【世界的IT企業とのコラボレーション】台湾の学校業界

taiwan-school

台湾第二の都市と言われる高雄政府はマイクロソフト社との協力でAIを用いた教育を開始することを発表するなど、教育現場のレベルが確実に上がってきています。

今回は、そんな台湾の学校業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

台湾の学校業界 業界地図はこちら!

2021年 台湾の学校(教育)業界

19の国・地域、中国籍の学生の入学申請が可能に、台湾教育部〜学校業界動向〜

教育部は、海外からの学生の入国順序及び検疫などは順調・良好であるとし、2020年8月24日から、19の国/地域(台湾外交部の奨学金受給者を含む)と中国大陸籍の学生の台湾での就学を開放すると発表した。これにより、約1万人の海外の学生が入学申請できる予定。

海外からの学生は、最初に有効な入国書類(ビザ、居住許可、出入国許可など)を取得する必要があるため、事前に適切な検疫場所を予約して自宅検疫を完了する必要がある。過去2か月の入国状況などを考慮すると、開校してから2〜3か月は平均して1日当たり数百人が入国すると推定され、入国日は就学日を超えると予想される。

そのため、教育部は学生が安心して就学できるよう学校に依頼し、学生の授業選択、学費の支払い、成績評価、休学や復学、カウンセリング支援などを柔軟に対応できるようにする。

出典:教育部 https://cpd.moe.gov.tw/articleInfo.php?id=3270

台湾政府、すべての学校に防疫物資を準備〜学校業界動向〜

行政院と中央流行疫情指揮センターは、各学校の防疫物資の準備を進めている。現在、2万5千の温度計、8.4万リットルのアルコール、645万の予備の防疫マスクがあり、各学校、私立幼稚園、補修班、放課後ケアセンターなどに提供する予定となっている。

これまでの私立幼稚園用予備マスク配布の仕組みに則り、防疫物資を各学校に配布する。関連業務を進行して2月上旬に配布を開始する。学校が始まる前に配布する予定である。

教育部は、予備マスクは疫病予防のための物資であると強調し、校内で発熱や咳、喉の痛み、息切れ、その他の不快感や緊急事態が見つかった学生(または幼児)や教職員に提供する。

出典:教育部 https://bit.ly/36b0JrJ

taiwan-school

台湾でデジタルリーディングの推進へ〜学校業界動向〜

春水堂テクノロジーエンタテインメントは、市政府による新聞や雑誌のeコマース政策の推進とデジタルリーディングの推進に応えて、台北市立松山工農職業学校機関にて、「ハミ書店読書パック 14日間無料」を2020年9月1日から30日まで実施した。

この読書パックは、タブレット、スマートフォン、パソコンから閲覧可能。新聞、親子絵本、ファッション、生活、車、スポーツ、ビジネス、金融、日本語雑誌など様々なジャンルの書籍が充実している。

本の読み聞かせ(リスニング)や速読機能もあるため、子供や学生の学習に効果も期待できる。

出典:臺北市立松山高級工農職業學校 http://www.saihs.edu.tw/node/17854

橋の構造をシミュレーション!台湾の優秀校は?〜学校業界動向〜

全国22の高校職業学校から、280チーム、935人の学生が正修科技大學に集まり、「木製橋荷重革新的デザインコンペティション」に参加した。そこでは、重力に耐えられる木製の模擬橋を設計した。

台南大學附属訓練学校は、「精準強度」において第一位、秀水高工則は「創意デザイン」で第一位を獲得した。審査は主に「最大強度」と「精準強度」に重きが置かれ、学生は木製のシミュレートされた橋を設計し、最大耐荷重を測定する。

同校の校長は「今回のコンテストの目的は、力学と構造概念の知識を訓練することである。橋の構造をシミュレートすることは、学生が革新的な計画と応用デザインの能力を強化し、創造力とチームワークを組み合わせて、デザインの創造性を刺激する。」と述べた。

出典:国立台南大学 https://bit.ly/2HqGYlI

海外から帰国する学生のために開校、台湾教育部〜学校業界動向〜

教育部は、現在外国人学生の入国順序や検疫状況は順調に進んでいると考えており、すでに入学していて海外から台湾に戻ってくる学生のために学校を開校することとした。

台湾に帰ってくる予定の高校生以下の学生は、ベトナムやインドネシアを中心に、全部で約2500人ほど。(8月14日の統計より)

出典:教育部 https://cpd.moe.gov.tw/articleInfo.php?id=3262

台湾の学校業界 業界地図はこちら!

2020年 台湾の学校(教育)業界

台湾教育局、マイクロソフトと合同でAI教育計画始動!〜学校業界動向〜

科学技術の進歩は今後の学校教育も変えつつある。2019年12月20日の発表によると、高雄市政府は台湾マイクロソフトと合同でAIを使ったデジタルバイリンガル教育計画を始動。高雄の教育環境の向上と人材育成を図る。

高雄市教育局はマイクロソフトと合同でAIシステムを構築。学生たちはシステムを使用することで第二言語への感度を高めることができ、即時翻訳が可能なことから、生徒自身の言語能力向上が期待できる。

高雄市の旗山小学校は本カリキュラムを導入。Office365のSwayデジタルによる授業内容の読み上げや、Whiteboardデジタルホワイトボードが授業内容のポイントをまとめてくれるなど、今までの教育システムの中に現代技術を融合させた内容となっている。今後、政府はこのような「スマート教室」を500室設置し、次世代教育プログラムを構築する。

出典:https://news.microsoft.com/zh-tw/qsp-ks-edu/

台湾大学、香港学生への短期編入制度を実施〜学校業界動向〜

2019年11月22日の発表によると、デモが終息を見せない香港情勢を受け、台湾教育部は各大学と協議し、香港にいる台湾学生及び香港学生を台湾へ呼び寄せ、一時的に台湾の大学にて短期編入カリキュラムが受けられる支援を決めた。

国立台湾大学には約200名もの香港学生から編入申請があり、当初は学生用の宿舎が不足するのではとの懸念もあった。他の国立大学へ応援を要請することで学生寮や教師陣の手配等、本短期編入プログラムの教育体制を整えた。

教育部は今後も各大学の教育の質を高めるとともに、海外からの学生も積極的に受け入れ、学習環境のさらなる向上を図る。

出典:https://www.edu.tw/News_Content.aspx?n=9E7AC85F1954DDA8&sms=169B8E91BB75571F&s=E6BD79D661DC27B9

taiwan-school

台湾で原住民高校生への補助金制度が改正〜学校業界動向〜

2019年12月26日、原住民に対する高校奨学金制度が改正された。原住民族教育法第二十六条第一項に規定されている。これらの措置で言及されている「原住民の学生」とは、原住民の地位法に従って原住民の地位にある学生を指す。

補助金額は、中央教育主管機関である国立及び私立学校の毎学年の費用に基づく。雑費、書籍類、制服費用が補助される。なお、奨学金は均一料金である。

原住民の学生は、登録の3か月以内に、住民登録と家族登録のコピーを原住民の身元で登録する必要がある。そして、在学証明書、戸籍、その他の補助書類を入学先の学校に申請する。

出典:https://law.moj.gov.tw/LawClass/LawAll.aspx?pcode=H0060025

台湾教育部が大学の入学率を発表、上昇の背景とは?〜学校業界動向〜

2019年12月27日、教育部は2019学年度の新入生の入学率を発表した。それによると、入学率が60%未満の学校は6校のみだった。教育省の分析によると、一部の学校の入学定員の削減により、「母数」が小さくなり、学部と入学戦略の調整ができたようだ。

2017学年では、17校が60%に達しなかった。2018学年は9校に減り、2019学年はさらに6校に減った。教育省の技術局長であるYangYuhui氏は、「登録率は指標の1つに過ぎず、重要なことは、財政が安定しているか、教師の給与の滞納や関連する教育法の違反などがあるかどうかである」と述べた。

また、同氏は「積極的に業界とコミュニケーションをとる際、目標を設定する場合は、業界のニーズに応え、職場で必要なスキルを開発し、学生の学習意欲が高まるようにする必要がある」と述べた。

出典:https://udb.moe.edu.tw/(参考:https://news.tvbs.com.tw/life/1254677

台湾初!UFOキャッチャーの自治条例とは?〜学校業界動向〜

2018年10月8日公布、2019年10月8日施行の台湾初のUFOキャッチャー販売事業についての自治条例がある。

条例によると、UFOキャッチャー販売事業の場所は、国立小学校および中等学校から50メートル以上離れている必要がある。

また、規定に違反する者は、UFOキャッチャー販売事業の運営を停止するよう命じられる。NT $ 20,000からNT $ 100,000の罰金が科され、罰金が科される場合がある。有価証券、ダイヤ、宝石、貴金属製品、通用貨幣、たばこ、酒、アダルトグッズなどは提供してはいけない。

出典:https://law.tycg.gov.tw/NewsContent.aspx?id=2431

まとめ:台湾の学校業界

台湾の教育市場規模は着実に成長しており、大学進学率は9割を超えるなど教育水準の高さを伺うことができます。その背景には各業界との連携が密に行われているなど、将来の仕事に向けた教育機関という位置づけがしっかり行われていることが挙げられるでしょう。

台湾の学校業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. taiwan-human resource

    【全ての人に平等な雇用機会を】台湾の人材サービス業界

  2. taiwan-developer

    【高雄の開発に注目】台湾の不動産デベロッパー業界

  3. taiwan-cosmetic

    【法律の大幅改正】台湾の化粧品業界

  4. taiwan-languageschool

    【中国語の学習ニーズ】台湾の語学学校業界

  5. Thailand-childcare

    【保育サービスの需要拡大】タイの保育業界

  6. philippines-privatesschool

    【学歴と収入の関係性】フィリピンの幼児教育・学習塾業界

  7. taiwan-advertisement

    【デジタル広告に注目】台湾の広告業界

  8. taiwan-bank

    【デジタル時代のスタッフ育成】台湾の銀行業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP