【監査知識の強化】ベトナムの会計事務所業界

vietnam-accounting

監査業界の発展に尽力しているベトナム会計事務所業界。その活動は国内のみならず、東南アジア諸国のイベントにも出展しているほど。今後の展望とは?

今回は、そんなベトナムの会計事務所業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019

AASC、新人向け研修を実施

2019年6月17日、AASCは毎年恒例の新人向けトレーニングプログラムを開催した。オープニングセレモニーには、社内の部署から70人以上の研修生が参加し、加えて研修部門の副部門長も参加した。

式典で講演した同副部門長は、AASCに入社した学生を祝福、歓迎するとともに、同研修プログラムの重要性を強調した。2019年6月17日から2019年6月28日までの教育期間中、研修生は会計関係の知識や、コミュニケーションとマネジメントスキルなどについて学ぶ。

研修生たちは同研修で学んだことを生かし、顧客に質の高いサービスを提供していくことが期待されている。

Bakertilly、新ロゴ”now, for tomorrow.”発表

Bakertillyは”now, for tomorrow.”のキャッチコピーを添えた新しいロゴを発表した。顧客との繋がりなどをより明確に示すべく、フォントや配色などにも気を配ったものに仕上げている。

成長は同社の事業の核であり、新しいロゴは自然界に見られる有機的な成長パターンに触発されてデザインされている。そこに込められているのはクライアントの固有のニーズに柔軟に対応していくという同社の意志だ。

文字部分については、親しみやすさを重視し全て小文字にしている。(旧ロゴの)Bakerとtillyの間のスペースの削除は、同社のまとまりを表している。

VAE、17周年記念イベントを主催

VAE設立17周年(2001年12月21日〜2018年12月21日)を祝って、ベトナム監査評価協会はニンビン(Ninh Binh)省トゥン・ニャム(Thung Nham)生態観光地域を訪問した 。

同地域は生態系の保護と観光の両立を目指しているエリアであり、豊かな自然を活用した観光ツアーが地域のセールスポイントになっている。

一行は鳥類の保護エリアとなっている谷川でボートのツアーを楽しんだり、ボートで洞窟の探検を楽しんだり、近隣の丘でのトレッキングを楽しんだりした。夜にはキャンプファイヤも行われ参加者は充実した様子であった。

ベトナム国営企業の民営化加速

急速な経済成長を背景に、ベトナムは海外投資家にとって魅力な投資先になっている。ベトナムでは国営企業の民営化を進めており、民営化の際には多くの政府所有の多くの株式がIPOで売却される。

先に行われたベトナム電力会社のシンガポールでのロードショーでは多くの投資家の誘致に成功している。シンガポールの投資家にとってベトナム企業は民間であれ国営企業であれ積極的投資先になっている。

最近でもシンガポール企業によるVINAMILKへの投資や、タイの飲料メーカーによるSaigon Beer Alcohol Beverage Joint Stock Corp(SABECO)への大型投資が行われている。

2018

PwC、収益高が史上初413億ドルへ

2018年10月2日、PwCは収益が413億ドルに達したことを報告した。同社における収益が400億ドルを達成したのは史上初となる快挙。主要市場での業績拡大も順調で、現地通貨収益の成長率は7%、米ドルでの収益が成長率10%となった。

従業員数は世界全体で25万人、新卒者の採用人数は27,016人に達した。さらに、技術の進歩に伴い事業内容にも変革の兆しが見える。2019年までに10億米ドルをクラウド事業分野に投資し、サービスとソリューションの品質を最大化させていく方針だ。

同社は事業活動が環境に与える影響についても配慮する姿勢を見せている。同社の事業活動により発生する二酸化炭素の排出量は、オフィスにおける電力と、航空機移動によるものが大部分を占める。今後はこれらを再生可能エネルギーに置き換え、また排出分を相殺することで、2022年までに二酸化炭素の実質排出量を0にしていく計画だ。

AASC、設立25周年を祝うイベントを開催

2018年9月12日、AASCは監査サービス開始及びAASC監査法人としてのブランド設立25周年を記念するミーティングを開催し、前ダイレクターであるファム・フイ・ドアン(Pham Huy Doan)氏や役員らが参加した。

同社の前身はベトナム財務省が設立したAccounting Financial Consultancy Services Limited Company。同社が1991年に現行のAASC Auditing Firm Company Limitedへと社名を変更し現在に至る。

同社最高責任者であるグエン・タイン・トゥン(Nguyen Thanh Tung)氏は同社への貢献度が高い役員へ表彰状を送るとともに、同社の管理職、会計検査官、技術者などの全社員へ賛辞を送った。今後は若手社員が伝統を引き継ぎ、強固なリーダーシップをもって同社を率いていくことが期待されている。

vietnam-accounting(ベトナム 会計)

Deloitte、”Top 10 Golden Dragon Growth Companies in Vietnam”を獲得

2018年4月14日、Deloitte Vietnamは〈Golden Dragon Award 2017 〉を受賞した。同賞は企業としての優れた業績だけでなく、社会と経済の発展に対して貢献を行った企業を表彰するもの。同社は6年連続の受賞となった。

同社は27年間にわたってイノベーションへの不断の努力を続け、リスクマネジメント、コーポレートガバナンス、持続的な成長支援、コンサルティングサービスなど専門性の高いサービスを開発し、戦略的な投資を行ってきたことが受賞の要因であると分析している。

同社は今後もリスクマネジメントコンサルティングサービス分野におけるリーディングカンパニーとしての地位を固めていく意向を示した。

EY Vietnam、第14回 ASOSAI総会へ出席

2018年9月19日第14回最高会計検査機関アジア地域機構 (ASOSAI)が1979年以降3年ごとに開催される総会を主催し、EY Vietnamを含む、金融、監査業界の企業が多数出席した。

第14回目となる同会議は「環境監査と持続的発展」のテーマのもと、ベトナム・ハノイのナショナルコンベンションセンターで開催された。EY Vietnamにとって同会議へ参加することはベトナム経済と監査業界の持続的発展への貢献を示すことになる。

持続可能な発展を目指し設置された同社の特別チームは気候変動や持続的発展に関するサービスの需要に応え、保険・税・取引・アドバイザリーサービスといった自社の事業経験を気候変動や持続的発展といった分野の知見と合わせ、各顧客のニーズに合致したサービスを提供していく。

まとめ

ベトナム経済の発展のためのイベントへの参加や他業界との提携により、ベトナム国内での会計業界が国内経済発展にむけて積極的な姿勢を見せています。また監査サービス関連の企業も若手の育成に励むなど国内の活動は活発になっています。

関連記事

  1. thai-private-banking

    【各国からの受賞多数】台湾のプライベートバンキング業界

  2. philippines-securities

    【海外からも注目を集める】フィリピンの証券業界

  3. indonesia-law-firm

    【システムの簡素化】インドネシアの法律事務所業界

  4. vietnam-medicaldevices

    【国内メーカーと外資メーカーの融合】ベトナムの医療機器業界に注目!

  5. vietnam-celemony

    【伝統を守る】ベトナムの冠婚葬祭トレンド

  6. vietnam-workers-education

    【より多くの技能開発者を】ベトナムの資格・社会人教育業界

  7. thai-secuturies

    【証券取引における優位性】タイの証券業界

  8. malaysia-securities

    【外国投資の力強い流入】マレーシアの証券業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP