【日系企業の進出が止まらない】台湾のアパレル業界

taiwan-fashion

日系のアパレル企業は台湾でのマーケティングに力を入れたり、実店舗を新たにオープンするなど、未だに台湾が重要な市場であることは変わりません。

今回は、そんな台湾のアパレル業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020年 台湾のアパレル業界

台湾の繊維産業の現状〜アパレル業界事情〜

2019年の繊維産業の生産額は前年比7.7%減少し、3,740.3億台湾ドルになった。同年の人工繊維産業の生産額は945.5億台湾ドルで、2018年から15.1%のマイナス成長となり、繊維産業全体の生産額に占める割合は27.5%から25.3%に低下した。

衣料品およびアパレル業界の生産額は178.0億台湾ドルで、2018年と比較して2.6%のマイナス成長、繊維業界全体の生産額に占める割合は4.5%から4.8%に上昇した。

全体的なマイナス成長の影響を与えた主な理由は、①市場の供給過剰②中国本土の生産能力の増強③東南アジアへの生産箇所のシフトチェンジが挙げられている。

出典:iDB https://www.tipo.org.tw/tc/about_textile_2.aspx

台湾の服飾製造業、労働人口や給料について〜アパレル業界事情〜

衣料・アパレル業界は変貌を遂げつつあるが、基本的には労働集約型の業界であり、管理者・専門家などの知識豊富な労働者が占める割合はごくわずかである。台湾の若い労働者の特徴として、基本的なスキルや労働ベースの仕事に従事する意欲がなく、熟練労働者や縫製工場の労働者が不足している。

台湾の2019年7月の服飾製造業の雇用者数は40,113人であり、技術者、機械設備オペレーター、組立要員(55.97%)が最も多く、次いで技術支援要員(12.35%)だった。

2019年7月の1人当たりの平均月収は33,374台湾ドルであった。服飾製造業界は通常給与のみの場合が多く、特別配当がつく場合はとても少ない。この業界の給与構成は、主に年功序列、職歴、業績に基づいており、管理職、専門家、技術者、アシスタントの平均給与は、機械オペレーター、組立担当者の平均給与よりも高く、服飾製造業界が専門的なスキルを重視していることを示している。

出典:労働部 https://www.mol.gov.tw/statistics/2475/2477/3536?PageSize=40

taiwan-fashion

台湾の服飾小売業界の売上額〜アパレル業界事情〜

服飾小売業界の売上額は、2014年から2018年にかけて徐々に上昇しており、5年間で約200億台湾ドル成長している。そのうち、便利に買い物できるオンライン販売プラットフォームの拡大は特に成長の追い風となっており、今度も成長が見込まれる分野である。 2020年は1〜11月にかけて約2550億台湾ドルの売上に達しているが、2019年の売上高にはまだ約11%未達である。12月も新型コロナ肺炎の影響により大幅な成長は見込めない。

出典:経済部 https://dmz26.moea.gov.tw/GMWeb/investigate/InvestigateEA.aspx

台湾、オンライン販売業績は20%以上成長〜アパレル業界事情〜

新型コロナウイルスの世界的蔓延により、台湾でも外出の自粛が行われている。2020年9月の服飾小売業界では、コロナウイルスの影響と、オンライン販売プラットフォームの拡大により、オンライン販売での売上高は21.2%成長した。

2020年度の服飾小売業界全体の売上高は、コロナウイルスの拡大に比例して2月から大幅に低下。秋頃から政府主導の振興券などの販促キャンペーンにより売上額は徐々に回復している。

出典:経済部 https://www.moea.gov.tw/MNS/dos/bulletin/Bulletin.aspx?kind=8&html=1&menu_id=6727&bull_id=7869

UNIQLO台湾の第29回衣類リサイクルイベント〜アパレル業界事情〜

UNIQLOの第29回衣類回収リサイクル・寄付イベントは、初めて海を越えた澎湖島で行われ、温かい交流となった。2020年12月13日~14日、UNIQLOと台湾採印協会が協力し、澎湖島にある中興小学校で「衣類の寄付チャリティーアクション」を開催した。

地元の17箇所の学校の総勢300人以上の子供たちに心のこもった衣類の寄付が行われた。UNIQLOから14人の思いやりあるボランティアが澎湖の中興小学校に出向いた。地元の児童のために専属販売店を作り、49人の児童と温かい交流を通して素晴らしい時間を過ごした。

UNIQLOは他にも定期的に各小学校、中学校、介護施設などで衣類回収や寄付イベントを行っている。新型コロナ肺炎の治療に関わっている従事者へのマスクの寄付や支援をしている。

出典:ユニクロ https://www.uniqlo.com/tw/collection/sustainability/

2019年 台湾のアパレル業界

ECサイト運営のFASBEE、台湾でのマーケティングに注力〜アパレル業界事情〜

BEENOS株式会社の連結子会社であり、株式会社ファッション・コ・ラボとの合弁会社であるファッション専門の越境ECサイトを運営するFASBEE(ファスビー)株式会社は、日本のアパレル商品を海外消費者に販売するグローバルファッションECサイト「FASBEE」を2019年7月2日より正式にリリースした。

FASBEEは、日本のアパレル商品を海外消費者にシームレスに届けるグローバルファッションECサイト。出店企業は、商品データをFASBEEと連携するだけで、これまでの販売オペレーションを変えることなく海外120の国・地域への販売が可能になる。

FASBEEが特に注力しているのが台湾で、インフルエンサーイベントを開催し認知拡大を図るべくFASBEEサービス発表&体験会を実施した。

出典:https://beenos.com/news-center/detail/20190702_fsb_pr

アパレル業界大手のGUとユニクロ、台湾全店舗で使わない服の回収開始

2019年4月1日の発表によると、2010年より台湾で店舗を展開するユニクロと2014年に台湾で営業を開始したGUは全台湾の店舗で使わなくなった服の回収を始めた。

ユニクロとGU店舗で回収した服をリユースとして活用し、国連難民高等弁務官事務所(UNHCR)や世界各地のNGO・NPOとともに、難民キャンプや被災地への緊急災害支援など、世界中の服を必要としている人たちに届けるというのが活動の目的。リユースしない服は燃料やリサイクル素材として活用する。

台湾での活動の概要は以下の通りになっている実施期間:営業時間内ならいつでも。回収場所:全台湾のユニクロ、GU店舗。回収方法:店内に置かれた回収箱へ。回収商品:ユニクロ、GUで販売した商品

出典:http://www.gu-global.com/tw/store/feature/gu/news/20190402/

taiwan-fashion

台湾初のアカチャンホンポ、秀泰樹林店に出店〜アパレル業界事情〜

「台灣阿卡將本舖股份有限公司」は、日本の「株式会社赤ちゃん本舗」が100%出資する台湾の子会社である。同社は2019年10月4日に「秀泰生活樹林店」6F(新北市樹林区樹新路40-6号)にオープンする。店舗面積は165坪で、資本期は2億台湾ドル(日本円換算約8億円当社100%)である。

株式会社赤ちゃん本舗(あかちゃんほんぽ)は、大阪市中央区に本社を置く乳幼児向けマタニティ・チャイルド・ベビー用品のチェーン店を運営する企業である。創業から今まで87年間で、「スマイルで育児を」を会社のスローガンとしてきた。

2017年に台湾で法人として登録後、店舗オープンの準備に約2年間を費やした。秀泰生活樹林は2018年にオープンしたばかりのショッピングモールで、台湾で唯一、ムービーエンターテイメントをテーマとした複合式のショッピングモールで、キッズ・ショッピング・映画などの多元的な娯楽を提供する。

出典:https://bit.ly/2PVFFNo

台湾国民下着のEASY SHOP、新たな試み〜アパレル業界事情〜

2019年7月27日、台中県の青海二店にオープンしたEASY SHOPは、台湾初の子供の遊戯場を備えた女性下着専門店である。デザインにおいても、台湾人女性の好みをベースにしているだけでなく、価格も台湾人の平均収入で購入できる範囲に設定している。そのため、国民下着という名で親しまれている。

EASY SHOP青海二店は、遊戯場のほか「Audreyブランドコーナー」、「U&ZOutletコーナー」、「EASYSHOP国民下着コーナー」、「マタニティーコーナー」、「マスコットキャラクター小橘のフィギュア・ドールコーナー」なども設け、多元的な空間を売りに出している。また、青春期を迎えた女の子の下着類なども豊富に用意しており、母子揃ってお買い物ができるようなコーナーを備えている。

最近では、「私の美は、私が決める」というスローガンの下、痩せている人でも、太っている人でもこの店に来れば、欲しい下着が見つかるということで、多元的で広い消費者層の人気を集めている。

出典:https://bit.ly/2tMoOUI

台湾と国交を結ぶパラグアイの技術団、新ブランドを発表〜アパレル業界事情〜

2019年6月27日「零細及び中小企業の日」に、台湾と国交を結ぶパラグアイの商工部において、パラグアイに駐在する財団法人国際合作發展基金会(国合会)の技術団によって生まれた服飾ブランドの「Ñaguaru」が発表された。

「Ñaguaru」は、パラグアイの伝統的織物技術AoPo‘iと現代的ファッションのデザインを組み合わせて生まれた。パラグアイ商工部の零細及び中小企業次長は「将来は、パラグアイ政府・UniversidadNacionaldeAsunción・台湾国合会・服飾業界が協力して、パラグアイのメーカーを指導する予定」と述べた。

パキスタンの服飾加工業界は、長期にわたってファスナーやボタンの縫製、或いは布同士を縫い合わせ、ケースごとに報酬が発生する加工代行労働が主であったが、これは時間がかかるうえ、収入が安価であった。近年は、中国の既製服産業が台頭してきたため、パラグアイは更に困窮状況となっていた。

出典:https://bit.ly/2Mrw66I

まとめ:台湾のアパレル業界

台湾では国内ブランドの収益が年々低下しており、外国のファストファッションブランドの人気が高まっています。特に台湾には親日家も多いため日系のアパレル企業の参入余地もまだまだありそうです。

関連記事

  1. taiwan-shoppingcenter

    【積極的な環境への配慮】台湾の百貨店・ショッピングセンター業界

  2. philippines-drugstore

    【今後の市場拡大に期待】フィリピンのドラッグストア業界の最新トレンド

  3. thai-shoppingmall

    【売上回復の兆し】タイの百貨店・ショッピングセンター業界最新情報

  4. malaysia-trainbus

    【より便利な公共交通機関へ】台湾の鉄道・バス業界

  5. taiwan-drugstore

    【高齢者向けの新サービスを開始】台湾のドラッグストア業界

  6. 【外資系も多数進出!】中国のスーパー・コンビニエンスストア業界事情

  7. philippine fashion

    【日本との深い関係】フィリピンのアパレル業界

  8. thai-accounting

    【国内企業のグローバル化を後押し】台湾の会計事務所業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP