【業務提携で成長】フィリピンの銀行業界

philippines-bank

他の金融サービスと業務提携することで、店舗数拡大や資本経済が安定するため今後国内銀行は業務提携の動きが活発になると予想されます。

今回は、そんなフィリピンの銀行業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

フィリピンで銀行業界大手のPNB、OFWからの送金手数料を無料に

元政府系の銀行であり、政府系企業等との関係が深いPhilippineNationalBank(PNB)は、2020年4月9日から5月8日まで、海外のフィリピン人労働者(OFW:OverseasFilipino Worker)に対して、フィリピンにPNB預金口座を持っている家族への送金を手数料無料にした。

同社の社長兼最高経営責任者は、「送金手数料を免除することは、全世界がCovid-19によるパンデミックの経済的影響に対処している今、特に必要とされている。母国の愛する人に現金を送るOFWにとって大きな助けになる」と語った。

免除される料金は、ロサンゼルス、グアム、シンガポール、日本、カナダ、香港、およびヨーロッパの銀行の支店を通じて店頭で行われる送金取引に対するものが対象。また、みずほ銀行、日本郵便銀行の自動預け払い機(ATM)を利用した日本からの送金手数料も無料となる。

出典:https://www.pna.gov.ph/articles/1099425

フィリピンで銀行業界牽引のLANDBANK、COVID-19影響に関する新プログラム

総資産でフィリピン4位であり、農業分野に注力する政府系の銀行のLANDBANKは、中小企業(SME)、マイクロファイナンス機関(MFI)、および協同組合がCOVID-19の蔓延によってもたらされる悪影響から回復するのを支援する新しい融資プログラムを開始する。

I-RESCUE(Covid19による影響を受ける企業への暫定的なリハビリサポート)という新設された融資プログラムを通じて、より柔軟な条件の下での信用およびローンの再編を通じて主に中小企業を支援する。

本プログラムでは運転資金の実際の必要性の最大85%を年5%の金利で借り入れることができ、最大5年間の支払いが可能で、元本の支払いには猶予期間がある。また、ローンは、最大10年まで延長できる。キャッシュフローに応じて、元本には最大3年の猶予期間があり、利息には最大1年の猶予期間がある。

出典:https://www.landbank.com/news/landbank-launches-loan-program-for-enterprises-coops-hit-by-covid-19

vietnam-bank

フィリピンで銀行業界大手のBDO、システムのアップグレードを実施

2020年3月17日の発表によると、SMグループが主要株主であり、総資産でフィリピン最大手の銀行であるBancodeOro(BDO)は、電子バンキングチャネルにおいてシステムアップグレードを実施した。アップグレード中はアクセスが不可能となった。

同銀行は、アップグレードによる主要なシステム強化によって「より良い電子バンキングとATMの機会を企業と小売顧客に提供すること」を目標としていると述べた。

アップグレードのプロセスにおいて、銀行のATM、デビットカードやキャッシュカードの取引、オンラインバンキングとモバイルバンキングがアクセス不可になるため、同社は不便を回避するために、顧客に事前に電子バンキング取引を行うことを推奨した。

出典:https://www.pna.gov.ph/articles/1064744

フィリピンで銀行業界牽引のDBP、インフラ整備のため約400億ペソを融資

1947年にマニラで設立された国営開発銀行であり、国内で二番目に大きい国有銀行のDevelopment Bank of the Philippines(DBP)は、国内のインフラ開発における資金不足を解消することを目的とした特別な融資融資プログラムに基づき、393億3,000万ペソの融資を発表した。

2017年に政府が打ち出した政策の「ビルド、ビルド、ビルド」を支援するために構想された、世銀の主力のインフラ請負業者支援プログラム(ICONS)に基づき、合計332の借り手が資金援助を利用したと述べた。

DBP ICONSプログラムは、地元の請負業者が契約を締結し、住宅および非住宅の建物、道路および橋、水、廃水、衛生設備、電力などの建設プロジェクトのための重機の取得を含む、自社の投資に資金を提供する能力を向上させることが目的。

出典:https://www.dbp.ph/newsroom/dbp-infra-loans-near-p40-billion/

アジアで最も優れた雇用主に選出されたフィリピンの銀行は?〜銀行業界事情〜

テイ財閥が主要株主であり、中華系に強く、総資産でフィリピン2位の銀行のMetrobankは、最近のHR Asia Awardsにおいて、アジアで働くのに最適な企業の1つとして認められた。同社は国内の700以上の支店に13,000人近くの従業員を誇る。

その他にも同社の人事は、アジアの銀行と金融、フィリピンの社会保障制度など、国内外の賞を授与する機関から一貫して認められており、最新のフォーブスグローバル2000:世界のベストエンプロイヤーで42位にランクされた。

HR Asia Best Companies in Work for in Asia Awardsは、優れた雇用慣行を実践する企業を称えるために、またアジアでの雇用環境やより良い職場のための基準を設定するために毎年開催されている。

出典:https://metrobank.com.ph/metrobank-named-one-of-best-employers-asia

2019

フィリピンで銀行業界大手のBDO、アジアで最も優れた銀行として選出

フィリピン最大の商業銀行として知られるBDOは、香港を拠点とするアジアン・プライベートバンキング・バンカーより、「アジアで最も優れた銀行の1つ」として選ばれたことを報告した。同社がアジア及びフィリピン国内で最高のプライベートバンクとして表彰を受けるのは、今年で4年連続となった。

毎年発表されるこの賞では、候補となるプライベートバンクにおいて、顧客へのコミットメントや、最高のアイデア、機会、サービス、良質なパフォーマンスが提供されているか、などが評価の対象となる。

アジアン・プライベート・バンカーによると、2018年のエリア大賞は過去最高のエントリー数を記録している。また、受賞者はアジア太平洋地域、インド、中東で40を超えるプライベートバンキングおよびウェルスマネジメントプロバイダーを獲得し、それぞれの賞を受賞した。今年大賞を受賞した企業はスイスの銀行UBSで、アジア太平洋地域と香港においてもベスト・プライベートバンク賞を獲得している。

地域の経済発展を支える!フィリピンの老舗銀行BPI〜銀行業界事情〜

フィリピン・アライアンズ(BPI)は1月9日、同社ホームページ上で、ボラカイ島における支店を再オープンし、同社の金融ソリューションとサービスを通じて、すべてのボラカイの住民と企業の生活を向上させるというコミットメントについての決意を表明した。

BPIはフィリピンにおいて近年急成長を続けている観光市場の支援に向け、さまざまな通貨での外国為替売買を含む外国為替サービスをさらに強化した。また米ドルおよびその他の外貨建て普通預金口座、米ドル定期預金、および米ドル建ての単位投資信託基金(UITF)を、外国人居住者及び投資を希望する地元の人々に提供している。

BPIボラカイ支店は、「我が社は一般市民や企業がそれぞれの経済的目標を達成できるように尽力してきた」と述べている。今後もボラカイ島に居住する地域のユーザーをさらに拡大し、より多くの付加価値を生みたいと話している。

PNB、フィリピン女性ビジネス連盟に加盟〜銀行業界事情〜

フィリピン国立銀行(PNB)は5月16日、フィリピンの女性エンパワーメントビジネス連合(PBCWE)に加盟したことを報告した。加盟にあたって両当事者間で調印式が行なわれ、PNBはフィリピンで初めて連合の一員となるユニバーサルバンクとなった。PBCWEは、雇用におけるジェンダー平等の達成に向けて、大規模で幅広い影響力を持つ企業により構成されている。

PNBはPBCWE会員への加盟を通じて、性別やジェンダーを問わず従業員の平等な権利と機会を促進するというコミットメントを表明する。また、コミットメントの一環として、PNBは男女共同参画のための経済的配当(EDGE)認証を受ける。

PNBは今後も、ジェンダー平等のためのビジネスケースの構築、職場での成功事例の共有、女性の雇用機会におけるエンパワメントに関する教育、およびベストプラクティスに基づくポリシーの制度化に向けた取り組みを主導していく。

地方の経済発展を支援!フィリピンで銀行業界大手のDBP

フィリピンの国営開発銀行(DBP)は、地方における経済発展を促進する上で重要な役割を果たしたとして、最高のコンサルタント会社より表彰を受けたことを報告した。この賞は、地場系エンジニアリング会社Quantity Solutions Inc.によって贈られるもので、DBPはアメリカ商工会議所によって共同贈呈された史上初となるネーション・ビルダー賞を受賞した。

DBPの会長兼最高経営責任者(CEO)は賞について、「政府による国づくりの推進役となることが期待されているDBPにとって大きな意味を持つもので、特に国内のサービスが行き届いていない地域を中心に、投資を促進、雇用を創出し、さらに人的資本の育成に向けたプロジェクト等を評価する指標となっている」と語った。

DBPは資産の面で国内で8番目の規模を持つ商業銀行であり、政府によって国のインフラ銀行として指定されている。インフラや物流、中小企業、社会サービスや地域開発、そして環境などの戦略的分野に融資を提供している。

2018

SMグループ傘下、フィリピンで銀行業界最大手のBDO銀行

バンコ・デ・オロ・ユニバンク銀行(BDO)は国内に1180の支店、4022機のATMを保有する最大手商業銀行だ。

2017年の年次報告書によれば、過去最高額である純利益281億ペソを達成したと発表し、新しくオープンした支店の数は76店舗。事業規模拡大の要因として、ドュテルテ大統領が進める経済政策のインフラ投資、農村開発、税改革が影響し顧客への貸付額が増加したことが指摘される。

2018年8月25日、政府が進める『ジープニー近代化事業計画』に同社はリース事業で参入すると発表。フィリピンの交通手段であるジープニーは交通渋滞や排気ガスを排出することから問題視されてきた。全国を運行するおよそ18万台のジプニーが環境にやさしい車両へと切り替えられる予定。

フィリピンでBDOを追随するBPI:リアル店舗増設路線か〜銀行業界事情〜

老舗バンク・オブ・ザ・フィリピン・アイランズ銀行(BPI)はフィリピンを代表する大手財閥アヤラグループ傘下の金融機関で、1851年の設立以来、同国内に800の支店を伸ばすBDOのライバル企業として知られる。

同社は2018年上半期の総収益はが372億ペソ、純利益は262億ペソを達成したと発表した。企業法人向けの貸付事業が好調で貸付金額は1.2兆ペソで前年比15.7%増となる成長率を見せている。

また、同社は2018年の上半期に15の支店、同国独特の金融業態である貯蓄銀行(thrift bank)のひとつBPI Family Saving Bank の4支店を新たにオープンした。さらに、BPI Direct Banko というモバイル端末で利用可能なインターネット銀行を27支店オープンさせたが、これは同国初の試みとなるケースであることから期待度が高い。

philippines-bank(フィリピン 銀行)

フィリピンで銀行業界大手のメトロポリタン銀行、横浜銀行と業務提携

フィリピン大手ユニバーサル・バンクで、コングロマリット『メトロバンク・グループ』の中核をなすメトロポリタン銀行は、1962年の設立以降、国内950支店、海外に32支店を展開する大手金融機関でその事業規模は日本の地方銀行上位行に匹敵するとされる。

2018年7月、同行は大手財閥系グループ企業アヤラ・コーポレーションにバイラテラル方式で110億ペソを融資したと発表。アヤラ・コーポレーションは不動産、デベロッパー、教育、インフラなど事業の多様化、多角化戦略をとっており、同行はこの融資による大規模な収益増を見込んでいる。

メトロポリタン銀行のプレスリリースによると、同社は横浜銀行(日)との業務提携を開始する。日本の地方銀行と戦略的パートナーシップを形成することで、現地中小企業からの信頼獲得を狙う。

フィリピンで銀行業界牽引のランド・バンク、アグリビジネス分野でJICAと業務提携

1.5兆PHP以上の資産額を持つ国内第3位の商業銀行ランド・バンク・オブ・ザ・フィリピンズは地方開発と貧困撲滅を目的に1963年に設立。農家や中小企業、地方自治体などをメイン顧客層に定める地域密着型の金融機関で、低価格密集住宅の居住者に向けた財政支援も行っている。

2018年8月28日、同社は運輸通信省を親機関とする運輸局(LTO)と業務提携し、同社のオンライン決済サービスLink. Biz Portal を利用して新車登録時の手数料を徴収することを発表した。

さらに、2018年8月30日、同社は国際協力銀行JICAと協働でハーベスト融資プログラムを開始することを発表。ミンダナオ島におけるアグリビジネスの発展を最重要項目に置き、農場経営者や地主、協同組合を中心とした融資業務の拡大を予定している。

まとめ:フィリピンの銀行業界

大手企業と連携をとるだけでなく、中小企業と連携をとることで日本の地域とパートナーシップを作ることが可能になります。またインターネット銀行の拡大はモバイル端末で利用でき手軽なことから今後更なる店舗拡大につながると思われます。

関連記事

  1. thai-accounting

    【国内企業のグローバル化を後押し】台湾の会計事務所業界

  2. thai-private-banking

    【各国からの受賞多数】台湾のプライベートバンキング業界

  3. philippines-medical-wholesale

    【福祉政策への対処】フィリピンの医療・福祉用具卸業界に注目!

  4. philippine-ec

    【SNSとの密接な関係】フィリピンのネット通販業界

  5. philippies-hospital

    【地方まで充実した医療を】フィリピンの病院業界

  6. philippines-media

    【政府による制限】フィリピンのメディア業界

  7. Iindonesia-securities

    【国民に広めていく】インドネシアの証券業界

  8. philippines-fastfood

    【中長期的な成長が期待】フィリピンのファストフード業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP