【未曾有の高齢化社会へ】中国の医療卸業界

china-medical wholesale

実はあまり知られていないのですが、2050年以降、中国は世界でも体験した国がない高齢化社会になると予想されています。中国の医療福祉機器産業は伸びる市場となるでしょう。

今回は、そんな中国の医療卸業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国の医療卸業界 業界地図はこちら!

2021年 中国の医療卸(医療・介護)業界

世界一安全なナーシングベッドの提供へ、中国 bock〜医療卸業界動向〜

世界で最も先進的な介護ベットとケア寝具のメーカーの一つであるbockは、最新介護ベットを紹介した。

研究開発から製造まで、すべてドイツで行われており、世界で最も安全なナーシングベッドの提供を目指している。製造プロセスと品質管理の各段階をTUV技術監督協会に定期的に委託し、各材料と各プロセスが最高の安全基準に準拠していることを保障している。

ベッドの手すりはマットレスと適切な距離があり、また、耐久性、着陸装置のエレベータ駆動などのテストを十分に行い安全性の確認を行っている。

出典:http://bock-wap.palmary.cn/a/2020/102.html

中国の魚跃、健康意識を全国に広める〜医療卸業界動向〜

8つのセンター、5つの生産拠点、56のグローバルオフィスを持ち、車椅子をはじめとした医療機器、福祉用具を扱う魚跃は、広州のリッツカールトンホテルで開催された2019年TMAモバイルマーケティングサミットと第6回TMAモバイルマーケティングアワードセレモニーにおいて「最優秀モバイルマーケティングリーダーシップブランドオブザイヤー」を受賞した。

モバイルマーケティングを通じて、中国国内において、家族の健康意識を目覚めさせることに成功した。

魚跃は、将来の医療にはハードコア技術と家庭の温かみが必要だと考えている。今後も、世界の最先端技術を吸収し、科学的健康の概念を中国のすべての家族に伝え、「科学技術に命を吹き込む」というビジョンの実現に努めていくつもりである。

出典:https://www.yuyue.com.cn/index.php/news/newsinfo/53.html

china-medical wholesale

MicroPortとRobocath、中国で合弁会社設立〜医療卸業界動向〜

血管疾患の治療のための医療ロボットソリューションの設計、開発、販売を行っているMicroPortは、2020年10月29日、フランスの戦略的パートナーであるRobocathと合弁会社を設立した。合弁事業の51%の株をMicroPortが保有し、Robocathが49%を保有するとした。

R-One™は、Robocathによって開発された最初のロボットシステムであり、既存の外科手術を支援する高度な技術を提供することにより、心臓血管介入を行う医師のステント移植(血管形成術)を支援することを目的としている。

R-One™は2019年2月にCE認定を受け、現在、ヨーロッパとアフリカで発売されている。合弁会社設立後は中国での販売も開始した。

出典:http://www.microport.com.cn/news-detail-1690

中国で168台のWeigao手術ロボットの臨床試験が完了〜医療卸業界動向〜

使い捨ての医療機器と医薬品を主力商品としているWEGOは、青島医科大学付属病院にて、国家薬品管理局が指定した168台のWeigao手術ロボットの臨床試験を無事に完了した。

これは、Weigao外科用ロボットが低侵襲手術の分野で広い市場に参入し、より多くの国に利益をもたらし、よりよいサービスを提供することを示している。

病院は患者の術後フォローアップ訪問を実施した。患者の術後の回復は良好であり、外科的合併症などの副作用はなかったと発表した。

出典:https://www.weigaoholding.com/content_info/1879.html

シーメンスと中国榆林市政府、戦略的協力協定に署名〜医療卸業界動向〜

ドイツのミュンヘンに本部を置き、中国でMRI、超音波検査機などの販売を行うシーメンスは、榆林市政府およびエネルギー化学安全産業技術革新研究所と「包括的戦略協力協定」を締結し、長期的な戦略的パートナーシップを結んだ。

三者は水素エネルギー産業の発展、新しいタイプの人材育成、国際交流の分野でも協力する予定であるとした。

榆林市市長は「シーメンスとの協力協定により、榆林の産業変革とアップグレードに新たな推進力が追加されると確信している」と述べた。

出典:https://w1.siemens.com.cn/press/NewsDetail.aspx?ColumnId=2&ArticleId=13379

中国の医療卸業界 業界地図はこちら!

2019年 中国の医療卸(医療・介護)業界

中国当局、医療卸業界への規制強化

2019年11月12日、広西壮族自治区の薬品監督管理局は、医療機器の貯蔵および流通を手がける業者に対して指導・及び意見書を公開した。また、国薬、上海医薬などの最大手を含む29の医療機器流通企業が当局の調査を受けた。

当局の指摘は、主に、医療機器が許可を受けた倉庫に保管されているか、認定を受けた経営範囲からの逸脱や、医療機器の取り扱い資格をもたない企業が医療機器の流通業を手がけていないか、などに関してだった。また、医療機器の保管方法や、流通手段などについても調査を行い、取り締まりを強化するとしている。さらに、厳格化された規定に違反した場合、保管や配送の資格の取り消しを行うことも表明した。

江西だけでなく、北京市や貴州省においても流通業者への調査と罰則を強化する動きが出ており、今後、全国的に医療機器流通業者への締め付けが強まると考えられる。

出典:http://yjj.gxzf.gov.cn/u/cms/www/201911/13111850oh0r.pdf

中国 医療卸業界大手の瑞康医薬、2019年第3四半期の業績を発表

医療機器流通最大手の瑞康医薬(深セン証券取引所に上場)は、2019年第3四半期の業績を発表した。売上高は前年同期比0.68%減の8986十万元、一株当たり純利益は前年同期比22%減の0.13元であった。減益となった主な要因は、借入金の利率が前年と比べて上昇し、財務費用が増加したことにある。

また、2019年第1四半期から第3四半期までの累計業績は、売上高が前年同期比9.73%増の26,944十万元、一株あたり純利益は30.51%減の0.385元であった。

同社は2018年より経営戦略を調整し、急速な売上高成長や市場シェア拡大を追求するビジネスモデルから、ゆったりとした成長率で質の高い成長を目指す姿勢を明らかにしている。同社は現在、全国31の都市に流通拠点を持ち、42,000もの医療機関と取引を行っている。

出典:http://www.szse.cn/disclosure/listed/bulletinDetail/index.html?499fda16-8d14-4aa8-bd7f-ed35c723e4c7

china-medical wholesale

中国 医療卸業界大手の華検医療、香港市場に上場

中国で体外診断医薬品(IVD)の流通事業を手掛ける華検医療(IVDMedical Holding Limited)は、2019年7月12日に香港証券取引所に上場した。華検医療本体は、上海のIVD市場で3番目に大きい流通業者である。

また、2019年1月に完全子会社化した威士達は、中国全土のIVD市場で4番目に大きい流通業者である。華検医療は、IVDの卸・流通と、自社ブランドによるIVDの製造の2つの事業を手掛けており、売上高の98%を前者が占めている。

同社によれば、同社の競争優位は、上海・中国全土における優位性、強力なディストリビューション網、国際的IVDメーカーとの良好な関係性、自社ブランド「iVD」の育成、創業者をはじめとした経験豊富なチームなどにある。

出典:http://www.ivdholding.com/uploads/files/上市文件-全球发售.pdf

中国 医療卸業界大手の傅利葉智能、米国市場へ進出図る

上海にある傅利葉智能(Fourier Intelligence) は2015年以来、外骨格およびリハビリテーションロボット工学の開発に創造性を注ぎ込んでいる技術主導の企業だ。直感的で使いやすいシステムにより、患者とセラピストの両方の生活を向上させている。2019年11月13日にシカゴで開催された第96回米国リハビリテーション医学会議に参加し、米国リハビリテーションセンターとの協力を強化する態勢が整のっていることを示した。

上肢のリハビリテーションを目的とした主力製品であるArmMotus M2ロボットと、下肢の運動障害のある患者を支援するように設計されたExoMotus X2を展示し、来場者から高評価を得た。

同社は、今後も医療技術分野全体に影響力を広げることを期待している。「インテリジェントなリハビリテーション」や「ロボットによる集団療法」など、患者ケアの新たな試みは、米国市場に進出する同社の戦略の中心となるだろう。

出典:http://www.fftai.com/zixun_en/zixun_bk.php?id=383/

中国管理総局、養老機関を5等級に分類〜医療卸業界動向〜

2018年12月28日、中国国家市場監督管理総局は、養老機関を分類し、評価するための102の基準要件を定義し、養老機関を5つの等級に分けることを発表した。新基準は、細則が補充されたのち、2019年7月1日から正式に施行されることになる。養老機関が増加するなかで、介護を要する高齢者が施設を選択するための明確な判断材料を提供するために、基準が設けられる。

等級は5段階に分けられ、五角形の星の図案を用いて一級から五級までで表される。級の数字が大きいほど、養老機関の総合的なサービス能力が高いことをあらわす。基準の中には、営業許可証の有無、人員の能力、空間の配置、管理及びオペレーションの質などの項目があり、これらを総合的に判断して等級が定まる。

また、養老機関が自発的に点数化された評定を提供する制度も設けられた。これは、環境、設備、運営管理、サービスなど複数の側面を合計1000点で自ら評価するものになっている。

出典:http://images3.mca.gov.cn/www2017/file/201809/1538188280696.doc

まとめ:中国の医療卸業界

医療福祉用具は中国では今後必要不可欠となり、現段階では十分に行き届いてない問題も存在します。医療福祉用機器産業の成長率は経済平均成長率をはるかに上回る25~30%で推移しています。

中国の医療卸業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. china-airshipping

    【旅客向けのサービス改善】中国の空運業界

  2. thai-hospital

    【医療の幅を広げる】タイの病院業界

  3. china-telecommunication

    【6Gの開発へ早くも着手】中国の携帯電話事業者業界

  4. philippines-medicaldevices

    【市場は海外メイン】フィリピンの医療機器業界に注目!

  5. china-beverages

    【最新テクノロジーとのコラボレーション】中国の飲料業界

  6. thai-medical-wholesale

    【医療ツーリズムと共に】タイの医療卸業界に注目!

  7. china-construction

    【建設会社と政府系インフラ会社の共同投資】中国の建設業界

  8. taiwan-medicine-biotechnology

    【今話題の製薬研究】台湾の製薬・バイオテクノロジー業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. singapore-toiletries
  5. malasya-fashion
PAGE TOP