【積極的なテクノロジーへの投資】中国の放送・全国紙・出版業界

china-media

中国ではメディアに関する様々な規制があるため、国内メディアの存在が依然として大きいです。そして各社は最新テクノロジーへの投資に積極的で、コンテンツの質の向上を図っています。

今回は、そんな中国の放送・全国紙・出版業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国の放送・全国紙・出版業界 業界地図はこちら!

2021年 中国の放送・全国紙・出版(エンタメ・IT・個人サービス)業界

中国人民網株式会社の2020年第3四半期の業績〜放送・全国紙・出版業界動向〜

世界の10大新聞の一つである「人民日報」が取り上げたニュースを中心とした、大規模な情報交換プラットフォームを運営する人民網株式会社は、2020年第3四半期の業績を発表した。

同期末時点の総資産は約45億元で、前年同期比‐4.66%となった。また、営業収入は約17億元で前年同期比‐4.39%となった。営業活動による純キャッシュフローは前年同期比‐119.82%であったが、主な要因はコロナウイルスの影響によるものだった。

財務費用については前年同期比66.05%増加した。主な原因は前年同時期に同社が受け取った金利収入と為替レートの変動による送金である。

出典:http://static.sse.com.cn//disclosure/listedinfo/announcement/c/2020-10-28/603000_20201028_4.pdf

中国の鳳凰新メディア、収益減でコストカットを実施〜放送・全国紙・出版業界動向〜

1996年に設立した民営企業で、世界トップレベルのクロスプラットフォームを有する鳳凰新メディアは、2020年第4四半期の業績を発表した。

総収益は昨年同期比‐9.5%で、3億6,220万人民元となった。純広告収入は‐7.3%で、3億3,670万元となった。これらはコロナウイルスの影響を受けたことが主な要因である。また、有料コンテンツからの収益は‐46.6%減の1,120万元となった。これはデジタル書物に関する規則の強化によるものと考えられる。

これを受け、第4四半期の総営業費用を前年同期比33.7%削減するコストカットを行った。

出典: https://ir.ifeng.com/static-files/d2b77373-cb62-4545-ab37-7798b3404d50

China-media

中国・上海新華メディア株式会社の今後の戦略〜放送・全国紙・出版業界動向〜

中国の出版発行業界で初めて上場を経験した上海新華メディア株式会社は、2020年度の業績を発表した。

2020年度はコロナウイルスの影響を受け、業界全体の経営成績が下落した。同社の純利益は合計89.62億元で、前年同期比‐6.15%となった。

オンラインコンテンツの充実化により書店業界は大きなダメージを受けているが、同社は市場全体の消費者ではなく周辺住民により高品質なサービス提供することで挽回を図ろうと試みている。

出典:http://www.xhmedia.com/uploads/91965917A1D0B5747488645B911AEA1A.PDF

中国・中央広播電視総台2021年の部門予算を発表〜放送・全国紙・出版業界動向〜

旧中央電視台、中国国際電視台、旧中央人民放送局、旧中国国際放送局が統合して2018年に結成された中央広播電視総台は、2021年の部門予算を発表した。

報告書によると、部門収支総予算は約19憶元で、収入は一般公共予算交付金収入として約15億元、その他の収入として138万元、前年の繰越し額として約4億元となった。

支出は外交支出として約138万元、文化観光とメディア支出として約18億元、衛生健康支出として約53万元、住宅保障支出として約7000万元となった。

出典:http://news.cctv.com/2021bmys/zygbdszt2021bmys.pdf?spm=C56087391389.P33643280863.0.0&file=zygbdszt2021bmys.pdf

Tencent中国、2020年度の業績を発表〜放送・全国紙・出版業界動向〜

中国最大のインターネット総合サービスプロバイダーの1つであるTencentは、2020年度財務報告を発表した。報告書によると、同グループの利益は1,598.47億元で、前年同期比71%増となった。

ウィーチャットは、過去10年間で12億人を超えるユーザーのデジタルニーズを満たすサービスへと進化している。毎日4億人がミニプラグを利用しており、この取引額は前年比2倍になった。

有料付加価値サービスのアカウント数は、前年同期比22%増の2億1900万件となった。

出典: https://static.www.tencent.com/uploads/2021/04/08/27ed851251241c67fc697a18d7d8dc88.pdf

中国の放送・全国紙・出版業界 業界地図はこちら!

2020年 中国の放送・全国紙・出版(エンタメ・IT・個人サービス)業界

中国で放送・全国紙・出版業界大手の爱奇艺、VRの分野へ億元級の投資を実行

2019年11月12日の発表によると、重慶愛奇芸智能科技有限公司(以下、「愛奇芸智能」)は5G業界へ億元級の投資をすることを決定した。資金は技術製品の研究開発やマーケティング等に使用され、愛奇芸のコンテンツ、技術、ユーザーなどの方面で長年の蓄積を融合させ、愛奇芸智能のVR/AR分野での優位性を強化し、国内VR/AR市場の急速な発展を推進する。

愛奇芸知能CEOの熊文氏は、「VR/ARの発展の核心は技術開発が業界とユーザーの需要を完璧に解決するかどうかにある。5G、AIを中心とする先端技術は、娯楽産業の持続的な発展のエンジン部分であり、VR/AR業界により多くの可能性を提供している。」とコメント。

愛奇芸は2017年からVR/AR産業に進出し、仮想現実の「ハードウェア+コンテンツ」形態を探求している。「VR+」の多様な形態表現を探求し、産業空間の拡大を目指している。

出典: http://www.iqiyi.com/common/20191115/950c5237298ef901.html/

中国インターネット企業100強:マンゴーがTVトップ20に〜放送・全国紙・出版業界動向〜

8月14日、中国インターネット協会は『2019年中国インターネット企業100強ランキング』を発表した。マンゴーTVは湖南広電傘下でメディアの融合を推進する実践者として、今回の100強リストの中で全国20位となり、5年連続で中国のインターネット企業トップ100を獲得した。

同社は3年間で、100強企業の中でのランキングが飛躍的に向上し、動画プラットフォームの総合実力者として業界に認められた。また、マンゴーTVは、社会的責任を持って社会の価値を創造し、価値がある新しい主流メディアになるよう努力することを宣言した。

マンゴーTVは広電傘下の中でユーザー規模が最も大きく、ランキング最上位の新メディア、オンライン動画サービスプラットフォームである。

出典:http://corp.mgtv.com/a/20190830/1632058454.html

china-media

中国で放送・全国紙・出版業界大手のCCTV、局長が強調していることとは?

CCTV局長慎海雄は、習近平総書記による「新時代の中国の特色ある社会主義」に基づき、「一国二制度」に関する論述を深く学習し、習近平総書記のCCTVに対する指示を確実に実行する必要があると強調した。具体的には以下のとおり。

一つ目は、中央当局の声や国家戦略、そして一国二制度の事業成果を広東‐香港‐マカオ地域の聴衆にタイムリーに広げること、二つ目は、この地域のメディアエコロジーを意識して若い視聴者をターゲットにし、コミュニケーションと統合を強化することである。

三つめは新しいメディアに焦点を当てること。中央局としてのアドバンテージリソースを生かしてこの地域での新しいインフルエンサーを育成し、グラフィック、オーディオ、ビデオなどの多様なオールメディアサービスをユーザーに提供することである。

出典:http://www.cctv.cn/2019/09/06/ARTI5BAPr3n8qJcZ4AqrmmSB190906.shtml

中国のTencet Film、映画・テレビ番組のリリース発表〜放送・全国紙・出版業界動向〜

2019年6月17日の発表によると、Tencent Filmが合計34に及ぶ映画及びテレビ番組のリリースを発表した。記者会見では、同時に猫眼娯楽、江蘇広電集団などの企業とのコレボレーションや新人育成計画などについて発表し、700名あまりの監督や業界パートナーが参加した。

Tencentグループ最高執行責任者任宇昕はオープニングスピーチで、「Tencentグループはこの数年来、映像分野への投資を増やしており、今後も投資を続けて、中国の物語で世界的な影響力をもつ文化的シンボルを創造したい」と述べた。

Tencentグループ副社長兼TencentFilmCEO呉程は、「中国の映画及びテレビ業界はこの10年の急速な発展を経て理性を取り戻し、コンテンツ至上主義に回帰した。Tencentfilmは今後もより豊かな感情、温かい心をユーザーに提供していきたい」と述べた。

出典:https://www.tencent.com/zh-cn/articles/2200922.html

放送・全国紙・出版業界大手の上海广播电视台、中国で世界人工知能大会を主催

上海で行われた2019年の世界人工知能会議は、中国および世界での人工知能開発と応用のための「上海ソリューション」を提供することを目的として、業界トップの科学者、専門家、起業家が世界各国から集まり、活発な議論と情報の交換を行った。

メインフォーラムでは人工知能アルゴリズムを使用して開発された機械翻訳システムを使用し、国内外のゲストのスピーチをリアルタイムで翻訳。同時にLEDスクリーンに内容を表示することでゲストは同時翻訳ヘッドセットを装着する必要がなくなった。

また、会議サイトにホログラフィックバーチャルスタジオを構築したが、これは人工知能とホログラフィックテクノロジーを統合した国内初のシステムである。これにより、対面しているかのようなリアルでスムーズなビデオ通信が可能となった。

出典:https://www.smg.cn/review/201908/0164438.html

まとめ:中国の放送・全国紙・出版業界

国内メディアは5GやAIなどの最新テクノロジーに積極的に投資をするなど、世界の最先端に向けて独自のルートをたどっています。一方で外資メディアに対しては厳しいコンテンツ規制があるなど、独自のメディアを発信するには少し高いハードルかもしれません。

中国の放送・全国紙・出版業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. vietnam-media

    【テレビ業界の多角化】ベトナムの放送・全国紙・出版業界

  2. china-food-wholesale

    【外国企業との連携が強まる】中国の食品卸業界

  3. thai-media

    【デジタルメディア領域の事業拡大】台湾の放送・全国紙・出版業界

  4. taiwan-hotels

    【人気急上昇中!】台湾のホテル業界最新事情

  5. malaysia-telecommunications

    【通信速度世界基準超え】マレーシアの携帯電話事業者業界

  6. china-insurance

    【個人によるリスク回避】中国の保険業界

  7. china-medical devices

    【成長する国内メーカー】中国の医療機器業界

  8. china-telecommunication

    【6Gの開発へ早くも着手】中国の携帯電話事業者業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP