【イスラム法に準拠】マレーシアの美容・エステ・ヘアカット業界

malaysia-salon

マレーシアの美容サロン業界は、美容意識の高まり、女性就業率の向上による可処分所得の増加により需要が拡大した産業です。

今回は、そんなマレーシアのスパ・サロン業界に関する最新情報をお届けしていきます。

読了時間の目安:5分

2020

Number76、XIXILIのショーでパートナーに

2019年8月16日の発表によると、2001年に南青山で開業し、2012年にマレーシアへ進出したヘアサロン『ナンバー76』は、ランジェリーブランドであるXIXILIマレーシアの公式ヘアサロンパートナーとなった。

2019年8月1日にクアラルンプールのクイルコンベンションセンターにて開催されたXIXILIランジェリーファッションショーでは、#allsizesarebeautifulのテーマに則り、プラスサイズのモデルや妊娠中のモデルも参加した。

ランウェイを創造的なものにするために、コンセプトスタイリストのケルビンは光沢のある濡れたメイクアップや濡れた髪型などによって、女性向けのトレンディなウェットルックでワイルドな雰囲気を演出した。

美容エキスポとCosmobeautéを同時開催

国際的なB2Bイベントとブランドを制作するインフォマ・マーケッツは、国内美容業界により多くの事業機会を提供するため、美容エキスポとCosmobeautéMalaysiaを2020年10月1日~4日に同時開催することを発表した。

KLコンベンションセンターの7つの展示ホールを使用し、美容関連ではマレーシア最大規模となる。美容エキスポでは美容と化粧品、スパ&ウェルネス、髪、ネイル、OEM/ODM、そしてハラール化粧品ゾーンが設置される。イベントでは、12ヵ国・地域から588超の出展が見込まれている。

マレーシアの消費者は、大規模な広告やマーケティングに影響され、プレミアムブランドや輸入化粧品への関心が高い。また、最近はハラール化粧品の出現がイスラム教徒の関心となっている。

ロレアル財団の低所得者向け美容プログラム

2020年2月3日、フランスに本部を置く、世界最大の化粧品会社であるロレアルが創設したロレアル財団は、24人の女性が『ビューティ・ファー・ア・ベター・ライフ・プログラム』を卒業したと発表。16歳から24歳の女性が12ヶ月のトレーニングを修了し、美容師及びメイクアップアーチストとして認定された。

卒業式に出席した女性・家族開発省のイオ副大臣は、本プログラムは無料で提供され、貧しい女性が専門的スキルを習得するという同省の取り組みを補完するものであると述べた。

YWCA職業訓練機会センターで開催された卒業式では、卒業生が非営利団体の学生のヘアカットとメイクアップを提供した。

VTARインスティテュートの美容コース案内

1990年に実践的なトレーニングを提供するために設立されたVTARインスティテュートは、ベーカリーや美容・ヘアサロン、電気などのコースを提供している。

同校の国家職業技能基準に準拠した美容セラピーコースは、15歳以上を対象としており、24ヶ月の教育プログラムで構成されている。美容サービスでは皮膚や身体の改善を提供しており、フェイシャルサービス、脱毛、マニキュアとペディキュア、ヘナアートワークデザイン、メイクアップなどが含まれている。

受講者は、顧客の顔と手、足の皮膚の状態、血液循環、筋肉の緊張を改善するスキルを学ぶ。最終的には、メイクアップによって顧客の見た目を向上させるためのスキルを習得する。

2019

ザ・スパを開業、フォーシーズンズホテル

フォーシーズンズホテルクアラルンプールは、都心の中心部に包括的なヘルス&ウェルネスセンター『ザ・スパ』を開業した。

681平方メートル(7,330平方フィート)のスパには、8つの個室と2つのカップルルーム、超豪華スパスイート、最先端のフィットネスセンター、そしてモダンなヘアサロンとネイルサロンが含まれている。更に、『ザ・スパ』はスキンケアやメイクアップ、最新のハイテクビューティーツールなど、幅広い商品を揃えたスタイリッシュなブティックも提供している。

スパメニューには、24カラット・ゴールド・フェイシャル、ジェモ-サーマル・ソルト・ボディ・ポリッシュ、究極のアンチエージングなどが用意されている。

ナンバー76のプロモーション内容

2001年に南青山で開業したヘアサロン『ナンバー76』は、2012年にマレーシアへ進出した。現在、マレーシア国内にはクアラルンプールとジョホールバルに合計5店舗を展開している。

同ヘアサロンは、2019年2月1日~28日の期間中、クアラルンプールとジョホールバル、そしてシンガポールの店舗で、全てのスキャルプトリートメントを10%割引するプロモーションを発表した。

ルベル・ヴィージェの頭皮・髪のトリートメントは、オクラやニンジン根、レッド・ジンジャーなどの天然成分のエキスを配合し、頭皮に必須の栄養を補給する。また、グローバル・ミルボン・スカルプは、健康な頭皮のために必要な水分を補給し、過剰な脂肪酸を除去する。

注目の教育機関、リムコックウィン創造技術大学

1991年に設立されたリムコックウィン創造技術大学は、アジアで最も優れた芸術・デザイン学校の1つとして挙げられている。

同校のキャンパスはマレーシアを拠点として、ボツワナ、カンボジア、レソト、シエラレオネ、エスワティニ、ウガンダ及びイギリスにあり、50カ国以上から3万人以上の学生が学んでいる。

同校のヘアデザイン学位は、全てのヘアデザインの基本について徹底的に理解し、最新の技術とトレンドを習得することができる。プログラムでは、プロのヘアドレッサー、ヘアジャーナリスト、カラーテクニシャン、起業家、ファッション編集者、ヘアデザイナー、ファッションテレビプロデューサーとして優れた人材の育成を重視している。

S&Co.メイクアップアカデミーの魅力とは?

S&Co.アーティスティックスタジオが運営するS&Co.メイクアップアカデミーは、実践的なスキルコースを通じて、プロのメイクアップアーティストを育成することを目的として設立された。

S&Co.アーティスティックスタジオは10年以上の業界経験を持ち、ブライダルやコマーシャルのメイクアップ業界で活躍している企業として業界のトレンド理解しており、学生はそれを最大限に利用できる。

同アカデミーは、英国のシティ&ギルズの証明書を取得したメークアップコースの学生を祝福した。長年の経験を持ったメークアップアーティストでさえ、国際的な証明書を持っていないことから職場を見つけることが困難であり、グローバルな労働スキルを満足する必要がある。

2018

マレーシアで拡大中のローカル化粧品ブランド

グローバルブランドが圧倒的な強さを見せる化粧品業界において、マレーシアでは新たな流れが生まれている。それはそれぞれ独立したローカルの企業から化粧品を買うというものである。

こういった小規模な国産ブランドは主にインスタグラムやフェイスブックなどから人気が広まっており、斬新な商品とひとり一人に合わせて作られているという点を強みとしたマーケティング戦略で拡大を続けている。

販売は多くが独自サイトまたはFashionValet, Zaloraなどのマーケットプレイスを使ったネット販売であるが、いくつかのブランドはデパートや薬局などでの販売にも成功している。

マレーシアではイスラム教徒の人口が多いため、化粧品に関してもハラールとノンハラールが分けられている必要がある。その点においてローカルのブランドは大きな強みを持っていると言える。

ムスリムの女性はヘアサロンにも制限が?

ムスリムの女性はムスリム専用でないヘアサロンを使用してはならない、というPenangのある聖職者の発言がメディアで大きく取り上げられている。マレーシアでは、先日もムスリム専用と書かれた看板を掲げていたコインランドリーの店主が民衆の批判に遭い、謝罪をしたことがニュースになった

今回は聖職者の発言ということもあり、イスラム教に関する問題を担当する大臣にまでこの話題は届いた。大臣は「宗教に関する勅令を発することができるのは州の最高官だけであり、テレビ番組などで有名になった人ではない。」と述べた。

Penangのイスラム教問題を担当する委員会の委員長は、「Penangには今後決してムスリム専用のヘアサロンは存在しない。」と述べ住民を安心させた。

malaysia-salon(マレーシア サロン)

マレーシアでも根強い人気の韓国コスメ

韓国の化粧品ブランドEtude HouseがマレーシアのSunway Pyramidにフラグシップストアをオープンした。ブランドマネージャーによると、マレーシアでの大きな潜在的な成長を見込んでいるとのことである。

若い世代を中心に低価格かつ効果の高い化粧品で人気の韓国コスメは、マレーシアの美容業界でも非常に大きなウェイトを占めている。化粧品のみならず、韓国のポップカルチャーやファッションなども人気で、これからも韓国人気(K-Wave)は続くと予想される。

上記の強みを持つ一方で、肌の色や生活スタイルが異なる人々が暮らすマレーシアは最も難しいマーケットの一つとされ、彼らのニーズを満たすために商品やサービスにより一層の配慮が必要となる。

Watsonsの新ヘアケア商品

アジアでドラッグストアとして展開しているWatsonsは新しい自社ブランドのヘアケアトリートメントを発表した。これにより、ヘアサロン帰りの仕上がりを家でも持続させることができる。

近年の原材料にも厳しい消費者にも満足してもらえるよう、有害な化学物質(パラベンや着色料など)は不使用。Watsonsの研究員が実際に手で一つひとつ選んだ原料が独自の技術で配合されている。

このヘアケア剤は、乾燥した髪、油脂性、傷んだ髪などどんなタイプの髪質に対しても最適な形でケアできるという特別な処方にもかかわらず、およそ25リンギット(約680円)程度で販売されている。

まとめ

宗教上の理由から美容に対しても配慮が必要なムスリム女性にとってマレーシアのローカルなサロンこそが必要です。またそうした背景をもつ女性に対するサービスなどもこれから増えていくといいですね。

関連記事

  1. Malaysia-school

    【グローバル化を意識】マレーシアの学校業界

  2. malaysia-building

    【第四次産業革命にむけて】マレーシアの建設業界

  3. 【高まる美への関心】フィリピンの美容・エステ・ヘアカット業界

  4. malaysia-shipping

    【キーワードは業務提携】マレーシアの海運業界

  5. malaysia-trainbus

    【今後どう発展するか】マレーシアの鉄道・バス業界

  6. malaysia-warehouse

    【新倉庫建設】マレーシアの倉庫業界

  7. malaysia-medicine-manufacture

    【海外製品に勝てるのか】マレーシアの製薬・バイオテクノロジー業界

  8. malasya-wholesale

    【政治的背景の影響とは】マレーシア食品卸業界の最新動向

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP