【国内需要に応える】タイのバイク業界

タイのバイクの輸出台数を見てみると、直近の2019年2月、3月は、ここ5年で最高値の2015年始めを上回る台数を記録しており、右肩上がりの傾向が伺えます。

今回は、そんなタイのバイク業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

日本進出!?タイ産バイクメーカーGPXの戦略

2019年1月5日の発表によると、タイのバイクメーカーGPXは海外戦略の一つとして日本への輸出販売を開始した。これまでマレーシアやインドネシアなどの東南アジアを中心に販路を拡大してきたが、2018年10月に日本総代理店GPXジャパンを設立し、2019年より日本での輸入販売をスタートする。

GPXは現在バイクメーカーとなっているが、もともとバギーやオフロードバイクの製造を行っていた。2015年ごろからバイクのラインアップを拡充し、現在はタイ国内における販売台数がホンダ、ヤマハに次いで第3位となっている。

GPXジャパンは、日本でLEGEND150S、Gentleman200、DEMON150GRの3モデルの販売を開始する。GPXは全モデルがタイのGPXの工場で生産、研究および開発される。

EVバイク、まずはインフラ開発から

2019年6月11日の発表によると、HONDAのタイ事業を行っているAP Honda Co.,Ltd.は世界に先立って電動バイクPCX Electricの製品発表を行った。電池の充電ステーション設置などのインフラ準備のために販売には至っていない。

AP Honda Co.,Ltd.はKing Mongkut’s University(KMUTT)と共同でユーザーの行動調査を開始し、タイのユーザーにより相応しい仕様やインフラ形式、充電ステーションに関連したアプリケーション開発を行う。

KMUTT大学は、環境保全に加えエネルギー効率と持続可能性の研究に注力し、戦略的計画「KMUTT:Sustainable University for Sustainable Development Goals(SDGs)2030」も標榜しており、電動バイクの普及を目指している。

Thailand-motorbike

売上好調、限定車も発売! ROYAL ENFIELD

2019年8月9日、インドのバイクメーカー、ROYAL ENFIELDは限定モデル「Royal Enfield Bullet Trials Works Replica 500 」をタイ市場向けに投入すると発表した。タイ国内への割り当ては210台のみの販売となる。

Royal Enfield Bullet Trials Works Replica 500の排気量は499ccで予約のみの販売となり、売価は19万1,500バーツとなる。Royal Enfield Bulletは1932年に生産が始まったモデルで、世界で最も長く生産されている二輪モデルという。

ROYAL ENFIELDのタイにおける今年1~7月の販売台数は前年同期比25%増の1,207台となり、年内に2,500台の販売目標を持つ。2016年の進出以来売り上げ台数が大きくなり、限定車を投入する流れとなった。

タイにバイク用タイヤ工場を建設、Continental

2019年7月17日の発表によると、自動車部品大手の独Continentalはタイ中部のラヨーン県にオートバイ用タイヤ工場を建設する。欧州、米国、アジア、南米で需要の拡大が続いていることから、グローバルレベルでの生産量増加を目指しタイへ工場建設を行う。

工場建設のための投資額は2600万ユーロとなり、2021年の操業を目指す。Continentalは2019年3月に自動車用タイヤ工場を同じくタイのラヨーンに建設し、さらにバイク用タイヤ工場はすぐ近くに併設される。

ラヨーン工場では新たに100以上の製品が生産される予定となり、主にアジア各地へ発送される主な製品はラジアルタイヤとなる。通常価格、低価格帯製品の生産が行われる予定。

まとめ

タイでは、バイクの生産台数の約8割が国内で消費されており、バイクは国民の足になっています。そんな中、同国のバイク業界は今後も多くのビジネスチャンスを見つけられるのではないでしょうか。

関連記事

  1. philippines-landtransport

    【流通システムの円滑化】成長が続くフィリピンの陸運業界

  2. thai-human-resource

    【働き方の変化】タイの人材サービス業界

  3. thai-telecommunications

    【ネットワーク回線の発展】タイの通信業界

  4. 【スマートエネルギーの活用へ】台湾のバイク業界

  5. vietnam-airshipping

    【国際路線の新規開拓】ベトナムの空運業界

  6. thai-taxi-taxiapp

    【トラブル回避のために】タイのタクシー・配車アプリ業界

  7. philippines-airshipping

    【旅客向けのサービス改善】中国の空運業界

  8. thai-salon

    【医療観光の促進化】タイの最新美容スパ・サロン事情

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. indonesia-supermarket
PAGE TOP