【民間企業への期待が高まる!】シンガポールの建設業界

singapore-construction

コンドミニアムの供給過剰と不動産価格の下落がささやかれており、先行きの不透明な建設業界で今後大きな役割を担っていくプレーヤーとして民間建設業社に期待が寄せられています。

今回は、そんなシンガポールの 建設業界 に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019

9階建て介護施設建設を受注、シンガポールのWeeHur〜建設業界事情〜

2019年4月2日の発表によると、Wee Hur Holdings Ltdの完全子会社であるWee Hur Construction Pte Ltdは、Ministry of Health(MOH)との間で34百万シンガポールドル(SGD)相当の建設プロジェクトの承認を得た。この施設は9階建介護施設であり、2021年の1月に完成する予定である。

本プロジェクトによる影響は、2019年12月に終了する事業年度の連結1株当たり純資産額および連結1株当たり利益に対する重要な影響はないと見込まれている。

高齢化が進むシンガポールでは、介護施設および介護人材の確保が急務となっている。介護施設、特に老人ホームは長期的な居住施設であり、日常生活のほとんどの活動で援助を必要としている人向けの施設である。認知症だけでなく、精神疾患を有する人を対象とした介護施設も存在する。

環境に配慮した素材の使用を拡大、シンガポールのLianBeng〜建設業界事情〜

建設会社大手Lian Bengは、安全かつ効率的で、環境に配慮した事業環境を確保するために積極的に投資を行っている。環境に影響を及ぼし、または影響を与える可能性がある事項について、経営陣、従業員および利害関係者間の協議および協力を促している。

2018年度は、Punggol工場で製造された生コンクリートの5%、Tuas工場で製造された生コンクリートの13%がグリーン材料で構成されている。2019年度にはPunggol工場のグリーン材料を10%に上げて、二酸化炭素排出の少ないコンクリートを開発することを目標としている。それらをリサイクルできる材料と取り替えることによって未使用材料の消費を減らすことが可能となる。

一方、電力や水の使用量に関しても効率性を引き上げることによって、全体的な使用量を減少させることを大きな目標としている。

シンガポールのBCA、建設業界の将来に向けた枠組みとは?

2019年5月29日の発表によると、Building and Construction Authority(BCA)は、建設分野でのリーダーシップ開発を支援するための新しい枠組みであるiBuildSG Leadership Engagement and Development(LEAD)に向け、建築・環境業界および学術分野との提携を開始した。また、BCAは各業界と協力して、保守可能性設計評価システム(Maintainable Design Appraisal System、MiDAS)を試験的に運用している。

この背景には、BCAは建設業界変革マップ(Construction Industry Transformation Map(ITM))を推し進めており、デジタル革命、急速な都市化、地球温暖化に対して業界全体の変革を推進している。

LEADなどの枠組みなどを設定することで、新たな時代に対応できる人材を育成する。また、MiDASを活用することで建設されたビルへの保守の容易さを評価したり、ビル建設にかかる労働や費用の効率化を査定できるような体制を整えている。

シンガポールのFitch Solutions、巨大プロジェクトによる建設業界の成長

2019年2月6日、Fitch Solutionsは、運輸部門の大規模プロジェクトによって加速した建設ブームが、2019年から2028年にかけて業界の成長を平均3.3%向上させる可能性があると発表した。

Thomson East Coast Lineは、10年間シンガポールの建設セクターを牽引すると予測されている大規模プロジェクトの1つであるが、その他のプロジェクトからの恩恵も大きい。

今後10年間でシンガポール最大の道路プロジェクトとなる予定のNorth-South Corridor高速道路や鉄道の巨大プロジェクトも建設会社への収益に貢献する。しかしながら、シンガポールの建設会社は、世界の業界全体で投資を増やしているため、中国、韓国、および日本の企業と競合する可能性が高い。

2018

シンガポール陸運庁、南北回廊開発をサムスンが民間初受注〜建設業界事情〜

シンガポール陸運庁 (LTA) は11月24日、北部と中心部を結ぶ新たな陸運インフラである南北回廊 (NSC)を韓国系のサムスンに約8億シンガポールドルで発注したと明らかにした。NSC のデザインおよび建設における初の民間企業との契約となった。

サムスンはトア・パヨ・ライズからメリーマウント・レーンまでの1.25キロの拡張工事のトンネル工事を受注したほか、トア・パヨ・ライズからメリーマウント・レーンまでの1.37キロ区間のトンネル工事も受注している。

南北輸送回廊(NSC)はほとんどの区間が地下を通る、全長21.5キロの高速道路であり2026年に建設が終了する予定。地上は2車線、地下は3車線となる。地上には歩道とサイクリング専用の車線を配備し、地下にはバス専用レーンを設ける。

シンガポール運輸相が発表、MRTジュロン地域線新路線計画が確定

シンガポール運輸相は5月9日、ジュロン地域線 (JRL) の詳細を発表し、24キロに及ぶ JRL延長の全貌が明らかとなった。

JRLは西区域と東区域から構成されており、西区域では10駅を2026年に開業する。西区域では、チョア・チュー・カンが起点となり、ブーン・レイ、タワス駅などを経由する計画である。さらに、タワス以西とブーン・レイ以南についても延長する予定であり、この区間については2028年に開業を予定している。一方、東区域では7駅を2027年に開業の予定。東区間はテンガーとパンダン・リザーバー間を往復する。

ジュロンは国内2つ目の中央ビジネス地区(CBD)に指定されており、交通の利便性を高めて地域開発を促進していくことが期待される。

singapore-construction-workers

シンガポール・チャンギ国際空港第5ターミナル建設プロジェクト〜建設業界事情〜

チャンギ国際空港グループ (CAG) は4月13日、チャンギ空港第5ターミナル (T5) 建設における、3チームからなるマスター・ビルディング・コンサルタントを任命した。これらのチームには、建築設計とエンジニアリングなどを委託することになる。同時に、T5 関連の陸上・飛行場整備を委託する民間コンサルタントも任命した。

T5 建設のプロジェクトは、チャンギ・イースト開発計画の一部を担っている。このターミナル建設プロジェクトには、3つの滑走路システムの構築、航空輸送および地上輸送インフラ整備が含まれている。ターミナル建設が完了すれば、チャンギ空港は旅客輸送能力を年間5,000万人、発着陸航空機数を100機増加させることが可能となる。

シンガポールのアスコット、アジア事業を強化〜建設業界事情〜

シンガポール不動産大手キャピタランドの子会社であり、サービス住宅運営部門であるアスコットは、アジア地域でのビジネス拡大を加速させている。特に日本、中国、タイにおいては、現地大手デベロッパーと戦略的なパートナーシップを組み、現在開発中もしくは将来のレジデンス・プロジェクトを運営していく予定である。

同社は、全世界で運営するサービス住宅運営戸数を年内に8万戸まで増やす計画を掲げ、2023年には16万戸を目指すと発表している。

日本では NTT子会社の NTT都市開発とサービス住宅の共同開発に合意し、NTT都市開発が検討中の福岡市および横浜市におけるプロジェクトにつき、アスコットを運営委託の候補先として検討している。

まとめ:シンガポールの建設業界

シンガポールの建築業は政府の住宅政策により、GDP貢献度が大きい業界となっています。住宅以外にも、MRTやチャンギ空港などの建設が進むシンガポールの建設業界は、今後も大きなビジネスチャンスを期待できるのではないでしょうか?

シンガポールの建設業界が一目でわかる!ビズラボオリジナル業界地図

業界地図_サンプル

【主要ローカル/外資プレーヤー】【知っておきたい業界ルール】【気になる今後の動向】 が1枚にまとまった業界地図をダウンロードいただけます。 ※オリジナル業界地図は、おひとり様1業界のダウンロードに限定させていただきます


無料ダウンロードフォーム

* が付いている項目は入力必須項目です。

















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


シンガポールへの進出状況 *




関連記事

  1. singapore-telecommunications

    【政府と企業の連携が進む】シンガポールの通信業界

  2. シンガポール 自動車

    【増えるカーシェアリング事業】シンガポールの自動車業界

  3. 【建設ラッシュ】シンガポールの不動産デベロッパー業界

  4. singapore-school

    【世界的に高い教育水準】シンガポールの学校業界

  5. singapore-pharmacy

    【世界の一大研究拠点】シンガポールの製薬・バイオテクノロジー業界

  6. singapore-salon

    【今後の成長に期待】シンガポールの美容・エステ・ヘアカット業界

  7. singapore-stock

    【外資系企業を魅了する】シンガポールの証券業界

  8. indonesia-building

    【新規建設プロジェクトの進行】インドネシアの建設業界

PAGE TOP