【きめ細やかなサービス】ベトナムの銀行業界

vietnam-bank

外資銀行が多く参入しているベトナム国内では国内ブランドの銀行が他の外資銀行とどのように差別化を図れるか対策を講じています。

今回は、そんなベトナムの銀行業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

ムーディーズ、ベトナムの銀行見通し引き下げ〜銀行業界事情〜

米国の格付け会社ムーディーズは2019年12月18日、ベトナム政府の国債格付けを「Ba3」に据え置く一方、格付けの見通しをネガティブに引き下げた。ムーディーズは2018年8月にベトナムの格付けを「Ba3」に引き上げたが、ベトナム政府の債務返済に遅延が見られると指摘し、2019年10月から格付けの下方修正を検討していた。

今回の格付けでは「Ba3」に据え置かれたが、政府内の債務管理の調整機能や透明性の改善に向けて具体的で抜本的な措置が講じられない場合、継続的に政府保証債務の返済遅延リスクが生じるとして、格付けの見通しはネガティブに変更した。

ネガティブにしたことを受け、ムーディーズはベトナムの銀行18行の格付けも見直し、12月19日に10行の見通しをネガティブに引き下げた。

出典:https://www.jetro.go.jp/biznews/2020/01/f9281a5faec6fae5.html

ベトナムで銀行業界大手のVietcombank、感染症対策を行い事業継続

COVID-19対策に関する政府、保健省、ベトナム国家銀行の指示に従い、Vietcombankは顧客とスタッフの健康と安全を保護することを目的として、包括的な行動計画を直ちに実施した。今後も感染症対策は取りつつも営業は継続する。

同行は、通常の営業時間(祝日と週末を除く月曜から金曜)の全国のすべての支店などで、顧客への金融および銀行サービスを中断することなく維持する方針だ。

24時間年中無休のオンラインバンキングサービスを利用することを顧客に推奨したり、支店に来店した顧客に対しては、窓口でも他の顧客との距離を十分に空ける、といった対策が取られている。

出典:https://portal.vietcombank.com.vn/en-Us/News/Pages/home.aspx?ItemID=6232

ベトナムで銀行業界大手のEXIMBANK、Epayと提携

Eximbankは、送金市場を拡大し、顧客が海外の親族から送金を受け取るのを容易にすることを目的として、Epayと提携することを発表した。

Epayは2014年に設立され、香港に本社を置く大手金融機関だ。現在、Epayには合計40万人のグローバルユーザーと6,000を超える協力組織がおり、世界のすべての主要な地域とつながっている。

Eximbankはベトナム全国に207の支店を持つ。ベトナムの顧客は海外の親族から追加料金を支払うことなく安全かつ簡単に送金を受け取ることができるようになる。また、他行の口座を通じた支払いサービスなども併せて提供していく。

出典:https://eximbank.com.vn/home/News/10223

ベトナムで銀行業界牽引のTECHOMBANK、定期預金口座の条件変更

貯蓄預金に関するベトナム国家銀行(中央銀行)の通達第48号/2018/TT-NHNNと、定期預金に関する同行の通達第49号/2018/TT-NHNNが2019年7月5日に施行された。

通達第48号は、貯蓄預金に関する同行の決定第1160号/2004/QD-NHNNおよび決定第47号/2006/QD-NHNNに代わるもので、通達第49号は、居住者・非居住者の外貨・VND建て口座の使用についてガイダンスする通達第16号/2014/TT-NHNNの一部を改正・補足するものとなっている。

これを受けてTECHOMBANKでは、貯蓄預金の対象顧客をベトナム人のみ、定期預金はベトナム人と外国人も対象としつつも、外国人の場合は、預入期間を身分証明書の有効期間以内とするという制限が設けられている。

出典: https://www.techcombank.com.vn/about-techcombank/media-corner/in-the-news/thong-bao-ve-thay-doi-doi-tuong-khach-hang-voi-cac-nhom-san-pham-tiet-kiem

ベトナムで銀行業界牽引のVietinBank、ハザン省で感謝のしるしにお米配布

2020年5月3,4日の2日間、VietinBankHàGiangは、祖国戦線委員会(MTTQ)と協調して、ハザン省、クアン・バー地区で、COVID-19による影響を受け、生活に支障をきたしている住民に対してお米を寄付するプログラムを実施した。

配布されたお米は1つあたり5kg、合計500セットで、総重量は2.5トンに及ぶ。プログラムには、同行の幹部や、地元の人民委員会委員長も参加した。

同プログラムは、同行の地域に対する責任感ある姿勢を示すためのものだ。今回のプログラム全体を通じて提供されたお米の量は130トン、金額にして20億ドンに上るという。

出典: https://www.vietinbank.vn/vn/tin-tuc/-Ngan-hang-gao-nghia-tinh-cua-VietinBank-den-voi-ho-ngheo-tinh-Ha-Giang-20200508081625.html

2019

ベトナムのVietcombankが新店舗をオープン、顧客のニーズに対応〜銀行業界事情〜

2019年5月6日、 Vietcombank Ben Tre店傘下に新たな取引事務所 がBen Tre省Ba Tri地区にオープンした。

同取引事務所は、Vietcombankが2019年に初めてオープンしたオフィスとなる。オフィスは同地区の中心部に位置し、中心部在住の顧客や同地区内のコミューンだけでなく、周辺地域の顧客の取引にも利用される見込みだ。

同社は、Ben Treに新たに設置されたオフィスについて、「今後地域の顧客に金融サービスを提供することにより、預金やローン、口座開設、カード発行、送金と言った金融および銀行サービスに関する顧客のニーズを完全に満たせる」と期待を述べた。

Vietcombank、ベトナム企業トップにランクイン〜銀行業界事情〜

Vietcombankは、フォーブスの世界最大の公開会社2019ランキング(収益、利益、資産、時価総額の合計点に基づいて企業のランキングを計算する)にランク入りした。同行はベトナム企業の中でもトップの順位を誇っている。

2015年から現在までの統計によると、同行の順位は1985位から1096位に大幅に上昇した(2018年比較では198位の上昇)。

Vingroupと言った他部門の企業は1,992位から1,747位に245位上昇したが、BIDVは1,714位から1,716位へ順位を2つ下げた。VietinBankは1,719位から1,769位へ順位を50落とした。

ベトナムのTechombank、オンラインバンキング向けシステムの導入へ〜銀行業界事情〜

Techombankは同行のコーポレートインターネットバンキングプラットフォーム用に新しい認証方法Smart OTPの導入を促進している。

新しい認証方法Smart OTPは現在のトークンキーを、より優れたセキュリティと高度な機能を持つシステムで置き換えるものになっており、オンライン取引におけるさらなる安心と安全を提供する。

携帯電話の電波がない場合でもOTPを取得できるため、海外旅行の際にローミングなどを利用する必要がなくなり、ハードトークンを持ち運ぶ必要がなくなるのも大きなメリットだ。

ベトナムのEximbank、オンラインバンキングのセキュリティーに注意喚起〜銀行業界事情〜

近年ベトナムでは銀行の預金が不正に引き出されるなどの被害が発生しており、オンラインバンキングサービスの使用について顧客に心理的な不安を引き起こしている。

こうしたリスクを防ぐため、Eximbankではセキュリティ対策を推奨している。

具体的な対策としては、ウェブサイトのアドレスが同行のものであるか十分に確認する(ブラウザに表示されるアドレスの横に表示される南京錠のアイコンでアドレスが本物であるかを確認できる)、同行以外の第三者に口座情報を渡さないなどの対策を促している。また、不正と思われるサイトを発見した際には同行に連絡するようにも呼びかけいてる。

2018

ベトコンバンク、ベトナム最優秀金融機関賞2018を受賞〜銀行業界事情〜

2018年9月18日、ベトナム外商銀行(Vietcombank)はTHE ASIAMONEY AWARDSのセレモニーにおいて”ベトナム最優秀金融機関賞2018”を受賞した。ベトナムからの参加は同行のみで、他国からはHSBC、Citibank、ドイツ銀行、スタンダードチャータード銀行等が参加した。

同賞の選定にあたって顧客からのフィードバックに加え、金融機関が提供する商品や危機管理能力や発展を持続性などを基準として審査が行われた。

ASIAMONEYは1989年に設立された金融関係雑誌。現在ではEuromoney Institutional Investor PLCと合併し、アジアにおける銀行や金融市場分析等に関する情報を提供している。年間発行部数は11,339部、オンライン版の読者数は140万人に及ぶ。

Moody’s、ベトナムのVietinBankを格上げ〜銀行業界事情〜

2018年8月14日、Moody’s Investors Serviceは、VietinBankの格付けをBa3へと格上げした。同時に金融機関などの破綻による支払い不履行などのリスクの指標となる長期カウンターパーティリスク格付け(CRR)や、カウンターパーティリスク評価などの部門でも格上げされている。

背景にはMoody’sがベトナム政府の格付けをB1からBa3に、また見通しを中立的(Stable)から、楽観的(Positive)へと引き上げたことがある。

2018年上半期におけるVietinBankの業績は順調だ。総資産は1,140兆ベトナムドンに達し、これは前年期末比10.08%増となっている。顧客への融資額も868兆ベトナムドンと前年同期比18.84%の増加だ。さらには、不良債権率は1.29%と低い水準に抑えられている。今回の格上げにより同行はその地位をさらに確たるものにしていきたい考えだ。

vietnam-bank(ベトナム 銀行)

Mercedes BenzとベトナムのEximbank、車両購入時の金融サービスで提携〜銀行業界事情〜

Mercedes-BenzはEximbankと提携して、銀行に行かなくてもディーラーの店舗にてワンストップで自動車購入の融資を受けられるサービスを開始した。三菱ふそうトラック・バス(FUSO)もまた同社のトラックやバスのオーナーに融資を提供する。

ディーラー店舗に常駐するEximbankの社員が顧客より身分証などの提示を受ける。融資の審査はQuick credit pre-screenにより、事前承認を受けていれば30分程度で完了する。その後必要な書類が全て揃った段階で本承認、契約の締結が行われる。顧客は保険もオプションで利用することができる。

本サービスにおけるFUSOの金利はバス、トラック業界では非常に競争力があるもので、バス、トラック購入者の90%が融資を必要としている現状を踏まえると、本サービスは事業運営の鍵になる可能性がある。

外国投資が増える中でのベトナム系銀行の役割とは?〜銀行業界事情〜

2018年上半期ベトナムへの外国直接投資は200億ドルを超えた。前年比で5.7%の増加になる。急速に変化する市場の中で、ベトナム地場の銀行は海外の銀行との競争に晒されており、顧客にあった商品、サービスを提供できるように変化していくことが求められている。

外国直接投資が増加する一方で、投資に向かう資本とベトナム国内企業がうまく繋がっていない現状もある。ベトナム地場の銀行はベトナム国内企業へのネットワークを活かして、外国からの投資資金と国内企業の橋渡しをする役割が期待されている。

Vietinebankは外国直接投資の投資元(日本や韓国など)の企業をサポートできるよう各国用サポートデスクを設置している。こうしたきめ細やかなサービスの提供を通じて、外資系金融機関との競争を勝ち抜いていく構えだ。

まとめ:ベトナムの銀行業界

ベトナム国内大手銀行が唯一金融機関賞を受賞したことで国内で他行もサービスを充実させることや他業界との協力により国内ブランドを成長させようとしています。外資系銀行にとってはベトナム金融は市場価値が高いためこの機会に進出を検討してみてはいかがでしょうか?

関連記事

  1. thailand-law-firm

    【IT分野への強さがカギ】台湾の法律事務所業界

  2. 【外資系企業も続々参入】ベトナムのドラッグストア業界

  3. 【これからどうなる?】ベトナムの自動車業界

  4. vietnam-water

    【高まる需要】ベトナムの水道業界

  5. vietnam-medicine-manufacture

    【輸入依存からの脱出】ベトナムの製薬・バイオテクノロジー業界

  6. philippines-law-firm

    【優秀な弁護士の台頭】フィリピンの法律事務所業界

  7. vietnam-stationery

    【オフィスの進化】ベトナムの文房具・事務用品業界

  8. malaysia-law-firm

    【産学連携などにより法律サービスを更なる高みへ】中国の法律事務所業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP