【政府の手厚いサポート】マレーシアの資格・社会人教育業界

malaysia-workers-education

国内経済の担い手として社会人、労働者に向けた教育制度を充実させており、技能・資格開発研究事業にも精力的に投資しているマレーシア政府。

今回は、そんなマレーシアの資格・社会人教育業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

目次

2020年 マレーシアの資格・社会人教育業界

ファーウェイ・マレーシア、デジタル人材育成へ動き出す〜資格・社会人教育業界事情〜

世界有数のICTソリューション・プロバイダーであるファーウェイのマレーシア法人は、域内のデジタルハブを目指すマレーシアのビジョンの一環として、デジタル人材の育成を目的とした専用のトレーニングモジュール「ファーウェイ・アセアン・アカデミー」を発表した。

同社は、今後5年間で5万人のマレーシア人育成を目指しており、様々なビジネスや技術分野に渡って300万リンギットを投資する。同アカデミーでは、国内全土のデジタル人材育成のため、100人の熟練トレーナーと共に3,000以上のICTコースを提供する。

ICTトレーニングプログラムとコースは、政府機関や産業界の専門家、大学生を対象に設計される。

出典:https://www.huawei.com/my/news/my/2020/huawei-launches-asean-academy-to-empower-digital–talent-and-nurture-malaysia-digital-ecosystem

マレーシアデジタルエコノミー公社がデジタルスキル育成プラットフームのローンチを発表〜資格・社会人教育業界事情〜

マレーシアデジタルエコノミー公社 (MDEC)は、#YoungCreatorsバーチャルイベントにおいて、国内の若者のクリエイティブなデジタルスキルを育成する新しいプラットフォームをローンチすると発表した。

このプラットフォームは、MDECが進める#SayaDigitalに配置され、若くて新進気鋭のコンテンツクリエイターへ、スキルアップや創造性強化、収入を生み出す手段としてデジタルプラットフォームを活用する方法を学ぶ機会を提供する。

#YoungCreatorsは、1週間のプログラムで120万人以上の視聴者を期待している。MDECのスリナCEOは「本イニシアチブは、プログラムの終わりにマレーシアのコンテンツクリエーターが新たなものを生み出すのに役立つことを確信している」と述べている。

出典:https://mdec.my/wp-content/uploads/YoungCreators_PR-Announcement-V3-21Aug.pdf

malaysia-workers-education

マレーシアのHRDF人材育成支援、2019年は大幅増〜資格・社会人教育業界事情〜

1993年にマレーシアの人材開発を目的として設立された人的資源開発基金(HRDF)は、2019年に104万ヶ所のトレーニング施設を支援するため、7億リンギットの支援金を承認した。また、承認された認証プログラム総数も前年比で17.7%増加した。

マレーシア政府は、2020年度予算案において技術・職業教育訓練を通じた低所得層の若者のスキルアップとして、HRDFへ3,000万リンギットを割り当てた。また、マッチングベースで2,000万リンギットがHRDFへ割り当てられ、IR4.0業界の人材のスキル育成に使用される。

HRDFは、2020年には前年比20%増となる125万ヶ所のトレーニング施設を承認する予定としている。また、産業認証プログラムとして6万ヶ所のトレーニング施設承認を目指している。

出典:https://www.hrdf.com.my/wp-content/uploads/2016/12/1.-20200103-Press-Statement-on-HRDFs-2019-Achievements.pdf

マレーシアのMSTSでCA-EBSトレーニングが可能に〜資格・社会人教育業界事情〜

オフショア安全トレーニングを提供するMATSアジアは、イギリスのオピトが承認する圧縮空気緊急呼吸システム(CA-EBS)の初期トレーニングがMSTSのすべてのセンターで提供可能になったことを発表した。

CA-EBSは、救命胴衣に組み込まれた緊急時に使用するシステムであり、圧縮空気が入った小さなタンクとマウスピースで構成されている。CA-EBSの主な目的は、ヘリコプターが墜落した際に、搭乗者がキャビンから脱出するのに十分な酸素を供給することにある。

本トレーニングは、クアラルンプールとジョホール、チェラティン、ミリといったマレーシア国内のMSTS、及びシンガポールのMSTSで利用できる。

出典:https://msts-my.org/article/2020/9/ca-ebs/

マレーシアのMABアカデミーがオンライン展開へ〜資格・社会人教育業界事情〜

マレーシア航空グループの下で、航空やホスピタリティーなどの教育を提供するマレーシア航空(MAB)アカデミーは、COVID-19パンデミックの新しい生活様式に合わせ、新たに開発したオンライントレーニングモジュールの提供を開始した。

オンライントレーニングはマイクロソフトチームズを使用しており、社内トレーナーや専門家が『グリーン・スクリーン』と呼ばれるミニレコーディングスタジオから配信する。

また、本トレーニングでは、場所を選ばずにバーチャルクラスに参加できる柔軟性、プライベートやグループディスカッションを通じてトレーナーと交流する機会、そして参加者が質問をしたりフィードバックを共有したりできる機能を提供する。

出典:https://www.malaysiaairlinesacademy.com/index.php?action=news&id=48

2019年 マレーシアの資格・社会人教育業界

有名企業からの求人獲得、マレーシアで高需要のASB卒業生〜資格・社会人教育業界事情〜

2019年4月14日、バンクネガラマレーシアと米国MITスローン経営大学院によって設立されたアジアスクールオブビジネス(ASB)は、国内外から高い需要を享受していることを発表した。

2019年のMBA卒業生は、アマゾンやマッキンゼー、ギャップ、フェイスブック、マイクロソフトなどの有名企業からの求人を受け取っている。ABSの学生は20ヵ月のプログラムの内、7ヵ月以上を現場での問題解決に費やす。卒業式では、マハティール・モハマド名誉博士がゲストとして開会の挨拶を行った。

今後については、ABSはパートタイムMBAや経営幹部向けの短期コースを含むアカデミックプログラムの拡大を計画している。さらに、来年には最先端のキャンパスが開校予定となっている。

マレーシアが高所得国となるための新戦略イニシアチブとは〜資格・社会人教育業界事情〜

2019年4月9日、人材資源開発基金(HRDF)は35%を熟練労働者とすることで、高所得国となるための新たな人的資本戦略イニシアチブスキームを開始したと発表した。

本スキームは失業中の卒業者と中等学校中退者、現役労働者、中小企業経営者を対象として、(1)業界認定、(2)中小企業スキーム、(3)事前体験学習、(4)見習いスキーム、(5)卒業生強化プログラムの5つの戦略から構成されている。

期待される効果としては、半熟練・熟練労働分野における外国人労働者依存低減、国の失業率低減、一人当たりの所得と世帯所得増加、マレーシア人による企業の生産性向上と賃金増加が挙げられている。また、HRDFは企業へ財政支援やインセンティブによる支援を行う。

malaysia-workers-education

IATAと提携で拡大、マレーシア航空アカデミー〜資格・社会人教育業界事情〜

2019年7月12日、マレーシア航空従業員の学習ニーズに応えるために設立されたマレーシア航空アカデミーは、国際航空輸送協会(IATA)とのパートナーシップを拡大し、域内における航空学習ハブとしての地位を強化したと発表した。

本パートナーシップ2019年7月から2020年6月までの期間を対象としており、同アカデミーは域内の規制とニーズに合致した航空会社と航空業界に関連するIATAのコースを提供する。当該コースはIATAのファシリテーターによって行われ、2019年8月19日に最初のトレーニングが実施される。

同社が提供するトレーニングでは、IATA会員は割引料金が、そしてマレーシア人には特別価格で提供される。

MSTS、マレーシアに石油ガス安全教育センター開設〜資格・社会人教育業界事情〜

産業及び公共部門に安全訓練とコンサルティングサービスを提供することを目的として2000年に設立されたMSTSアジアは、マレーシア初のOPITO認定トレーニングセンターでもある。

2019年8月16日、同センターは、マレー半島東海岸のチェラティンとクアラルンプール近郊に新たな安全訓練センターを開設したことを発表した。

MSTSチェラティンは石油・ガスのハブの一つであるケママン地区/ケルテ地区の近くという戦略的立地にあり、個人の安全や火災、緊急時対応、スキル開発など幅広いコースを無料で受けることができる。さらに、当該センターではメディカルクリニックを設立、健康診断や人工呼吸器の装着テストなど、地域の人々に幅広い医療サービスを提供する。

2018年 マレーシアの資格・社会人教育業界

マレーシアに設立のプレスタリアン、国家高等教育基金の提携〜資格・社会人教育業界事情〜

2003年にサイバー・ジャヤに設立されたプレスタリアンは、ICTを使用した人材・技術・教育を提供する企業であり、人材育成・認定、人材管理、ソフトウェアライセンス配布を主要事業としている。

同社は創立20周年の式典において、国家高等教育基金との共同事業であるジョブマッチングサービスPTPTNをローンチした。この事業は、雇用を求める国家高等教育基金の学資ローンの借り手のスキルアップを通じて雇用機会を広げるものである。

プログラムでは『配置&訓練』モデルにおいて、業界の要件に合致する才能のプロファイリングとソフトスキル及びコミュニケーション訓練が含まれる。アマゾン・ウェブ・サービス、アリババ・クラウドなどの企業が支援している。

人材育成強化でパハンに支店開設、マレーシアのHRDF〜資格・社会人教育業界事情〜

マレーシア人材資源開発省傘下の人材資源開発ファンド (HRDF)は、パハン州において新たに東海岸支店を開設したことを発表した。今回の支店開設は、ソーシャルモビリティや福祉全体を改善する上で重要な意味を持っており、州内の人材のスキルアップやマルチスキルの育成を促進する。

式典においてHRDFの経営戦略責任者リム・カー・チェン氏は、インダストリー4.0向けに州内の雇用主が従業員の技能を訓練し、改善することを奨励するとしている。

現在まで、東海岸地域の1,150名の雇用者がHRDFに登録している。また、昨年の人材育成法 (PSMB Act)の制定に伴い、HRDFの下での研修対象の従業員数は現在の177万人から2020年には280万人に増加する見込み。

malaysia-workers-education

マレーシアのMGT、グローバル人材育成プログラムをローンチ〜資格・社会人教育業界事情〜

タレントコープとインベストKLは、『マレーシア・グローバル・タレント (MGT)』を立ち上げたことを発表した。

MGTは、マレーシアにおいて2022年をめどに国際社会で活躍するリーダー5,500人を育成することを目指す。第1フェーズでは、マレーシアで最も有望な人材の選定・指導・育成を目的として、トップ12社のグローバル多国籍企業及び10校の公立大学を連携させる。

MGTは『MGTヤングエグゼクティブプログラム』『MGTシニアエグゼクティブプログラム』『MGT見習いプログラム』という3つの職能別グループに焦点を当てる。また、マレーシアのプロフェッショナルには、インターシップや指導プログラム、著名な多国籍企業の経営幹部からの知見共有をはじめとする多様な機会が開かれる。

マレーシアのMABアカデミー、業界初の試み!〜資格・社会人教育業界事情〜

マレーシア航空アカデミー (MABアカデミー)は、1994年10月にマレーシア航空グループの従業員の学習ニーズに対応するために設立された。アカデミーでは、パイロット訓練やホスピタリティなどに関する研修プログラムを提供している。

同社はマレーシア国内のフロントライナーへ研修講座を設置するため、ケアークリニックス・ヘルスケア・サービスと訓練サービスの覚書 (MoU)を締結したことを発表した。この合意により、同社は社内のトレーナーと共に、ケアークリニックスのスタッフに身だしなみに関するセッションを提供する。

同社はこれまで一次医療提供者との間で身だしなみやエチケットに関する訓練で協働したことはなく、業界初の試みとなる。

まとめ:マレーシアの資格・社会人教育業界

マレーシア政府は、第四次産業革命に対応するため、ICTの専門性を持つ人材の育成に注力しています。このようなトレンドに注目することで、同国の資格・社会人教育業界は多くのビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

関連記事

  1. 【ローカル企業の存在感】マレーシアの文具・オフィス用品業界

  2. malaysia-stationery

    【大型書店の台頭】マレーシアの文房具・事務用品業界

  3. singapore-child-care-services

    【最新】シンガポールにおける保育業界の全貌

  4. taiwan-school

    【世界的IT企業とのコラボレーション】台湾の学校業界

  5. indonesia-childcare

    【都市部での需要増大】インドネシアの保育業界

  6. malaysia-electricity-gus

    【次世代エネルギーに注目】マレーシアの電力・ガス業界

  7. malaysia-accounting

    【テクノロジーの導入】マレーシアの会計事務所業界

  8. china-languageschool

    【オンライン教育の一般化】中国の語学学校業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP