【最新デジタル技術とのコラボレーション】台湾のカフェ・スイーツ業界

taiwan-cafe

台湾では主要カフェチェーン店が禁煙を始めたり、最新デジタル技術とコラボレーションしたカフェが出現するなど店内での顧客体験がさらに注目されるようになりました。

今回は、そんな台湾のカフェ・スイーツ業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

台湾のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

2021年 台湾のカフェ・スイーツ(飲食・食品メーカー)業界

>台湾でカフェ・スイーツ業界大手、85度の2020年の売上〜カフェ・スイーツ業界動向〜

85度は2020年の売上額を発表した。咖啡蛋糕烘焙專賣店(以下85度)の主な収入源は中国大陸に基づいているため、機能通貨は人民元(RMB)としている。そのため、会社の内部会計報告では、他の地域も含めてすべての収入は人民元建てで表記している。

2020年の中国での売上は2,790,883RMBを記録。その他の地域では1,796,073RMBの売上を記録。その他の地域には、香港(8店舗)、台湾(447店舗)、アメリカ(44店舗)、オーストラリア(12店舗)が含まれているが、その合計でも中国大陸(538店舗)の売上には敵わない。

85度は2003年に台湾新北市に第一店舗目をオープンしてから、好評を受けて3年以内に300店舗まで展開した。その後はさらに、海外展開も行った。今では台湾人の生活に当たり前の存在となっている台湾を代表するカフェである。

出典:85℃ https://www.85cafe.com/InvestorRelations02_03.php

>台湾でカフェ・スイーツ業界牽引ダンテコーヒーの注目の新店舗

丹堤(ダンテ)コーヒーは27年の歴史を持ちながら、製品開発と技術アプリケーションの革新を常に追求している。2020年1月、台湾最大の革新集落である林口新創園に新しい店舗を設立した。

「新創實證場域(クリエーションデモンストレーションフィールド)」をコンセプトにしている実験的なカフェであり、公園内の企業が仕事をしたり、起業家の拠点になったり、交流できる創造基地になっている。

店内には「モバイル決済セルフサービス注文機」が組み込まれており、消費者はセルフサービス注文機のガイダンスに従うだけで注文できる。注文の流れとしては、まずイートインかテイクアウトを選択し、商品カテゴリと商品内容を選ぶ。次にレシートを確認して整理券を取り、モバイル決済を使用して会計をする。全行程で1分しかかからないスピーディーさを提供している。

出典:ダンテコーヒー http://www.dante.com.tw/news.php?type=news&id=130

taiwan-cafe

台湾のcamaカフェ 「豆留森林」のサービス〜カフェ・スイーツ業界動向〜

CAMACOFFEE ROASTERS 豆留森林店では、希少フレーバーコーヒーの五感体験を深める、全く新しいテーブルサイドでのドリップサービスを開始した。

「一期一会のコーヒー」がコンセプト。特選希少ロット、実験ロット、世界的に評価されたセレクト豆などの絶版の風味を見逃すことがないようコーヒー愛好家に向けてサービスを提供している。

近い距離でドリップすることで、ドライとウェットの香りを感じられる。また、酸味、苦味、甘さ、フルーティーさとフローラルな香りを味わうことができる。さらに、コーヒーの淹れ方と味わい体験、また没入型のコーヒー五感体験をバリスタと共にシェアすることができる。

出典:camaカフェ  https://www.camacafe.com/news/detail/200

台湾でカフェ・スイーツ業界牽引のルイサコーヒーの2020年の売上

ルイサコーヒーの2020年の売上合計額は、1,966,378千台湾ドルで前年比30.75%と大幅成長した。

ルイサコーヒーは2017年10月に第3ステージに入っており「オールラウンドライフストアタイプ」として位置付けられている。地方都市の特徴と結合し、実用的で文化的な店舗を作っている。

店舗開発計画に関しては、現在計画中の50店舗を台湾全土に分散し、2021年で約540店舗に拡大する見込みである。

出典:ルイサコーヒー https://mops.twse.com.tw/mops/web/t146sb05

(参考:https://www.louisacoffee.co/shareHolder/3?CatlogType=Msg)

デリバリーサービスの台湾飲食業界への影響〜カフェ・スイーツ業界動向〜

宅配サービスは、コロナウイルス流行の影響を緩和するのに役立った。経済部統計所の飲食業の収支調査によると、レストラン業界および飲料業界では、2020年1月から2月にデリバリーサービスを提供していた店舗の収益は年5.2%増加した。一方、デリバリーサービスを提供していない店舗の年間収益は8.0%減少した。

さらに、外食産業の動的調査によると、飲食企業の88%がコロナ影響を受けて2020年3月の売上高が減少すると予測した。

収益の減少幅を観察すると、デリバリーサービスを提供している業者の売上減少は24.8%であったのに対し、提供していない業者は31.6%となっていた。これは、デリバリーサービスを提供する業者の方が新型コロナウイルスの影響が比較的小さいことを示している。

出典:経済部 https://www.moea.gov.tw/Mns/dos/bulletin/Bulletin.aspx?kind=9&html=1&menu_id=18808&bull_id=6878

台湾のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

2020年 台湾のカフェ・スイーツ(飲食・食品メーカー)業界

台湾・台北市、カフェチェーン店前での禁煙実施へ〜カフェ・スイーツ業界動向〜

台北市では2019年9月1日から、コーヒーチェーン10社とコンビニチェーン5社の1階店舗前スペースでの喫煙が全面的に禁止された。違反した場合は、2,000~1万台湾元(約6,900~3万4,700円)の罰金が科される。

1階店舗前スペースが禁煙となるのは、スターバックス、85度C、丹堤珈琲(ダンテコーヒー)、LOUISAコーヒーなどコーヒーチェーン10社やセブン―イレブンなどのコンビニチェーン5社。店舗が1階にある場合のみが対象となる。

台北市衛生局によると、禁煙環境を積極的に構築するという究極の目標は、喫煙者の不便さを高め、禁煙を早期に成功させると共に、非喫煙者の二次、三次の「間接喫煙」を防ぎ、健康を促進することにあるとしている。

出典:https://health.gov.taipei/News_Content.aspx?n=BB5A41BA1E6CA260&sms=72544237BBE4C5F6&s=DBFD65C237BB9BCE

今までにないカフェ体験を提供、台湾のルイーザ・カフェ〜カフェ・スイーツ業界動向〜

台湾全土でカフェチェーンを展開するルイーザカフェは、電信会社の遠傳電信とコラボレーションし、新竹市の新竹駅前に科学技術図書館の一部として出店した。

遠傳電信の提供するデジタル技術サービスの提供と、ルイーザカフェの提供するカフェ文化の絶妙な融合を実現し、コーヒーを愛する現代人のデジタル面での必要性を満たす空間を提供している。

二階には多くのソファを提供し、ミーティングスポットとしても使える。また、ルイーザカフェ独自の長テーブルなども配置し、図書館としての雰囲気も醸し出す、今までにないカフェ体験ができるスポットとなっている。

出典:https://www.louisacoffee.co/news?page=2

taiwan-cafe

書店×カフェのTSUTAYA BOOKSTORE、台湾5店舗目へ〜カフェ・スイーツ業界動向〜

台北市にある複合施設「CITY LINK南港店」に台湾で5店舗目となる「TSUTAYABOOKSTORE」がオープンした。面積は約500坪と台湾の「TSUTAYA BOOKSTORE」では最大の大きさで、他の店舗にはないキッズスペースが最大の魅力である。

書店とカフェを融合させた「TSUTAYA BOOKSTORE」では、初めての100坪を超えるキッズスペースに児童書を充実させ、親子で読書が楽しめるスペースになっている。壁一面に置かれた児童書と広めにつくられた階段で読書が楽しめる。

台湾でも人気が高い“和”をテーマにしたカフェレストラン「WIREDCHAYA」での食事や、台湾に500店舗近く存在するコーヒーチェーン店「Louisa coffee」でのコーヒーが楽しめる。「Louisa coffee」は「TSUTAYABOOKSTORE」の入居が初めてである。

出典:http://www.citylink.tw/?p=8998

台湾の西雅図極品珈琲、偽装表示安価な豆混ぜ販売〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2019年11月2日の発表によると、カフェチェーン店の西雅図極品珈琲(バリスタコーヒー)で販売されていた、「アラビカ種100%」のコーヒー豆が偽造品である疑いがあるとし、台湾士林検察局や厚生省食品医薬品局などが調査に入った。

調査の結果、「アラビカ種100%」と記載があった「Seattle PremiumCoffee(Superb Roasted-Special Coffee Beans)」にロブスタ種を混ぜて販売していたことが分かった。合計13品目の製品が偽装商品と指定され、商品を購入した消費者には返品と返金の対応がされる。

また、他にも3つの製品の原産地表記が誤ってされており、台北市政府保健局は、食品安全衛生管理法第28条に違反していると指摘した。また、他の食品産業に、食品の偽造は最大7年の懲役及び、8000万元の罰金が科せられると注意を呼び掛けた。

出典:https://health.gov.taipei/News_Content.aspx?n=4F01EBDF8F61F315&sms=72544237BBE4C5F6&s=56C7849A752B91AE

台湾台中市の中心部に「愛あい北海道」オープン〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2019年11月16日の発表によると、北海道の地元の食べ物と観光を促進する目的で、台中市に「愛あい北海道」カフェがオープンした。北海道の食べ物を楽しめ、最新の観光情報が提供される。台中と北海道の観光交流の重要な拠点として期待されている。

北海道政府側は、以前から投資、視察のために台中を訪れており、台中の人口と経済発展の点からカフェの拠点を台中に決定したと述べている。また台中市は2020年台湾ランタンフェスティバルや国際ゴルフ選手権などの国際的なイベントも開催が控えていることを強調した。

場所は台中紅谷景観生態公園や国立オペラハウスがある台中市の中心部の朝馬エリアに位置する。台中市の副市長は「台中市の観光に訪れた人にぜひ北海道の食事などを体験してもらいたい。」と述べた。

出典:https://www.civil.taichung.gov.tw/1409507/post

まとめ:台湾のカフェ・スイーツ業界

台湾のコーヒーチェーンは国内2社とスターバックスで大きなシェアを占めています。これらのカフェと差別化するためにも、コーヒーを提供するだけの役割ではなく、店内での付加価値が重要になってくるでしょう。

台湾のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. taiwan-fastfood

    【気軽さの中にも様々な配慮を】台湾のファストフード業界

  2. china-food

    【消費者はアスリートから外国人まで】中国の加工食品業界

  3. thai-media

    【デジタルメディア領域の事業拡大】台湾の放送・全国紙・出版業界

  4. vietnam-cafe

    【需要拡大が見込まれる】ベトナムのカフェ・スイーツ業界

  5. taiwan-languageschool

    【中国語の学習ニーズ】台湾の語学学校業界

  6. taiwan-wholesale

    【消費者とのつながりが密接に】台湾の食品卸業界

  7. taiwan-construction

    【台北101が世界で最も影響力のある高層ビルに】台湾の建設業界

  8. taiwan-drugstore

    【高齢者向けの新サービスを開始】台湾のドラッグストア業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP