【優秀な弁護士の台頭】フィリピンの法律事務所業界

philippines-law-firm

フィリピン国内では権威ある弁護士会の理事長が選出されたことにより、国内での法律事務所業界が新たな動きを始めるきっかけになると予想されます。

今回は、そんなフィリピンの法律事務所業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019

最大手法律事務所ロムロ、ALBの人気企業に選出

フィリピン最大の法律事務所であるロムロ・マバンタ・ベネベントゥ-ラ・サヨック&デ・ロス・アンヘレスは、アジア太平洋および中東地域の企業や法曹向けのインテリジェント情報を提供する世界有数のメディア、アジアン・リーガル・ビジネス誌(ALB)が従業員を対象に行なった「ALB従業員が選ぶ魅力的な企業」ランキングにおいて高得点をマークし、人気企業として選出された。

今回の調査は今年2月から3月にかけて開始され、職務の満足度や報酬、ワークライフバランス、キャリアの見通し、メンターシップ、透明性や安全性などの観点からランク付けされる。従業員は匿名で回答することが可能。

当社の社員からは「同社は画期的で困難な取引に対処していることから、他社よりもはるかに速いペースで職務スキルを磨くことができる。また、高度な案件を弁護士が安全に手がけられる環境作りも突出している」と評価を受けている。

ケソンビン・トレス、ボランティア賞を受賞

ベイカー・アンド・マッキンゼー・インターナショナルのメンバーファームであるケソンビン・トレス、同社パートナーおよび知的財産慣行グループ長であるビエンベニード・マルケス・シニアは、国際商標協会(INTA)より協会の発展に資する2018年のボランティア奉仕賞を受賞したと発表した。

ビエンベニード氏は、商標およびブランド価値の促進や消費者の信頼強化、イノベーション促進に焦点を当てた、協会の2018-2021年戦略計画を支援する様々な活動に携わっている。ビエンベニード氏は現在、INTAの執行委員会のメンバーであり、反偽造防止委員会へも参加するなど、社会貢献活動への高い関心を見せている。今回、300人以上の学生に向けて、偽造品の危険性について講演した。

INTAのボランティア奉仕賞は、特定の年間に協会および一般の人々に模範的なボランティア奉仕を提供した人々を表彰している。ボランティア奉仕賞の対象者は、委員会のメンバーやINTA教育プログラムの講演者、INTA出版物の執筆者など、幅広い層より選出されている。

シシップ・サラザール、セメント産業最大のM&Aに助言

フィリピン最古の法律事務所の1つであるシシップ・サラザール・へマンデス&ガ・トマイタンは、他の大手法律事務所と共に国内最大のセメントメーカー企業であるホルシム・フィリピンの85.7%の買収についてサン・ミゲル・コーポレーション(SMC)に助言した。

同案件は、フィリピンのセメント産業史上最大のM&Aとなる。SMCはファースト・ストロングホールド・インダストリーズを通じて、スイスに拠点を置くラファージュ・ホルシム傘下の企業であるホルシムフィリピン法人より、55.3億株を取得する予定である。これは、ラファージュ・ホルシムの東南アジア事業撤退が完了したことを示している。

フィリピンで最大の売上高を誇るSMCは、資本金の14.27%を所有する少数株主によって保有されているホルシム・フィリピン株に対して公開買付けを行う予定である。

法律の改正により、一人会社の設立が可能に

東南アジア全域で弁護士事務所を展開するGVA法律事務所は、改正会社法において、これまで禁止されていた一人会社(以下「OPC」)の設立が許容され、フィリピンにおいて法人をより簡易に設立することが可能になったと発表した。

1980年に制定された会社法では取締役の数(第14条)5名以上15名以下、取締役の過半数はフィリピン居住者(第23条)でなければならなかったのに対し、改正会社法では15名以内という制約だけとなった。

OPCの設立においては、OPCの最低資本金(第117条)に関して特別の法律に別段の定めがある場合を除き、最低資本金に関する規制はない。またOPCは会社細則(Bylaws)を提出する必要がなくなるなど、OPCに関する改正会社法の概要を詳細に掲載している。

2018

フィリピンの法を管轄する法務省

2018年7月11日、ドュテルテ大統領は法務大臣、法務副大臣を新たに指名した。法務大臣に任命されたのはフィリピン国立大学出身のAtty氏で、元は衆議院議員を勤めていた。一方、法務副大臣に任命されたSugay氏はアテネオ大学出身で、法律現場での豊富な実務経験を評価されている。

2018年8月20日、フィリピン法務省はPhilippines Project Award Commission (PPAC)という架空団体の存在を公表し、一般市民に注意を促した。PPACは政府の公的資金調達団体になりすまし、違法でオンライン取引を行っている。法務省は今後オンラインにおける違法取引を厳格に取り締まる姿勢を示している。

フィリピン最大手法律事務所:SyCIP Salazar Hernandez Gatmaitan

SyCIP Salazar Hernandez & Gatmaitanは1945年に設立され、現在に至るまでフィリピン最大の法律事務所に成長。2018年、同社はアジア太平洋地域における最大級の司法機関の一つとして選出されるなど、数多くの賞を受賞しており、国内外からの高い評価を得ている。

2018年8月28日、アジアを舞台に活躍した弁護士に送られる賞〈アジア・ビジネスロー・ジャーナル top 100〉の表彰式へ同社から9人の弁護士が選出された。

2018年10月8日、米国・ニューヨークで開催された今年最も活躍した弁護士を讃える賞〈トラストロー 2018〉の表彰式において、同社から初めてフィリピン人の弁護士がノミネートされた。

philippines-law-firm(フィリピン 法律)

国外からの評価が高い法律事務所:DivinaLaw

企業の抱えるリスクや税法に関するアドバイザリーサービスや、司法に携わる専門家に向けた講演会などを行うDivinaLawは、2018年現在マニラとセブを拠点に2つのオフィスを展開する。

同社はアジア太平洋大学で経済学部の教授を務めるヴィレガス氏を招き、来年のインフレ緩和予想について講演会を開催した。多くの弁護士、職員、クライアントらが参加し、対外投資の規制撤廃について活発な議論を行った。

Asian Legal Business(ALB)は2500人以上の弁護士にインタビューしキャリア、雇用保障、ワークライフバランスなどの観点から、弁護士やスタッフが最も働きたい法律事務所を選定するALB Employer of Choice rankings2018を実施し、同社がノミネートされた。

女性の活躍が目覚ましい法律事務所:V&A law

V&A lawはフィリピン大学法学部を主席で卒業したアントニオ・カルピオ氏とアーサー・ヴィララーサ氏が1980年に設立した法律事務所で、雇用/労働問題や企業ガバナンスまで幅広い分野に携わる。

2018年10月10日、同社は「データプライバシー法と医療従事者:懸念と遵守」ついての講演会をマニラのUERMMC大学で開催し、400人の医科大学の学生とスタッフが参加した。

2018年8月16日、同社はフィリピン国内で最も影響力のある女性弁護士で結成されたUP Women Lawyers Circle団体の役員就任式を開催した。フィリピン人女性で初めて最高裁判官になった弁護士、国際刑事裁判所で活躍するフィリピン人女性弁護士、フィリピン人女性初めての議長に就任した弁護士など数多くの著名人が参加した。

まとめ

男性優位のイメージが強い弁護士会も女性の台頭により新たな視点から法律問題をみるきっかけになりそうです。また大手法律事務所が海外から高評価を得ることにより外交なども活発になっていくといいですね。

フィリピンの法律事務所業界が一目でわかる!ビズラボオリジナル業界地図

業界地図_サンプル

【主要ローカル/外資プレーヤー】【知っておきたい業界ルール】【気になる今後の動向】 が1枚にまとまった業界地図をダウンロードいただけます。 ※オリジナル業界地図は、おひとり様1業界のダウンロードに限定させていただきます


無料ダウンロードフォーム

* が付いている項目は入力必須項目です。

















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


フィリピンへの進出状況 *




関連記事

  1. philippine-ec

    【SNSとの密接な関係】フィリピンのネット通販業界

  2. thai-bank

    【支払い方法の簡易化】タイの銀行業界

  3. thailand-law-firm

    【IT分野への強さがカギ】台湾の法律事務所業界

  4. singapore-stock-market

    【順調な台湾株式】台湾の証券業界

  5. philippines-tourism

    【コロナに負けるな】フィリピン旅行業界のトレンド

  6. philippines-securities

    【海外からも注目を集める】フィリピンの証券業界

  7. philippines-food

    【食肉業界が熱い!】フィリピン食品業界の最新動向

  8. philippines-privatesschool

    【学歴と収入の関係性】フィリピンの学習塾・予備校業界

PAGE TOP