【テレビ業界の多角化】ベトナムのメディア業界

vietnam-media

スポーツイベントの放映は視聴者にとってテレビを見るきっかけの一つなのではないでしょうか?ベトナムのテレビ業界もスポーツイベントの放映権を獲得し、配信することにより視聴率増加を狙います。

今回は、そんなベトナムのメディア業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

AVGテレビ、在宅学習を支援

2020年4月7日、AVGテレビはベトナム北部地域で子供の在宅学習のニーズを満たすためのプログラムをスタートした。

COVID-19の感染拡大期間中も、子供たち(特に最高学年の児童生徒)が自宅で引き続き学習を続け、知識を得ることができるようにすることを目的としたものだ。

北部でのデジタルテレビに加え、インターネット上での放映も行い、保護者及び子供たちのニーズに応えたい考えだ。チャンネルは、H2、VTC11、VTV7などを通じて行い、放送スケジュールについてはインターネット上でも確認できるようになっている。

出典:https://avg.vn/tin-noi-bat/hoc-truc-tuyen-tren-truyen-hinh-avg-giai-phap-toi-uu-mua-covid-19/

情報通信省、COVIDに伴い、メディアを支援

2020年4月10日、ベトナム情報通信省はCOVID-19の感染拡大に伴い困難に直面している報道活動関係者を支援すると発表した。

同省によると、報道機関も多くの困難に直面しており、広告などの収益が大幅に減少している。これは感染症の拡大に伴い企業の活動が低下し、それに合わせて広告費などのコストを削減しているためだ。

近年ではソーシャルネットワーキングサービスなどの利用者が増えてきている一方で、公的なメディアは情報の信頼性といった点からまだ価値があると同省は考えており、今回の困難を乗り越えるための支援を行ってきたい考えだ。

出典:https://english.mic.gov.vn/Pages/TinTuc/141181/Bo-TT-TT-tich-cuc-ho-tro-bao-chi-trong-mua-dich-Covid-19.html

philippines-media

KimDong、ナショナルブックアワードを受賞

2019年12月27日の発表によると、Kim Dongは、ブックアワードを受賞した。ひとつめの受賞作はTran Duc Tienによる童話のコレクションで、想像力を刺激するスリリングな冒険もののストーリーが魅力となっている。また、登場人物の行動は道徳的な教訓も表している。

もう一つは、ベトナムの歴史をマンガで描いたシリーズで、「子供たちが歴史に親しみながら基本的な知識を得られるようにしたい」との思いから書かれたものだ。

ナショナルブッカーワードは、毎年著者や翻訳者を称えるために、卓越した価値のある本に対して送られる。今年は、政治経済、自然科学、社会人文科学、文学芸術などの分野から27の作品が同賞を受賞した。

出典:https://www.nxbkimdong.com.vn/nha-xuat-ban-kim-dong-doat-2-giai-thuong-sach-quoc-gia

COVIDに対する警告報道強化を要請

4月11日、バクザン省人民委員会副委員長と、COVID-19感染症予防対策省指導委員会副委員長を兼務するLê Ánh Dương氏は、情報の伝達や感染症予防に関する会議を開いた。

同氏は、最近のマスメディアによるCOVID関連の情報発信や、COVID-19の感染拡大防止状況について言及し、バクザン省におけるCOVID対策において、マスメディアが重要な働きをしていると述べた。

Le Anh氏は、COVID-19の感染拡大防止に向けて、メディアに対して、人々への啓発、伝染病予防の意識を高めるために、引き続き情報発信を強化することを要求した。

出典: https://english.mic.gov.vn/Pages/TinTuc/141210/Bac-Giang–Yeu-cau-bao-chi-tap-trung-tuyen-truyen-canh-bao-ve-dich-Covid-19.html

ベトナムテレビ大学、歴史的撮影機材を博物館へ

2019年5月16日、ベトナムテレビ大学は、ベトナムプレス博物館に、過去に利用されてきた歴史的な機材を寄贈した。

ベトナムテレビ大学は、1956年3月10日に設立された。当時はラジオ技術者学校と呼ばれていた。設立当初からカメラなどの技術指導が行われ、テレビ産業を陰で支えてきた。

技術者の指導にあたっては、さまざまな機材が用いられる。長年にわたり、同大学の学生は多種多様な機材を使うことで技術を学び、トレーニングを積んできた。今回贈られたのは歴史ある機材で、今後は博物館で保管される。

出典: https://vtv.vn/hoat-dong-vtv/truong-cao-dang-truyen-hinh-trao-tang-hien-vat-cho-bao-tang-bao-chi-viet-nam-20190525141645265.htm

2019

国営放送Vietnam Television(VTV)、高画質な映像を提供

VTVはテレビプログラムの作成でIP技術の活用を試行している。2019年3月19日、VTVのテレビ情報技術センターはIP技術に関するセミナーを開催した。

現在、IPインフラストラクチャはテレビ局にとってますます重要になっている。新しい技術により、放送事業者はビデオ伝送用のIPネットワークインフラストラクチャへの移行を開始しつつあるが、同技術を配信だけでなく番組制作段階においても使用することが可能である。

同技術の導入により高画質の映像を遅延なくよりスムーズに配信することが可能になる。同センターは本技術が今後ベトナム国内に更に拡大していくと考えている。

VTV、少数民族に関する発信を増やす

2019年3月、ハノイにおいてVTVと少数民族委員会は2019年から2021年におけるワークコーディネーションプログラムに署名した。

同プログラムはベトナムの山岳地帯などにおける少数民族問題への取り組みを強化するために、同問題に関する政策、プロジェクトの活動内容や、結果などに関する広報を強化することに重点を置いている。

これまでも少数民族問題については政府の積極的な広報活動が成果を上げてきた。今後もVTVと協力することで、更に広報活動を強化して少数民族問題の解決を促進していきたい考えだ。

eブック出版への新しい取り組み

オンライン出版を容易にする、iPubと呼ばれるプラットフォームが2019年4月1日をもってリリースされた。iPubは著者が作品をオンラインでデザイン、公開、改定ができる初のアプリとなる。

現在出版社に送られた原稿のうち出版までたどり着くのは20%と言われている。同サービスを利用することで現在出版に至らず日の目を見ない作品も市場に送り出すことできると考えられている。最初の6ヶ月間は著者はiPubのサービスを無料で利用することができる。

iPubは今後、著者がカバーやレイアウトページをデザインできるようにする機能の開発を計画している。また、著者をマーケティング、広報、販売面でもサポートしていく考えだ。

MobiTV、電子契約を可能に

顧客からの要望に基づき、MobiTVは同サービスを利用している顧客向けに電子契約の適用を展開する計画を発表した。

紙の契約書の代わりにウェブサイトを通じて契約内容を確認し、認証コードなどを利用して契約締結を行う。契約手続きにはiOSやアンドロイド用アプリであるZiZiアプリケーションのダウンロードが必要となる。

手続きは大きく分けて電子契約書の作成と、作成された契約書の確認の2ステップ。携帯電話を用いたOTP等を活用することで情報のセキュリティを担保する。こうした契約書の電子化によってこれまで紙ベースで行われていた手続きがオンラインで完結し、手続きの効率化が進むことが期待される。

2018

VTVとビングループ、サッカーW杯の配信で提携

ベトナムテレビ(VTV)は、長年にわたりサッカーW杯をはじめとする国際的なスポーツイベントの放映権を取得し、ベトナム国内の視聴者に配信する役割を果たしてきた。

しかしながら、近年は国際スポーツ大会の放映権価格は劇的に高騰しており、各国の放送局は資金調達の問題に直面している。2018年のW杯においては、VTVはビングループの協力を得ることで放映権の取得に成功した。

VTVはビングループに感謝の意を示すとともに、引き続きこのようなプログラム取得及び放映に向けた協力を希望している。 l2018年5月16日、アジア太平洋放送開発機構 (AIBD)は、インドのニューデリーで World TV awards を開催。ベトナム人監督によるドキュメンタリー番組「Land of Promise」が第2位を獲得した。

VTV監督、AIBD のWorld TV awards 2018を受賞

2018年5月16日、アジア太平洋放送開発機構 (AIBD)は、インドのニューデリーで World TV awards を開催。ベトナム人監督によるドキュメンタリー番組「Land of Promise」が第2位を獲得した。

同賞は AIBD (1977年にUNESCO支援のもと、放送業界の発展を促進することを目的に設立された組織) によって毎年選考と表彰が行われている。

部門ごとに設けられた本年のテーマは、人文科学ドキュメンタリー部門が「移住・移民」、科学/環境ドキュメンタリー部門が「生活のための清潔な水」であった。他国からの数多くの作品を抑え、VTVの Ta Quynh Tu 監督の作品である 「Land of Promise」が人文科学ドキュメンタリー分野で2位を獲得した。第1位は、韓国KBS1のハン・ソク監督による「Journey on Foot – Homeward」であった。

vietnam-media(ベトナム メディア)

放映権料上昇で有料TV市場に大きな変動?

VTVcab、SCTV、K+、MobiTV (AVG)、VTCといった有料テレビ放送事業者はこれまで、映画等の放映権を Q.net 社から購入た上で放映を行ってきた。しかし、一部事業者は放映コンテンツを縮小せざるを得ない状況に追い込まれている。

放映権の価格など、契約条件に関して Q.net 社と折り合いがつかず、関係性が悪化したことが原因だという。あるテレビ会社の話によると、同社のケースでは放映権購入に必要なロイヤリティが社内予算の80%にも及ぶという。

ロイヤリティが高騰する一方で、有料放送の視聴者数は伸び悩んでいるのも問題の1つだ。テレビ会社は、価格の低いコンテンツに切り替えを進めているが、中にはそれに対する不満から利用者の減少も発生している。このような状況が続けば、有料放送の市場シェアに大きな変動が生じる可能性もある。

世界報道写真展、ハノイで15年ぶりに開催

2018年6月18日、World Press Photo Exhibition が15年ぶりにハノイで開催され、130もの報道写真が世界中から集められた。同イベントはベトナム美術大学を会場に、在ベトナムオランダ大使館とベトナムジャーナリスト協会の主催の元開催された。

同イベントの目的は、2018年4月にオランダのムステルダムで開催された第61回 World Press Photo Contest の受賞者を讃えることで、現代社会の課題である、環境・自然・人・スポーツなど様々なカテゴリーの写真が展示された。また、ベトナムとオランダの外交樹立45周年を記念を祝う目的も併せ持っている。

World Press Photo Exhibition は毎年世界100以上の都市で開催され、400万人以上を動員する。2018年には、東京やシンガポールでの開催も予定されている。

まとめ

オンラインでテレビを視聴する割合が増加し、無認可のチャンネルも増え続けています。その一方有料放送は視聴者数に伸び悩んでいる傾向が見られます。今後ベトナム国内ではオンライン放送が優位になっていくのでしょうか?

関連記事

  1. vietnam-wholesale

    【著しい成長を遂げる】ベトナム食品卸業界の最新動向

  2. vietnam-human-resource

    【人材の確保】ベトナムの人材サービス業界

  3. vietnam-food

    【イベントで購買力刺激】ベトナムのスーパーマーケット・コンビニ業界に関する最新情報

  4. vietnam-languagesschool

    【英語習得者の拡大】ベトナムの語学学校業界

  5. vietanm-privatesschool

    【受験戦争の激化】ベトナムの学習塾・予備校業界

  6. vietnam-tourism

    【新たな観光資源の開拓】ベトナム旅行業界のトレンド

  7. vietnam-advertisement

    【海外企業進出相次ぐ】ベトナムの広告業界

  8. vietnam-electonics-retail

    【ニーズにどこまで合わせるか】ベトナムの最新・家電量販店事情

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. indonesia-supermarket
  5. singapore-lawyer
PAGE TOP