【外国企業との連携が強まる】中国の食品卸業界

食品卸会社では日本をはじめとする各国の食品メーカーと連携を結び、より顧客のニーズに応える動きが強まっています。

今回は、そんな中国の食品卸業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

水産卸大手の湛江国聯水産開発の戦略

深セン証券取引所に上場する湛江国聯水産開発股不份有限公司は、事業の状況を総合的に記した2019年中間報告書を公表した。同社は、エビをはじめとした水産品の生産、加工、流通・卸を一貫して手掛ける水産企業。同社の卸売戦略は、大規模なスーパーマーケットやレストランなど従来型の顧客の深耕をするとともに、ECなどの新たな顧客の獲得を目指すとしている。

永旺や京東(JD)向けの新規開拓や、旺盛な消費者の需要を背景に、2019年第二四半期累計の売上高は、前年同期比で13.75%増となった。

個別品目のハイライトとして、最大手スーパー永輝向けの食用ザリガニの売上高は1200億元にものぼり、ザリガニ卸売事業全体の売上高では、1013億元を記録するなど、1000億元の大台を超える事業に成長した。

出典:http://www.guolian.cn/upload/2019-10/2019101470473657.pdf

良友集団と江西省、食用油の生産・販売で提携

2019年11月6日の発表によると、上海で最大規模の穀物取り扱いを手がける良友集団と、高品質な食糧油の生産地帯である江西省は、旺盛な上海の需要に応えるべく、生産・販売を協同して進めていくことに合意した。

このパートナーシップは国の農村振興政策の一環という位置付けでもあり、良友集団が豊富にもつ流通ルートを通じて、農村地域の優れた製品を一大需要地である上海に提供することを目的としている。長期にわたるパートナーシップは、国家の食糧安全保障に資することになると強調している。

良友集団は、上海市政府が所有する国有食品流通企業であり、同じく上海市傘下の光明食品の子会社である。同社は今回のパートナーシップを、上海市への食用油の安定供給のみならず、長江流域における一帯一路戦略の推進につなげたいと考えている。

出典:https://brightfood.com/default/detail?id=44498

四洲集団、第二四半期の業績は?

四洲集団は、食品代理業務が中核であり、日本をはじめとした世界各地の食品を輸入し、レストラン、スーパーマーケット、コンビニ、航空会社に卸している。取り扱い商品は、スナック菓子、粉ミルク、アイスクリーム、即席麺、ソーセージなど多岐にわたる。

2019年第二四半期のハイライトとして、香港市場において、日本のアイスクリームのプロモーションに注力をしたことを挙げている。明治、LOTTE、井村屋、沖縄特産のブルーシールなど著名ブランド商品の卸売りの取り扱いを強化している。

売上高は前年同期比1%の増収で、15億香港ドルであった。地域別構成比では、香港向けの売上が65%、中国大陸向けの売り上げが35%を占めた。今後は、日本のスナック菓子及びキャンディーの取り扱いを強化するとしている。

出典:https://www1.hkexnews.hk/listedco/listconews/sehk/2019/1128/2019112800010_c.pdf

ABInBev中国法人、サッポロビールの独占代理店へ

2019年2月20日、バドワイザーブランドなどを傘下にもつ世界的ビール企業、アンハイザー・ブッシュ・インベブは、サッポロビールと総代理店契約を締結し、中国におけるサッポロビールの取り扱いを開始すると発表した。両社は中国上海で共同記者会見を行った。

世界各地のビールを中国へ輸入し流通させてきたABINVEV中国社のノウハウを用いて、スーパープレミアム市場におけるサッポロビールブランドの地位を確立させると両社は意気込みをみせた。

日本食レストランの人気などを背景に、日本の北海道に起源を持つレジェンドブランドとして認識されているサッポロビールと、中国市場に適応するための戦略を蓄積してきたABInBerV社がパートナーとなることにより、アジアのアルコール消費文化の担い手となることが期待されている。

出典:https://www.ab-inbev.cn/mediaGalleryDetail.php?id=204

中国蒙牛乳業、豪ライオン飲料を買収

2019年11月24日の発表によると、中国乳製品大手の蒙牛乳業は、事業再編を進めているキリンホールディングスより、オーストラリアで乳製品を中心に飲料事業を展開するライオン飲料の全株式を取得するとのこと。

買収額は、600万オーストラリアドルとなり、蒙牛乳業にとっては粉ミルク大手の豪ベラミーズ買収に次ぐ大型買収となる。

蒙牛乳業によれば、今回の買収を通じて、乳飲料、ヨーグルトなどの乳製品の品揃えと強力な流通網を獲得する。ライオン飲料の生乳の調達力や、3万5千名の顧客に製品を提供するための豊富な冷蔵設備を手に入れることで、アジア太平洋でのビジネス展開を強化するとともに、中国国内向けの拡充にもつながるとしている。生乳の調達から流通までビジネスの垂直統合を強化した形となる。

出典:http://www.mengniuir.com/attachment/2019112508080144819076136_tc.pdf

まとめ

外国でも人気のある銘柄の多いビールや乳製品などを輸入する動きが強まる中、穀物などの中国産の材料を都市部の需要のあるところに卸す取り組みが国主体で行われています。今後は食品産業における政府の取り組みなども着眼点として押さえることが重要になるでしょう。

中国に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 中国におけるビジネス事情 ・中国は世界第2位の経済大国 ・中国の外資規制は緩和傾向にある ・中国の就労ビザは3つのランクがある ・中国のカントリーリスク ・最も注目すべき中国の「一帯一路」政策 ・今後の製造分野におけるロードマップ「中国製造2025」 Ⅱ 中国の業界トレンド ・中国の食の最新トレンド ・中国の製造業におけるビジネスチャンスとは? ・最近の中国における医療・介護分野の動向 ・中国の教育分野では通信教育がトレンド Ⅲ 中国でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


中国への進出状況 *




関連記事

  1. thai-beverages

    【健康志向がカギ?】タイ飲料業界の最新トレンド

  2. thailand-construction

    【建設会社と政府系インフラ会社の共同投資】中国の建設業界

  3. 【国内ブランドを世界へ】中国のファッション業界

  4. 【国内ブランドを世界へ】中国の化粧品業界

  5. 【オンライン×医療の時代へ】中国のドラッグストア業界

  6. 【積極的な戦略的提携】中国のバイク業界

  7. indonesia-eatingout

    【飲食市場が熱い!】インドネシアの外食・中食業界

  8. indonesia-food

    【加工物の多様化】インドネシア食品業界の最新動向

PAGE TOP