【Alibabaの躍進は止まらない】中国のネット通販業界

indonesia-ec

中国のアマゾンと言われるAlibabaはいまや世界でも有数のECサイトになり、中国市場を席捲しています。しかし、そんなAlibabaに対抗するべく他の通販会社も様々な方針を打ち出しています。

今回は、そんな中国のネット通販業界焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019年のダブル11、268.4億人民元の総商品量達成

Alibaba Group Holding Limitedは、2019年11月11日に行われたグローバルショッピングフェスティバルにて、268.4億人民元(384億米ドル)の総商品量(GMV)を達成したと発表した。2018年度より26%増加している。

「ダブル11」といわれるこのショッピングフェスティバルは2009年、オンラインショッピングの価値についての認識を高めるためのバイヤーと消費者向けのイベントとして始まった。

2019年には200,000以上のブランドが参加した。また、このイベントにむけ約100万の新製品が発売され、配達注文処理数は13億件にのぼった。総商品量(GMV)では299ブランドが1億元(1430万米ドル)を超え、そのうち15ブランドが10億元(1億4300万米ドル)を超えた。

出典:https://www.alibabagroup.com/en/news/article?news=p191112

農村部の貧困緩和に貢献!拼多多のビジネスとは

2018年5月に導入されたDuoDuoOrchardは、消費者が拼多多で買い物をする際の交流促進を目的とする、非常に人気のサービスである。アプリ内で仮想マンゴーの木を育て、成熟したら、本物のマンゴーが無料で自宅に届く。これらは、拼多多が地元の農家から購入したマンゴーだ。

ゲームの導入から1か月後、毎日200万本近くの新しいバーチャルツリーが植えられ、拼多多は毎日500,000キログラムを超える果物を配達した。これは消費者だけでなく農村部の生産者にも利益をもたらした。

AIを活用して果物の需要を予測し、情報を生産者と共有することで確実な収穫が可能になる。栽培者は安定した収入を得ており、拼多多は中国の農村部の貧困緩和に貢献している。

出典:http://investor.pinduoduo.com/index.php/corporate-blog/duo-duo-orchard-brings-fun-mobile-shopping

過去最大のオフラインストアをオープン、 JD.COM

2019年11月11日、JD.COMは重慶に50,000平方メートル規模のオフラインストア「JD E-SPACE」をオープンする。同店舗では、電子機器、家電製品から健康、フィットネス、美容製品、事務用品などのカテゴリで人気のベストセラー商品を提供する。店舗で直接製品に触れてテストし、オンラインで手間をかけずに購入できる。

超高速5Gネットワークを提供する国内唯一の主要店舗となるため、これまでにない接続速度で新しいテクノロジーを試すことができる。店舗には、即時注文できるQRコード、顧客を案内して製品を紹介するロボットも備えている。

製品を試した後、コードをスキャンして購入し、24時間以内に商品を自宅に届けたり、在庫品をその場で持ち帰ることもできる。

出典:https://jdcorporateblog.com/jd-com-opens-its-largest-offline-store-to-date-and-in-western-china/

アリババ内にNET-A-PORTERオープン

アリババのTmallLuxury Pavilion内に、NET-A-PORTERのフラッグシップストアがオープンした。

この立ち上げは、世界有数のオンラインラグジュアリーおよびファッション小売業者であるYOOX NET-A-PORTER GROUPと、世界最大のオンラインおよび小売商社であるAlibaba Groupの間に設立された合弁会社(FENG MAO风茂)の運営開始を意味する。

TmallFashion and LuxuryのゼネラルマネージャーであるJessica Liuは次のように述べている。「中国の消費者は世界の高級市場の原動力だ。NET-A-PORTERフラッグシップストアの立ち上げにより、国際的な高級品に対する中国消費者の継続的なニーズを満たし、国内6億700万人以上いるアリババのカスタマーに届くよう支援する。」

出典:https://www.alibabagroup.com/en/news/article?news=p190930

Vipshop、SF Holdingsとビジネス協力を発表

ネット通販会社VipshopHoldings Limitedは、物流会社SF Holdingsとのビジネス協力を発表した。Vipshop社は運営していた配送事業を中止し、SF Holdings社に配送サービスを提供する。さらに業務の移行がスムーズに行われるよう密接に連携する。

「この業務提携を通じて、物流業務の効率を最適化、費用を削減し、大切なお客様に優れたサービスを提供することを目指しています。」とVipshopの会長兼最高経営責任者は述べている。

VipshopHoldings Limitedは、2008年8月に設立されたブランドの大手オンライン割引小売業者。高品質で人気のあるブランド製品を、中国小売価格から大幅な割引で提供している。

出典:http://ir.vip.com/news-releases/news-release-details/vipshop-announces-business-cooperation-sf-holding

まとめ

ECサイトを運営している会社がデジタル技術を活かしたオフラインショップを開いたり、買い物にゲームを導入するなどそれぞれの強みを活かした施策をとっています。ただ依然としてAlibabaの勢いは止まりません。中国市場で成功するには商品を売るだけではなく、自社の強みを活かしたオリジナリティ溢れる戦略が必要になるのでしょう。

中国に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 中国におけるビジネス事情 ・中国は世界第2位の経済大国 ・中国の外資規制は緩和傾向にある ・中国の就労ビザは3つのランクがある ・中国のカントリーリスク ・最も注目すべき中国の「一帯一路」政策 ・今後の製造分野におけるロードマップ「中国製造2025」 Ⅱ 中国の業界トレンド ・中国の食の最新トレンド ・中国の製造業におけるビジネスチャンスとは? ・最近の中国における医療・介護分野の動向 ・中国の教育分野では通信教育がトレンド Ⅲ 中国でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


中国への進出状況 *




関連記事

  1. 【テック系不動産仲介の上場】中国の不動産仲介業界

  2. philippines-electronic-commerce

    【伸びしろに期待】フィリピンの家電量販店業界

  3. thai-drugstore

    【日本式スーパードラッグストア】タイのドラッグストア業界

  4. 【安定した財務状況】中国の不動産デベロッパー業界

  5. malasya-electronics

    【ECで利便性向上】マレーシアの家電量販店業界

  6. malasya-fashion

    【海外ブランド多数進出!】マレーシアのファッション業界

  7. Singapore‐shopping

    【最新統計と企業動向からみる】シンガポールのファッション業界

  8. philippine-shoppingmall

    【新規開拓に挑む】フィリピンの百貨店・ショッピングモール業界

PAGE TOP