【オンライン×医療の時代へ】中国のドラッグストア業界

china-drugstore

デジタルの発達に伴い、薬の販売方法が患者が店舗に訪れて購入するスタイルからオンラインでの購入も可能になるなど、より医薬品にアクセスがしやすい環境が提供され始めています。

今回は、そんな中国のドラッグストア業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国のドラッグストア業界 業界地図はこちら!

2021年 中国のドラッグストア(流通・小売)業界

大参林、中国で処方箋流通プラットフォームの活用へ〜ドラッグストア業界動向〜

2017年に上海証券取引所に上場し、4153店舗を展開する大参林は、中山市にて処方箋流通プラットフォームを導入した。

中山市は処方箋流通の新しいモデルを試験的に導入した。新しい処方箋流通モデルの試験運用後、患者は病院が発行した処方情報シートを使用して近くの指定薬局で薬を受け取ることができる他、指定薬局から直接自宅に配送を依頼できるようになった。

大参林は本プロジェクトにて、最初の事業者として協力実践で蓄積した運用経験を活かし、他の地域への事業拡大を促進することを目指す。

出典:http://www.dslyy.com/news/1530.html

中国の老百姓薬局が目指すものとは?〜ドラッグストア業界動向〜

2001年に設立し、4800の店舗を抱える老百姓薬局は、第6回中国民営企業協力大会に登場した。

製薬イノベーションの分野で卓越した企業の代表として、テンセント、バイドゥ、メイトゥアンなどと協力してきた。この大会には、全国の優れた民間起業家、専門家、学者などが招待され 、中国の民間企業の協力と発展計画を検討した。

同社は中国の製薬小売業界の先駆者として、人工知能、インターネット、ビッグデータなどの新技術を積極的に導入し、医薬品小売だけでなく「テクノロジー主導のヘルスサービスプラットフォーム」の作成を目指している。

china-drugstore

売れ行き好調の鴻翔漢方薬、中国の医薬企業トップ100へ〜ドラッグストア業界動向〜

雲南、貴州、四川、上海など10地域以上に展開し、5000以上の直営店舗を抱える雲南鴻翔薬業有限公司は、 「中華民族医薬企業トップ100」
の称号を獲得した。

同社は全国の漢方薬業界の各社と協力して漢方薬の文化を広め、消費者の健康養生に対する需要を満たしてきた。現在500種類以上の製品展開をしている。

現在、 4000以上の一心堂薬局での売れ行きは好調で、大手薬品工場や医薬連鎖薬局と供給チェーン戦略を提携している。

出典:http://www.hx8886.com/index/article/info/catId/12/id/3.html

中国 益豊大薬局の過去20年の成長〜ドラッグストア業界動向〜

2001年に設立し、湖南、湖北、上海、江蘇など中国全土に4127店舗を展開している益豊大薬局は、中国薬局第20回ピークフォーラムにて3つの賞を獲得した。

同社が約20年の間で、最も手頃な価格の薬局から最も株価収益率の高いチェーン薬局に成長し、中国の製薬小売業界の発展を促進したことに対しての受賞となった。

中国では2回の全国的な「医療改革」の後、製薬小売業界は大きな変化を遂げたが、益豊大薬局は今後も業界を牽引する存在として邁進していく。

出典:http://www.yfdyf.cn/news/767.html

中国国家保険委員会ほか、インターネット+医療サービスの今後の展望〜ドラッグストア業界動向〜

国家保健委員会、商務省、州薬局などは、医療保険の支払いに含まれるインターネット+医療サービスをさらに改善する提案を提出した。

遠隔医療、インターネット診療活動、インターネット病院の三つを主な強化対象とした。

コロナ期間中においては、インターネット病院にて慢性病の再診サポートへの取り組みを始めた。また、医薬品流通企業と医療機関、医療保険部門、電子商取引企業が協力し、患者に非処方薬を提供する「ネット予約・医薬品の店舗受取」などの便利なサービス提供も行っている。今後もインターネットを利用した各種医療サービスはより進化していくだろう。

出典:http://www.nhsa.gov.cn/art/2020/11/30/art_26_4024.html

中国のドラッグストア業界 業界地図はこちら!

2020年 中国のドラッグストア(流通・小売)業界

中国にも展開!ドラッグストア業界大手のワトソンズとModiFaceの仮想化粧カメラとは?

ロレアルグループ傘下で人工知能(AI)の開発などを行うデジタル科学技術企業、『ModiFace』とワトソンズグループが共同で、最新の化粧カメラアプリ「ColourMe」を発売すると発表した。

ColourMeは、顧客の選択によって四時間以内の商品宅配サービスや、近くの店舗での引き取りを可能とし、快適なショッピング体験を実現した。携帯電話を通じて、業界をリードするバーチャルリアリティを手軽に体験することができる。

ColourMeの化粧カメラの第一段階はパリのロレアルとメイクアップ製品と共同で発売され、マレーシア、台湾、タイ、シンガポールのワトソンズ電子ストアだけがアプリケーションを利用できる。ワトソンズは今後、ヨーロッパやアジアにおける他の小売ブランドへの展開を検討している。

出典:https://www.aswatson.com/zh/a-s-watson-and-loreals-modiface-drive-retail-innovation-with-the-launch-of-virtual-makeup-try-on-service-colourme/#.XfDRP5P7TOQ

「インターネット+医療」で中国100強に選出されたのは?〜ドラッグストア業界動向〜

「中国インターネット企業100強」ランキングはすでに国内のインターネット分野で最も権威・影響力のある公式選出と見做されており、中国のインターネット業界の発展ぶりと産業構造を客観的に反映している。その中で、貴陽朗瑪情報技術株式会社(以下、朗瑪情報)は2016年から4回連続で100強を記録した。

2013年末から、朗瑪情報はインターネット+医療ブルーオーシャンの分野に転換し、二年間を通じて、貴陽市第六人民病院の制度変更と増資買収を達成した。

朗瑪情報は「インターネット+医療」産業にも焦点を合わせ、「39」ブランド価値を構築している。朗瑪情報は2014年に6.5億元で健康医療の最大のポータルサイト39健康ネットを買収して、民衆のために医療健康情報サービスを強固なものへと推進している。

出典:https://corp.39.net/2019/190905/7445236.html

china-drugstore

インターネット+医薬協力、中国での新しいモデルとは?〜ドラッグストア業界動向〜

国内のインターネット医薬健康業界をリードする111グループにとって2019年は、インターネット医薬健康商圏を構築するキーポイントの年となった。

6月12日、111グループ(Nasdaq:YI)と、中国北京同仁堂(集団)有限公司の傘下の北京同仁堂科技発展株式会社(香港)は、業務提携を締結し、「インターネット+医薬」分野の協力を深め、効率的でクリーンな流通方式を通じてより多くの消費者にサービスを提供すると発表。

同仁堂の科学技術と戦略的な協力を達成するだけでなく、111グループのオンラインの下で一体化したインターネット医薬健康商圏を豊富にし、インターネット+医薬協力の新しいモデルを作り上げる。

出典:http://corporate.111.com.cn/article11_cn.html

保健食品のラベルに対する中国での義務とは?〜ドラッグストア業界動向〜

健康食品の表示を指導するため、消費者がより容易に保健食品と普通食品、薬品を区別し、消費者の理性的な消費を誘導するため、「保健食品表示警告用語指南」が制定された。

注意書きは、保健食品のラベルの中に記載し、注意書きのサイズや文字の大きさも定められた。また、厳格に「健康食品は薬ではなく、薬の代わりに病気を治療することができません。」と記載する必要がある。

保健食品ラベルにはクレームサービス電話、サービス時間などの情報が表示することが要求され、サービス期間内に受けた消費者からの苦情・告発を記録し保管することも義務図けられた。

出典:http://gkml.samr.gov.cn/nsjg/tssps/201908/t20190820_306116.html

オンラインで医者予約!中国家庭医生在线の取り組み〜ドラッグストア業界動向〜

4月18日、健康ポータルサイトの家庭医生在线は、「家医微視」「享答FM」「健康十万のなぜ」「広東医案内」「家庭常備薬」の5種類の専門コンテンツをオンラインで発行した。

また、同ポータルサイトでは、広東省の地元の人のために作られた「広東就医指南」を掲載。246種類のよくある病気から検索を行い、広東省内の63軒の病院の2000数名の医者の紹介するサービスを展開している。

各医者を「技術が良い」や「学術熱心」等6つの基準から判定。この「広東就医指南」を通じて、インターネット利用者は医者の名前、病気の種類、病院を検索できる。患者は速やかに専門家のいる病院を探し出し、予約して診察することが可能となる。

出典:https://www.familydoctor.cn/a/201904/2546928.html

まとめ:中国のドラッグストア業界

オンラインでの安心した医薬品提供への取り組みが行われる中、店舗でもユーザーエクスペリエンスを高めるデジタルの活用が行われています。いずれにしても、ドラッグストア業界もデジタルとの共存が必要な時代が迫っています。

中国のドラッグストア業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. thailand-furniture

    【活発な競争】タイの家具・インテリア・生活雑貨・ホームセンター業界

  2. china-airshipping

    【旅客向けのサービス改善】中国の空運業界

  3. 【輸入に頼る】シンガポールの食品卸業界

  4. china-food

    【消費者はアスリートから外国人まで】中国の加工食品業界

  5. malasya-conviencestore

    【デジタル化の強化へ】マレーシアのスーパー・コンビニエンスストア業界

  6. taiwan-electroniccommerce

    【国内企業の安定した成長】台湾の通販・ネット通販業界

  7. china-landtransport

    【中国全土にスピーディーな配達を】中国の陸運業界

  8. philippine fashion

    【日本との深い関係】フィリピンのアパレル業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP