【世界中へのネットワーク】フィリピンの海運業界

philippines-shipping

様々な業種に進出している老舗の海運企業は世界各地にむけてのイベントを行い、今後のネットワーク拡大にむけて動き出しています。

今回は、そんなフィリピンの海運業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

フィリピンの海運業界 業界地図はこちら!

2020年 フィリピンの海運(運輸・物流)業界

フィリピンのIATF-EID、運航スケジュールを設定〜海運業界動向〜

ネグロス島のドゥマゲテ市などを含むネグロスオリエンタル州の新興感染症に関する機関間タスクフォース(IATF-EID)は、帰国する住民や個人の到着に備えて自治体に十分な時間を与えるために、州と調整し海上旅行の固定スケジュールを設定した。

これは、地元に孤立した個人(LSI)、帰国したフィリピン人(ROF)、居住地外の許可された人物(APOR)の帰還に関して、流入の制御と様々な問題に対処する目的で設定された。州は帰国者の詳細情報を含む旅客マニフェストのコピーをIATFに提供するよう、船会社に要求する。

LSI、ROF、およびAPORの到着を調和させるシステムが整っていると、市などの自治体はこれらの個人のニーズを準備して対応するのに十分な時間を確保できる。なおセブ市とタリサイ市でのCovid-19の感染者数の急増により、これらの地域への渡航は一時的に停止されている。

出典: https://www.pna.gov.ph/articles/1107211

フィリピンで海運業界大手の2GO Group、検疫船の運航費を免除

フィリピン最大の海運会社であり、商用の旅客船の運営なども行う2GO Groupは、海外のフィリピン人労働者(OFW)を乗せた検疫施設として使用されている同社の2隻の運航費を免除した。

2隻の船舶を検疫施設として運用するための実際のコストは2億6,000万ペソであった。政府からの3500万ペソの料金を支払うという提案に対し、同社は船舶の利用は寄付目的であり、Covid-19の世界的流行に対する国の対応を支援するため、これを受け取らないとする声明を出した。

政府が提案し交渉された3500万ペソという価格には、燃料、電気、水、メンテナンス、備品、乗組員とホテルのスタッフの給与など、船舶の運航にかかる費用を賄うための金額が含まれていた。

出典:https://www.pna.gov.ph/articles/1100732

philippines-shipping

フィリピンに拠点を置くTDFとの提携で進む COVID-19抗体検査〜海運業界動向〜

アジア、アメリカ、ヨーロッパ、アフリカに28のターミナルと港を運営し、フィリピンに拠点を置く国際ターミナルオペレーターであるInternational Container Terminal Servicesは、主に従業員の保護と安全な職場維持のための簡易キットによるCOVID-19抗体検査を開始した。

同社は社員から家族への感染防止と、経済を動かし続けるために、熱帯病財団(TDF)およびAyala Healthcare Holdings Incと提携してスクリーニング検査を行った。サンプル結果をより正確なものにするため、提携先の医療専門家が監修する。

また、TDFは地域の試験能力を強化する取り組みの一環として、保健省(DOH)および熱帯医学研究所(RITM)と協力して、コロナウイルス試験を実施するために必要な実験の検証と承認を迅速に進めている。

出典:https://www.ictsi.com/press-releases/ictsi-solaire-start-covid-19-mass-testing-employees

Asian Terminals Inc、フィリピン・マニラの公立小学生を支援〜海運業界動向〜

Manila South Harbour、Batangas Portなどを運営するターミナルオペレーターであるAsian Terminals Inc.は、マニラの公立小学生が基本的なコンピュータープログラミングスキルを習得するのに役立つデジタル学習プログラムを支援する。

Ayala Foundation Inc.(AFI)がMicrosoft Philanthropiesと共同で開発した子供のための基本的なコンピュータープログラミングの基礎的なスキル開発プロジェクトである<code/it>は、COVID-19パンデミックに影響を受けたオフラインでの教育課程に替わる遠隔学習モダリティ。

同社は民間のパートナーとして、マニラの73のすべての公立小学校にまたがる参加者のデジタル移行に関するトレーニング、資料、その他の要件の規定をサポートする。3年生から6年生の推定120,000人の生徒と約300人の教師は、2020年から2022年までを対象とするプロジェクトで恩恵を受ける。

出典:www.asianterminals.com.ph/ati_pressreleases.aspx?id=1222

商船三井、フィリピン・ルソン島の火山噴火被害に対する支援〜海運業界動向〜

良質な船員の確保を目指し、フィリピンでの商船大学を運営する商船三井は、フィリピン・ルソン島で2020年1月に発生したタール火山噴火による被災者の救援および被災地の復興のために、1万米ドルの義援金を拠出することを決定した。

同社はまた、商船三井グループの役職員による募金活動を開始した。同社の事業はフィリピン出身の船員やその家族・友人などにも支えられており、また商船大学の運営やドライバルク船の運航管理センターなどの分野でも同国と深い関わりを持っているため今回の寄付につながった。

タール火山はルソン島のバタンガス州に位置する活火山。 1月12日に噴火し、この火山から60キロメートルの距離にあるマニラでも降灰があった。周辺地域では農作物にも甚大な被害が出ており、現在も避難を余儀なくされている住民がいる。

出典:https://www.mol.co.jp/pr/2020/20006.html

フィリピンの海運業界 業界地図はこちら!

2019年 フィリピンの海運(運輸・物流)業界

フィリピンのHarbour Star Shipping Services、MGCとサービス契約〜海運業界動向〜

2019年4月3日の発表によると、国内大手の海運企業であるHarbour Star Shipping Servicesは、大手穀物生産企業であるMariveles Grains Corp.(MGC)とBataanで運営する穀物および商品におけるサービス契約を締結した。

これにより、MGCのターミナルに寄港するすべての船舶に港湾支援サービスおよび係留サービスを提供できるようになった。契約は2019年4月1日から2年間。2018年12月に、ハーバースターはGNPower Kauswagan Ltd. Co.ともサービス契約を締結している。

MGCは、輸入バルク穀物の取り扱い、保管、流通など、さまざまなサービスを提供している。また、同社のターミナルは、パナマックス船からの配達を1日あたり8,000〜10,000トンで処理している。

フィリピン政府の緊急課題を支援!ATIの活動とは?〜海運業界動向〜

2019年7月22日の発表によると、Manila South Harbour、BatangasPortなどでターミナルオペレーターとして運営するAsian Terminals Incorporatedは、 環境天然資源省(DENR)およびその他のステークスホルダーと協力して、マニラ首都圏の主要な水路の清掃という政府の緊急課題を支援する。

同社は最近、DENRのAdapt a Estero Waterbodyプログラムに登録した。これにより、マニラサウスハーバーの港湾運営者は、クリーンで安全で健康的なマニラ湾環境を達成するための3年間のプロジェクトに資金を提供する、民間のスポンサーとなった。

ATIは環境イニシアチブに精通している。貿易を通じコミュニティを構築する企業として、ダイナミックな企業サステナビリティプログラムのもとで、国際管理基準に沿って環境保護を提唱している。

philippines-shipping

純利益42%増の理由とは?フィリピンに拠点を置くICTSIの業績〜海運業界動向〜

フィリピンに拠点を置く国際ターミナルオペレーターであるInternational Container Terminal Services(ICTSI)は、2019年上半期の収益が14%増の7億5180万ドル、純利益は42%増の1億2,850万ドルであることを発表した。

同社CEOは「2019年上半期のICTSIの業績は非常に喜ばしいものである。グループのポートから高品質の収益を生み出し、新しいターミナルでの活動を強化し、強力なコスト管理に注力しているため、戦略的目標を達成し続けることができた」と述べている。

主にイラク、オーストラリア、コンゴ民主共和国、フィリピンのスービックのターミナルからの営業利益への貢献が改善したことにより、前年同期比9,020万米ドルの増加となった。

フィリピンにも展開のHapag-Lloyd、豪向けのへの新サービス開始〜海運業界動向〜

2019年8月21日の発表によると、ドイツの海運会社で国内に2つの拠点を持つHapag-Lloydは、オーストラリアでのプレゼンスを強化・最適化するために、 新しいサービスであるSEAおよびS2Aの提供を開始するとのこと。

2019年10月に、同社は既存のSoutheast Asia Australia Loop 1(SAL)に加え、タイ、マレーシア、シンガポール、オーストラリア間の週1回の直行便を提供する2つの新しいサービス( SEAおよびS2A )を導入する。

グローバルメインラインネットワークでシンガポール経由で接続することにより、オーストラリア港との航行頻度を高め、中東およびインド亜大陸の両方向でより多くの接続と配送オプションが提供可能となる。ヨーロッパからの貨物の場合、これらの追加サービスによってシンガポールとオーストラリア間の週3回の接続が可能となる。

フィリピンの海運業界 業界地図はこちら!

2018年 フィリピンの海運(運輸・物流)業界

創業100年を超えるフィリピンの老舗海運グループ:2GO〜海運業界動向〜

2GO Group は149年の歴史を持つ、フィリピンを代表する海運ロジスティクスグループ企業。様々な業種に進出し、旅行、貨物運送、倉庫管理などで事業を拡大している。

2018年8月7日、同社が発表した財務報告によると、2018年上半期の税引後利益は前年同時期と比べておよそ68%増加の約2億ペソであった。

同社の提携先例として、世界各地で本のセールを開催する Big Bad Wolf Books が挙げられる。直近では7月13日から23日にセブ島でブックフェアを開いていたが、このイベントでは同社が Official Transport Partner となり、購入した書籍を持ち帰る必要なく、すべて同社よって配送され、配送先も同社のネットワークを活かして世界中に送ることができる仕組みになっていた。

フィリピン・マニラ国際コンテナターミナルの雄:International Container Terminal Services〜海運業界動向〜

International Container Terminal Services は、1987年に Soriano グループ, Razon グループ、Sea Land Services が共同で、マニラ国際コンテナターミナル案件での入札を目的に設立した海運サービス会社。

2018年6月7日、同社は旗艦港となるマニラ国際コンテナターミナルで新たなクレーンを導入、世界最大サイズのコンテナ船の取り扱いに対応したと発表した。

また8月7日のプレスリリースによれば、同社の2018年上半期収益は前年同時期と比べて10%増加の6億6,180万米ドル。その一方で、純利益は6%減少の9,770万米ドルとなった。この背景には、パプア・ニューギニアとオーストラリアでの新港開設のコストが挙げられている。

philippines-shipping(フィリピン 海運)

取扱量増で前年比18.2%増益、フィリピンの港湾オペレーター:Asian Terminal Incorporated〜海運業界動向〜

Asian Terminal Incorporated はマニラサウス港、バタンガス港などの運営を行うフィリピンの港湾オペレーターで、ドバイに本拠地を置く世界第4位のDP World 社から出資を受け、同社のネットワーク傘下にもある。

2018年8月13日、プレスリリースによると同社は2018年上半期の純利益が14億ペソを達成し、前年同時期の11.9億ペソと比べ18.2%増加したと発表。国際貨物コンテナの取扱量増加がその要因とされている。

同社は、フィリピン港湾庁との間で定めた投資コミットメントに基づき、港湾の運用効率性向上とキャパシティ拡大のためにおよそ80億ペソを投入予定である。ふ頭クレーンや立体駐車場といった設備の充実に充てられる。

フィリピンに進出した日系海運企業:K Line Philippines〜海運業界動向〜

K Line Philippines は、日本の海運業界を代表する企業の一つである川崎汽船のグループ会社。1984年にマニラ市で設立、国内ではルソン島・ビサヤ島・ミンダナオ島を結ぶ重要な海運企業に成長した。

2018年4月16日、同社は2017年に発表されたグループの中長期計画について再び触れた。同計画では「2019年は親会社の創業100周年を迎える記念すべき年であり、海運業界の目まぐるしいビジネス環境の変化に対応するため、メモリアルイヤーに向けて経営基盤の再構築を進めることを目指す」とされており、ROA (総資産利益率) 6%、ROE (株主資本利益率) 10%超、などの目標達成が掲げられている。

まとめ:フィリピンの海運業界

フィリピン海運業界内で代表的な企業の一つに日本企業が参入しています。フィリピン国内の島々を結ぶ重要な役割を果たしており今後は更なる発展にむけての目標も掲げています。海運業界に新たなビジネス開拓をしてみてはいかがでしょうか?

フィリピンの海運業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-trainbus

    【郊外にもインフラ整備を】フィリピンの鉄道・バス業界

  2. vietnam-warehouse

    【競争力、サポート力強化】ベトナムの倉庫業界

  3. malaysia-shipping

    【キーワードは業務提携】マレーシアの海運業界

  4. singapore-warehouse

    【今後の動きに注目!】シンガポールの倉庫業界

  5. philippines-telecommunications

    【通信最大手の業務拡大】フィリピンの携帯電話事業者業界

  6. philippines-insurance

    【統合を続ける】フィリピンの保険業界

  7. philippines-private-banking

    【外資企業の参入】フィリピンのプライベートバンキング業界

  8. philippines-hotel

    【リゾート業が活発化】フィリピンのホテル業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP