【中国企業の海外進出による需要の増加】中国の広告業界

china-advertisement

近年になって中国企業の海外進出は爆発的に増えており、これに伴い中国ブランドの広告支援のニーズが増えている。これらのニーズに応えるべく、他社との提携を結ぶなど事業の強化を図っている。

今回は、そんな中国の広告業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国の広告業界 業界地図はこちら!
お役立ち資料をダウンロードする

2020年 中国の広告(エンタメ・IT・個人サービス)業界

中国の藍標伝媒、DSPの米トレードデスクと提携〜広告業界動向〜

2019年10月14日の発表によると、デジタルを活用する広告代理店、藍標伝媒(BlueFocus)は、グローバル広告テクノロジー企業の米トレードデスクと中国におけるパートーナーシップ関係を築き、中国ブランドの海外でのマーケティングを支援する。

藍標伝媒のCEOによれば、ゲームや電子商取引をはじめ、中国企業が海外市場に打って出る動きは爆発的に広まっており、これらの企業を支援するため、DSPプラットフォーム企業であるトレードデスクと連携する。DSP(Demand Side Platform)とは、広告主の広告効果最大化のためのプラットフォームである。

中国市場において、DSP広告は、初期の神格化やその後の批判を経て、現在はその利用価値とアプリケーションが理性的にとらえられる段階にきているという。両社は、テクノロジーの優位性を用いて、海外に進出する中国企業の広告ソリューションを担っていくとしている。

出典:http://www.bluefocusgroup.com/xwzx/zpp/205.html

4年連続!広告業界で中国最高ランクの企業は?

2019年3月4日の発表によると、中視金橋国際伝媒体集団傘下の広告代理店である中視金橋は、中国国営放送の中央電視台(CCTV)による、広告代理店の信用評価大会(北京開催)において、最高ランクであるAAAA評価を獲得した。これは4回連続の最高評価の獲得である。CCTVによる批評のうち、AAAA評価を得た企業は26社、AAA評価を得た企業は24社であった。

CCTVは、2016年より独自に広告代理店を評価するシステムを構築している。中視金橋は、連続してAAAA評価を獲得している。また、以前には、10年続けて「CCTVのTop10優秀広告代理店」に選出された経験をもつ。

中視金橋は、テレビ、インターネット、モバイルインターネットの三つを活用したマーケティング事業を展開しており、全世界で3000あまりの企業を顧客に持つ。

出典:http://www.cctvgb.com.cn/Views/xwzx-detail.html?id=201

china-advertisement

博報堂、中国の省広集団と戦略的パートナーシップ締結〜広告業界動向〜

博報堂は、中国市場での競争力を高め、事業を強化するため、広東省広告集団股份有限公司(GIMC、通称省広集団)と戦略的パートナーシップを締結した。省広集団は、中国広告業界において、深セン証券取引の上場企業として、はじめて中国政府の認可を得ている広告企業である。

両社の協業に関しては、2004年の合弁会社設立から始まる。その後2006年、2018年にも相次いで合弁企業を設立しており、一貫して良好な協力関係であった。

両社は今回の戦略提携を通じて、伝統的/デジタルメディア、ブランディング、スポーツ活動、ネットワークなどの領域において、協業の深化と合弁企業の提案能力の強化を行う。GIMCは、博報堂の中国事業にとっての最重要戦略パートナーとなる。

出典:https://www.hakuhodo.cn/news/hakuhodo-and-gimc-ink-strategic-partnership-agreement.html

電通の中国事業担う広州電通、広汽集団と契約〜広告業界動向〜

電通の中国事業を手がける北京電通の分社である広州電通は、国有自動車メーカー、広汽集団の2019・2020年度のブランド戦略およびマーケティングの代業業務を獲得した。コンペティションの結果、広州電通の高いプロフェッショナリティと卓越した提案力が評価され、今回の契約に至った。

広州電通は2017年から広汽集団の広告代理事業を手掛けており、2019年6月12日に大阪で行われたプロモーション活動が大変優れているとして、広州人民政府傘下の新聞や広汽集団の経営陣から高い評価を得ていた。

広汽集団(広州汽車集団股份有限公司)は、従業員9.5万人の大手国有自動車メーカーであり、フォーチューングローバル500位中、202位にランクインした有力企業。中国において、日本のトヨタ自動車や三菱自動車と合弁事業を手掛けている。

出典:http://www.beijing-dentsu.com.cn/post_1445.html

広告業界で世界最大手のWPP、中国の電子商取引に関する調査結果を発表

2019年11月、広告代理店世界最大手のWPPは、中国の電子商取引のマーケティングに関するリサーチを公表した。ソーシャル性を高めたソーシャルECが、EC業界の次なる成長を促すとハイライトしている。破壊的なモデルともいえるソーシャルECは、オピニオンリーダーの存在やSNSの活動などによって、さらなる広がりを見せている。

2019年のソーシャルEC市場は、ユーザー数が前年比60%増の4800万人、市場規模では2万億元にものぼる、大規模かつ高成長な市場になった。ブランドが消費者に訴求する経路としては、従来の伝統的なものよりも、ソーシャルを通じた繋がりがますます大事になってきている。

WPPチャイナでは、H&M、ケンタッキー、MAC、ディオール、オレオなどに広域的なブランディング・マーケティングソリューションを提供しており、独身の日などの重要イベントでは力強い売上成長を実現している。

出典:https://www.wpp.com/news/2019/11/Social-commerce-on-the-rise-to-become-the-next-disruptive-force-in-China-CN

まとめ:中国の広告業界

日本の2大広告代理店も中国での競争力を高めるため国内企業とパートナーシップを結ぶなど、中国市場への力を入れてることが分かります。広告代理店は最適な国内企業のパートナーを見つけ、国内市場を正確に把握することが重要と言えるでしょう。

中国の広告業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. singapore advertisement

    【デジタル広告に注目】台湾の広告業界

  2. china-electricity-gas

    【順調な市場の拡大】中国の電力・ガス業界

  3. indonesia-media

    【マーケティング力の重要性】インドネシアの放送・全国紙・出版業界

  4. china-eatingout

    【外食産業が活発】中国の外食・中食業界

  5. china-motorbike

    【積極的な戦略的提携】中国のバイク業界

  6. indonesia-hotel

    【多くの観光客獲得なるか】インドネシアのホテル業界

  7. thai-telecommunications

    【ネットワーク回線の発展】タイの携帯電話事業者業界

  8. china-banks

    【銀行業務のデジタル化が止まらない】中国の銀行業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. singapore-toiletries
  5. malasya-fashion
PAGE TOP