【消費者はアスリートから外国人まで】中国の加工食品業界

近年になって加工食品会社は多くの海外企業の買収などを行い、中国製品の販路拡大を狙っています。

今回は、そんな中国の加工食品業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

COFCO、訓練局と提携!アスリートへ提供

COFCOグループの3つの主要ブランドは、中国スポーツ総局の訓練局と契約を結び、「ナショナルチームアスリート準備保証製品」および「スポーツおよび訓練局のスポンサー」となった。

3ブランドは安全で高品質な食用油、新鮮な豚肉および肉製品、茶製品を、同局に駐在する代表チーム選手に提供する。

中国スポーツ総局の訓練局からは、多くの有名なアスリートが生まれている。オリンピック金メダルの74%を獲得したチームもある。中国競技スポーツの発祥地であり、中国オリンピック軍団の本拠地である。13のナショナルチームは、ダイビング、体操、重量挙げ、卓球、バドミントン、バスケットボール、バレーボール、陸上競技、水泳、フラワーゲームなど10のプログラムでトレーニングしている。

出典:http://www.cofco.com/cn/News/Allnews/Latest/2019/0809/47926.html

萬洲國際、ポーランドの買収を完了

世界最大の豚肉食品会社「萬洲國際有限公司」は、ポーランドの豚肉加工業者「PiniPolonia」の株を66.5%取得し、PiniPolonia社は萬洲國際有限公司の完全所有子会社になった。

萬洲國際の会長兼最高経営責任者であるバンドン氏は以下のように述べている。

「PiniPoloniaはポーランド内で豚の生産量が最も多い地域に戦略的に位置しています。この買収は、当社の戦略的開発計画と一致しており、会社の業績改善に役立つと強く信じています。これによりヨーロッパおよびグローバル市場での競争力を高め、萬洲國際のグローバル市場でのリーダーシップを強化および拡大します。」

出典:http://media-whgroup.todayir.com/201905301045591735188496_tc.pdf

伊利(Yili)の主力ブランド、東南アジアへ

2019年9月18日、伊利(Yili)はシンガポールでサブブランド「安慕希(Anrixi)」のヨーグルト製品を発売した。

これは、東南アジアをターゲットにする製品であり、「オリジナル」、「ブルーベリー」、「イチゴ」、「ピーチ・オートミール」、「マンゴー・パッションフルーツ」の5つの味をカバーしている。さらに、YiliはF1選手のAlfa Romeo氏との協力も発表した。

Yiliは、東南アジア市場に投資を増やし続けている。2018年に行ったJoydayシリーズのインドネシアにおける販売と、タイ最大のアイスクリーム会社であるChomthanaの買収の取り組みを踏まえ、今回、Anrixiはシンガポール、ミャンマー、ベトナムの市場に参入し、2019年後半に東南アジアの他の国々に上場する予定である。

出典:http://www.yili.com/cms/rest/reception/articles/show?id=2480

明治、天津に乳製品会社を新設

中国での事業を拡大するため、明治は2019年9月17日に天津に「明治乳業(天津)有限公司」を設立した。総投資額は約3億ドルで、主に牛乳とチーズの生産と販売を行っている。

これは中国北部に初めて設立された明治乳製品工場であり、2020年3月に建設を開始し、2022年度下期に生産開始する予定である。

現在、明治は中国東部の蘇州に乳製品生産子会社を持っているが、乳製品は鮮度を保った長距離輸送が難題であり、中国での販売エリアを拡大するために中国北部に工場を新設する必要があると言われる。

出典:https://www.meiji.com/news/detail/pdf/2019/190917_01.pdf

ネスレ、スペインの食品会社と合弁会社を設立

2019年12月24日の発表によると、ネスレは、Hertaの株式のうち60%をCasaTarradellasに売却することに合意し、CasaTarradellasとの合弁会社を設立した。(Hertaはネスレ社の調理済み肉加工品のブランド、CasaTarradellasはスペインの食品会社)

ネスレは、植物ベースの製品を積極的に開発するという同社の目標に沿った、既存のベジタリアンビジネスを維持および拡大する。同社は現在、ヨーロッパや米国で植物ベースの製品を多数提供している。

Hertaの調理および生地事業の2018年の売上高は6億6700万ユーロで、評価額は6億9千万ユーロであった。合弁会社はスペインで設立される。その事業は、フランス、ドイツ、ベルギー、英国でHertaが設立した現地企業によって引き続き管理される。

出典:https://www.nestle.com.cn/media/pressreleases/20191224-nestle-to-sell-60-stake-of-herta-and-create-a-joint-venture-with-casa-tarradellas

まとめ

販路拡大を狙った外国進出のみならず、アスリートへの提供や鮮度を意識した工場設立など国内需要を意識したクオリティーの改善に努めています。このように中国人の生活レベルが改善される中で品質を意識した生産が成功のカギかもしれません。

中国に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 中国におけるビジネス事情 ・中国は世界第2位の経済大国 ・中国の外資規制は緩和傾向にある ・中国の就労ビザは3つのランクがある ・中国のカントリーリスク ・最も注目すべき中国の「一帯一路」政策 ・今後の製造分野におけるロードマップ「中国製造2025」 Ⅱ 中国の業界トレンド ・中国の食の最新トレンド ・中国の製造業におけるビジネスチャンスとは? ・最近の中国における医療・介護分野の動向 ・中国の教育分野では通信教育がトレンド Ⅲ 中国でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


中国への進出状況 *




関連記事

  1. thailand-beverage

    【最新テクノロジーとのコラボレーション】中国の飲料業界

  2. singapore-stock-market

    【流行は長期投資へ】中国の証券業界

  3. philippines-beverages

    【積極的な環境保護活動】台湾の飲料業界

  4. vietnam-elecricity-gus

    【順調な市場の拡大】中国の電気・ガス業界

  5. vietnam-fastfood

    【国民食との融合】ベトナムのファストフード業界

  6. 【デジタルを活用した業務の効率化が話題】中国の人材サービス業界

  7. malaysia-food

    【多忙なライフスタイルの好影響】マレーシアの加工食品業界

  8. 【中国郵政との戦略的提携】中国の自動車業界

PAGE TOP