【スタバを凌いで急成長するコーヒー店の登場】中国のカフェ・スイーツ業界

中国では最近になってカフェ業界に新たなユニコーン企業が生まれ、業界順位が入れ変わろうとしています。

今回は、そんな中国のカフェ・スイーツ業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

中国のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

2021年 中国のカフェ・スイーツ(飲食・食品メーカー)業界

中国のパシフィックコーヒーのデリバリー事業〜カフェ・スイーツ業界動向〜

1992年に香港で設立されたアジアを代表するコーヒーチェーンであるパシフィックコーヒーは、デリバリーで新たな高みを目指している。

コーヒー業界は、参入率が低く利益が高いため、近年多くの業者が参入している。競争が激しくなる中で、同社はデリバリー事業に力を入れている。

現在デリバリー事業により大きく売上を伸ばしている。デリバリーを利用した顧客が店舗に来店したり、反対に、店舗でのサービスや味に満足している顧客が悪天候の日やコロナ禍においてデリバリーを利用したりと、店頭での販売とデリバリーは互いに相乗効果をもたらしており、順調に売り上げを伸ばしている。

出典:http://www.taipycofe.cn/news/18.html

Starbucks、紅杉中国と戦略的協定を締結〜カフェ・スイーツ業界動向〜

1999年に中国進出し、2012年より直営経営体制が整い、中国大陸での店舗数を急激に伸ばしているStarbucksは、小売革新の加速のため、紅杉中国と戦略的協定を締結した。

スターバックスの持つ専門的な小売知識、拡大する規模、強力な事業基盤と、紅杉中国の持つイノベーションを拡大するための強力なプラットフォームを掛け合わせ、更なる発展を目指している。

今回の協定で、スターバックスは小売業務のあらゆるレベルのデジタル化革新の機会を積極的に模索する。データ分析、モデリングや意思決定能力により、創造的なソリューションの開発を進め、サプライチェーンの更なる最適化を目標としている。

出典:https://www.starbucks.com.cn/about/news/Starbucks-Sequoia-partnership/

china-cafe

中国のマックカフェの今後3年間の計画〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2020年11月16日の発表によると、マクドナルドのコーヒー専門ブランドであるmaccafeは、今後3年間で25億元を投資し、4000店舗以上をリニューアルオープンする予定である。

100時間を超える専門的なトレーニングを経たプロのバリスタによって手作りされた、高品質でコストパフォーマンスの高いコーヒーの提供や、食事ニーズに応えた新商品の提供を行う。

また、デジタルプラットフォームを通じてクーポン券の配布などの販促活動を進め、顧客に長期的に持続可能な高価値の提供を目指す。

出典:https://www.mcdonalds.com.cn/news/2020-McCafe-relaunch

中国の広州猫糞コーヒーのプロジェクト〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2020年12月10日の発表によると、2010年に設立し、現在全国に100店舗以上を展開している猫糞コーヒーは、第一二三産業融合発展プロジェクトを正式着工した。

このプロジェクトは広州猫屎コーヒーと大参林投資集団有限会社が共同で建設に投資したもので、総投資額は約30億元、総敷地面積は約430ムー(1ムー=6000平方尺)である。

国際コーヒー博物館、リゾートホテル、高級住宅街などを組み合わた総合的な国際的コーヒー小都市としての発展を目指している。

出典:https://mp.weixin.qq.com/s/ukFOGQj8uL7QzT5qyNKU6g

中国のTims、利益目標達成〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2020年11月25日の発表によると、1964年に設立され、2019年に中国進出を果たしたTimsは利益目標を達成した。

10年以内に1500店舗をオープンする計画だが、2020年10月には上海にて中国の100店目の店舗がオープンし、今後も一二線の主要都市を中心にそのスピードは加速していく想定である。

1店舗当たり2万~3万人の会員を見込んでいる。同社は国内の若い世代をターゲットにしており、若者向けにテーマ性のあるカフェの開設も展開していく予定。

出典:http://m.nanyangchapu.cn/news/511.html

中国のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

2020年 中国のカフェ・スイーツ(飲食・食品メーカー)業界

2019年、中国コーヒーチェーン店がナスダック最大のアジア企業に〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2019年5月17日、中国のコーヒーチェーン店Luckincoffee(瑞幸咖啡)は、ナスダック証券取引所に上場し、総額6億9500万ドルを調達。時価総額は42億5000万ドルで、2019年のナスダックで最大のアジア企業となった。

ナスダックのアジア太平洋地域会長BobMcCooeyは、「Luckin Coffeeはモバイルインターネットテクノロジーにより伝統的なコーヒー業界の現状を打破した。他店との差別化した戦略も強力である。ナスダックファミリーに世界で最も革新的な企業が加わったことを嬉しく思う。」と述べた。

中国で最も急速に成長しているコーヒーチェーンブランドであるLuckinCoffeeは、会社の設立から2年足らずでナスダック上場を果たし世界記録を樹立した。

出典:http://www.luckincoffee.com/tea#media1/

カフェ・スイーツ業界大手のStarbucks、中国での組織構造の調整を発表

2019年5月27日、Starbucksは新たな発展段階に向け、中国のコーヒー業界を今後もリードするように、2019年6月1日より中国での組織構造を調整すると発表した。

新たな組織構造として、元CEOの王静瑛(Belinda Wong)は、Starbucks中国の会長兼CEOに昇進した。同時に、既存のStarbucks中国事業は、「Starbucksリテール」と「デジタルイノベーション」という2つのビジネスユニットに再編成された。

Starbucksインターナショナル・チャネル開発グループの社長、JohnCulverは、「新たな組織構造により、リソースをより柔軟に動員し、短期的なビジネスニーズと長期的な戦略開発のバランスをとることができる。」述べている。また、「イノベーションのペースを加速し、デジタル等の分野でのチャンスをよりよく把握し、今後も勝ち続ける。」と述べた。

出典:https://www.starbucks.com.cn/about/news/organization/

china-cafe-sweets

中国一点点奶茶の宣伝テクニックとは?〜カフェ・スイーツ業界動向〜

一点点奶茶の宣伝テクニックに迫る。宣伝に店のブランド名を大いに利用することを挙げている。ブランドの持っている人気や知名度は加盟店にとって一つの利用できる財産である。ブランドの実力、知名度、これまで得てきた評判、他店舗の繁盛をしている様子を宣伝で使うことは顧客の心をつかむうえで役立つ。

次に、人々に無料で飲んでもらい、口コミマーケティングを構築する。開店前に、周りの人に無料で試し飲みしてもらう。その際、味についての顧客の評価を収集し、顧客に口コミで店の宣伝をしてもらう。

また、個性的なチラシが、顧客を店に引き寄せる。街で配られているチラシは常に同じで割引情報がほとんどである。ほとんどの人はチラシを受け取った後、捨てることが多く、情報を覚えていない。例えばチラシを招待状にしたり、抽選券にして、開場当日に抽選が開催されることを知らせるなど、顧客の注意を引くための工夫が必要である。

出典:http://www.canyina.com/zixun/4302.html/

中国の中信国通とhogoodcoffee、戦略的協力協定締結〜カフェ・スイーツ業界動向〜

2019年10月15日の午後,正大グループ,中信国通、および輸出入銀行雲南支店、輸出入銀行本店の数多くのリーダーがhogoodcoffeeの工場を訪問した。その後、hogoodcoffeeの会議室で連携の事項についての議論が行われた。

中信国通社長とhogoodcoffeeの創設者はターミナル製品の販売チャネルの拡大とコーヒーの大量取引を安定させるための戦略的協力協定を締結した。

今回の連携を通し、中信和正大グループのリソースチャネルとプラットフォームを使用する。

出典:http://www.hogoodcoffee.com/view/hgkfPC/1/56/view/968.html

中国の雲南(国際)コーヒー取引センター、今後どうなる?〜カフェ・スイーツ業界動向〜

プーアル市(普洱市)思茅区に位置する雲南(国際)コーヒートレーディングセンターは、アジアで最もプロフェッショナルな品質検査センター、カップ品質センター、トレーニングセンターを設立した。

最新の電子情報技術が使用される、オークション、決済、倉庫保管、ロジスティクスファイナンスなどのサービスがあり、「ワンストップ」取引一体化サービスを実現している。

取引センターは、中国国内、香港、マカオ、台湾地域、アジア、ヨーロッパ、アメリカなどの消費者市場の主要な取引プラットフォームとなり、中国市場に参入するグローバルなコーヒー生産地域の重要なチャネルとなる。

出典:http://www.mofcom.gov.cn/article/resume/n/201909/20190902899753.shtml

まとめ:中国のカフェ・スイーツ業界

カフェの店舗数はここ数年間で急増しており、毎年15%前後のスピードで市場が成長しています。特にLuckincoffee が大本命と言われる中、Starbucksなどの古参起業も組織改革やマーケティングの見直しなど各社必死に対策に出ています。

中国のカフェ・スイーツ業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. philippines-cafe

    【都市部で高まる需要】フィリピンのカフェ・スイーツ業界

  2. taiwan-processed food

    【グローバル基準を目指して】台湾の加工食品業界

  3. china-construction

    【建設会社と政府系インフラ会社の共同投資】中国の建設業界

  4. thai-food

    【生産量拡大狙えるか】タイ加工食品業界の最新動向

  5. singapore-beverage

    【飲料業界の中心地】シンガポールの飲料業界

  6. malaysia-eatingout

    【日本食ブーム】マレーシアの外食・中食業界

  7. taiwan-cafe

    【最新デジタル技術とのコラボレーション】台湾のカフェ・スイーツ業界

  8. china-tutor

    【農村部への教育発展へ】中国の幼児教育・学習塾業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP