証明書を不要に〜化粧品業界事情〜

ベトナム保健省は2020年2月1日から、環太平洋パートナーシップに関する先進的かつ包括的な協定(CPTPP、いわゆるTPP11)の合意事項に基づき、輸入化粧品の開示手続きの際に求めていた自由販売証明書(CFS)の提出を不要とした。

従来の規定である保健省通達06/2011/TT-BYT(通達6号)では、ベトナムに輸入する化粧品の開示書受領番号の取得申請に必要であったCFS(原本または領事認証のある写し)が、ベトナム以外のCPTPP締約国で流通している化粧品がベトナムに輸入される場合は不要となった。

それに代わり、化粧品開示書の様式が改訂され、輸出業者の名称や住所、輸出元国で自由に流通しているか否かを記載する欄が新たに追加された。

Vietnam-cosmetics

ELLEビューティーアワード2020を受賞!ベトナムにも進出のブランド〜化粧品業界事情〜

2020年2月24日の発表によると、Menardの製品がELLE Beauty Awards 2020で入選した。入選したのは、Authent Cream IIとFairlucent Cream。これは、同社のブランドが60年以上に渡って築いてきた高級ブランドであることを再確認するものだ。

Authent Cream IIは、メナード研究所の科学者による17年間にわたる幹細胞研究の成果と言える。肌の代謝システムに基づくアンチエイジング製品は、新しい細胞の産生を促すことに焦点を当てている。

Fairlucent Creamの前身であるFairlucent Day Creamも非常に人気のあった商品で、その成功を引継いで今回の受賞に至っている。

ベトナムにも展開の世界的ブランド!The body shopの新店舗とは?〜化粧品業界事情〜

2019年7月7日の発表によると、英国の化粧品およびボディケア製品として有名なThe BodyShopは、ベトナム30号店を正式にオープンした。場所は、ハノイ市のバー・ディン区、キンマー通り。

同店舗では同社独自の自然にインスピレーションを得たスキンケア商品をはじめとして、500品以上を取り扱っている。顧客があらゆる製品を体験できる環境を整えるだけでなく、同社創業者のアニータ・ロディックの言葉なども展示されており、同ブランドの価値観を感じることもできる。

同社は実店舗の他にオンラインストアも展開しており、製品を通販で購入することができる。

2019年 ベトナムの化粧品業界

ベトナムのBeautygarden、化粧品を購入するべき理由〜化粧品業界事情〜

ベトナムには多くの化粧品サプライヤーが存在するが、Beauty Gardenは自社で化粧品で購入するメリットを同社ウェブサイト上で公開している。

  1. 信頼性:化粧品はフェイク商品が販売されることも多いため、本物の商品を販売している、信頼できる流通網を持つショップから購入することが重要である。
  2. 利便性:オンライン販売を強化することで、便利な決済方法を手軽に選択することができる。
  3. 節約:ベトナム全土に幅広く店舗を展開しており、プロモーションや顧客へのサポート体制が整っている。
  4. 多様な品揃え:幅広いラインナップから商品の選択が可能。
  5. 流行:化粧品流行を追っており、その時々に人気な商品が購入可能。

ベトナムで韓国化粧品Laneigeが人気〜化粧品業界事情〜

近年、韓国は上質なスキンケア化粧品ブランドによって若い女性の間で人気が高まっている。Laneigeはその中でも、スキンケアからメイクアップ化粧品に至るまで、幅広い美容製品を提供する人気ブランドだ。

Laneigeエッセンシャルローズスキンリファイナーモイスチャーは現在世界中で入手可能だ。同商品はローヤルゼリーの抽出物と糖蜜を含み、肌を乾燥から保護する機能を持つ。

ベトナムの化粧品市場ではLaneige化粧品ブランドの製品は皮膚の回復と再生で有名であるため、多くの女性、特にOLなど中心に人気となっている。

Vietnam-cosmetics

Kanebo、ベトナムでファションイベントを支援〜化粧品業界事情〜

障害のある女性のためのファッションショー ”I’m beautiful you too!” が、2018年6月16日、ラオカイ(Lào Cai)省サパの中心部、ストーンチャーチヤードで開催された。

同イベントはNghi Luc Living Centerが立ち上げ、オーストラリア政府も協力している。

こうしたイベントが開催された背景には、ベトナム国内での家庭内暴力、性的暴行や人身売買と言った社会問題がある。女性に社会との関係を拡大し、地域社会に統合することで、多くの障害のある女性に自信を与えることが期待されている。

Menard、ベトナム国際ファッションフィークに協力〜化粧品業界事情〜

ベトナム国際ファッションウィーク(Vietnam International Fashion Week- VIFW)は、 今年で開催7年目に入るベトナムで最大、最もプロフェッショナルなファッションイベントとして知られている。

本イベントでは、ベトナム国内外のファッションデザイナーのユニークな新作コレクション等が披露される。

59年の歴史を持ち、世界26カ国で何百万人もの女性に商品を提供してきた実績を活かし、Menardは化粧品やメイクアップの専門家を提供することで、舞台裏で化粧モデルをサポートする、と言った形で同イベントを支援している。

2018年 ベトナムの化粧品業界

ベトナムの老舗香水SCC、新商品をリリース〜化粧品業界事情〜

Saigon Cosmetics Joint Stock Company (SCC) は、1975年に前進となる香料メーカーが香水メーカーへと転換したことに端を発し、30年以上に渡って拡大を続けてきた老舗企業である。

同社はメコン・ビューティ・ショー 2017において、香水の新商品を発表した。ヒマラヤやメコンデルタなどの自然を表現した9種類のラインナップで、イベントでは多様な顧客の好みをカバーすべく、自然な香りから個性的な香りまで、様々な香水が展示された。

またハイエンド商品として「Miss Saigon The Essence」の紹介も行なわれた。同商品はFirmenich、Centdegresとの3年間の共同開発の末にリリースされている。

ベトナムのSCC、China Beauty Expoに参加〜化粧品業界事情〜

2017年5月23日から25日の3日間、 Saigon Cosmetics Joint Stock Company (SCC) は China Beauty Expo に参加し新商品を発表した。

SCC は過去30年に渡り、ユニークな商品の開発に励んできた。現在同社は販売活動をベトナム国内から海外へと拡大しており、消費者の支持を得てその地位を築きつつある。同Expoでプロモーションされた「8 Shades of Grasse」は、世界的な香水の本場フランスの影響を強く受けている。

「Miss Saigon The Essence」が海外市場に紹介されたのは本展覧会が初めてとなる。Miss Saigon に代表されるようなベトナム国内で有名なブランドからさらにステップアップして、世界でも通用するようなブランドとなることが 8 Shades of Grasse や Miss Saigon The Essence に課せられた使命となっている。

Vietnam-cosmetics(ベトナム 化粧品)

SHISEIDOベトナム、LS Letailの管理システム導入〜化粧品業界事情〜

SHISEIDO は店舗での販売や流通における効率改善のため、LS Letailが提供する LS NAVI を導入することを決めた。

同社は統合型のビジネスマネジメント・ソリューションを模索してきた。今回導入するシステムによって、ベトナムの法令やビジネス環境に準拠しつつSHISEIDOが望むサプライチェーン管理が可能となる。実装の容易さから、新店舗にも素早く展開できるのも特徴の一つだ。

同システムの導入により、SHISEIDOのビューティーアシスタントは顧客のスキンケアデータや購入履歴を組み合わせることで、顧客のニーズにより合致した商品を提供できるようになった。新システムによる売り上げの増加と顧客満足度の向上を狙う。

ベトナムのBeauty Garden、偽商品騒ぎを回避〜化粧品業界事情〜

Beauty Garden は設立から3年、現在ではベトナム国内の63の省に展開している。ブランド力を高めることに力を入れており、サービス・商品の品質には自信を持っている。

とあるウェブサイトに「Beauty Gardenの商品が偽物であった」との投稿があり、消費者は混乱に陥ったが、同ショップのスタッフがその投稿に「商品に不備がある場合は送り返してくれれば対応する」との旨を返信したところ、同投稿は間も無く削除された。同ショップは、競合店による悪戯などの可能性があると考えている。

同ショップではバーコードなどを用いて商品が本物であることを確認するサービスなどを提供しており、今後も確かな商品を提供していくことでブランド力を高めていきたい考えだ。

カネボウ、ベトナムでコスメティクスワークショップを開催〜化粧品業界事情〜

2017年12月15日及び22日に「Kanebo – Perfect Beauty」と題したワークショップが開催された。同イベントは、カネボウのベトナムでのプレゼンテーションを高めるとともに、顧客への感謝を示すことも目的としている。

イベントにはメークアップ・アーティスト、ファッションデザイナーやヘアスタイリストなどベトナム美容業界の著名人が参加。同社の商品が紹介され、顧客から幅広い商品の説明を受けるとともに、日頃のスキンケア、ヘアスタイルやファッションに関する相談も対応した。同社はこうしたイベントを通じ、顧客のニーズをより的確に捉えつつサービスの改善につなげたい考えだ。

まとめ:ベトナムの化粧品業界

日本の化粧品メーカーも続々とベトナムに参入し、イベントを開催しています。そうした動きは日本ブランドを広めるきっかけとなり、今後ベトナム国内で日本製品に関心を持つ国民が増えるといいですね。

関連記事

  1. singapore-car

    【増えるカーシェアリング事業】シンガポールの自動車業界

  2. vietnam-school

    【教育の質を向上するためには】ベトナムの学校業界

  3. malaysia-stationery

    【大型書店の台頭】マレーシアの文房具・事務用品業界

  4. china-car

    【中国郵政との戦略的提携】中国の自動車業界

  5. vietnam-wholesale

    【著しい成長を遂げる】ベトナム食品卸業界の最新動向

  6. taiwan-stationary

    【今後は材質重視へ】台湾の文房具・事務用品業界

  7. vietnam-drugstore

    【市場は海外がメイン】ベトナムのドラッグストア業界

  8. vietnam-food

    【2桁成長のインスタントヌードル】ベトナムの加工食品業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP