【多くの観光客獲得なるか】インドネシアのホテル業界

indonesia-hotel

様々なイベントを企画、開催しているインドネシアホテル業界。対象は観光客だけでなくインドネシア国民に向けてのものもあり、多様性があります。

今回は、そんなインドネシアのホテル業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

インドネシアのホテル業界 業界地図はこちら!

2021年 インドネシアのホテル(エンタメ・IT・個人サービス)業界

2020年、インドネシアの宿泊施設の名目GDP前年比75.3% 〜ホテル業界動向〜

インドネシア中央銀行(BI)が公表している宿泊施設の名目GDPによると、2018年の96.6兆ルピアに対して2019年は99.2兆ルピアと前年比102.7%の増加を記録した。

しかし、2020年は74.7兆ルピアで前年比75.3%と大幅な減少であった。中央統計局(BPS)のデータによると、2020年年間のインドネシアへの外国人入国者数は402万人で前年同時期の1,611万人の25.0%に激減している。

従って、2020年の宿泊施設の名目GDPが大幅に減少している主要因の一つは、Covid-19 パンデミックの影響で外国人旅行者が激減したことによる。これに加えて、国内の移動も制限されたことがもう一つの要因だと考えられる。

出典: https://www.bi.go.id/ 

https://www.bps.go.id/pressrelease/2021/02/01/1796/jumlah-kunjungan-wisman-ke-indonesia-bulan-desember-2020-mencapai-164-09-ribu-kunjungan-.html

インドネシアのSahid Jaya、2019年は前年比82%の減収〜ホテル業界動向〜

ジャカルタの有名ホテルの一つHotel Sahid Jayaを運営するPT Hotel Sahid Jaya Tbkの2019年の売上高は1,558億ルピアで前年比82%と減収であった。

売上高の内訳は、①ホテル部門が1,459億ルピア(前年比:82%/構成比:93%)、②アパート部門:10億ルピア(前年比:52%/構成比:1%)、③ホテル運営部門(子会社であるPT Sahid International Hotel Management&Consultantによって運営):89億ルピア(前年比:82%/構成比:6%)であった。

ホテルは売上高の減少を周辺地域での競争の激化によると分析している。ホテル部門の売上高で6,217億ルピアは飲食関係。前年比80%と大幅に減少しており、減収の大きな要因であった。 

出典: https://www.idx.co.id/StaticData/NewsAndAnnouncement/ANNOUNCEMENTSTOCK/From_EREP/202006/66900094cc_dbe098db97.pdf  

Indonesia-hotels

インドネシアのRed Planet、競争激化で2019年売上高前年割れ〜ホテル業界動向〜

フィリピンに9つ、インドネシアに7つ、タイに4つと日本に2つのホテルを持つRed Planetホテルグループのインドネシア現地法人PT Red Planet Indonesia Tbkの2019年の売上高は682億ルピアで前年比90%と減収であった。

7つあるホテルの売上高の前年比は、①Pasar Baru Jakarta:89%、②Bekasi:87%、③Solo:97%、④Surabaya:87%、⑤Palembang:78%、⑥Pekanbaru:91%、⑦Makassar:92%とすべてのホテルで前年を下回った。

実際、全ホテルの客室稼働率は、2019年:69.7%、2018年:75.3%と前年より低下している。ホテルによると、オンライン旅行社を通して宿泊客を獲得する競争が厳しくなったことによる減少とのこと。

出典: https://www.idx.co.id/StaticData/NewsAndAnnouncement/ANNOUNCEMENTSTOCK/From_EREP/202006/30cf5b9762_59fc5d33b9.pdf  

インドネシアのSetiabudi、2019年ホテル部門で二桁増収〜ホテル業界動向〜

インドネシアの不動産投資会社PT Jakarta Setiabudi Internasional Tbk(JSPT)の2019年売上高は1兆2,957億ルピアで前年比84%と減収であった。

一方、Hyatt、Mercure、IBIS Budget、POP!などの11軒のホテルの売上高は9,636億ルピアで前年比116%、構成比84%を占めるJSPTの主力事業である。

バリのリゾートホテルは、需要と供給の不均衡で競争は激化しているが、戦略的なロケーション、強力なブランディング、優れたサービス基準により、業界平均より高い客室稼働率を上げている。一方、シティーホテルはメルキュールコンベンションセンターをイベントが開催できるように改修したように、付加価値を高めることで増収を果たしているとのこと。

出典: https://www.idx.co.id/StaticData/NewsAndAnnouncement/ANNOUNCEMENTSTOCK/From_EREP/202006/75ae5cb5e3_670f579620.pdf  

インドネシアのTauzia、保険会社WE+と新しい旅行保険を提供〜ホテル業界動向〜

Harrisを始めとする複数のホテルブランドと120以上のホテルを経営するインドネシアのホテルチェーンTauzia Hotel Managementが2020年11月24日、マイクロ保険のデジタルプラットフォームが特徴の保険会社WE+とパートナーシップを結んだことを発表した。

Tauziaの顧客に「心配のない滞在体験のためのプロテクション保険」を提供することを目的としている。このパートナーシップの下、旅行のキャンセル、手荷物や身の回り品の紛失、事故による死亡や恒久的な障害を含む保障、チェックインからチェックアウトまでの完全なプロテクションを提供する。

これはWE+アプリを介して、ライフスタイルと保険ニーズを1つのプラットフォームに統合したものである。

出典: https://www.tauziahotels.com/en-US/About-Us

インドネシアのホテル業界 業界地図はこちら!

2020年 インドネシアのホテル(エンタメ・IT・個人サービス)業界

インドネシアの5つ星ヘルミタージュホテル、黒字化が課題〜ホテル業界動向〜

2019年7月2日、インドネシアでHotel THE HERMITAGE経営する上場企業、Menteng Heritage Realty Tbk.が株主総会を開催し、2018年の決算が承認された。

2018年の売上高は607億ルピア(約4億円)で前年比132%。純利益は▲224億ルピアで前年より赤字が70億ルピア削減された。売上の内訳は、飲食が314億ルピアで構成比52%、前年比143%。宿泊が277億ルピアで構成比46%、前年比120%であった。

宴会・イベント開催に力を入れ、飲食と客室稼働をアップする努力が実を結んでいるが、大きな赤字を黒字に転換することが継続する課題である。ヘルミタージュホテルは客室数90室。アールデコ調の洒落たデザインの5つ星ホテルで中央ジャ、カルタのメンテンにある。

インドネシアのスイスベルホテル、チカラン工業団地にオープン〜ホテル業界動向〜

インドネシアでホテルチェーンを展開するスイスベルホテルインターナショナルは、東南アジア最大の工業団地であるチカランのJababeka工業団地にスイス・ベル・イン・チカランを2020年3月1日にオープンすることを発表した。

このホテルは以前Celecton Jababekaで知られていたホテルを、スイスホテルが引き継いだもの。客室数は138室。西ジャワ州ブカシ県チカランにあるこのホテルは、ジャカルタの東35 km、ハリム・プルダナクスマ空港から45 kmの場所にあり、ビジネス旅行者にとっても観光客にとっても便利で手頃な価格で利用できる。

これは今年スイスホテルがインドネシアで立ち上げる9つのホテルの1つ。スイスホテルでは2022年までにさらに3つのホテルを追加する予定である。

indonesia-hotel

インドネシアのホテルチェーンAston、Sidarjoにホテルオープン〜ホテル業界動向〜

インドネシアのホテルチェーンAston internationalは2020年2月20日、Sidoarjoに新しいホテルをオープンしたことを発表した。

シドアルジョは東ジャワ州の都市で州都スラバヤに近い。Kahuripan Nirwana Regency住宅地の商業地区に位置するアストン・シドアルジョシティ・ホテル&カンファレンスセンターの近くにはショッピングセンターやシドアルジョスタジアムなどがあり、便利なロケーションである。

宿泊は120室の客室と2室のプレジデンシャルスイート。付帯施設にはスイミングプールやフィットネスセンターなどが揃っている。カンファレンス機能として最新設備と最大700名のゲストを収容できるボールルームを備えた3つの会議室もある。

インドネシアのパラダイスプロパティー、ハイアットと初の協業〜ホテル業界動向〜

2019年8月30日、インドネシアで不動産開発を行う上場企業PT Indonesian Paradise Property Tbkは、2022年にHyatt Place Makassarを開業するために、Hyatt Hotels Corporationと管理契約を締結したことをホームページで発表した。

マカッサルは南スラウェシ州の州都。Hyatt Place Makassarはインドネシアで初めてのHyatt Placeとなる。3,494㎡の敷地に、145室のホテルとサービスアパートメントが建設される。マカッサルで最も高いビルになる予定。

傘下にSheraton Bali Kuta ResortやKeraton at the plaza hotelを所有するパラダイスプロパティーは、Hyatt Placeとの協業についてもハイアットの革新性、創造性、優れたサービスに非常に高い関心を寄せている。

インドネシアでホテル業界大手のSahid Jaya、2018年は増収増益〜ホテル業界動向〜

インドネシアのホテル運営会社PT. Hotel Sahid Jaya International, Tbkは2019年6月28日にパブリック・エクスポーズを行った。

2018年の売上高は、1,898億ルピア(約14億円)で前年比112%。純利益は17億ルピアで前年比118%と増収増益であった。

グランド・サヒドジャヤの実績は、客室数:575室、稼働日:365日、総日室数:209,875室、延宿泊室数:90,242室で、ホテル平均稼働率は43%。グランド・サヒドジャヤの売上高は1,496億ルピア(全体の79%)。平均ルームレートは790,679ルピア(約5,800円)であった。一方、サービスアパートメントは、売上高は24億ルピア、経費が8億ルピアなので、差額は16億ルピア。売上高は大きくないが収益性の面では非常に高い。

インドネシアのホテル業界 業界地図はこちら!

2019年 インドネシアのホテル(エンタメ・IT・個人サービス)業界

インドネシアのAXIA South Cikarang、AXIAバザール開催〜ホテル業界動向〜

日本のおもてなし×インドネシアの寛ぎをコンセプトに日本語での各種案内、慣れ親しんだ日本の味、日本人好みの大浴場やサウナなど、異国の地にいながら、もう一つの我が家で暮らすようなくつろぎを提供するホテルAXIA South Cikarangは、2019年3月16日と17日の両日にかけて恒例のAXIAバザーを開催することを案内した。

バザーには、西ジャワ州のチカランやジャカルタエリアはもちろん、バリからも美味しいものと人気の品を取りそろえた人気店が出店している。

出店しているのは、Hatten Wine、Inti Bali、Mulia Frame、Balistar Coffee、Al-zheefa / Lombok Art、Aziroo Leather、Sisi Original Bag、Kafe Topi、Throb Shopなど。

インドネシアのArchipelago International、Agodaより受賞〜ホテル業界動向〜

インドネシアのホテルチェーンAston Internationalを傘下に収めるホスピタリティマネジメント会社、Archipelago Internationalは2019年2月1日、同社ホームページ上において、近年世界で最も急成長を続けているオンライン旅行予約プラットフォーム、Agodaより傘下の26のホテルがカスタマーレビュー賞を受賞したことを報じた。

このカスタマーレビュー賞は市場で競争力のある価格設定をし、世界中でより早くより簡単に予約できるシステムを構築するために旅行代理店と一緒に意欲的に取り組んでいるホテルに贈られるもの。

インドネシアでは500のホテルがこの栄誉ある賞を受賞しているが、そのうちの26がArchipelago Internationalの傘下のホテルである。

indonesia-hotel

インドネシアでホテル業界大手のTAUZIA HOTEL、Traveloka賞受賞

インドネシアで120以上のホテルを運営するTAUZIA HOTELは2018年10月30日、同社ホームページ上で傘下の9つのホテルが2018年におけるTraveloka賞を受賞したことを報じた。

Travelokaはインドネシアのユニコーン企業の一つで、ネット販売の旅行代理店である。2017年から開始されたTraveloka Hotel Awardsは、昨年2年目を迎えた。表彰式は、2018年10月19日にタンゲランに位置するインドネシア・コンベンション・エグジビションセンター(ICE BSDシティー)で開催された。賞の評価基準はカスタマーレビューに基づく。

2018年はベスト・サービス部門で3つのホテル、ベスト・クリーンネス部門で5つのホテル、ベスト・ゲストエクスペリエンス部門で1つのホテルと合計9つのホテルが受賞した。

インドネシアでホテル業界大手のSantika Hotel、ラマダンプランを案内

インドネシアのホテルチェーンSantika Indonesia Hotels and Resortsは2019年4月23日、同社が運営するInstagramアカウントを通じて、ラマダーンの時期に家族や親しい友人とホテルで共に過ごすプランを提案した。

宿泊料金は一泊正味料金で235,200ルピアから。二人分のタジル(ラマダン明けの軽食)とサフール(夜明け前の食事)は無料でサービス。また、MyValueメンバーにはポイントをダブルで進呈。

予約期間は4月22日~6月16日。宿泊期間は5月6日~6月16日。予約はMySantikaアプリあるいはsantika.com、amarishotel.comで。ビーチリゾートBelitungへの2泊3日の無料旅行券と12室の無料バウチャーが当たるチャンスがあると案内している。

インドネシアのホテル業界 業界地図はこちら!

2018年 インドネシアのホテル(エンタメ・IT・個人サービス)業界

インドネシアのFOUR SEASONS HOTEL 、断食明けシーズンに備える〜ホテル業界動向〜

Four Season Hotel Jakarta は、Four Season Hotel and Resorts によって1960年にインドネシアにて設立したホテルである。ジャカルタの中心地に位置し、バティックやチーク家具といったジャワの伝統を生かした内装が人気である。

同ホテルは、2018年5月から6月頃の断食月(ラマダン)に合わせて様々なイベントを実施している。断食明けには職場や家族の仲間と一緒に過ごすことが多く、その際にホテルが利用されることが少なくない。

Four Season Hotel Jakarta では、断食明けの食事のために、最大1000名収容可能な宴会会場を準備している。料理はインドネシア料理・中東料理などのビュッフェを、また断食月に食される伝統的な菓子やデーツなども取り揃えている。

インドネシア観光省、オランダ人観光客の獲得を目指す〜ホテル業界動向〜

2017年にインドネシアを訪れた外国人観光客数は205,744人で、2016年に比べて2.82%増加している。

インドネシア観光省は、2018年5月30日から6月5日にかけてアムステルダムとアイントホーフェンのオランダの二都市で、観光プロモーションのイベントを開催した。このイベントの主な目的は、オランダからインドネシアへの観光客を獲得することであった。

ジョコ・ウィドド大統領からは、インドネシアの観光地の中でも、特にトバ湖、ボロブドゥール、マンダリカ、ラブアン・バジョに焦点を当てるようにとの指示があった。観光省の担当者は、マンダリカがリゾートやゴルフ、また国際クラスのサーキット場としても利用できる可能性をもつと、同地が持つ魅力を強調した。

indonesia-hotel(インドネシア ホテル)

インドネシアにフィットネスと融合したホテル?〜ホテル業界動向〜

Grand Kemang Jakarta 南ジャカルタに位置するホテル。設立44周年を記念して「Grand Kemang Fest」というイベントを開催した。このイベントでは、GOFIT と名付けられたスポーツ・フィットネスハブとのコラボレーションが展開された。

GOFIT は、インドネシアに健康的なライフスタイル、特に運動の習慣化することを目指して、様々な仕掛けを含んでいる。Grand Kemang Jakarta は、フィットネスクラスで様々なゲームを交えながら運動ができるイベントを準備している。また子供向けのイベントも同時に開催し、子供の心配をすることなく大人が運動できる環境を提供するとしている。

Sultan Hotel、インドネシア旅行・観光賞を受賞〜ホテル業界動向〜

The Sultan Hotel & Residence Jakarta はジャカルタの中心部に位置する5つ星ホテルで、 Indonesia Leading Green Hotel Award を5年連続で受賞している。この賞はインドネシアの財団 Indonesia Travel & Tourism Awards によって授与される賞で、国内の旅行・観光産業のすべてのセクターを対象である。

その選考にあたっては、オンラインによる投票や Indonesia Travel & Tourism Awardsの委員会による評価がなどが組み合わされる。評価基準にはホテルサービスの質やブランドイメージなどが含まれ、旅行・観光産業において提供されるサービスの質が重要であることの喚起とブランド力強化を奨励することが目的となっている。

まとめ:インドネシアのホテル業界

観光地として有名なインドネシア国内。観光施設としての役割だけでなく、複合施設として今後どのような業界を取り入れて発展していくのか楽しみですね。リゾート地ならではの特性を生かしどのように規模拡大をしていくのでしょうか?

インドネシアのホテル業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-hotel

    【リゾート業が活発化】フィリピンのホテル業界

  2. indonesia-food

    【加工物の多様化】インドネシア食品加工業界の最新動向

  3. indonesia-hospital

    【進む医療機関の整備】インドネシアの病院業界

  4. thai-advertisement

    【いかに目を引くものを作るか】タイの広告業界

  5. indonesia-trainbus

    【環境問題と向き合う】インドネシアの鉄道・バス業界

  6. indonesia-human-resource

    【日本との密接な関わり】インドネシアの人材サービス業界

  7. indonesia-fastfood

    【支払い方法の変化】インドネシアのファストフード業界

  8. thai-media

    【デジタルメディア領域の事業拡大】台湾の放送・全国紙・出版業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP