【スマート化が進む最先端医療】中国の病院業界

中国の医療サービスは近年、医療スタッフ・患者・病院管理システムの一体化が進んでいます。遠隔診療を始めとしたITサポート医療の拡充が加速しています。

今回は、そんな中国の病院業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

中国本土初!最新ペースメーカーの埋め込み手術に成功〜病院業界事情〜

三級甲等病院に指定されており、100年以上の歴史をもつ総合病院である上海交通大学医学院付属瑞金医院は、海南省の病院にてMicra AVリードレスデュアルペースメーカーの埋め込み手術に成功した。これは中国本土で初の臨床応用である。

このペースメーカーはビタミン剤程度のサイズで、重量はわずか約2グラム。8〜13年間使用でき、全身MRIスキャンにも対応している。 患者が異物感を感じることはない。

Micra AV は今年1月に米国FDAによって承認され、米国で使用され始めた。4月には欧州連合で承認され、6月にヨーロッパで使用された。現在、アジアではマレーシアと香港に少数量の埋め込み実績があるだけだったが、今回の成功により、より多くの中国人患者への利用が期待できるようになった。

出典:http://www.rjh.com.cn/2018RJPortal/doc/2020/09/07/52172.shtml

中国 中南大学湘雅病院の「病程管理」とは?〜病院業界事情〜

国家保健委員会直轄の三級甲等総合病院であり、教育部直属の病院である中南大学湘雅病院は、「第3回デジタルチャイナ建設サミット」にて「デジタル化キャンペーン」の分野で優れた事例として紹介された。

中央南大学湘雅病院は「インターネット+医療と健康」のサービスコンセプトを実現するために「病程管理」を確立し、病院内の情報システムの統合を実現した。病程管理の診療・治療プラットフォームはWeChatの公式アカウントなどを利用して、情報共有がしやすいようにしている。

同サミットは、国家インターネット情報局、国家開発及び改革委員会、福建省インターネット情報局などが主催し、福建省福州市で開催された。

出典:http://www.landseed.com.cn/zh-cn/news_detail.php?obj_id=TFRnE3n98AFZtuqEXs4nKsUwVNaHs6MT

中国 北京大学人民病院の心臓リハビリトレーニング〜病院業界事情〜

中国人によって設立された初めての西洋式総合病院である北京大学人民病院は、北京西成地区保健委員会の指導の下、心臓リハビリトレーニングプロジェクトのキックオフミーティングを開催した。

北京西成地区保健委員会の副課長は、このプロジェクトの発展が慢性血管疾患への管理の質と有効性のさらなる改善に役立つことを期待すると発表した。

また、心臓血管医学科の所長は「これまでの治療法のほとんどは病気の治療にのみ焦点を当てており、心臓のリハビリテーションと予防に対しては注力してこなかった」とし、心臓のリハビリテーションは患者の治療に不可欠なものだと伝えた。

出典:https://www.pkuph.cn/news_details/17807.html

コロナウイルスの核酸検出に関するトレーニング、中国広州市〜病院業界事情〜

広州市にあり、心臓血管内科、臓器移植に強い総合病院である中山大学付属第一医院は、医学検査科の全職員に対してコロナウイルス核酸検査の研修を実施したと発表した。

これは広東省保健委員会からの要請を受けて開始したもので、コロナウイルスに対する基本的知識を習得し、専門の検査担当者の補佐としてサポートできること、検査の標準化と品質改善を目的としている。

今回は合計97名の検査技術者が研修を修了した。全工程を厳しくチェックし、実地検査専門家の研修・評価を実施した。この取り組みにより、当院は新たなコロナウイルス検出能力の向上を目指す。

出典:http://www.gzsums.net/news_25117.aspx

世界レベルの臨床人材育成へ、中国 復旦大学〜病院業界事情〜

1907年に設立され、中国赤十字指定の三級甲等病院である復旦大学付属崋山医院は、世界レベルの臨床的人材育成のため、内視鏡解剖センターとスカルベース顕微手術研究所がトレーニングセンターを建設し、虹橋地区で試運転を開始した。

このトレーニングセンターは世界的にも優れた設備と設計コンセプトを備えている。手術室も実際のものを精密に再現しており、トレーニングの効率と品質の向上に役立っている。

また、世界レベルの臨床人材育成のため、さまざまな臨床部門の優秀な指導者に教育を委託している。

出典:https://www.huashan.org.cn/phone/news/detail/10534.html

2019

中国の病院業界、IT化からスマート化へ

2019年3月25日の発表によると、国家衛生健康委員会の医政医管局副局長焦氏は、中国の医療サービスは「IT化」から「スマート化」に進んでいると述べた。スマート病院は、医療スタッフ向け「スマート医療」、患者向け「スマートサービス」、病院管理向け「スマート管理」の3つの領域がある。

国家衛健委員会は病院スマートサービスに対し、0~5級の等級管理を要求し、病院の各スマートシステムを連結させ、一体化させる。2019年は100の都市においてITがサポートする遠隔診療や遠隔教育サービス等を提供する予定。

病院のスマート化の推進は患者の利便性を高めており、すでに病院を往復する回数や待ち時間、平均入院日数を減らした成果を上げている。医療スタッフはモバイル医療APPを利用し、モバイル回診やモバイル介護設備の使用によって、医療サービスの空間制限を弱めた。

出典:http://www.gov.cn/xinwen/2019-03/25/content_5376451.htm

治療のスタンダード化促進、中国の恵毎医療グループ〜病院業界事情〜

恵毎医療グループはMayo Clinicと高瓴資本(Hillhouse Capital)が2015年に設立した合資医療サービスプラットフォームである。恵毎医療は3つの子会社を持ち、それぞれ医療業界、製造業、決済事業にサービスを提供している。

医療サービス業において、恵毎科研は Dr.Mayson という臨床スマート方策決定支援システムを開発した。臨床における1000を超える中国スタンダード診断基準を提供し、治療のスタンダード化を促進している。

製造業において、恵毎移健は医薬企業に実用性があるデータ分析やカスタマイズサービス戦略を提供している。決済面においては保険業と提携し、慢性病管理と健康カウンセリングサービスを提供している。

出典:https://www.huimei.net/news_hui_190402.html

中医病院がリード!中国医療連合体の設立へ〜病院業界事情〜

「都市医療連合体実証実験施策方案」が発効され、2019年末までに、100個の実証実験都市で医療連合体のネットワーク構築と管理を行い、各都市では少なくとも一つの有効連合体を築くと発表された。

中医病院に連合体の設立をリードしてもらう。特に中医医薬は未病治療やリハビリテーションにおける重要な役割を果たしてもらう。中医病院と下部医療機関への政府補助金額は変わらずそれぞれ投入する。

また、連合体の一体管理を強化し、リソースを統合する。連合体病院は診療業務を遂行した上、下部医療衛生機関の職能履行を指導し、中医学の未病治療等の強みを生かし、病気予防、健康管理や健康教育等職務を行うように要求した。

出典:http://www.ndrc.gov.cn/zcfb/zcfbtz/201903/W020190301631738664760.pdf

中国で病院等に専科設立〜病院業界事情〜

北京市衛生健康委員会の発表によると、住民が優良専門医療サービスを便利に受けられるように、2019年9月末までに市内100個の基礎医療機関に臨床重点専科を設立し、医療サービスを下部医療まで拡大させる。

住民の健康管理を促し、12月末までにはコミュニティ衛生サービス機関における検査結果をオンラインで確認できるようにする。

また、児童ワクチン接種の利便性を高めるために、時間帯別予約サービスを提供し、年末までにすべてのコミュニティ衛生サービスセンターと郷鎮病院におけるオンライン接種予約を実現させる。

出典:https://wjw.beijing.gov.cn/zwgk/ztzl/fjzl/201906/t20190621_271576.html

中国病院競争力ランキングで1位の病院は?〜病院業界事情〜

2019年6月28日の発表によると、温州康寧グループは、2018年上場医療サービス企業CSRTOP30の第1位を獲得した。CSRの評価基準は、就職機会提供、ビジネス価値創造、社会貢献、科学研究創新、企業ガバナンス、法令遵守、QSHE(品質Q、安全S、健康H、環境E)の7点がある。

同グループは温州医科大学と提携し、浙江省初の精神病学学院を創立した。高度な精神専門人材を採用し、従業員は2500人を超えている。

2018年はM&Aによる事業を拡大し、医療事業収入は7.264億元で、前年より32.9%増となった。2023年には、ベッド数が20,000に達すると予想される。

出典:http://www.kn120.com/newsShow.aspx?id=151

まとめ:中国の病院業界

中国では、近年6%前後の成長率で病院数が増加している。特にオンライン診療などが可能な大型医療施設が顕著である。また、中国国内の国民医療費用も10%以上の増加率で増加しており、今後も成長市場であることが予想される。

関連記事

  1. philippies-hospital

    【地方まで充実した医療を】フィリピンの病院業界

  2. indonesia-shipping

    【エネルギー会社との提携】中国の海運業界

  3. Thailand-school

    【小中学校でのAI教育】中国の学校業界

  4. thailand-construction

    【建設会社と政府系インフラ会社の共同投資】中国の建設業界

  5. 【テック系不動産仲介の上場】中国の不動産仲介業界

  6. vietnam-hospital

    【これからの医療とは】ベトナムの病院業界

  7. malaysia-advertisement

    【中国企業の海外進出による需要の増加】中国の広告業界

  8. 【GDPの8%を医療保障へ、政府の対策とは】シンガポールの医療用福祉用具卸業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP