【デジタル広告に注目】台湾の広告代理店業界

singapore advertisement

いまだ大きな成長を見せるデジタル領域の中で、デジタル広告の需要は特に高まっているという報告があり、各社が様々な調査結果を報告しています。

今回は、そんな台湾の広告代理店業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2019年のデジタルマーケティングのトレンド

DMAエージェンシーグループは、AI、5G、VRを含むデジタルテクノロジーの開発が大きな産業の展望とされている中、近年、台湾のデジタル広告が確実に増加していると指摘した。

デジタルマーケティングのトレンド観測を公開するのは、地元の産業リソースの統合を促進し、健全なメディアシステムを構築するためであると述べている。

トレンドとして「企業はマーケティングのメリットを最大化するために独自のデータプラットフォームを作成する」「オーディオアプリの広告が需要を増す」「メディアおよび広告代理店が様々なサービスを行う」などがあげられた。

出典DMA http://www.dma.org.tw/newsPost/351

動画広告市場の調査結果が公開

2019年7月23日の発表によると、台湾の広告メディアOneAD社が、1800万人の消費者に対して独自調査を行い、その結果が公開された。

消費者は、デスクトップ(ノートPC含む)上では平均して23.7秒間広告を見ており、モバイル上では平均8.8秒という結果だった。広告からクリックにつながる割合は、デスクトップでは0.4%、モバイルでは1.04%であった。男女別クリック率は、女性0.86%、男性0.73%と女性がわずかに多く、年齢別では変化が見られなかった。

OneAD社はAIやビッグデータを利用したブランドオペレーションを得意としている。

出典: https://www.onead.com.tw/uncategorized/%e8%b7%a8%e7%b6%b2%e5%a4%a7%e6%95%b8%e6%93%9a-%e6%b6%88%e8%b2%bb%e8%80%85%e5%bd%b1%e9%9f%b3%e5%bb%a3%e5%91%8a%e8%a1%8c%e7%82%ba%e5%a0%b1%e5%91%8a-powered-onedata/

thai-advertisement

2018年のデジタル広告市場規模、389.66台湾ドル

2019年5月22日、台湾デジタルメディア・マーケティング協会が、2018年のデジタル広告市場についての統計を発表した。市場規模は389.66台湾ドルで、2017年に比べて17.7%増。約390億台湾ドルのうち、SNS上の広告によるものは146.43億台湾ドルと、市場の37.6%を占めた。これは、2017年と比べて21.17%の成長となった。

広告形態別に見ると、ディスプレイ広告が150.8億台湾ドルと38.7%を占め、検索広告の95.11億台湾ドル(24.41%)、動画広告の81.1億台湾ドル(20.79%)が続いた。

広告への業界別の投資金額を見ると、ECサイトが11.87%でトップ、続いてゲームアプリが10.98%、美容関連が10.96%であった。

出典:http://www.dma.org.tw/newsPost/421

台湾電通、上海国際広告賞「金と銅」を受賞

2019年3月12日の発表によると、台湾電通股彬有限公司は上海で行われた国際広告祭で、金賞1つ、銅賞1つの合計2つの賞を受賞した。

金賞を勝ち取った作品は、東和鉄鋼の「最強の愛」というタイトルのドキュメンタリー映像である。ビデオ広告部門でドキュメンタリーゴールドアワードを獲得した。1999年に起こった921大地震で壊れた家の再建にあたる感動作品がSNSで反響を呼んだ。映像が完成するまで3年の月日を費やした大作である。

銅賞はデザイン部門より、動腦雜誌のグラフィックデザインが表彰された。同社は他にも数々の賞を受賞している。また、働きやすい会社として厚生労働省からも表彰されている。

出典:台湾電通https://www.dentsu.com.tw/news_detail.html?id=26

UCグループ、台北101カウントダウンのスポンサーへ

2019年10月30日の発表によると、ユナイテッドコミュニケーショングループは、台北101年のカウントダウンのイベントスポンサーとして参加する。12年間このイベントに参加していて、他にも台湾電通など台湾の大きな広告会社が参加している。

台湾のランドマークである台北101では、2004年からカウントダウンイベントが行われている。年明けと同時に台北101から花火が発射されるというイベントで、毎年多くの人が台北101周辺に集まる。テレビ中継もあり、台湾国内だけでなく観光客にも人気のあるイベントである。

台北101には普段から大きな広告が映し出されているが、カウントダウンが始まるまでは、特に多くの映像を楽しむことができる。2020年のテーマは「サプライズ」。ユナイテッドコミュニケーショングループは台湾全体を驚かすことのできるようにしたいと述べた。

出典:https://www.ucgroup.com.tw/news_detail.php?nid=61

まとめ

各社が広告に関する市場調査を公開しており、デジタルマーケティングに必要な情報がたくさん収集できます。このように事業会社でも分析が可能になった今、広告代理店には更にハイレベルなバリューが求められるでしょう。

台湾に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 台湾におけるビジネス事情 ・台湾は日本にとってビジネスをしやすい国 ・台湾の外資規制の注意点 ・台湾の就労ビザの最新動向 ・台湾のカントリーリスク ・注目の「5+2産業イノベーション政策」 Ⅱ 台湾の業界トレンド ・台湾のユニークな食トレンド ・台湾の製造業はこの2つの政策に注目すべき ・医療・介護分野にはビジネスチャンスあり ・台湾の高い教育水準とそのトレンド Ⅲ 台湾でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


台湾への進出状況 *




関連記事

  1. malaysia-media

    【積極的なテクノロジーへの投資】中国のメディア業界

  2. philippines-hotel

    【リゾート業が活発化】フィリピンのホテル業界

  3. drugstore

    【高齢者向けの新サービスを開始】台湾のドラッグストア業界

  4. vietnam-tourism

    【新たな観光資源の開拓】ベトナム旅行業界のトレンド

  5. 【持続可能な水資源の提供へ】台湾の水業界

  6. thailand-law-firm

    【IT分野への強さがカギ】台湾の法律事務所業界

  7. singapore-cosmetic

    【法律の大幅改正】台湾の化粧品業界

  8. thai-electronic commerce

    【国内企業の安定した成長】台湾のネット通販業界

PAGE TOP