【成長の秘訣とは?】好調が続くシンガポールのホテル業界

singapore-hotels

観光産業が盛んなシンガポールでは、国内ホテルの稼働率が日本と比較して高い水準を維持しています。観光客数の順調な増加に伴いホテル数も右肩上がりに。

今回は、そんなシンガポールのホテル業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!今波に乗るホテル業界では、どのようなトレンドが生まれているのでしょうか?

読了時間の目安:5分

2020

シンガポールのフラートンホテル、ヴィーガンメニューの提供へ〜ホテル業界事情〜

フラートンホテルのレストランJadeでヴィーガンメニューの提供が開始 された。すべてのメニューに肉、卵、乳製品などの動物性製品が原料と して使用されていない。

“Taste the Future”と題し、5品のコースメニューを提供。一人当たり 68Sドルで楽しめる。肉の代わりにオムニポークと呼ばれる、植物ベー スのタンパク質のブレンドから調製された、栄養的に優れたものを使用 している。

エグゼクティブシェフのLeong Chee Yengは、30以上の果物や野菜、 豆腐の皮、豆乳、海藻などを組み合わせ、動物性製品を含まなくても芳醇な味わいが感じられるよう、工夫をしている。

シンガポールのMarina Mandarin、新コンセプトの客室予約開始〜ホテル業界事情〜

Marina Mandarinが2020年1月よりPan Pacific Hotel グループの傘下となり、新しくPARKROYAL COLLECTION Marina Bayとして生まれ変わった。客室予約は2019年11月よりスタートする。

有名な建築家であるJohn Portmanが設計を手掛け、まるで映画に出て くるようなアトリアムを作り出し、ホテルのインテリアスペースを刷新 した。このリノベーションは2020年の初頭から2021年の半ばまで続く予定。

 “Garden in the hotel” をコンセプトにホテルのパブリックスペースか らゲストルーム、会議室などを、スタイリッシュなインテリアで飾り、 緑あふれる空間に生まれ変わらせる。

Singapore-hotel

シンガポールの公衆衛生事情〜ホテル業界事情〜

2020年3月29日、環境水産大臣であるAmy Khor博士は、SG Clean大使ネットワークの発足を発表した。一般市民および関係者に公衆衛生習慣と社会規範の改善を実践するよう要請した。

NEAは、最終的には2,000人を超えるSGクリーンアンバサダーを育成することを目指している。これはホーカーセンターやコーヒーショップに 段階的に展開される。常連客にトレイを返却してテーブルを清潔に保つように促すとともに、SG Cleanキャンペーンの一環として、個人の習慣や社会規範の改善も促進している。

SG Cleanキャンペーンでは衛生基準を高め、公共スペースの清潔度を 変えるために、施設の所有者がSGクリーン品質マークを採用し、その施設での環境公衆衛生の高水準維持への取り組みと所有権を反映してい る。これまでに7,000近くの施設がSG Cleanを認定。これまでに認定された施設には、ホテル、モールの飲食店、学校などが含まれる。

シャングリラホテル、シンガポールで新しくゼネラルマネージャーが就任〜ホテル業界事情〜

シャングリラホテル&リゾートはゼネラルマネージャーとしてTane Picken氏を指名した。ピッケン氏は、15エーカーのトロピカルガーデンに囲まれた3棟のウィングに792室のゲストルームとスイートを備え たグループ初のシャングリラホテルを率いている。

彼はアフリカ、中東、アジアのさまざまな高級ホテルブランドで18年以 上のマネジメント経験がある。また、シャングリラアパートメンツとシャングリラレジデンスの統括も兼任している。

Picken氏は「シャングリ・ラグループの旗艦ホテルの一員となれること に興奮している。情熱的なチームと協力してアジアの代表的なホスピタリティを提供し、ゲストの滞在体験を向上させ続けることを非常に楽しみにしている」と話している。

Hotel Innovation Challenge Asia 2020、シンガポールで開催〜ホテル業界事情〜

ホテル業界は今後着実に成長すると予想されるが、人員が同じペースで追いつくことができないと予想されている。そのため、労働力の生産性を向上させるソリューションを探し求め、サービスを向上させ、ホテルのゲストにより大きな価値を生み出しながら、よりスリムな労働力で前進する必要があるとされている。

そのようなバックグラウンドを経て、シンガポール観光協会(STB)の 強力な支援を得て、シンガポールホテル協会(SHA)とFHA-HoReCaが共同でHotel Innovation Challenge Asia 2020を主催する。ノミ ネート期間は2019年12月6日から2020年4月30日。

最終選考に残ったファイナリストは、2020年7月13日から16日までシ ンガポールEXPOで開催されるFHA-HoReCa 2020に提案し、ショー ケースに招待される。

2019

シンガポールでホテル業界牽引のUOL、2018年の業績を公開

シンガポール証券取引所に上場し、アジア、オセアニアおよび北米への不動産投資を行っているUOL Group Limited(UOL)は2018年のアニュアルレポートを公表した。総売上は24億米ドル(USD)と前年同期比13%の上昇を見たものの、純利益は51%減少して433.7百万USDと大幅に減益となった。

ホテルオペレーション事業に関しては総売上が前年比29%増加して678.7百万USD、純利益は94%増加して78.6百万USDとなった。

不動産投資関連では、UICのホテルやUICの技術部門の投資不動産からの収益のため、収益は21億ドルから13%増の24億ドルとなった。

シンガポールのLow Keng Huat、第四四半期も減益〜ホテル業界事情〜

2019年4月2日、Low Keng Huat(LKHS)は、主に不動産開発および投資利益の減少により、第四四半期の純利益を前年同期の530万シンガポールドル(SGD)から34%減少して350万SGDとなったことを報告した。また、総売上は2,860万SGDから69%減少し、890万SGDとなった。通年では、グループの純利益は、前年の7,270万SGDから2億7,140万SGDへと倍増したにもかかわらず、純利益は1,780万SGDから13%減の1,540万SGDとなった。

Low Keng Huanの見通しでは、最近の過熱する不動産投資に対する引き締め以来、住宅不動産市場は以前よりも抑制されている印象を受けている。よって、土地入札や投資プロジェクトに対する積極的な姿勢が控えられ、賃貸物件の更新を継続したり、賃貸収入を維持する動きをすると予測している。

LKHSは、オーストラリアのパースにあるDuxton Hotelを所有および運営するほか、シンガポールではCarnivoreというブランド名のもとでの飲食事業を展開している。またマレーシア、中国への投資不動産を保有している。

Gentingシンガポール、Sentosaの開発に45億SGDを投資〜ホテル業界事情〜

Genting Singapore Limited(Genting)の取締役会は、2019年4月3日、間接完全子会社であるResorts World at Sentosa Pte Ltd(RWSPL)がSentosa Development Corporation(SDC)との間で締結した開発契約を修正、変更、補足するための第2の補足契約を締結したと発表した。

最初に交わされた開発契約は、RWSPLのSentosa島における統合リゾートに関連して2007年に締結されたものであった。今回の追加契約では、拡張した統合リゾートの構築、開発および設立に関して締結されている。追加契約に従い、RWSPLは約45億SGDを投資することとなった。

RWSPLは、5年間でリゾートの拡大に着手する。ユニバーサルスタジオシンガポールを拡大し、2つの新しいテーマパークであるミニオンパークとニンテンドーワールドの建設や、水族館、ホテルの拡張などが見込まれている。

シンガポールでホテル稼働率が2012年以来最高となる〜ホテル業界事情〜

2018年、シンガポールでの1室あたりのホテル収入(RevPAR)は、新規ホテルの供給が減少したにも関わらず、旅行客の急増によって前年比2.4%増の188.57SGDとなった。ホテルセグメントでは、安価なホテルが4.1%増加、ラグジュアリーホテルは4%の増加とそれに続いた。高級層および中間層ホテルでは、それぞれ前年比2.1%と1.8%の増加となった。

2018年の全ホテルセグメントの稼働率は86.1%で、2017年と比較して1.2%上昇し、2012年以来最高のホテル稼働率となった。セグメントごとの稼働率では、2.4%の増加となった高級ホテルがおよび、全体の稼働率を牽引した。

2019年には、約2,000室の客室が増加する予定である。これらには、YOTELAIR Changi Airport、EDITIONおよびSentosa島の3つのホテルであるThe Outpost Hotel、The Barracks Hotel、Village Hotel Sentosaが含まれている。しかしながら、2019年以降、新たな供給は漸減すると予想され、これはホテル市場の統合を促進し、健全な観光客数にするための供給圧力の緩和を促すことが可能となると予想されている。

2018

シンガポールのBanyan Tree、第1四半期の業績好調〜ホテル業界事情〜

5月14日、Banyan Tree Holdings が2018年第1四半期決算を発表した。プレスリリースによれば、収益は9%増加して9,820万シンガポールドル、営業利益は約2倍の3,730万シンガポールドルとなった。タイとセーシェルにあるリゾートのパフォーマンスが高く、Cassia Bintan と Cassia Phuket のコンドミニアムも売上が好調であったことが増益に繋がったと考えられる。

その他に営業利益の増加に寄与した要素としては、中国におけるBanyan Tree Assets Holdings グループの金利支払い低下を要因とするものが1,610万SGD、あるいはホテル投資業における利益が挙げられる。

Banyan Treeホールディングの保有するホテルの予約状況は堅調であり、次四半期においても昨年度比で2%上回る見通しとなっている。

シンガポール政府観光局、引き続きホテル業界の発展を支援〜ホテル業界事情〜

シンガポール政府観光局 (Singapore Tourism Board: STB) は、同国のホテル産業に関するレポートを発表。その中で、シンガポールにおける最も重要な産業として、業界の発展と収容力の拡大、および規制の整備に注力していくと述べた。

STB は他国の観光業者、ホテルの所有者やオペレーターと密に連絡を取りながら、力強く創造性に富むホテル産業をさらに発展させるよう推し進めている。これはすなわち、継続性のある収益構造を高めること、産業の競争力を強化し、またホテル運営企業を支援する枠組みを整えることを意味している。

また、STB はホテル業界と協働し、ホテル関連の雇用創出、サービスの質を向上させ、長期にわたる産業発展を支える意向を示している。

Signapore-hotels

シンガポールのホテル業界成長率

シンガポール政府観光局 (Singapore Tourism Board: STB) が発表した同国ホテル業界のレポートによると、2017年度のホテル業界全体の収入は昨年度比で3.9%増加し、37億シンガポールドルとなった。また2017年度第4四半期については、前年度同時期と比較して5.7%の増加となり、9億シンガポールドルとなった。

2017年度第4四半期の観光収入に関しては、宿泊施設の収入が前年度同時期と比較して2%増加している。

シンガポールにおける観光業は2年連続で観光収入と外国人観光客の受け入れが最高値を更新している。2017年度の観光収入は昨年度より4%増加して268億シンガポールドルに。そして外国人観光客人数は6%増加して1,740万人となった。

シンガポール、ホテル業界成長のカギは”スマートホテル化”?

2016年11月、シンガポール政府は次世代のホテル産業を活性化していくため、Hotel Industry Transformation Map(ITM) を発表した。これに基づき、政府は引き続きロードマップの実現を後押しする技術やパートナーシップを追求していく考えである。

言及された技術の中には、ホテルのチェックインにかかる煩わしさを解消するため、スマホアプリを用いた顔認証による自動チェックインも含まれている。アプリは宿泊する部屋への入退室や電気・空調を管理する機能も兼ね備えている。

シンガポール政府は、観光客のニーズの変化や若年層の海外渡航者の増加に対応し、ホテル・観光業界も変化していくことで持続的な成長を促したい考えだ。

海外展開をシンガポール政府機関がサポート〜ホテル業界事情〜

ヨーロッパ発の高級ホテル運営会社ケンピンスキー(Kempinski) ホテルグループは、Perennial Real Estate Holdings が所有するCapitol Singapore 内のホテル運営者に決定したと発表した。

シンガポールの文化的地区に位置する Capitol Singapore は歴史的な建造物として有名であり、Capitol Piazza、Capitol Theater、そしてCapitol Kempinski Hotel からなる。このホテルは、ケンピンスキーグループのシンガポールにおける旗艦ホテルとなる。

Capitol Kempinski Hotel Singapore は、スイートを含める157の客室は、改修されたキャピトルビルディングとスタンフォードハウス内に入居する。

まとめ:シンガポールのホテル業界

政府の手厚いサポートと順調な旅行業界の勢いに後押しされ、好調が続くシンガポールのホテル業界。最新のテクノロジーも導入しつつ、拡大する需要に対応することが持続的成長のカギとなっているようです。今後の堅実な成長が期待されるシンガポールは、海外事業展開先として理想的な選択肢なのではないでしょうか?

関連記事

  1. philippines-hotel

    【リゾート業が活発化】フィリピンのホテル業界

  2. singapore advertisement

    【デジタル広告に注目】台湾の広告代理店業界

  3. thai-advertisement

    【いかに目を引くものを作るか】タイの広告業界

  4. singapore-beverage

    【飲料業界の中心地】シンガポールの飲料業界

  5. singapore-medicaldevices

    【医療ハブを目指して】シンガポールの医療用機器業界

  6. thai-tourism

    【リピーターが多い理由とは】タイ旅行業界のトレンド

  7. 【バラエティ豊かな品揃え】シンガポールのドラッグストア業界

  8. singapore-nursing

    【介護需要が激増】シンガポールの少子高齢化対策・介護事情

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP