【多様化するタクシー】マレーシアのタクシー・配車アプリ業界

malaysia-taxi-taxiapp

マレーシアでは近年、ライドシェア(相乗り)利用者が増加し、タクシー・配車サービス業界の市場規模が急激に拡大しています。

今回は、そんなマレーシアのタクシー・配車サービス業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

Grabマレーシア、電子マネーライセンスを取得

マレーシアの配車アプリGrabは、レストランや店舗、オンラインでの決済に使用できる電子マネーのライセンスをマレーシア中央銀行より取得した。

この電子マネー「GrabPay」は2018年上半期から段階的にサービスを開始、顧客は簡単で安全なモバイル決済を利用することができる。これまでの配車サービスに加え、実店舗の食品や飲料、ガジェットの購入、あるいは友人への送金といった日常的な場面で利用できる。

同社アプリのダウンロード数は7,200万に達しており、中央銀行と協力してマレーシア及び東南アジアのモバイル決済の普及を推進していく。

メイバンクとGrab、キャッシュレス決済で戦略的パートナーシップ

マレーシア銀行業界の最大手 Maybank は、配車アプリGrab が提供するキャッシュレス決済システム「GrabPayモバイル・ウォレット」についての業務提携を発表した。

このパートナーシップにより、GrabPay取り扱い店舗だけでなく Maybankの主要取り扱い店舗においても GrabPayモバイル・ウォレットを利用することができる。また、メイバンクの顧客は GrabPay取り扱い店舗で「メイバンクQRPay」を使用することができる。さらに、メイバンクのポータルサイト「Maybank2U」を介してモバイルウォレットに現金をチャージするサービスも追加される。

GrabPay を介して行われた全ての支払いで GrabRewards のポイントを獲得でき、割引乗車券や商品と引き換えることができる。

malaysia-taxi-taxiapp(マレーシア タクシー)

分散型ライドシェアリングプラットフォーム DACSEE

分散型ライドシェアリングプラットフォームの DACSEE は、2018年4月30日、自社モバイルアプリのマレーシア展開を発表した。

通常ドライバーと乗客の間に発生する不要な中間手数料を排除し、ユーザーコミュニティーに大きな価値をもたらす次世代プラットフォームとして期待されている。同社は、これまでに2,500万ドルの資金調達に成功している。

アプリケーションリリース前に、アジア域内で既に3万人以上がドライバーとして登録。マレーシアのような国では長年にわたってタクシー運賃が停滞している。運転手へ正常な還元がなされる仕組みによってドライバーの利益向上が見込まれる。

配車サービス、法改正で車両免許取得を義務化

2018年7月12日の発表によると、マレーシア運輸省は、タクシードライバーへ公平性を与えるために陸上公共交通法と商用車登録局法を改正。

これにより、オンライン配車サービスのドライバーは公共輸送車両ライセンスの取得、健康診断の受診、犯罪記録の確認、そして PUSPAKOM での車検が義務付けられる。なお配車サービスを提供している会社には、1年間の猶予期間が与えられている。

また、配車サービスを提供する企業は陸上公共交通委員会への登録が必須となる。その他、タクシードライバーが運転する配車サービスでは10%、個人ドライバーの配車サービスでは20%のコミッション率が設定され、割増料金は通常運賃の2倍を超えないことが定められた。

まとめ

マレーシアは、世界で初めて配車アプリサービスを合法化した国である一方、近年は利用客への安全対策が必要であるとの声も上がっています。新しく登場した、アプリ上の配車サービスの課題を適切に捉えることで、同業界は今後も大きな成長を見込めるのではないでしょうか。

関連記事

  1. vietnam-celemony

    【伝統を守る】ベトナムの冠婚葬祭トレンド

  2. vietnam-trainbus

    【急激な発展】ベトナムの鉄道・バス業界

  3. malaysia-cafe

    【国外のカフェ多数進出】マレーシアのカフェ業界

  4. malaysia-tourism

    【オンラインサービスのニーズ】マレーシア旅行業界のトレンド

  5. thai-electricity-gus

    【インフラ整備が充実】タイの電気・ガス業界

  6. malaysia-landtransport

    【日本の物流ノウハウ活かす】成長が続くマレーシアの陸運業界

  7. malasya-conviencestore

    【デジタル化の強化へ】マレーシアのスーパー・コンビニ業界

  8. malaysia-hospital

    【進んだ医療制度】マレーシアの病院業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. indonesia-supermarket
  5. singapore-lawyer
PAGE TOP