【人材の確保】ベトナムの人材サービス業界

vietnam-human-resource

ベトナムの金融業は高給を求め人気の職種と待っています。その一方求職者も多いため求職者のプラットフォームも確立されています。

今回は、そんなベトナムの人材サービス業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019

ロボットとAIが採用に与える影響

Harvey Nash Vietnamは、2018年7月31日にホーチミン市で、同年8月2日にはハノイで、ベトナムの大手企業の人事関係者150人を迎えてイベントを開催した。

同イベントでは、同社の2018年HR調査の結果をもとに、ロボット工学と人工知能(AI)がいかに人事の未来に影響を与えるかが議論された。

ITの人事への活用方法としては、ソーシャルメディアの活用により、情報を迅速かつ広く共有することによるブランド構築や、スタッフのパフォーマンス管理が挙げられる。特にAIについては人員計画の立案に人事担当者の4人に1人が利用しており、今後も拡大が予想されている。

キャリアの選択とモチベーションに関する調査結果

2019年6月25日、Adeccoはキャリアの選択とモチベーションに関する調査結果を発表した。同調査ではベトナムにおいて人材がキャリア選択とモチベーションの形成に対して大きな影響を受ける要素を検証した。

同調査によると、仕事選びにおいて重視する事項は、1. 給与と金銭的なベネフィット、2. 職業の専門性、3. 仕事に対する満足度、が挙げられた。

また、退職理由としては、51.3%の労働者が専門的なキャリア開発機会が得られないことを理由として挙げた。その他には、より好条件のオファーを受けた(32.4%)、上司との関係(10.8%)などが続いた。

給与や昇進で男女に格差

ベトナムは男女平等の取り組みにおける主要国の1つだ。ILOのグローバルジェンダーギャップ報告書によれば、「女性が参加し、経済的発展の機会を与えられる」というカテゴリーでは、149国中33位にランクインしている。

このような、現在に至るまでの大幅な改善にもかかわらず、ベトナムの男女平等は依然として継続的な改善を必要としている。

ベトナムでは男女間の待遇の格差が依然として大きい。女性の平均所得は522万VND /月で、男性の平均所得(592万VND /月)と比べると81.1%にとどまっている。

ロボットやAI、労働をどう変える?

ロボットが人間の仕事に取って代わる、というのはこの10年間議論され続けられてきた事であるが、実際には逆の状況が起きる可能性がある。

全世界の87%の雇用者がロボットやAIによる業務の自動化の結果として、人員を増加、または維持することを計画している。デジタル分野に投資し、タスクをロボットにシフトしている組織は、より多くの仕事を生み出している。

多くの企業は従業員のスキルを高めていく考えだ。84%の企業が2020年までに自社の従業員のスキルを向上させる計画で、2011年の21%から大幅に上昇している。

2018

Vietnam Works2017給与レポートを発表

Vietnam Worksは2017給与レポートを公開した。同レポートによると、雇用主が想定している給与水準と労働者の希望する給与水準には開きがある。雇用主側が提示する平均的な月給水準は251〜500USD(約2.8万~5.7万円)であるが、労働者、求職者側はそれより1、2段階高い水準を求めるケースが多い。

特に、総務・秘書分野の求職者は501~700USD(約5.7万~7.9万円)の水準を、会計、広告、マーケティングなどの職種では701〜1,000USD(約7.9万~11.3万円)水準を最低要件として求める傾向にあるが、これは中心的な給与水準から1、2段階高い水準となっている。

また、新卒と転職者を比較すると、新卒者の方が高い給与を求める傾向にある。これは転職者の方が新卒に比べて給与水準をよく理解しているためと考えられる。

金融系人材の確保ますます困難に

ベトナムにおける銀行員の月給水準は10,000,000~30,000,000VND(約4.9万~14.6万円)と一般的な職種と比べると高い傾向にあるが、それでもなお、金融業界における人材の確保は難化しつつある。

人材確保につなげるため、銀行側は豊富なインセンティブを用意している。Navigos Groupによる調査対象となった銀行員のうち62%が年1-3ヶ月分の給与相当のボーナスを、18%が3-5ヶ月相当のボーナスを受け取っていた。さらに、40%が前年比10%以上の昇給となっている。

金融人材の50%が外資系金融機関での勤務を希望している。理由としては、労働環境や高水準の給与などが挙げられる。ベトナムにおける金融機関間での人材の採用競争は激しさを増していきそうだ。

vietnam-human-resource【ベトナム 人材】

HR2B、HR Asia Award 2018を受賞

HR2Bはベトナムに籍を置く27の人材コンサルティング企業の中で初めてHR Asia Award 2018を受賞した。また、同時にアジアエリアにおいて優れた労働環境を提供する企業に与えられる “The best companies to work for in Asia”のベトナム部門でもその功績を讃えられている。

同賞は世界中の8箇所の国で活動するアジア最大の人材業界出版団体、HRアジアによって贈られた。ベトナムにおけるHR2B以外の同賞の受賞者には飲料・メーカーのHeinekenやNestle、金融のStandard Chartered Bank、IT系のFPTなど数々の優良企業が名を連ねている。

HR2Bがベトナム市場で事業を開始したのは約15年前。現地市場に対する深い理解や国際水準での多様なサービスの提供を背景として着実に業界での地位を築きつつある。

ManpowerGroup Vietnam、労働・傷病兵・社会問題省と覚書締結

2018年6月20日、ManpowerGroup Vietnamと労働・傷病兵・社会問題省は、デジタル化社会における、労働者の職務能力開発と効率的な規制制定に関して戦略的・専門的な知見の提供について覚書を締結した。

背景には、目まぐるしく変化していく現在のデジタル社会では、企業、政府、労働者が適切な法律の制定や職務能力開発を行っていくことが必要という考え方があるとされる。

同社と同省が覚書を交わすのは4回目。今回の覚書の対象となる活動は、下表の通り。

1 産業革命4.0等のデジタル化社会で必要とされるスキルの取得支援
2 社会のトレンドや人材開発に関する労働者への啓発
3 労働市場に関する情報の提供、分析、説明
4 労働市場インフラの構築支援
5 国際労働市場における知見の共有や企業、労働者へのネットワーク拡大支援

まとめ

ベトナム国内全体でより高い収入を求める人口が増えています。そうした中で国内では行動者向けの人材紹介サービスも確立されています。高額な収入をも求め高度な技術持った人材は今後海外まで活動の幅をひろげていくのでしょうか?

関連記事

  1. thai-accounting

    【国内企業のグローバル化を後押し】台湾の会計事務所業界

  2. Singapore‐business service

    【大手ファームによるベンチャーサポート】中国の会計事務所業界

  3. vietnam-fashion

    【注目のファストファッション】ベトナムのアパレル業界

  4. vietnam-real-estate

    【商業施設の建設相次ぐ】ベトナムの不動産業界

  5. vietnam-medical wholesale

    【国内巨大市場】ベトナムの医療・福祉用具卸業界に注目!

  6. vietnam-food

    【イベントで購買力刺激】ベトナムのスーパーマーケット・コンビニ業界に関する最新情報

  7. vietnam-electonics-retail

    【ニーズにどこまで合わせるか】ベトナムの最新・家電量販店事情

  8. thailand-law-firm

    【法律の制定進む】タイの法律事務所業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. indonesia-supermarket
  5. malasya-fashion
PAGE TOP