【法律の制定進む】タイの法律事務所業界

thailand-law-firm

法律の制定が進むタイの法律事務所業界。日系の法律事務所もタイに進出しており、日系企業・ローカル企業双方をサポートしています。

今回は、そんなタイの法律事務所業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

タイの法律事務所業界 業界地図はこちら!

2021年 タイの法律事務所(金融・法人サービス)業界

タイでTilleke & Gibbinsが法律事務所オブザイヤーに選出(〜タイの法律仰業界トレンド〜)

Tilleke&Gibbinsは、Who‘s Who Legal Awards 2020で「タイの法律事務所オブザイヤー」に選出された。Who‘s Who Legal Awardsは優れた成果をあげた法律家や法律事務所を評価する賞で、Tilleke&Gibbinsは5年連続で受賞している。

法律事務所オブザイヤーは、法律専門家やクライアントに数千件のインタビューと徹底的な市場調査を通して受賞者を決定している。今回の表彰は、コロナウイルスの関係でウェブ上での発表になった。

Tilleke&Gibbinsは東南アジアでの事業をサポートするための法律事務所であり、複数の言語を操る弁護士が150人以上在籍している。

出典:https://www.tilleke.com/insights/tilleke-gibbins-named-thailand-firm-year-whos-who-legal-awards-2020/

タイのSRPP、発足からわずか1年で多くの評価を受ける(〜タイの法律仰業界トレンド〜)

SRPP(SomboonRittichaiPanuwatPassawan)の創設者であるPassawan氏とPanuwat氏が「タイの弁護士トップ100(2020)」のAランクに選出された。このランキングはAsia Business Law Journalがタイに焦点を当てた国際的な弁護士を調査して作成したランキングである。

また、2021年5月の発表によると、同社のバンキングチームは発足からわずか1年足らずでIFLR1000にてティア3に選定された。IFLR1000は、企業や法律事務所からの推薦をもとに、法律事務所を評価している。

SRPPは、2019年に設立された新しい法律事務所で、アメリカ、南米、ヨーロッパ、アジア、アフリカ、中東に広範囲のネットワークを持ち国際的な企業をサポートしている。

出典:https://www.srpplaw.com/post/two-founders-of-srpp-have-been-named-to-asia-business-law-journal-s-a-list-of-thailand-s-top-100-law

タイのWeerawong C&P、8つの分野で受賞(〜タイの法律仰業界トレンド〜)

Weerawong C&PはChambers and Partners2021で8つの分野において高評価を獲得している。最も評価の高いバンド1に輝いた分野は「キャピタルマーケット」と「企業・M&A」であった。

同法律事務所は、企業のリストラや取引に精通しており、企業間の競争や規制に関してのアドバイスを得意とする。今回は特に不動産、電力、通信、メディア、小売部門での活動が評価された。

Weerawong C&Pは2009年に設立され、弁護士とアシスタントを合わせた人数は100名を超えるタイ最大級の法律事務所である。法律サービスをタイ語、英語、中国語で提供しており、海外からのクライアントを多くかかえる。

出典:http://www.weerawongcp.com/announcement_chambers-2021-ranking.php

タイのSCL Nishimura、M&Aなどの分野で受賞(〜タイの法律仰業界トレンド〜)

SCL NishimuraはTHE LEGAL 500 ASIA PACIFIC 2021で3つの分野においてランキング入りした。企業・M&Aの分野でバンド3、紛争解決の分野でバンド3、知的財産の分野でバンド3であった。

SCL NishimuraはSCL Law Groupのパートナーであり、企業・証券・銀行および金融・M&A・訴訟および紛争解決などの法的サービスを提供している。グループ内には国際ビジネス、会計サービスを行う関連会社がある。

The Legal 500は全世界の30万人の弁護士を対象にした毎年発行される弁護士のランキングである。

出典:https://siamcitylaw.com/the-legal-500-asia-pacific-2021/

タイのTrademark Firm of the Year2020の結果(〜タイの法律仰業界トレンド〜)

2021年6月12日の発表によると、Satyapon& Partnersは、TrademarkFirm of the Year 2020を獲得した。

TrademarkFirm of the Yearとは、商標(ブランド)に関する権利を取り扱う法律事務所で、大きな成果をあげた企業に与えられる賞である。Satyapon & Partnersは2018年にも受賞している。

Satyapon & Partnersは知的財産を専門とする法律事務所であり、特許や商権、ライセンスやフランチャイズ関連の法的サービスを提供している。1995年の設立以降、タイを代表する知的財産の専門家として認められている。

出典:https://satyapon.com/2020-asia-ip-awards/

タイの法律事務所業界 業界地図はこちら!

2020年 タイの法律事務所(金融・法人サービス)業界

タイで法律事務所業界大手のDFDL、2019年の動向と2020年の展望を発表

2020年1月13日、フロンティア市場に特化した大手国際法律事務所のDFDLは、DFDLが運営する主要な管轄区域で施行された2019年の法律と、2020年のタイの展望を発表した。

2019年は、タイとベトナムの新しい官民パートナーシップ法や、フィリピンとタイのより強力なデータ保護規定などが施行された。さらにタイでは、フランチャイズビジネスに対する規制管理の法律が導入され、2020年2月4日に発効される予定である。

DFDLによると、タイのP2Pレンディング(ソーシャルレンディング)およびクラウドファンディングプラットフォームは、仮想通貨とICO市場の誇大宣伝により、2020年には投資への関心が高まると予想される。

出典:https://www.dfdl.com/resources/news/2019-year-in-review-outlook-for-2020

タイで法律事務所業界牽引のSCLグループ、日本の大手法律事務所と統合

2019年8月26日、タイ全土で事業を展開する商業法律事務所SCLGroup(SCL)は、日本の大手法律事務所である西村あさひ法律事務所と、経営統合に関して最終合意を締結したと発表した。これにより、タイ最大の日本の法律事務所の1つが設立される。

新会社は、2019年10月から「SCL Nishimura」の名称で運営され、東南アジアで多様な国際ビジネス法の実務と、100人を超える弁護士と法律およびビジネスアドバイザリーサービスを提供する専門スタッフで構成される。

SCLのトップクラスの弁護士とタイ全土の既存オフィスとの変革的統合の目標には、シームレスなサポート、およびタイでビジネスを行う多数の日本人および多国籍クライアントに調整ポイントを提供することが含まれている。

出典:https://siamcitylaw.com/thailands-scl-group-to-integrate-with-nishimura-asahi

thailand-law-firm

タイで法律事務所業界大手のWeerawong C&P、代表して契約を締結

2020年4月1日の発表によると、タイの大手法律事務所のWeerawong,Chinnavat & Partners Ltd.(Weerawong C&P)は、バンコク銀行とのタームローン契約において、dtac TriNet Co.、Ltd.(DTN)を代表して契約を締結した。

DTNは、タイの大手モバイル通信サービスプロバイダーの1つであるTotal Access Communication Public Company Limited(DTAC)の子会社であり、バンコク銀行との契約におけるローンの設備総額は150億バーツである。

ローンは、モバイルネットワーク開発の設備投資が含まれており、また、1800MHz帯のライセンスと700MHz帯でのライセンスに基づくモバイルサービスを提供するためである。

出典:http://www.weerawongcp.com/deal-show.php?id=238

タイでトップの地位を固めた法律事務所とは?〜法律事務所業界動向〜

2019年9月17日の発表によると、Tilleke&Gibbinsは、アジア太平洋を代表する法律事務所のガイドであるAsialaw Profiles 2020にランクインし、高い評価を得たと発表した。

このガイドは、タイの9つの業務分野と9つの産業部門で企業をランク付けしている。Tilleke&Gibbinsは他のどの企業よりも多い、18分野全てでランキングを獲得し、タイでのトップの地位を固めた。

ランキングに付随する分析には、社内弁護士および私立弁護士からのフィードバックが反映される。アジア太平洋地域全体の25の法域における法的および金融市場に関する独立した調査にも基づいており、フィードバックはAsialaw Profilesランキングで重要な役割を果たす。

出典:https://www.tilleke.com/resources/asialaw-profiles-2020-tilleke-gibbins-garners-top-rankings-thailand

ZICO、タイの弁護士トップ100にランクイン〜法律事務所業界動向〜

ZICO Law Thailandは、2019年11月29日にマネージングパートナーおよびエグゼクティブパートナーの3名が、「Asia Business LawJournal(ALBJ)Top 100 Lawyers 2019」のAリストのトップ100に選ばれたと発表した。

Aリストは、社内弁護士およびタイに特化した国際法律事務所のパートナーから受け取った指名に基づいて、タイで最も優れた民間実務弁護士を評するランキングであり、ALBJの経験豊富な編集チームによって分析されている。

知的所有権の分野で幅広い経験を持ち、グローバルブランドのIP保護に関する効果的な戦略の開発と実装において多くのクライアントを支援してきたパートナーの2名が、2年連続でAリストに掲載された。

出典:https://www.zicolaw.com/news/three-zico-law-partners-ranked-among-the-top-100-lawyers-in-thailand

タイの法律事務所業界 業界地図はこちら!

2019年 タイの法律事務所(金融・法人サービス)業界

総合法律事務所TMI、新たにバンコクにオフィスを開設〜法律事務所業界動向〜

1990年に設立された総合法律事務所TMIは2019年1月、日系企業の東南アジア展開を一層強固にサポートするため、バンコクにオフィスを開設した。今後は日系企業のサポートを中心に事業を展開する予定。

TMI総合法律事務所は今回のオフィス設置の背景について、タイがASEAN諸国の中でも比較的早期に民主的政治体制と資本主義経済を確立させ、多数の日系企業が長年にわたり事業活動を行ってきた点や、メコン経済圏へのアクセス容易性や製造業の産業蓄積といった経済的利点を挙げている。また、多数の日系企業が東南アジアの統括拠点をタイに設置している点も考慮したと述べた。

今後は、バンコクのオフィスに常駐する日本人とタイ人の弁護士が中心となって、日本と差異のあるタイの法的諸問題に対する各種アドバイスおよびサービスを提供する。

出典:http://www.tmi.gr.jp/topic/2019/1-15-2.html

タイでの法律改正進む〜法律事務所業界動向〜

法律事務所のベイカー・アンド・マッキンゼーは、バンコク事務所がインターナショナル・フィナンシャル・ロー・レビュー(IFLR)アジア大正にて、最も革新的な国内法律事務所に贈られる「最も革新的な国内法律事務所2019」を受賞したことを発表した。

金融関係の法律業務を中心に行うベイカー・アンド・マッキンゼーは、企業間金融取引に関する現地の法律に対するアドバイスを提供する法律事業が、2018年において特に最優秀実績を収めた点が評価された。

2019年に総選挙が行なわれたタイでは、国内初の個人情報保護法の立法化や実効性を高めるための新取引競争法の細則立案、汚職防止のための内部統制の義務化など様々な法律改正が着実に進められており、今後国内では進出企業への法務サポートの需要が急速に高まる可能性がある、と述べた。

出典:http://www.japandeskbakermckenziebangkok.com/new-blog-3

thailand-law-firm

PwC、タイ移転価格税制の法制化を報告〜法律事務所業界動向〜

移転価格税制の規定を法人所得税法に導入するための修正歳入法典(第47号)が、2018年11月21日付の官報にて公布されタイで初めて法制化された。現在は、輸出入を手がける企業が対応に追われている。

PwCが策定にあたった移転価格条項それ自体に全ての詳細が含まれているわけではないため、財務省および歳入局は詳細の明確化と実務ガイダンスのために、細則に関するサポートを行う。

転価格更正があった場合にVATが課されないかという点やマスターファイル及びCbCR(国別報告書)などに関する不明瞭な事項は、細則によって明確化されていくことが見込まれ、PwCがタイへの取引を行う国際企業のサポート面でもリードすると明言する。

出典: https://www.pwc.com/th/en/pwc-tax-insights/2018/jp/2018-pwc-tax-insight18-jp.pdf

タイにおける個人情報の定義とは?〜法律事務所業界動向〜

設立から60年以上の歴史を有し、現在タイを含む東南アジア全域に事務所を展開するアジア最大規模の法律事務所Rajah & Tann Asiaは、タイ国内において2019年2月28日に制定された個人情報保護法(PDPA)に関する解説を行なった。

個人情報やプライバシー保護に関する実務上必要となる法的枠組みを定めた下位法令は今後順次策定が進められる予定で、個人情報の収集、使用および開示に関する多くの条項が個人情報保護法が官報に掲載されてから1年後に施行されることになる。

タイの個人情報保護法では、個人情報とは個人に関する情報で、直接又は間接に当該個人を特定しうるものを指し、単なる名前、肩書、就業先、就業先の住所、あるいは特定の故人の情報は個人情報に含まないなど他の国の個人情報保護法とは異なった面を持つ。

出典URL

出典URL

タイの法律事務所業界 業界地図はこちら!

2018年 タイの法律事務所(金融・法人サービス)業界

タイのWeerawong C&P、dtac社へ法的支援で貢献〜法律事務所業界動向〜

法律事務所Weerawong C&Pは、タイ通信放送委員会 (NBTC)が主催した1800MHzの周波数帯利用ライセンスのオークションに関連し、通信事業者dtac社に対し、法的アドバイスの面で事業協力を行うことを明らかにした。

オークションの結果、dtac社は最終入札額125億THB (約430億円)で1745~1750 MHz/ 1840~1845 MHzをカバーする2×5 MHzスペクトル帯域幅の周波数利用ライセンスを取得した。

dtac社は2300 MHzのネットワークの国内ローミングサービスにより、ネットワーク機器のリースによる同周波数利用に関するTeleAssets社とTOT社との提携のための法律顧問を務めた。

出典:http://www.weerawongcp.com/deal-show.php?id=190

タイのTilleke & Gibbins、M&A事業で高評価〜法律事務所業界動向〜

ALBの〈アジア太平洋地域M&Aランキング 2018〉において、法律事務所Tilleke & Gibbinsバンコクオフィスは5年連続でランキング入りを果たした。Tilleke & Gibbinsによる合併買収(M&A)事業は国内外から高い評価を得ている。

アジアにおけるM&A活動の多くは、エネルギー、電力、産業、財務分野に関連した企業で、全体の42.2%を占めている。特に、エネルギーと電力事業に関するM&Aの取引価値は昨年の上半期と比較して147.3%増に達している。

Tilleke & Gibbinsが携わった法律事業のうち18の業種において高度な手腕を発揮したとして、Asialaw Profiles 2019においても同社に対する評価は高い。

出典: https://www.tilleke.com/resources/alb-ma-2018-tilleke-gibbins-ranked-highly-thailand-and-vietnam

タイで法律事務所業界大手のDHARMNITI、Clyde&Coと事業提携を開始

1500人以上の法律専門家を擁する世界規模の法律事務所Clyde&Coはタイの法律事務所DHARMNITIとの事業提携を行う旨を明らかにした。同社はHARMNITIの経営権を保有していたが、今回の提携によりさらなる市場拡大を図る。

東南アジア諸国連合(ASEAN)の枠組みにおいて、環太平洋パートナーシップ協定(TPP)や、ほか自由貿易協定(EPA)など、多くの貿易経済に関連する協定を通じて各企業においても国際的な事業や案件が増加しており、今後、法律事務所に対し国際企業間における円滑な協力関係の構築においての役割が期待されている。

タイでは刑事事件をはじめ商業取引の際も法律事務所による支援が要請されることから、地場企業及び外資企業は法律事務所との関係性を保たねばならない、という事情を抱えている。

出典: https://www.dlo.co.th/node/1043

タイ政府、労働者保護法の改正案を策定〜法律事務所業界動向〜

タイ政府は現在、労働法の改正作業を進めている。同改正により、20年以上の勤続労働者に対する解雇補償金が増額される。7月3日、タイ労働省を交え労働法改正に関する協議が行われた。

同改正案は労働省による確認を経て内閣府に提出され、国民立法議会(NLA)で審議・可決される予定。同改正により、20年以上の勤続労働者に対する解雇補償金が、従来の300日分から400日分に増額される。

これに伴い在タイ日系企業は、会計上の負担が増加するなど、事業運営上の対応が求められる。NLAでは300以上の法案が審議されており、同改正案の審議には時間を要することが想定されることから、具体的な施行時期は未定となっている。

出典: https://www.labour.go.th/th/index.php?option=com_content&view=article&id=6282:2561-06-27-07-06-
33&catid=31:labourlawcategory&Itemid=11Thailand

まとめ:タイの法律事務所業界

変わり行く時代に合わせた法律の制定や新たな法律の作成など、タイの法律は変化しています。タイでビジネスを展開する際は、法律事務所などを通してタイの法律を詳しく理解する必要があるでしょう。

タイの法律事務所業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. thai-toiletries

    【生産コストの高まり】タイのトイレタリー・日用品業界

  2. thailand-furniture

    【活発な競争】タイの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

  3. thai-human-resource

    【働き方の変化】タイの人材サービス業界

  4. thai-real-estate

    【地価の上昇】タイの不動産仲介業界

  5. china-accounting

    【大手ファームによるベンチャーサポート】中国の会計事務所業界

  6. thai-secuturies

    【証券取引における優位性】タイの証券業界

  7. vietnam-bank

    【最新版!】ベトナムの主要銀行23選〜金融・法人サービス業界〜

  8. china-stock

    【最新版!】中国の主要証券会社13選〜金融・法人サービス業界〜

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP