【アリババだけじゃない!】中国の通販・ネット通販業界

中国の通販・ネット通販業界大手といえば、真っ先にアリババを思い浮かべる方も多いのではないでしょうか。

しかし、中国では他にも様々な企業が個性豊かなECサービスを展開しています。

今回は、そんな中国の通販・ネット通販業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

2020

アリババ、中国で初のクラウドコンピュータを発表〜通販・ネット通販業界事情〜

1999年に設立され、本社を杭州に構えるアリババグループは、アリババ雲栖大会において初のクラウドコンピュータと配送ロボットを発表した。

本大会で発表された、アリババクラウド初となる手のひらサイズのクラウドコンピューターは、約60グラムと超軽量である。強力なバックエンドクラウドテクノロジーにより、高性能なコンピューティング能力を提供できる。

同時に、「最後の一里」の配達を実現するための自動物流ロボットも発売され、指定されたコミュニティやキャンパスで最大500個の小包を配達することができる。

出典:https://www.alibabagroup.com/cn/news/article?news=p200917

中国の拼多多、世界の投資機関に5億ドルの民間株式販売〜通販・ネット通販業界事情〜

l2020年12月21日、共同購入システムを持つ中国のECプラットフォームである拼多多は、世界の機関投資家に5億ドルの民間株式を販売することを発表した。

拼多多は中国最大の農産物オンライン市場を運営しており、また国内で唯一、農業改善を戦略的重点に据えている重要なテクノロジー企業でもある。

同社は農家の下流市場へのアクセスを拡大するeコマースに加えて、低コストで翌日配送できるインフラを構築することにも投資している。このインフラの整備により、食料品のネット購入が盛んになってきた現代において、消費者により高い利便性を提供することを実現する。

出典:https://investor.pinduoduo.com/news-releases/news-release-details/pinduoduo-announces-us500-million-private-share-placement-global

singapore-ec

国美、中国で新規小売店店舗を急速展開〜通販・ネット通販業界事情〜

1987年設立の大手小売りチェーンである国美は、新規小売店店舗を急速展開している。

2020年8月27日の発表によると、県域店218店を新たにオープンし、国美小売県域店のGMVは前年比339%増となり、「家・生活戦略」の転換は高速化したとのこと。

市場環境と消費需要の変化に伴い、小売業の消費のアップグレードが加速している。国が推進する農村振興戦略の実施後、国内の消費成長の原動力とビジネスチャンスは次第に第三~六都市に移行している。国美の新店は第三~六都市に集中しており、市場動向をいち早く察知した取り組みを進めている。 

出典:https://help.gome.com.cn/news/5.html

2020年 中国・越境電子商取引のトレンド〜通販・ネット通販業界事情〜

2012年に中国進出し、グローバル市場を拡大し続けているアマゾンは「新業態から新常態へ—2020中国輸出クロスボーダー電子商トレンド報告」を発表した。

この報告書はアマゾングローバル出店中国と国内の権威機関である財新シンクタンクが共同で作成したものである。アマゾングローバル出店の長年の蓄積及び、過去5年間の中国の越境電子商取引業界と売り手の輸出の発展傾向を整理したものである。

報告書によると、過去5年間世界の越境電子商取引は急速な発展を見せており、世界的な消費動向がオフラインからオンラインへの移行を促している。越境電子商取引業界の発展のチャンスと課題が共存しているとした。

出典:https://gs.amazon.cn/news/news-brand-200812.html

中国 美団の配送アップグレード戦略〜通販・ネット通販業界事情〜

2010年に設立し、普通の商品だけでなく、飲食店、美容室、映画館などのオンラインショッピングも展開する美団は、配送のアップグレード戦略を打ち出した。

この戦略は、配送効率の向上や規模拡大、品目の増加を通して、ニーズのあるすべての商店をユーザーに提供し、より普遍的で充実した配送サービスの構築を目指すものである。

美団の配送サービスは現在2800の都市、1万カ所以上の配送ステーションで構築されており、分単位の配送ネットワークを実施している。今後もデジタル技術を導入し、サービスの向上に注力していく。

出典:https://about.meituan.com/detail/122

2019

2019年のダブル11、268.4億人民元の総商品量達成、中国 アリババ〜通販・ネット通販業界事情〜

Alibaba Group Holding Limitedは、2019年11月11日に行われたグローバルショッピングフェスティバルにて、268.4億人民元(384億米ドル)の総商品量(GMV)を達成したと発表した。2018年度より26%増加している。

「ダブル11」といわれるこのショッピングフェスティバルは2009年、オンラインショッピングの価値についての認識を高めるためのバイヤーと消費者向けのイベントとして始まった。

2019年には200,000以上のブランドが参加した。また、このイベントにむけ約100万の新製品が発売され、配達注文処理数は13億件にのぼった。総商品量(GMV)では299ブランドが1億元(1430万米ドル)を超え、そのうち15ブランドが10億元(1億4300万米ドル)を超えた。

出典:https://www.alibabagroup.com/en/news/article?news=p191112

農村部の貧困緩和に貢献!中国 拼多多のビジネスとは〜通販・ネット通販業界事情〜

2018年5月に導入されたDuo Duo Orchardは、消費者が拼多多で買い物をする際の交流促進を目的とする、非常に人気のサービスである。アプリ内で仮想マンゴーの木を育て、成熟したら、本物のマンゴーが無料で自宅に届く。これらは、拼多多が地元の農家から購入したマンゴーだ。

ゲームの導入から1か月後、毎日200万本近くの新しいバーチャルツリーが植えられ、拼多多は毎日500,000キログラムを超える果物を配達した。これは消費者だけでなく農村部の生産者にも利益をもたらした。

AIを活用して果物の需要を予測し、情報を生産者と共有することで確実な収穫が可能になる。栽培者は安定した収入を得ており、拼多多は中国の農村部の貧困緩和に貢献している。

出典:http://investor.pinduoduo.com/index.php/corporate-blog/duo-duo-orchard-brings-fun-mobile-shopping

過去最大のオフラインストアを中国にオープン、JD.COM〜通販・ネット通販業界事情〜

2019年11月11日、JD.COMは重慶に50,000平方メートル規模のオフラインストア「JD E-SPACE」をオープンする。同店舗では、電子機器、家電製品から健康、フィットネス、美容製品、事務用品などのカテゴリで人気のベストセラー商品を提供する。店舗で直接製品に触れてテストし、オンラインで手間をかけずに購入できる。

超高速5Gネットワークを提供する国内唯一の主要店舗となるため、これまでにない接続速度で新しいテクノロジーを試すことができる。店舗には、即時注文できるQRコード、顧客を案内して製品を紹介するロボットも備えている。

製品を試した後、コードをスキャンして購入し、24時間以内に商品を自宅に届けたり、在庫品をその場で持ち帰ることもできる。

出典:https://jdcorporateblog.com/jd-com-opens-its-largest-offline-store-to-date-and-in-western-china/

中国 アリババ内にNET-A-PORTERオープン〜通販・ネット通販業界事情〜

アリババのTmall Luxury Pavilion内に、NET-A-PORTERのフラッグシップストアがオープンした。

この立ち上げは、世界有数のオンラインラグジュアリーおよびファッション小売業者であるYOOX NET-A-PORTER GROUPと、世界最大のオンラインおよび小売商社であるAlibaba Groupの間に設立された合弁会社(FENG MAO风茂)の運営開始を意味する。

Tmall Fashion and LuxuryのゼネラルマネージャーであるJessica Liuは次のように述べている。「中国の消費者は世界の高級市場の原動力だ。NET-A-PORTERフラッグシップストアの立ち上げにより、国際的な高級品に対する中国消費者の継続的なニーズを満たし、国内6億700万人以上いるアリババのカスタマーに届くよう支援する。」

出典:https://www.alibabagroup.com/en/news/article?news=p190930

中国 Vipshop、SF Holdingsとビジネス協力を発表〜通販・ネット通販業界事情〜

ネット通販会社Vipshop Holdings Limited は、物流会社SF Holdingsとのビジネス協力を発表した。Vipshop社は運営していた配送事業を中止し、SF Holdings社に配送サービスを提供する。さらに業務の移行がスムーズに行われるよう密接に連携する。

「この業務提携を通じて、物流業務の効率を最適化、費用を削減し、大切なお客様に優れたサービスを提供することを目指しています。」とVipshopの会長兼最高経営責任者は述べている。

Vipshop Holdings Limited は、2008年8月に設立されたブランドの大手オンライン割引小売業者。高品質で人気のあるブランド製品を、中国小売価格から大幅な割引で提供している。

出典:http://ir.vip.com/news-releases/news-release-details/vipshop-announces-business-cooperation-sf-holding

まとめ:中国の通販・ネット通販業界

アリババが圧倒的に市場を独占していると思われがちな中国の通販・ネット通販業界ですが、実際には様々な企業が独自の路線でサービスを提供しています。

オフライン店舗の導入など、新しい試みを企てる企業などもあり、今後の市場の動向に目が離せません!

関連記事

  1. indonesia-shoppingmall

    【ターゲットを明確化】インドネシアの百貨店・ショッピングモール業界の最新トレンド

  2. 【米資本が進出!】中国のホテル業界

  3. 【地域による供給格差の改善】中国の水道業界

  4. philippine-ec

    【SNSとの密接な関係】フィリピンの通販・ネット通販業界

  5. vietnam-electronic-commerce

    【急速な発展を遂げる】ベトナムの通販・ネット通販業界

  6. singapore-languageschool

    【オンライン教育の一般化】中国の語学学校業界

  7. philippines-electronic-commerce

    【伸びしろに期待】フィリピンの家電量販店業界

  8. thai-convinencestore

    【発展し続ける小売りの形態】タイのスーパー・コンビニエンスストア業界の最新トレンド

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP