【最先端の空輸技術】台湾の空運業界

singapore-airshipping

昨年、中華航空が台湾では初となる医薬品低温流通体系の国際認証を取得するなど、空輸技術は世界でもトップクラスであり品質管理が重要となる高価格貨物の運送などが期待されます。

今回は、そんな台湾の空運業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

ICAOへの参加を訴え、台湾の能力と意欲アピール

2019年9月19日、外交部は国際民間航空機関(ICAO)への参加促進と政府の取り組みを発表した。2019年第40回総会がカナダのモントリオールで開催されたが、招待状が届いてないことに対して、政治的干渉を排除し、できるだけ早く民間航空問題に積極的に貢献してきた台湾を受け入れてもらう方法を模索する必要があると発表。

交通部の副大臣は「台湾はICAOに参加する必要性と正当性を持っており、政治を巻き込むべきではない」と述べている。

ICAOへの台湾の参加を呼びかける文書を世界中の主要メディアに提出しており、アメリカ、カナダ、オーストラリアを含む20カ国以上で主流メディアにより発行されている。

出典:https://www.mofa.gov.tw/News_Content_M_2.aspx?n=8742DCE7A2A28761&sms=491D0E5BF5F4BC36&s=21427B075BF94274

ファーイースタン航空の事業停止、観光局対応

2019年12月12日の発表によると、遠東航空(ファーイースタン航空)の運転停止を受け、観光局と旅行産業協会は、ツアーに参加した乗客のキャンセルと払い戻しについて合意した。

遠東航空(ファーイースト航空)は資金繰りの悪化を理由に急遽営業を中止し、従業員に対しても解雇を通達していた。また、営業停止により乗客3,251人に影響が出たと発表している。

観光局と旅行産業協会は影響を受けた乗客3,251人に対して、何らかの処置をとることを発表した。まず出発前の乗客について、一部手数料を除き、航空券の金額を返金。ただし自己申請が必要。出発後、旅行中のフライトキャンセルについては、新たなフライトチケットの金額差額を保証。旅行代理店と消費者で問題が解決できない場合は観光局が対応するとのこと。

出典:https://www.motc.gov.tw/ch/home.jsp?id=14&parentpath=0%2C2&mcustomize=news_view.jsp&dataserno=201912120003&aplistdn=ou=data,ou=news,ou=chinese,ou=ap_root,o=motc,c=tw&toolsflag=Y&imgfolder=img%2Fstandard

台湾初!医薬品低温流通体系の国際認証を取得

2019年4月23日の発表によると、中華航空は台湾で初めて国際航空運送協会による医薬品低温流通体系の国際認証を取得した。世界でこの認証を取得している、わずか17社の一員となった。中華航空は空輸において厳格な基準を設けており、緻密な温度管理が必要な薬品分野においてそのレベルは既に国際基準に達している。

医薬品の安定した運輸の為、国際航空運送協会は独立した医薬運輸認証センターを設立。各航空会社は厳格な管理の元、各医薬品の運送を行い、運送期間や環境の変化による医薬品への影響を最小限に抑えている。

中華航空は世界10本の指に入る大型運輸航空会社であり、薬品の低温流通においても長年の経験がある。2018年からCEIV認証を導入、2019年度には国際標準を通過。今後は高価格帯貨物輸送分野の著しい成長が見込まれる。

出典:https://calec.china-airlines.com/csr/news20190423.html

キャセイパシフィック、香港での競争力強化へ

キャセイパシフィック航空グループは2020年4月1日より航空貨物駅の輸出貨物処理費用の優待制度を推し進める。香港国際空港の航空貨物の中継地としての競争力を更に強化する狙い。

本グループ傘下には4つの航空会社がある。これら航空会社の各顧客に対する一般及び特殊貨物処理費用は香港空港管理局が負担をする。本優待により0.3HKD/KG程費用を抑えることができ、全体で約18~20%程の費用の減少が可能となる。

キャセイパシフィック航空は今回の優待制度を設けることで香港国際空港の競争力強化を図る。今後香港空港のアジア及び全世界最大規模・高効率な多様貨物の輸送中継地としての発展が期待される。

出典:https://reurl.cc/QpA000

各ナショナルエアラインの旅客・貨物輸送市場占有率(2019年1月~11月)

交通部民用航空局統計によると、2019年1月~11月の国際線及び台湾-中国間の旅客数及び貨物輸送数は共に中華航空がシェアトップ。

特に貨物輸送においてはシェア2位(38%)のエバー航空を大きく引き離し、シェア60%、輸送貨物量767,924.992トンとなった。

出典:https://reurl.cc/XXMovM

まとめ

台湾では外国旅行客数が年々増加している中、コロナウイルスの影響で各航空会社は先行きが不透明な状態です。貨物に関しては中華航空とエヴァ航空の2社でほとんどのシェアを占めており、今後もこの構図は続きそうです。

台湾に進出を検討している方も、すでに進出している方も必見!


東南アジアで350社を超える企業をサポートしている*BIZLAB(ビズラボ)が、現地でビジネスをするなら知らないと損する情報をまとめた【お役立ち資料】を作成しました。無料でダウンロードできますので、ぜひご活用ください。

*ビズラボは東南アジア・中華圏で販路拡大したい企業様向けの月額定額制の個別相談・調査サービスです。1ヶ国あたり月額1万円の会員制で、現地調査員が常に100名以上稼働しているため、現地の知りたい情報を手軽に入手できます。現在の導入企業は350社を超え、現地でビジネスを成功させたい企業の必須サービスとなっています。シンガポール、タイ、インドネシア、ベトナム、マレーシア、フィリピン、中国、台湾の8か国に対応しています。


目次(全15ページ)
Ⅰ 台湾におけるビジネス事情 ・台湾は日本にとってビジネスをしやすい国 ・台湾の外資規制の注意点 ・台湾の就労ビザの最新動向 ・台湾のカントリーリスク ・注目の「5+2産業イノベーション政策」 Ⅱ 台湾の業界トレンド ・台湾のユニークな食トレンド ・台湾の製造業はこの2つの政策に注目すべき ・医療・介護分野にはビジネスチャンスあり ・台湾の高い教育水準とそのトレンド Ⅲ 台湾でビジネスを成功させるために


無料ダウンロードフォーム
* が付いている項目は入力必須項目です
















※日本以外に居住されている方は、電話番号の先頭に国番号をお付けください。(例:シンガポール +65)

役職 *


台湾への進出状況 *




関連記事

  1. philippines-warehouse

    【Eコマースの導入】フィリピンの倉庫業界

  2. philippines-landtransport

    【流通システムの円滑化】成長が続くフィリピンの陸運業界

  3. 【スマートエネルギーの活用へ】台湾のバイク業界

  4. 【今注目の自動車は?】タイの自動車業界

  5. 【中国語の学習ニーズ】台湾の語学学校業界

  6. vietnam-airshipping

    【国際路線の新規開拓】ベトナムの空運業界

  7. singapore-electricity-gus

    【CO2削減率50%】台湾の電気・ガス業界

  8. philippines-beverages

    【積極的な環境保護活動】台湾の飲料業界

PAGE TOP