【スタバを凌いで急成長するコーヒー店の登場】中国のカフェ業界

中国では最近になってカフェ業界に新たなユニコーン企業が生まれ、業界順位が入れ変わろうとしています。

今回は、そんな中国のカフェ業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019年、ナスダック最大のアジア企業となったのは

2019年5月17日、中国のコーヒーチェーン店Luckincoffee(瑞幸咖啡)は、ナスダック証券取引所に上場し、総額6億9500万ドルを調達。時価総額は42億5000万ドルで、2019年のナスダックで最大のアジア企業となった。

ナスダックのアジア太平洋地域会長BobMcCooeyは、「Luckin Coffeeはモバイルインターネットテクノロジーにより伝統的なコーヒー業界の現状を打破した。他店との差別化した戦略も強力である。ナスダックファミリーに世界で最も革新的な企業が加わったことを嬉しく思う。」と述べた。

中国で最も急速に成長しているコーヒーチェーンブランドであるLuckinCoffeeは、会社の設立から2年足らずでナスダック上場を果たし世界記録を樹立した。

出典:http://www.luckincoffee.com/tea#media1/

Starbucks、中国での組織構造の調整を発表

2019年5月27日、Starbucksは新たな発展段階に向け、中国のコーヒー業界を今後もリードするように、2019年6月1日より中国での組織構造を調整すると発表した。

新たな組織構造として、元CEOの王静瑛(Belinda Wong)は、Starbucks中国の会長兼CEOに昇進した。同時に、既存のStarbucks中国事業は、「Starbucksリテール」と「デジタルイノベーション」という2つのビジネスユニットに再編成された。

Starbucksインターナショナル・チャネル開発グループの社長、JohnCulverは、「新たな組織構造により、リソースをより柔軟に動員し、短期的なビジネスニーズと長期的な戦略開発のバランスをとることができる。」述べている。また、「イノベーションのペースを加速し、デジタル等の分野でのチャンスをよりよく把握し、今後も勝ち続ける。」と述べた。

出典:https://www.starbucks.com.cn/about/news/organization/

一点点奶茶の宣伝テクニックとは?

一点点奶茶の宣伝テクニックに迫る。宣伝に店のブランド名を大いに利用することを挙げている。ブランドの持っている人気や知名度は加盟店にとって一つの利用できる財産である。ブランドの実力、知名度、これまで得てきた評判、他店舗の繁盛をしている様子を宣伝で使うことは顧客の心をつかむうえで役立つ。

次に、人々に無料で飲んでもらい、口コミマーケティングを構築する。開店前に、周りの人に無料で試し飲みしてもらう。その際、味についての顧客の評価を収集し、顧客に口コミで店の宣伝をしてもらう。

また、個性的なチラシが、顧客を店に引き寄せる。街で配られているチラシは常に同じで割引情報がほとんどである。ほとんどの人はチラシを受け取った後、捨てることが多く、情報を覚えていない。例えばチラシを招待状にしたり、抽選券にして、開場当日に抽選が開催されることを知らせるなど、顧客の注意を引くための工夫が必要である。

出典:http://www.canyina.com/zixun/4302.html/

中信国通とhogoodcoffee、戦略的協力協定締結

2019年10月15日の午後,正大グループ,中信国通、および輸出入銀行雲南支店、輸出入銀行本店の数多くのリーダーがhogoodcoffeeの工場を訪問した。その後、hogoodcoffeeの会議室で連携の事項についての議論が行われた。

中信国通社長とhogoodcoffeeの創設者はターミナル製品の販売チャネルの拡大とコーヒーの大量取引を安定させるための戦略的協力協定を締結した。

今回の連携を通し、中信和正大グループのリソースチャネルとプラットフォームを使用する。

出典:http://www.hogoodcoffee.com/view/hgkfPC/1/56/view/968.html

雲南(国際)コーヒー取引センター、今後どうなる?

プーアル市(普洱市)思茅区に位置する雲南(国際)コーヒートレーディングセンターは、アジアで最もプロフェッショナルな品質検査センター、カップ品質センター、トレーニングセンターを設立した。

最新の電子情報技術が使用される、オークション、決済、倉庫保管、ロジスティクスファイナンスなどのサービスがあり、「ワンストップ」取引一体化サービスを実現している。

取引センターは、中国国内、香港、マカオ、台湾地域、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの消費者市場の主要な取引プラットフォームとなり、中国市場に参入するグローバルなコーヒー生産地域の重要なチャネルとなる。

出典:http://www.mofcom.gov.cn/article/resume/n/201909/20190902899753.shtml

まとめ

カフェの店舗数はここ数年間で急増しており、毎年15%前後のスピードで市場が成長しています。特にLuckincoffee が大本命と言われる中、Starbucksなどの古参起業も組織改革やマーケティングの見直しなど各社必死に対策に出ています。

中国に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 中国におけるビジネス事情 ・中国は世界第2位の経済大国 ・中国の外資規制は緩和傾向にある ・中国の就労ビザは3つのランクがある ・中国のカントリーリスク ・最も注目すべき中国の「一帯一路」政策 ・今後の製造分野におけるロードマップ「中国製造2025」 Ⅱ 中国の業界トレンド ・中国の食の最新トレンド ・中国の製造業におけるビジネスチャンスとは? ・最近の中国における医療・介護分野の動向 ・中国の教育分野では通信教育がトレンド Ⅲ 中国でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


中国への進出状況 *




関連記事

  1. indonesia-food

    【加工物の多様化】インドネシア食品業界の最新動向

  2. malaysia-law-firm

    【産学連携などにより法律サービスを更なる高みへ】中国の法律事務所業界

  3. thai-fastfood

    【気軽さの中にも様々な配慮を】台湾のファストフード業界

  4. vietnam-cafe

    【需要拡大が見込まれる】ベトナムのカフェ業界

  5. indonesia-shipping

    【エネルギー会社との提携】中国の海運業界

  6. philippines-beverages

    【積極的な環境保護活動】台湾の飲料業界

  7. indonesia-wholesale

    【国内ブランド積極的な動き】インドネシア食品卸業界の最新動向

  8. 【地域による供給格差の改善】中国の水業界

PAGE TOP