【改革への対応】フィリピンの会計事務所業界

philippines-accounting

フィリピン国内では税制や会計基準など改革したものが多く会計事務所はじめ、企業も対応に追われています。すべての機関と連携できるのでしょうか?

今回は、そんなフィリピンの会計事務所業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

フィリピンの会計事務所業界 業界地図はこちら!

2021年 フィリピンの会計事務所(金融・法人サービス)業界

フィリピン、VAT最終源泉の取り扱いを変更〜会計事務所業界動向〜

日系企業のフィリピン進出支援を行う会計事務所である辻国際税務会計事務所は、VAT最終源泉の取り扱い変更に関するガイドラインを更新し、関係各所に情報共有を行っている。

従来の取り扱いとして、政府・政府所有会社等との取引におけるVATは、政府等が民間企業に支払う際に12%のうち5%を「最終源泉税」として源泉控除する制度があるが、税制大改革第一弾(TRAIN)の改定につき、2021年1月1日以降は、最終源泉税から、控除可能源泉税に変更される。

ガイドラインには法律の定め通り、2021年1月1日以降の政府支払いに係る源泉控除VATは、控除可能VAT源泉控除額としてVAT申告書に記載することとなる。また、VAT申告納税者は、この源泉証明書を申告書に添付して申告納税することとなる。

出典:http://tsuji-associates.com/wp/wp-content/uploads/hpb-media/21.3.Monthly%20Report.pdf

フィリピンの税制改正“CREAT法案”について〜会計事務所業界動向〜

東京コンサルティンググループに所属し、フィリピン進出を検討する企業を支援するコンサルティングなどを行っている久野康成公認会計士事務所は、2021年3月26日に署名された「法人税及び税務恩典改正法」(共和国法第11534号:CREATE法案)について解説している。

今回選出されたCREATE法案とは、フィリピン政府が推し進める税制改革の第2弾目(第1弾目はTRAIN法)である。主な目的として法人税率の大幅な引き下げと、優遇税制をより合理化することの2本柱となっている。

今法案では、2020年7月1日に遡って法人税率25%(2022年まで)を適用するとされている。また、2023年1月1日から24%、2024年1月1日からは23%、といったように、2027年の20%を下限に毎年1%ずつ引き下げが予定されているのも大きな特徴である。

出典:https://kuno-cpa.co.jp/philippines_blog/creat-1/

philippines-accounting

SyCip Gorres Velayo & Coフィリピンの講演〜会計事務所業界動向〜

会計事務所世界BIG4のEY(ERNST&YOUNG)の系列会社であり、フィリピンの会計事務所国内ビッグ5のひとつとして、全国8つのオフィスに6,000人近くを雇用しているSyCip Gorres Velayo & Coは、第3回ASEAN HRバーチャルサミットのパネリストとして講演を行った。

講演では2人の共同パネリストとともに、新しいテクノロジーによって変革されたダイナミックなHR環境について話し合われた。現在の最大の問題は、採用、トレーニング、エンゲージメントが不十分なためにテクノロジーを十分に活用できないことであると強調した。

2日間のオンラインイベントでは、ビジネスリーダー、グローバル起業家、企業幹部が集まり、業界のトレンドと慣行、社内の企業HRの課題、およびHRビジネスパートナーシップの役割の拡大について議論した。サミットでは、従業員の仕事と生活に影響を与える最新のテクノロジーについても触れられた。

出典:https://www.sgv.ph/previous-news/

PwCフィリピン、2021年最初のNextGenClubイベント開催〜会計事務所業界動向〜

会計事務所世界BIG4のPwCの系列会社であり、フィリピンの会計事務所国内ビッグ5のひとつであるPwCは、2021年の最初のNextGenClubイベントの実施し、無事成功させた。

このイベントでは、PwCおよびパートナーのGlobal Technology社の、メディアおよびテレコミュニケーションリーダーであるWilson Wy Chowが、COVID-19中およびその後の「ニューノーマル」に関する議題と、考慮すべき重要な戦略的優先事項を設定した。

PwCフィリピンの会長兼シニアパートナーは同イベントにおいて、パンデミック時のNextGensのビジネスにおけるイノベーションに関するパネルディスカッションを実施した。彼は、リーダーシップ、変化する力、世代を超えた経験など、さまざまな分野に触れ、活発で有益​​な会話を主導した。

出典: https://www.pwc.com/ph/en/news/2021/pwc-philippines-nextgen-club-event-2021.html

Ramon F. Garcia & Companyフィリピン、創業40周年へ〜会計事務所業界動向〜

l世界第8位の会計事務所であるCrowe Horwarth Internationalの系列会社であり、フィリピンの会計事務所国内ビッグ5のひとつであるRamon F. Garcia & Companyは、創業40周年を迎え新たな節目を祝福した。 l l同社は会計および財務サービスである監査、税務、アドバイザリー、リスク、およびアウトソーシングを行う企業として、1981年3月に設立された。2008年、世界中に150を超えるグローバル会計ネットワークであるCrowe Horwath Internationalのメンバーとして提携した。 l lCEOであるラモン・F・ガルシアは、2004年に公務員公認会計士協会の全国会長を務め、1996年から1997年にフィリピンマーケティング協会の副会長に就任した。彼はまた、国内の監査の基準設定グループである監査および保証基準評議会の現職の評議員である。

出典:https://www.facebook.com/watch/?v=1049664892189613

フィリピンの会計事務所業界 業界地図はこちら!

2020年 フィリピンの会計事務所(金融・法人サービス)業界

フィリピンの緊急事態下における課税査定の延長について解説〜会計事務所業界動向〜

会計事務所国内BIG5のPwCは、COVID-19の感染対策のため、課税査定の時効の実行を一時停止した件に関しての見解を示している。

法律に基づき、内国歳入局(BIR)は、正式な査定通知(FAN)を発行し3年以内に不足税を査定する。WHOによるCOVID-19のパンデミック宣言、および大統領令No.922および929とともに、国家緊急事態宣言は、時効の一時停止を保証する状況であり、BIRが税の査定を発行したり、不足税を徴収することを事実上禁止している。

RMC 34-2020、RRs. 7-2020と10-2020の発行に基づき、課税査定は延長された。延長は税務調査が進行中の納税者にとって歓迎すべき救済ではあるが、実際には延長期間や必要書類に関して混乱が生じており、早期の対処が望まれている。

出典: https://www.pwc.com/ph/en/taxwise-or-otherwise/2020/on-hold-quarantined-tax-assessments-2.html

フィリピンの「バヤニハン法」に基づく免税について解説〜会計事務所業界動向〜

世界に約1,400のオフィスを有する会計事務所、BDO Roxas Cruz Tagle and Co.は、COVID-19の感染対策のために実施された「強化されたコミュニティ検疫(ECQ)」の後に制定された共和国法第11469(「RA 11469」または「バヤニハン法」)に基づく免税などに関して解説した。

ドキュメンタリースタンプ税(DST)の免除、医療必需品や公衆衛生に関する製品のVAT、物品税およびその他の手数料、寄付者の税金、および輸入品を解放する権限の発行(ATRIG)の免除に関する条件や法的根拠が記載されている。

その他に、国家緊急事態の期間中に行われた現金寄付、必要医療機器または消耗品の寄付、食品(米、缶詰、麺類など)や水などの救援品、不動産または私有財産の使用に関する所得税の完全控除も本法によって保障されている。

出典:https://www.bdo-roxascruztagle.ph/en-gb/insights/tax/tax-bulletin/tax-exemptions-or-incentives-under-the-bayanihan-to-heal-as-one-act%E2%80%9D

philippines-accounting

フィリピンにも展開する会計事務所業界大手のGrant Thornton、新しいビジネス基準を説明

ロンドンを本部とする世界第7位の会計事務所で、現地ファームを有するGrant Thornton Internationalは、COVID-19の中でビジネスの新しい基準を形成する4つの要素について説明している。

同社の会長兼CEOは「企業とビジネスリーダーは、労働力、資本とリソース、運用モデル、およびサプライチェーンについて理解する必要があり、これらは、COVID-19パンデミック下での運用における新しい規範を形成するために不可欠だ」と述べている。

また、同氏は「COVID-19などの危機が発生した場合、顧客とクライアントの需要に対応し続けるためには、サプライチェーンを強化する必要がある」と強調した。必要に応じて重要な在庫しきい値を設定し、在庫レベルを監視するだけでなく、代替の配送方法を見つけ、配送スケジュールを調整するなどの必要性を伝えた。

出典:https://www.grantthornton.com.ph/news-centre/4-elements-to-shape-new-norm-in-business-amid-covid-19/

フィリピンの働き方を変革するプラットフォームとは?〜会計事務所業界動向〜

KMPGの系列会社であり、会計事務所国内BIG5であるKPMG R.G. Manabat & Co.は、エンドユーザーが任意の会社のデータセンターで実装できる、オープンソース技術に基づくデスクトッププラットフォームの立ち上げを発表した。

このプラットフォームは、企業がセキュリティを強化して従業員全体のリモート作業におけるコストと時間を削減するのに役立つ。銀行のバックオフィス、企業組織の経理、調達、財務部門で使用でき、政府省庁や医療機関などの公共サービス機関でも使用可能。

COVID-19のようなインシデントに、迅速に対応できているIT組織はわずか12%となっている。そんな中、同社は本プラットフォームの開発により、中長期的に人々の働き方に影響を与え、迅速、スマート、安全なリモートワーキングソリューションを展開する。

出典: https://home.kpmg/lu/en/home/media/press-releases/2020/05/kpmg-announces-launch-desktop-as-a-service-platform.html

フィリピンでCOVID-19に関するウェブキャストを開催〜会計事務所業界動向〜

EY(ERNST&YOUNG)の系列会社であり、国内BIG5の会計事務所、SyCip Gorres Velayo & Co.は、強化されたコミュニティ検疫(ECQ)中に企業や組織に不可欠なトピックに関するウェブキャストを配信する。

ウェブキャストで配信されるプログラムの一つは、リーダーシップの考え方である。ECQ以前から実施されており、継続して行われる。トピックは、主に税、世界貿易、従業員の健康、公共政策、リスクに関するものである。

その他に、内国歳入局、税関局、証券取引委員会、フィリピン経済圏庁、投資委員会、社会保障制度やPhilHealthなどの社会福祉機関が発表したガイドラインについて議論したウェビナーを配信している。

出典: http://www.sgv.ph/previous-news/

フィリピンの会計事務所業界 業界地図はこちら!

2019年 フィリピンの会計事務所(金融・法人サービス)業界

フィリピンで会計事務所業界大手のSyCip Gorres Velayo & Co、クリーンエネルギー分野での認知度向上

フィリピンの会計事務所国内ビッグ5のひとつであるSyCip Gorres Velayo & Coは、パサイ市で開催された2019年未来エネルギーショーで、アジア太平洋地域におけるクリーンエネルギー開発の加速化のための資金について発表した。

未来エネルギーショーはスマートエネルギー、電気、太陽、風力、エネルギー貯蔵と電気自動車をカバーする6つの平行したテーマ別セッションを開催し、2つのフロアに250以上の展示ブースを設置した。

登壇者はクリーンエネルギー、気候変動、そして持続可能な開発の分野で幅広い国際的な職業経験がある。未来エネルギーショーへの参加を通じて、同社がクリーンエネルギー分野での認知度を高めたことは、この分野における同社の地域活動の発展と促進に役立つと期待される。

フィリピンで会計事務所業界大手のACCRALAW、戦略的パートナーシップについて演説

フィリピンの大手会計事務所であるACCRALAWは、ダバオで開催された第5回総会にて、当社の顧問兼元マネージングパートナーが、「成長を強化するための戦略的パートナーシップへの参加」について講演した。同氏は、フィリピンの金融エグゼクティブ協会(以下FINEX)の代表として講演を行った。

ダバオ支部からは、代表パートナーのMyra S. Montecalvo-Quilatanも「ビジネスのしやすさ」について講演した。本総会は生産的な会員増強会議であり、当社は事業部門に関する様々な問題に関する洞察を共有する機会を重視している。

philippines-accounting

フィリピンのIsla Lipana & Co.、PwC国家会計教師賞を授与〜会計事務所業界動向〜

PwCグローバルネットワークのフィリピンのメンバーファームであるIsla Lipana & Co.は、2019年4月に開催された第27回会計教員会議で、PwC国家会計教師賞(PwC NATA)の最初の受賞者と2人の次点者を表彰した。

PwCフィリピンは、全国教育公認会計士協会(nACPAE)と協力し、卓越したモデルとして、教育専門職の基準を向上させることを支援してきた会計教師を全国的に募集するためにPwCのNATAを設立した。

全国70以上の大学の生徒が教授を推薦し、6名が最終選考に残った。厳格なPwCの審査プロセスで実際に学校を訪問して候補者を観察し、同僚、上司、そして学生と面接を行なった。ファイナリストへのパネルインタビューは、PwCフィリピンのトップマネジメント、nACPAE、理事会、およびiAcademyからの審査員によって行われた。

フィリピンにも進出!会計事務所業界大手のBDO、介護施設を調査

イギリスの大手会計事務所でフィリピンにもファームをもつBDOは、介護事業を運営するFour Seasons Health Careが米国のヘッジファンドに約6億2,500万ポンドの借金があり、介護施設を閉鎖する可能性がある問題の調査を行った。

同社の調査によると、昨年の101社を含む過去5年間で400社以上の英国の介護施設事業者が倒産した。元年金大臣のBaroness Altmannは、新しい介護施設に移動しなければならないというストレスに直面した場合に健康が急速に悪化する可能性があると主張し、事業者のより良い財政規制を求めた。

また、運営会社の財政状態の適切な精査と規制があるべきで、介護施設を運営している人々が生活のための家を提供するための経済的安全を確保するために要件を変更する必要があるとの見解を述べた。

フィリピンの会計事務所業界 業界地図はこちら!

2018年 フィリピンの会計事務所(金融・法人サービス)業界

汚職撲滅を目指すフィリピン監査委員会:Commission on Audit〜会計事務所業界動向〜

2018年9月12日、フィリピン監査委員会(COA)と国際監査事務局(IARO)は協働でWEBサイトを立ち上げたことを報告した。国際監査事務局ディレクターであるリトー・マーティン氏は「国際的な監査活動に対する意識を高めるにあたりインターネットを通じた民間企業へのアプローチは今後重要な位置を占めていく」と自身の見解を述べた。また、「IAROの活動にとって監査・会計サービスに対する正しい認識を広めていくことが何よりも重要」であるとし、同機関の果たすべき役割を明確に示している。

2018年10月8日、監査委員会と汚職防止委員会はパートナーシップを締結し、国内における会計業務に対する監視をより徹底することを発表。フィリピン政治家の汚職事件が後を絶たないことから、双方の機関が協力することで汚職再発防止に取り組む。

フィリピンの会計事務所業界で最大級のファーム:SyCip Gorres Velayo & Co

SyCip Gorres Velayo & Coは1946年に設立され、フィリピン最大級の会計事務所に成長。税務・アシュアランス・トランスアクション・アドバイザリー業務などを行っている。

2018年7月9日、「消費の拡大、持続的な送金の流入、安定した投資や政府支出の改善によりフィリピンの経済成長率は世界で10番目の早さで急成長している」と同社は述べた。また、企業間のM&Aが盛んに行われ、企業が中長的に成長し、新しい市場に参入できる基盤があると語った。

2018年9月3日、同社は税制改革に伴い、新しく制定されたTRAIN法について言及した。フィリピン経済特区(PEZA)に登録している企業の税制優遇措置に対して大幅に変更すると予想されている。

philippines-accounting(フィリピン 会計)

フィリピン政府の税制改革を受けセミナーを主催:R.S.BERNALDO&ASSOCIATES〜会計事務所業界動向〜

R.S. BERNALDO&ASSOCIATES会計事務所は1994年に設立し、100人以上の公認会計士を束ねる。2017年12月14日、同社は会計監査ソフトウェアを導入したと発表。ソフトウェアを操作するためのトレーニングが開かれ、膨大な顧客データを管理し、業務改善を図る。

2018年1月16日、同社は税制改革に伴い新しく制定されたTRAIN法についてセミナーをマカティー市のDusit Thani Hotelにて開催した。税法の変更点を議論するだけでなく、同社は参加者の税務計画や手順などを共有し、評価した。

2019年1月1日以降のフィリピン・新会計基準の変更に対応:Isla Lipana & Co会計事務所〜会計事務所業界動向〜

Isla Lipana & Coは創業から今年95周年を迎えた老舗会計事務所で、国内外に監査、税務及びコンサルティング事業を展開している。現在マカティ市、セブ市、イロイロ市の国内3ヶ所にオフィスを構える。1000人以上のスタッフ(会計士、システムアナリスト、エコノミスト、プロジェクト開発マネージャー)が在籍している。

「2019年1月1日よりリース事業や賃貸契約の会計基準の変更に伴い、ほとんどの企業が対応に迫られる」と同社は指摘した。さらに多くの会計士がこの変更について知らされておらず、各企業への影響が把握できていない状況と述べた。

まとめ:フィリピンの会計事務所業界

税制改革で企業同士が成長も繰り返し合併なども盛んに行われるようになります。その一方税制改革の対処に追われる会計事務所も多くあります。国内での政治家汚職問題にたいして国内会計事務所では適切に処理し、撲滅を図る動きもみられます。その活動で汚職がなくなる日はくるのでしょうか?

フィリピンの会計事務所業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. Philippines-workers-education

    【最新版!】フィリピンの主要資格予備校・ビジネススクール14選〜教育業界〜

  2. china-human-resource

    【最新版!】中国の主要人材サービス企業14選〜金融・法人サービス業界〜

  3. philippines-eatingout

    【最新版!】フィリピンの主要レストラン・飲食企業17選〜飲食・製造業(食品)業界〜

  4. philippines-hotel

    【リゾート業が活発化】フィリピンのホテル業界

  5. philippines-hotel

    【最新版!】フィリピンの主要ホテル16選〜エンタメ・IT・個人サービス業界〜

  6. 【最新版!】フィリピンの主要銀行15選〜金融・法人サービス業界〜

  7. indonesia-private-banking

    【顧客へのサービスとは】インドネシアのプライベートバンキング業界

  8. philippines-cafe

    【都市部で高まる需要】フィリピンのカフェ・スイーツ業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker