【都市部での需要増大】インドネシアの保育業界

indonesia-childcare

周辺のインドや中国では就学前の就園率は60%から70%である一方、インドネシアでは50%を下回っているのが現状です。

今回は、そんなインドネシアの保育業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

インドネシアの保育業界 業界地図はこちら!

2020年 インドネシアの保育(教育)業界

インドネシアで保育業界大手のMy Tootsie Bear、オンライン保育実施中

インドネシアで保育サービスを行うMy Tootsie Bear Child Careは2020年7月5日、フェイスブックでオンライン保育の様子を紹介した。

同社はCovid-19 パンデミックの中で保育サービスを行う方法として、zoomを活用したオンライン保育を行っている。保育士たちが園児の両親にzoomの使い方を教えることで、園児たちはzoomを通した新しいコミュニケーション方法を学び、体験することができる。

zoomを通じて、お絵描き、クイズ、音楽、お遊戯、お遊びなど、保育士と園児たちがリモートでコミュニケーションできることは子どもたちにとって素晴らしいことだと締めくくっている。

出典:https://www.facebook.com/mytootsiebear/posts/10158081624621418  

インドネシア・ジャカルタ日本人学校幼稚部、2学期もオンライン保育〜保育業界動向〜

2020年8月26日、ジャカルタ日本人学校幼稚部は2学期の保育もオンラインで実施することを発表した。

2学期には対面式保育ができるよう関係省庁と調整を行ってきたが、教育文化省南タンゲラン支部からは「グリーンゾーンもしくはイエローゾーンになるまでは、対面式授業は認められない。日本人学校であっても感染症対策という点においては地方行政に従うことが必要である。」、「感染症対策徹底のため、幼稚部は小中学部の開校から2ヶ月後に開園することができる」との回答を得たことを明らかにした。

2020年8月現在、南タンゲラン市はオレンジゾーン(レッドとイエローの間)となっている。

出典:https://kindergarten.jjs.or.id/blog/2020/08/26/%e4%bb%8a%e5%be%8c%e3%81%ae%e5%af%be%e5%bf%9c%e3%81%a8%e3%82%aa%e3%83%b3%e3%83%a9%e3%82%a4%e3%83%b3%e5%b9%bc%e7%a8%9a%e5%9c%92%e5%86%8d%e9%96%8b%e3%81%ab%e3%81%a4%e3%81%84%e3%81%a6/ 

indonesia-childcare

インドネシアの日系オイスカ幼稚園、10月もzoom保育〜保育業界動向〜

1986年に公益財団法人オイスカによりオイスカ香港日本語幼稚園が開園された後、上海、広州、マニラ、バンコク、シラチャ、ジャカルタへと展開してきた日系のオイスカジャカルタ幼稚園は「10月オイスカオンライン」を発行した。

10月の3つの園児向けプログラムについて紹介した。

①zoom保育:月曜日から金曜日まで8:30-9:00に「朝の会」、9:30-10:00に「月のテーマに沿った活動」が行われる。

②コミュニケーション・タイム:月2回行われ、1回の時間は30分。園児の知的好奇心が深まる対話や遊びを楽しみ、コミュニケーションは日本語のほか、英語でも可能。

③動画配信:毎週1本配信されるので、都合の良いときに視聴し遊んで学びましょうとのこと。

出典:http://www.oisca-youchien.com/PDFFiles/200929094619.pdf 

インドネシアで保育業界大手のKinderland、e-ラーニングで在宅学習実施

ジャカルタに7か所、スラバヤ・メダン・バンドンに各1カ所、合計10カ所の幼稚園を運営するKinderlandは2020年5月13日、Covid-19の最中、e-ラーニングを行っていることをホームページで紹介した。

KinderlandではPlaygroupからKindergarten2までの子供たちにズームとスカイプセッションを使って自宅から参加できるe-クラスを実施している。

フォローアップ活動ワークシートを含む学習資料は、子供たちがレッスンに備えるのを助けるために、事前に両親に送られる。在宅学習はレッスン計画の中断を最小限に抑え、学習を継続できるように配慮されている。友達や先生とオンラインで交流できるので毎日子どもたちの参加率はとても高いということだ。

出典:https://kinderlandindonesia.com/fun-interactive-home-based-e-learning-for-kinderland-indonesia-children-during-covid-19-outbreak/

インドネシアのStarchild、創立2周年を迎え新たなサービス導入〜保育業界動向〜

日本でStarchild保育所の経営を行うヒューマングループのインドネシア現地法人PT Human Cita Ananda(Starchild)は2020年7月19日に創立2周年を迎えたことをホームページでアナウンスした。

この2年間、Starchildは子育て、教育、遊びの面で常に最善の解決策を提供しようと努力を続けてきた。また、今日の困難な状況の中で、親子が可能な限り最善の日常活動を行えることを支援し続けるための新しい方法を模索している。

例えば、訓練を受けて認定されたチームとともに、子供たちが家で学び、遊び続けるためのHOMECARE SERVICE(ホームベビーシッターサービス、NANAIRO CLASS)などの新しいソリューションを提供している。

出典:https://starchilddaycarejkt.com/starchild-daycare-and-learning-center-2nd-anniversary/

インドネシアの保育業界 業界地図はこちら!

2019年 インドネシアの保育(教育)業界

ヒューマンホールディングス、インドネシア・ジャカルタに保育園〜保育業界動向〜

日本で保育事業を展開するヒューマンホールディングスは2018年7月18日、インドネシアの大手財閥ラディアントグループのPT. Radiant Centra Nusantaraと協働でジャカルタのクニンガン地区に現地の子どもたちを対象とした保育園「スターチャイルドインドネシア」を開設することを発表した。

同園は今後0歳~5歳の乳幼児40名を受け入れる予定。日本流の安心・安全な保育をベースに、インドネシアの文化・習慣を積極的に取り入れてローカライズされた新しい保育園を目指す。

同園の幼児教育プログラムは英語やプログラミング教育、九九の暗記、読書の習慣づけなど実践的な就学前教育を特長とする。園内には園庭を設置、心身ともに発育・成長する環境づくりに取り組む。

キンダーランド、インドネシアで保育士のワークショップ実施〜保育業界動向〜

ジャカルタ、スラバヤ、バンドン、メダンと全国4都市に展開するキンダーランドは2018年5月現在、ジャカルタに6つの幼稚園を有し保育士約100名を雇用している。

キンダーランドは100名の保育士を対象に、シンガポールの保育士訓練機関であるKLCインターナショナルインスティチュートから講師を招き、2018年2月9日と10日の二日間、就学前幼児教育に関するワークショップを開催した。

1日目のテーマは「高いコミュニケーション能力を備えた保育士の人材育成に関するエンパワメント」、二日目は「未就学児童のためのルールづくりと指導要領」となった。今回のワークショップは高い質が保証された就学前教育における人材育成に主眼を置いたもので、他国機関より招集された講師陣より最先端の教育指導について講義が行われた。

indonesia-childcare

インドネシアのJJS幼稚部、アンニサ幼稚園と交流会〜保育業界動向〜

ジャカルタ日本人学校(JJS)幼稚部は2018年9月17日、インドネシア人の児童らが通うアンニサ幼稚園との交流会を行った。

歓迎会では、JJS幼稚部は「ハイポナー体操(パイナップルになりきって踊る体操)」、アンニサ幼稚園は「ムライビンタン」を一緒に踊った。その後、お互い言葉は通じないが「なべなべそこぬけ」「チンチリピット」「相撲」「アスレチック」「サッカー」などで大いに盛り上がったとのこと。

共通の言葉はなくても、とても楽しそうに遊んでいる子供たちの笑顔こそが共通の言語だと先生には感じられたそうだ。幼い頃から異文化に触れ異文化に抵抗を持たない気質が育まれ、それが子供たちの将来に大きな財産となることが願わしいことだ。

インドネシアのTUTOR TIME、幼児期に社会的スキルを育成〜保育業界動向〜

ジャカルタに6カ所、バンドン、スラバヤ、セルポン(バンテン州)に各1カ所、合計9カ所に保育園・幼稚園を展開するTUTOR TIMEは、2018年4月19日付けでホームページに「幼児期(1~2歳)にポジティブな友好関係を学ぶ」と題した記事を掲載している。

新生児は人の顔を見るのが好きだ。生まれて数か月のうちに他者と友好関係を結ぶ方法について学び始める。また、周囲の大人たちがどのようにコミュニケーションをとっているかを興味深く観察し社会的スキルを学んでいる。

他者と適切かつ適度なコミュニケーションをとることが子どもの社会的発達の鍵になる。TUTOR TIMEでは、徐々に他者との距離感覚を育むことや他者への安心感・信頼感を持つこと、適切な社会関係を結ぶことを人間的な基盤として位置づけるという視点で早期教育が行われている。

インドネシアの保育業界 業界地図はこちら!

2018年 インドネシアの保育(教育)業界

東南アジア教育大臣機構 (SEAMEO)、幼児教育支援の新組織設立〜インドネシアの保育業界動向〜

東南アジアにおける教育整備の協力機関、東南アジア教育大臣機構(SEAMEO)は、新たに幼児教育・子育て地域センター(SEAMEO CECCEP)を設立。幼児教育や家族教育分野の研究開発等でイニシアティブを取る方針を発表。

依然としてまだ多くの地方自治体が幼児教育に充分なサポートを提供できていない現状があり、地域全体での包括的なサポート体制整備の必要があるとしている。

また、デジタル技術を活用した、質の高い幼児教材の開発や人材の育成などが今後の課題として挙げられている。

インドネシアの家庭内保育、未だ改善の必要が〜保育業界動向〜

インドネシア児童保護委員会(KPAI)の副委員長であるスサント氏は、「子供にやさしい家族の精神」と題した論文を新聞に寄稿。家庭内保育の改善、学校と家庭が密接に連携した教育が必要であると訴え、教育文化省から表彰を受けた。

同氏はこの論文で、インドネシアにおいては依然として暴力を伴う保守的な保育が行われていることを指摘。愛に基づいた子供にやさしい保育へのパラダイムシフトが必要だと主張している。

具体的には、学校と家族の両者が共に子供を育てていくという、ホスピタリティの重要性が説かれた。

indonesia-childcare

インドネシア、ローカル保育サービスの事例〜保育業界動向〜

6名の母親達によって2014年に設立されたTiny Toes Childcare Centerでは、3ヶ月から4歳までの児童を対象とした保育サービスを提供している。子供の年齢に応じた、テーマ別の教育活動が実施されている。

3ヶ月から1歳の幼児の場合は、身体運動の訓練に焦点を当てた活動が主に行なわれる。1歳から2歳の子供の場合は、屋外遊び、物語の読み聞かせ、英語を使用した歌遊び、などが行われている。

インドネシアの、または国際的な記念日に合わせて月替わりの教育テーマが用いられる。例えば、テーマが交通の場合は、陸・海・空の交通手段の種類を学ぶなど。

インドネシアで保育業界大手のKinderland、その取り組みとは?

Kinderlandは23年間に渡ってインドネシア国内で幼児教育ビジネスを提供している企業であり、創業の地ジャカルタをはじめスラバヤ・メダンなどインドネシアの主要都市において事業展開を続けている。

近年、インドネシアは経済成長に伴なう中間層の増加によって、子供の教育にお金を掛けようとの意識を持つ家庭が増えている。現在2つの小中学校と6の幼稚園を運営する同社であるが、今後5年で新たに10拠点の建設を計画している。

インドネシア国内の他、シンガポール・カンボジア・マレーシア・中国・バングラデシュの計60以上の幼稚園とネットワークがあり、同業間での強い結びつきも築いている。

まとめ:インドネシアの保育業界

インドネシアでは働く女性の数が増加し、保育のデイケアは、特に都市部で不可欠となり需要が増加しています。今後も同国の保育サービス業界は多くのビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

インドネシアの保育業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. indonesia-water

    【水質向上のためには】インドネシアの水道業界

  2. china-school

    【小中学校でのAI教育】中国の学校業界

  3. indonesia-car

    【ASEAN最大の市場】インドネシアの自動車業界

  4. Thailand-privateschool

    【競争が激化】タイの幼児教育・学習塾業界

  5. indonesia-e-commerce

    【今後の成長に期待】インドネシアの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

  6. china-workers education

    【生産事故の減少を目指して】中国の資格・社会人教育業界

  7. indonesia-tourism

    【日本人観光客を増やせるか】インドネシア旅行業界のトレンド

  8. taiwan-childcare

    【サービス拡充!?】台湾の保育業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. singapore-toiletries
  5. malasya-fashion
PAGE TOP