【配達時間の短縮】成長が続くタイの陸運業界

thai-landtransport

タイ物流指標は世界銀行物流ランキングで表彰され、その中でも配達時間に対しての評価は最も高い数値をだしています。顧客に迅速に配達するためには?

今回は、そんなタイの陸運業界に焦点を当てて、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

タイ、世銀の物流指標ランクで13位上昇

世界銀行から2年に一度発表されるLPI (物流パフォーマンス指数) で、タイは前回の2016年よりも13位上昇し、32位にランクインした。これはASEAN内で2番目、アジア内で7番目であった。

スコアは5.00点中の3.41点。 項目別評価は「税関処理のスムーズさ」が3.14ポイント、「貿易の質、輸送のスムーズさ」は3.14ポイント、「国際海運輸送取扱」は3.46ポイントとなった。

また、「物流業界の質・競争力」は3.41ポイント、「荷物追跡能力」は3.47ポイントであった。「配達時間の正確性は」項目別の中では最も高い3.81ポイントとなった。

SCG EXPRESSがクール宅急便でPAS1018を取得

SCG EXPRESS (タイの SCG とクロネコヤマトグループが共同で立上げ)は、同社のサービス COOL TA-Q-BIN が BSI (British Standards Institution) が定めた国際標準規格の PAS 1018:2017(以下、PAS 1018) に認定され、タイでPAS1018を取得した最初の企業となった。

PAS 1018認定は、冷凍食品・果物・医薬品・化粧品などの温度管理が必要な製品に対する運送の保証となる。SCG EXPRESS の「クールコンテナ」は、特別な温度制御の仕組みを備えたコンテナを使用することで商品を新鮮な状態に保つことができる。

thai-landtransport(タイ 物流)

DHL がSE-ED BookCenter支店内への拠点設置を発表

世界有数のロジスティック企業であるDHLグループは、タイで150支店を持つ書籍・文具販売の SE-ED BookCenter と提携し、同社の持つ各支店に DHL のサービスポイントを設置すると発表した。

DHLのサービスポイントは「Shop-within-a-Shop」というコンセプトの下で荷物配送サービスを提供し、顧客は1分以内の作業で荷物の配送手続きを完了する事ができる。ショッピングモール内に店舗を構えるSE-ED社で発送が可能にあることで、顧客の利便性は上昇する。

また、オンラインショッピングの購入物の受け取りポイントとしての利用も開始。特にCtoC(消費者間取引)に焦点を合わせたサービスをタイで提供するための取り組みを進めていく。

Ninja vanがモール購入物の翌日配送サ―ビスを開始

Ninja Logistics は、ショッピングモールの買い物客に対するサービス「Next day Guaranteed (翌日到着保証)」キャンペーンを開始した。

Platinum Fashion Mall や Siam Square など指定のショッピングモールでの購入、且つ、バンコクおよびグレーター・バンコク向けの発送が対象となる。サービススタート当初は20バーツのプロモーション価格で提供される

Ninja Logistics のサービスは主に個人向けだが、定期的に発送を行う顧客向けの Ninja Premium というプランもあり、いずれもスマートフォン用のアプリケーションからサービスを申し込むことができる。

まとめ

タイ物流市場はASEAN諸国の中でもトップを牽引しており、今後は配達時間の短縮だけでなく顧客へのサービスや追跡機能向上にも取り組んでいき更なる成長をしていくと思われます。また日本企業が共同で物流企業を立ち上げたことで今後タイ国内に新たな商品配達サービスが可能になるのではないでしょうか?

関連記事

  1. Thailand-privateschool

    【競争が激化】タイの学習塾・予備校業界

  2. singapore-shipping

    【国際貿易の中継地!】シンガポールの海運業界

  3. thai-secuturies

    【証券取引における優位性】タイの証券業界

  4. 【今、選ばれるバイクとは】ベトナムのバイク業界

  5. philippines-shipping

    【世界中へのネットワーク】フィリピンの海運業界

  6. 【未発展な福祉制度】タイの介護業界

  7. thai-electricity-gus

    【インフラ整備が充実】タイの電気・ガス業界

  8. thai-electronics

    【好調な製造業がけん引】タイの最新・家電量販店事情

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP