【需要はまだある!】シンガポールの不動産仲介業界

singapore-real-estate

シンガポールのコンドミニアムやHDBは、全体的に供給過剰状態になりつつあり、新たな需要の発掘と獲得が各事業者に求められている状況です。

今回は、そんなシンガポールの不動産仲介業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

シンガポールの不動産仲介業界 業界地図はこちら!

2021年 シンガポールの不動産仲介(建設・インフラ・環境)業界

パンデミック後のシンガポールの不動産業界動向〜不動産仲介業界動向〜

不動産仲介のCBREは、パンデミック後の不動産業界の動向レポートを発表した。オフィスに関しては、CBDインセンティブと戦略的開発インセンティブが再開発のために導入され、CBDのオフィスストックの長期的な削減につながる可能性がある。これは、CBDの外にオフィスを増やすという政府の地方分権化戦略の一部を担っている。

商業施設に関しては、ショッピングモールが従来のテナントベースの一部を失うにつれ、空きスペースは新しい用途に活用されていくと予想される。作業スペースや居住スペースの組み込みなど、より複雑なテナントが混在することになる。

産業面では、電子商取引、食品、ヘルスケアのロジスティクスに特化した資産の需要が高まるにつれ、これらの成長分野に合わせた産業用スペースを再利用する必要がある。

出典:https://www.cbre.com.sg/about/media-centre/cbre-identifies-areas-of-opportunities-post-pandemic-for-real-estate-investors-and-occupiers

シンガポールのPropNexがカンボジアに事業拡大へ〜不動産仲介業界動向〜

ローカルの最大手不動産仲介会社のPropNexが、海外市場4か国目としてカンボジアに事業を展開することが発表された。今回の事業拡大により、シンガポール、マレーシア、インドネシア、ベトナム、カンボジアの5か国合わせて、12000人以上もの人材確保につながる。

カンボジアでは500人近い営業担当を集め、首都プノンペンに本部を置き、シェムリアップとシアヌークビルに支店を構える。同社はすでに様々なコラボレーション参入を企画している。そのうちの一つがUrbanVillageである。

これは、香港のディベロッパーUrban Hub CoとシンガポールのHongLaiHuatGroupがシアヌークビルで進めているプロジェクトである。760,000㎡あまりの国内最大級の地域密着型開発で、アジアのコンペティションで20以上の賞を受賞している。

出典:https://www.allenandgledhill.com/perspectives/articles/17891/allen-gledhill-establishes-two-new-practices-and-expands-two-specialist-practices-to-help-clients-seize-new-opportunities-arising-from-the-new-normal

シンガポールのPropertyGuru、REAGroupと提携〜不動産仲介業界動向〜

東南アジアを代表するプロプテックであるPropertyGuruGroupと、不動産市場およびデータ資産に特化したREAGroupは、グローバルデジタルビジネスに特化した提携を発表した。

PropertyGuruは、REAGroupより「iPropertyMalaysia」と「thinkoflivingThailand」を買収した。契約の一環として、REAグループは拡大されたPropertyGuruグループの18%の株式持分を受け取り、取締役会に取締役を任命する。取引は2021年7月に完了する予定。

この買収は、東南アジアでNo.1のプロプテックグループになるという同社の戦略を支えている。今回の買収を通して、包括的なデータセットやサービスへのアクセス機能を強化していくことが期待される。

ケイアイスター不動産、シンガポール進出へ〜不動産仲介業界動向〜

日系のケイアイスター不動産株式会社は、今後の海外事業展開に向けた市場調査やクロスボーダーM&A推進のための、同社初の海外支店となる「KI-STAR REAL ESTATE CO., LTD (SINGAPORE BRANCH)」をシンガポールに設立したと発表。

今回のシンガポール支店設立により、海外事業を成長エンジンとして組み込むための海外事業開発、クロスボーダーM&A・JV等を推進していく。

日本では「豊かで楽しく快適な暮らしの創造」を経営理念に、『高品質だけど低価格なデザイン住宅』の提供を行っている。地域密着型の総合不動産業として、関東を中心に1都11県で多角的な事業を展開している。2020年3月期の売上高は1,207億円であった。

出典:https://ki-group.co.jp/keiai_magazine/2020/11/06/singapore/

シンガポールのSavills、都市再開発に着手〜不動産仲介業界動向〜

大手外資系不動産のSavillsは、12のインターナショナルビジネスパークの売却に関する唯一のマーケティングエージェントとして任命された。対象物件は、ジュロンタウンホールロードの外れのインターナショナルビジネスパークの南部に位置し、市内中心部から約14kmである。総敷地面積は約86,115平方フィート、総床面積は約116,695平方フィートである。

都市再開発庁のマスタープラン2019の下では、土地は最大2.5の容積率でゾーン化されたビジネスパークになっている。この物件のJTC借地権は1995年12月1日から60年で、残りの借地権は約35年である。

現在十分に活用されていない区画比率と、35年の長期残存土地賃貸により再開発の機会を提供していく。

出典:https://www.savills.com.sg/insight-and-opinion/savills-news/199053-0/savills-appointed-as-the-sole-marketing-agent-for-12-international-business-park-with-guide-price-of-s$40m

シンガポールの不動産仲介業界 業界地図はこちら!

2020年 シンガポールの不動産仲介(建設・インフラ・環境)業界

シンガポールHDBが確定利付債を発行〜不動産仲介業界動向〜

Housing Development Board(HDB)は、320億SGDの多通貨中期債プログラムの下で、8億SGDの10年固定金利債(債券)を発行した。この債券には、半年ごとに延滞で支払う1.265%のクーポンがある。2020 年6月24日に発行され、2030年6月24日に満期となる。

シンガポール証券取引所限定証券のリストに上場するための承認は得られている。SGX-STの公式リストへの注記の承認、およびSGX-STに関する注記の引用は、HDB、またその子会社の注記のメリットを示すものとして解釈されるべきではない。債券は、Central Depository(Pte) Limitedを通じて清算される。

HDBは、MTNプログラムにおいて債券を発行をすることで、その開発プログラムおよび運用資本要件に資金を提供するとともに、既存の借入金の借り換えを行う場合がある。

出典: https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/press-releases/24062020-hdb-issues-rated-fixed-rate-notes

Phase2段階での不動産業務の再開範囲とは?シンガポール不動産協会〜不動産仲介業界動向〜

シンガポールの不動産協会は、コロナ対策措置のPhase2段階での不動産業務再開の範囲を発表した。不動産取引は必要(書類に署名が必須など)としない限りはクライアントとの対面での取引は避けて、ITソリューションを駆使して行う。

もしクライアントに会う必要がある場合、一回で会う人数を5人以下にしなければならない。また、不動産の内見も実際の内見回数を減らすために、バーチャル内見をするようにする。オープンハウスは人が多く集まるため、禁止されている。

署名が必要な案件に関しても、できる限り電子署名を使うよう促してい る。銀行によってポリシーが異なるため、電子署名を使用する前に弁護士に相談することをおすすめしている。

出典:https://www.cea.gov.sg/docs/default-source/module/pressRelease/579d0b80-f030-4568-8e21-a24125bd869c.pdf

singapore-real-estate

シンガポールの2019年の不動産投資事情〜不動産仲介業界動向〜

シンガポールは、アジアのアウトバウンド不動産投資で2年連続でトッ プとなった。2019年の投資額は前年の220億USDから33%減少したものの、同年の海外不動産投資は150億USDを突破した。一方、アジアの海外商業不動産投資は、前年比17%減少した。

CBREシンガポールのキャピタルマーケッツ責任者であるマイケルテイは次のように述べている。「シンガポールの場合、投資額が前年比33%減少したのは、2019年に記録された大規模なポートフォリオ取引がなかったためである」。

オフィス資産は通常、シンガポールを拠点とする投資家に好まれているが、2019年は、資産家たちの間で学生住宅などの代替セクターで収入を生み出すようシフトすることに関心を抱く人が増えた。2018年は、産業・物流投資が1位を占めていたが、2019年にはオフィス投資が1位で9億USDを記録した。

出典:https://www.cbre.com.sg/about/media-centre/asian-outbound-real-estate-investment-march-2020

シンガポールのPropNex、社員に3000万ドルのサポート〜不動産仲介業界動向〜

PropNexは、自社の8500人の営業担当を対象に、合計3000万ドルのサポートを実施すると発表した。主なサポート内容は下記の5種類。

①2,500万ドルの事前手数料スキーム ②PropNexチームリーダーの支払いに対する120万ドルの事前管理料金 ③125万ドルのチームリーダーの事前年金基金④170万ドルのコンベンション料金とトレーニング補助金 ⑤コミュニティを支援する75万ドル

他にも、営業担当者保険料の割引や、2021年のRES更新に対する不動産販売員の免許および管理費の総額283.5ドルの免除、2020年の販売員のMedisaveトップアップの延期を要求している。このようにPropNexは社員に対して手厚いサポートを行っている。

出典:https://www.propnex.com/pressrelease/373

シンガポールのOrangeTee & Tie、マレーシアの不動産会社と提携〜不動産仲介業界動向〜

ローカル大手の不動産仲介会社、OrangeTee&Tie Pte Ltdとマレーシアの不動産会社CBD Properties Sdn Bhdが、戦略的コラボレーションを開始するための覚書(MOU)に署名した。  

MOUは、OrangeTee&TieとCBD Propertiesの間の一連のクロスボーダーマーケティングおよび技術交換をキックスタートすることを目的としている。これには、両社のプロジェクトのマーケティングや、 OrangeTeeのデジタルプラットフォーム(Agent AppやProperty Agents Reviewなど)の潜在的な統合が含まれている。

OrangeTee & TieのディレクターWang氏は次のように述べている。「重要なのは、従業員がテクノロジーに対応できるように最新のテクノロジーの採用を加速することである。OrangeTee&Tieはイノベーションが成功していると広く認識されており、このコラボレーションによりITの変革が大いに期待できる」。

出典: https://blog.orangetee.com/happenings/memorandum-of-understanding-between-orangetee-tie-and-cbd-properties-on-strategic-cross-border-collaboration/

シンガポールの不動産仲介業界 業界地図はこちら!

2019年 シンガポールの不動産仲介(建設・インフラ・環境)業界

史上最高益達成の理由は?シンガポールのPropNex〜不動産仲介業界動向〜

2019年2月25日、国内不動産仲介業最大手のPropNexは2018年度の決算を報告した。総売上は30%上昇し、史上最高となる431百万SGDを達成した。グループ純利益は通年で16.2%増加し、21.9百万SGDとなり、2017年度の純利益18.9百万SGDから大幅に増益となった。

シンガポールにおけるSalesforce(日本の宅建士に相当)は12.4%増加して、2018年1月の6,684人から7,513人と大幅に増員した。

2018年においてPropNexは31件のプロジェクト立ち上げに関与しており、そのうち26件は新規プロジェクト、他5件は初回プロジェクト立ち上げ後に関与したものであった。26のプロジェクトのうち21の案件をクローズしており、当業界で最高数のユニットを完了したことになる。

出典:http://investor.propnex.com/newsroom/PropNex-Press-Release-FY2018-Results.pdf

シンガポール・Huttonsのトレーニングプログラムとは?〜不動産仲介業界動向〜

2019年5月17日の発表によると、Huttonsは、不動産仲介代理店の社内技術ツールを活用し、デジタルマーケティング手法を活用できるような不動産エージェントのためのトレーニングプログラムを導入した。

不動産エージェントが市場の変化に適応し、顧客がより良い意思決定を行えるよう支援するため、HuttonsはHuttons-Tech(H Tech)イニシアチブを開始している。これは600万SGDの投資を行ったシステムであり、エージェントのフロントエンドデジタルツールとバックエンドシステムの強化、およびHuttonsの社内技術ツールを活用している。

フロントエンドシステムでは、Huttonsの企業Webサイト、代理店がマーケティングしているWebサイト、エージェント個人のWebサイト、およびデジタルマーケティングツールを介したデータがリアルタイムで同期できる。またエージェントがソーシャルメディアの投稿を作成し公開できるようにもなっている。

出典:https://www.huttonsgroup.com/news/cea-feature

singapore-real-estate

シンガポールの不動産仲介業界における大きな変動を解説

シンガポールの不動産市場は過去半年でかなりの変動が起きている。2018年の第4四半期に、同国の民間住宅価格指数が0.1%下落したのに続き、2019年第1四半期には0.7%減少し、減少傾向が続いている。

政府は不動産への加熱した投資を抑制するため、追加購入者の印紙税(Additional Buyer’s Stamp Duty、ABSD)を上げ、LTV(融資比率の保守化)を導入している。これは、2018年の最後の四半期に下落した民間住宅の価格で、ほぼ即時の効果があったと言える。

URAは次の15年に渡るマスタープランを公表している。現在は南部が主に開発されているが、北部などにも開発を広げていく計画が含まれている。今後、不動産への投資を考える際には、URAのマスタープランにおいてどの地域を重点的に開発しようとしているかを考慮する必要がある。

出典:https://blog.orangetee.com/market-analysis-news/ura-draft-master-plan-implications-on-the-property-market-in-singapore/

シンガポールのCEA、不動産業者の情報透明化へ〜不動産仲介業界動向〜

2019年1月4日の発表によると、Council for Estate Agencies(CEA)は、シンガポールの不動産業者によって仲介された不動産取引の記録を公開するため、不動産業者の取引記録イニシアチブ(Property Agents’ Transaction Records Initiative)の第1フェーズを開始した。

2019年から登録された不動産業者によって仲介されたHousing and Development Board(HDB)に関する情報は、CEA WebサイトのCEA Public Registerで利用可能となる。

このイニシアチブは、不動産業者を選択する時に、顧客に不動産業者の情報をより透明化することを目的としており、住宅不動産の購入、売却、または賃貸において情報の非対称性を軽減させることができると考えられている。

出典:https://www.cea.gov.sg/docs/default-source/module/pressRelease/09eebabc-279e-43c2-a111-ac2651c41adf.pdf

シンガポールの不動産仲介業界 業界地図はこちら!

2018年 シンガポールの不動産仲介(建設・インフラ・環境)業界

シンガポールで不動産仲介業界大手の2社によるスタートアップ支援

アメリカ不動産仲介大手のジョーンズ・ラング・ラサール (JLL) とオーストラリア不動産デベロッパー大手のレンドリースは、不動産関連の新興企業を対象とするアクセラレータ・プログラムをシンガポールで立ち上げた。

このアクセラレータ・プログラムは、総価値16兆米ドルに上るアジア太平洋地域の不動産マーケットでのビジネスを目指すスタートアップを橋渡しするためのものである。この成長著しい市場は2020年には19.5兆米ドル規模まで拡大すると言われている。

特に不動産の運営管理、売買契約、建設管理、データ収集・データ解析の分野において、両社はパートナー企業との協働を図っていく考えである。

出典:http://www.ap.jll.com/asia-pacific/en-gb/news/451/jll-and-lendlease-launch-propell-asia-the-first-singapore-based-regional-proptech-accelerator

増加の一途をたどるシンガポールからの海外投資〜不動産仲介業界動向〜

独立系グローバル不動産仲介業者のナイトフランクは、海外商業用不動産投資に関する統計を発表した。

レポートによると、アジア太平洋地域からの海外向け投資額が、ヨーロッパや北米を抑えて1位となった。これは2007年から始まった集計以来初めて。同地域からの投資総額は900億米ドルにのぼり、ヨーロッパの833億米ドル、北米の809億米ドルを上回った。

うち、シンガポールからの海外商業用不動産への投資額は、前年比35%増の199億米ドルとなった。特に、米国向けが66億米ドル、オーストラリア向けが33億米ドル、英国向けが28億米ドルとなり、全て投資額のトップ20位内に入っている。

出典:https://www.knightfrank.com.sg/news/asia-pacific-overtakes-europe-and-north-america-as-top-source-of-cross-border-real-estate-capital-012580.aspx

singapore-real-estate

シンガポールURAが発表!民間住宅価格2018年第2四半期速報〜不動産仲介業界動向〜

都市再開発庁 (URA) が発表した不動産統計によると、2018年第2四半期の民間新築住宅価格指数 (2009年第1四半期を100とする) は149.0となり、前四半期比で3.4%上昇した。4四半期連続で上昇となるも、第1四半期の3.9%上昇との比較では、やや減速した形となった。

集合住宅の価格指数は前期比で3.3%上昇し、146.3となった。中心部周辺 (RCR) が5.7%上昇 (前四半期は1.2%上昇) と、中心部(CCR)は1.4%上昇 (同5.5%上昇)、郊外 (OCR) は2.9%上昇 (同5.6%上昇)と伸び率が減速した。

これらの数値は速報値であり、印紙収入やデベロッパーによる報告に基づいて算出されている。確定値は7月27日に公表となる。

出典:https://www.ura.gov.sg/Corporate/Media-Room/Media-Releases/pr18-40

シンガポール通産省、今年下半期の政府用地売却区画を発表〜不動産仲介業界動向〜

シンガポール通産省は、国有地売却 (GLS) 計画に基づいた2018年下半期の政府用地売却にかかる区画を発表した。上半期に続き、同数の13区画となった。これらの用地は8,040の民間住宅、総床面積124,200㎡の商業施設および930部屋分のホテルとなる予定である。

民間住宅用地の供給は健全な水準であるが、引き続き不動産デベロッパーからの需要は底堅く推移している。この状況から、下半期の供給量は上半期の供給量と同水準に設定された。

政府は引き続き、市場ニーズにあった量を分析しながらGLSプログラムの供給を調節していく予定である。

出典:https://www.ura.gov.sg/Corporate/Media-Room/Media-Releases/pr18-38

まとめ:シンガポールの不動産仲介業界

個人の不動産購入は減少傾向にある一方で、法人及び事業者向け不動産には一定の需要が見込まれています。海外からのシンガポール国内不動産投資に関する規制が緩和されており、個人投資家による不動産購入も少なくありません。今後の需要が一気に沈んでいくという可能性は薄いと思われるシンガポールの不動産業界には、まだまだビジネスチャンスが眠っていると言えるのではないでしょうか。

シンガポールの不動産仲介業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. 【輸入に頼る】シンガポールの食品卸業界

  2. philippines-developer

    【着々と進む不動産開発】 フィリピンの不動産デベロッパー業界

  3. Singapore‐staff-agency

    【絶好のビジネス環境】シンガポールの人材サービス業界

  4. singapore-salon

    【今後の成長に期待】シンガポールの美容業界

  5. singapore accounting firm

    【2019年、企業はどう動く?】シンガポールの会計事務所業界

  6. singapore-pharmacy

    【世界の一大研究拠点】シンガポールの製薬・バイオテクノロジー業界

  7. 【建設ラッシュ】シンガポールの不動産デベロッパー業界

  8. thai-water

    【今後の水の需要は】タイの水道業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP