【今後の成長に期待】シンガポールの美容業界

singapore-salon

Museeなどが提供する脱毛サロンのサービスが徐々にシンガポール国内にも浸透しつつつあります。

今回は、そんなシンガポールの美容業界に関する最新情報をお届けしていきます。法規制から業界トレンドまで、これを読めば最新サロン事情がまるわかり!

読了時間の目安:5分

目次

シンガポールの美容業界 業界地図はこちら!
お役立ち資料をダウンロードする

2021年 シンガポールの美容(製造)業界

シンガポールで銀座カラーが全店舗閉店へ 〜美容業界動向〜

脱毛サロン大手「銀座カラー」のシンガポール店は、同国で唯一の店舗を閉鎖したと明らかにした。新型コロナウイルスのパンデミックの影響が主な理由という。

同社はシンガポールの公式ホームページで閉鎖を公表した。全ての施術を停止し、顧客への返金などを行うバックオフィスのみ業務を継続する。脱毛サービスは前払い制のため、未実施の施術が残る顧客には、返金に応じる方針。

同社は、エム・シーネットワークスジャパンが展開する女性向け脱毛サロンチェーン。シンガポールには2014年に進出していた。同国では2店舗を展開していたが、新型コロナの流行抑制のために実施された、経済・社会活動を制限する措置「サーキットブレーカー」の期間中に1店を閉鎖。6月19日以降は、残りの1店舗のみで営業を再開していた。

出典:https://ginza-calla.com.sg/

2021年のシンガポールの美容業界トレンド

ローカルエステサロンのEsteticaが2021年の美容トレンドトップ5を発表した。一つ目はブルーライトカットである。携帯電話やパソコン、テレビなど、私たちは日常的にブルーライトを浴びている。これは老化の加速の原因であり、小じわやしわ、シミ、皮膚の過敏症、赤み、かゆみの形で現れる。

二つ目は、ズーム会議用のスキンケアである。コロナ禍でオンライン会議をする機会が増え、パソコンの画面を通しても自分の肌が綺麗にみえるよう、スキンケアを心がけている人が増えている。三つ目は、スキンケアの簡素化である。数多くのスキンケア製品を使うのではなく、一つで多機能を兼ね備えた製品が人気である。

四つ目は、マスクによる肌荒れ対策である。マスクを長期間使用することで摩擦などで刺激を受けやすくなり、肌荒れで悩む人が増えている。五つ目は、汚染防止スキンケアである。都市の汚染は私たちの周りにあり、肉眼では見えないことがよくある。ほこり、すす、排気ガス、タバコの煙などの形で発生し、毛穴を詰まらせ、皮膚のくすみ、炎症、赤み、過敏症、かゆみを引き起こす可能性がある。このようなあらゆるトラブルを防止できるスキンケア商品が人気を集めている。

出典:https://www.esteticabeauty.com/blog/2021-beauty-trends/

singapore-beauty

シンガポールにおけるヘアサロンのソーシャルディスタンス対策 〜美容業界動向〜

Enterprise Singaporeはヘアサロンにおけるソーシャルディスタンス対策を発表した。原則60分以内にサービスを終えなければならない。入り口では顧客の体温測定が必須となる。また、SafeEntryというアプリを使用してコンタクト先をトレーシングし、連絡先の追跡を行うことができるようにする。

敷地内のすべてのスタッフ、顧客がマスクを着用しなければならない。フロアマーカーを使用し、入店時の順番待ちの列を明確に区別する。常に顧客間に少なくとも1メートルの間隔を確保し、顧客数を管理する。顧客が店の外に並ぶ場合は、少なくとも1メートルの間隔を確保しなければならない。

政府は支払いプロセスを改善し、現金処理を減らすため、キャッシュレスまたは非接触型決済の使用を奨励している。他にも従業員の手洗いや道具の除菌、飲食の提供禁止などを挙げている。

出典:https://www.enterprisesg.gov.sg/-/media/esg/files/media-centre/media-releases/2020/may-2020/retailannex-2-2-may-2020.pdf?la=en

シンガポールにも展開するQB HOUSEが店舗デザインを刷新〜美容業界動向〜

日系大手理容院のQB HOUSEがビジュアル・アイデンティティおよび店舗デザインの刷新を発表した。

2018年からブランディングの推進と強化を図るプロジェクトの中で行なってきた調査やワークショップを経て、改めて見つめ直したブランドの価値観をもとに、QB HOUSEらしさを視覚化したブランドカラー、ブランドロゴ、業態サインを組み合わせたシンボルサインなどのリニューアルに加え、店舗デザインの刷新を行った。

ブランドカラーの刷新では、これまで日本、シンガポール、香港、台湾、NYで使用していたブランドカラーである5つの青色をもとに、見つめ直したQB HOUSEのブランドパーソナリティに沿って再定義を行い、ブランドのプライマリーカラーに設定した。

出典:http://www.qbnet.jp/topics/files/876.pdf

シンガポールにおける健康サプリメントの規制〜美容業界動向〜

シンガポールではHAS(健康科学庁)が健康サプリメントに関する規制を発表している。HSAは、健康補助食品にステロイドなどの医薬品成分を添加することを禁止している。 また、これらの製品に含まれる有毒な重金属に厳しい制限を設けている。

ディーラー(輸入業者、製造業者、卸売業者、販売業者)は、シンガポールに健康補助食品を供給する前に、製品が有害または危険でないことを確認する義務がある。サプリメントに含まれてはいけない物質や有毒な重金属、微生物のビタミン・ミネラルの制限、品質基準など様々な安全基準がある。

この他にもラベリング基準や広告・プロモーションに関しても規制している。例えば、準医薬品として分類される製品(ビタミンとミネラルのみを含む製品など)を除いて、健康補助食品の広告と宣伝は許可の対象にはならない。製品の分類が不明な場合は、Complementary Health Products(CHP)分類ツールを使用して、一般的なCHPの分類をしなければならない。

出典:https://www.hsa.gov.sg/health-supplements/overview

シンガポールの美容業界 業界地図はこちら!
お役立ち資料をダウンロードする

2020年 シンガポールの美容(製造)業界

シンガポールのALEYDA、コロナ対策は?〜美容業界動向〜

2020年2月5日の発表によると、国内のモバイルスパで有名なALEYDAは、深刻化するコロナウイルス対策のため、新たに厳しい衛生基準を設けた。すでに消毒のためのサニタイザーや抗菌ワイプの使用、サージカルマスクを着用することが許可されていた。

この度新規で開設されたポリシーは下記の通り。発熱や風邪などに限らず、呼吸器症状の兆候を示した場合、施術を拒否する権利を持つ。Stay Home Notice(SHN)または検査指示(QO)を受けている顧客には対応しない。

またスタッフに対しても一日二度の体温測定を義務付けている。その他には、ホームスパのキャンセル期限を6時間前から3時間前までに短縮、コロナウイルスによるイベント中止や延期に伴うキャンセル料金は一切かからないとしている。

出典: https://aleyda.com.sg/health-safety-measures/

シンガポールのHAS、豊胸手術へ警鐘〜美容業界動向〜

2019年5月10日、HASは豊胸手術により細胞リンパ腫(BIA-ALCL)を引き起こすリスクがあると発表した。乳房インプラントを使用している人が、切開後にインプラントの周りに痛みや腫れが発生した場合は、医師に相談することを勧めている。

BIA-ALCLの推定発生率は、3,817人に1人から30,000人に1人とかなり幅がある。グローバルレポートによると、マクロテクスチャの乳房インプラントを使用した患者の発生率が比較的高いことが示されている。

2017年以降、BIA-ALCLに関する新たな科学的報告を受けて、HSAは乳房インプラントメーカーに、シンガポールで登録されている乳房インプラントの説明書類にBIA-ALCLのリスクに関する注意書きを含めるように要求しており、新たな症例があった場合は報告するようにしている。

出典: https://www.hsa.gov.sg/announcements/press-release/risk-of-breast-implant-associated-anaplastic-large-cell-lymphoma-(bia-alcl)

singapore-beautysalon

シンガポールのラッフルズホテル、スパをリニューアル〜美容業界動向〜

シンガポールで最も歴史のある5つ星ホテルとして有名なラッフルズホテルのスパが、2019年12月にようやくリニューアルオープンした。当ホテルは約2年間にも及ぶ大規模な改装を経て、2019年8月に営業再開をしたばかりである。

スパの内装はニューヨークの有名インテリアブランド”Champalimaud” によりデザインされ、洗練された空間となっている。各部屋は宝石にちなんで名づけられており、施術前には一杯の宝石水で迎えられる。

トリートメントに関しては主に2種類あり、宝石の自然な治癒特性を使用してストレスと緊張を和らげることを目的とした、ラッフルズシグネチャージェムストーンマッサージと伝統的な手法で古代の有機ハーブを使用するヒーリングセレモニーがある。

出典: https://www.raffles.jp/singapore/spa/

シンガポールの歯科矯正事情〜美容業界動向〜

シンガポールで歯科矯正にかかるお金は7000-9500Sドルで、治療期間としては最低でも1年、複雑な場合は2年以上かかることもある。治療のオプションとしては主にComprehensive、Moderate、Lite、Expressの4タイプで、それぞれの歯の状態に応じて選択する必要がある。

一般的なのはインビザライン治療。透明で目立たない取り外し可能な “アライナー”と呼ばれるマウスピースを用いて歯並びを矯正するシステムとなっている。従来のワイヤー矯正よりも痛みが少なく、手入れが簡単で衛生的と言われている。

シンガポールで歯科矯正は保険適用外となっている。また、矯正歯科の資格を持っていない歯科医も矯正治療をすることが許可されている。歯科矯正の相談料は50-100Sドルが相場。

出典: https://orthodontic-clinic.sg/cost-of-invisalign-in-singapore-all-you-need-to-know-2019/

シンガポールの美容業界 業界地図はこちら!
お役立ち資料をダウンロードする

2019年 シンガポールの美容(製造)業界

シンガポールにも進出のMusee、高品質なサービスの秘訣は?〜美容業界動向〜

Museeなどが提供する脱毛サロンのサービスが徐々にシンガポール国内にも浸透しつつある。高品質な脱毛サービスに関しては、まだ日本はパイオニアの国の1つと考えられている。その高品質な日本の脱毛サービスを維持しながら、シンガポール国内においても品質の維持を保っている。

特に、Museeはマネジメントも日本からの指示を仰ぎつつ、シンガポールでのブランド確立を目指していると言える。日本ブランドを前面に押し出すことで、シンガポール女性が高品質な脱毛技術を提供するサロンと認識する可能性がある。

Museeでの脱毛サロン経営は、カスタマーサービスと細部へのこだわりに焦点を当てた厳密なマネジメント方針を採用している。一貫した日本標準のサービスを提供するということに加えて、ほとんどの日本の美容院は衛生と快適さを維持している。顧客は、プロのコンサルタントにも相談することが可能である。技術の高い、日本の脱毛サロン同様の効果を発揮できる設備がシンガポール国内にも整いつつある。

出典:https://www.facebook.com/MUSEEPLATINUMTOKYO/posts/2292127534159875?__xts__%5b0%5d=68.ARD-m-SQ0238pIw4Iu4ggA58geeM1gda-s2IP0aUk1jgz0zKBA9TRpQ7tSjKaGfJ6BnmEgd1ukTsJJSffOlHM-nbH0vCpZX8oI6PVpM4yAKLWirdPytGhLNIy1T8z1COPSaJW57AOidxpfxpYu0itYleammP9hxotiAstd-EeN9AaPIffoGd0gtguNw2bUuOZaoH7F9o19h5_S41yY0P0yxXOFFlwuiHCUFhNZ6NUOFeCqO5D4CtpQTE9pOK4NuBZkHW9gOTEuucPRqEDSWQQXYJfr1KfKUqv_MaUQPJ_2CoOzY9Ck3NmKP6tTQy2dnBSEAZrj6QXvPT1nAVg1I5jTCPfilUlyrLNRnPHksObW2FJ7lj4Q&__tn__=-R

シンガポールのZenyum、目立たない歯科矯正器具とは!?〜美容業界動向〜

シンガポールスタートアップ企業Zenyumは、歯科矯正器具について、今までにない透明で見えない歯列矯正装具によって、従来のイメージを根本的に変化させようとしている。

シンガポールの見えない歯科矯正器具の費用は通常6,000シンガポールドル(SGD)から10,000SGDの範囲であるが、Zenyumによると、見えない器具の費用は平均しておよそ2,200SGDしかしない。また、ほとんどの器具は平均24ヶ月間装着しなければならないが、Zenyumを使用しているほとんどの患者は、目に見えない器具をわずか3〜9ヶ月間装着するだけで済んでいる。

ZenyumのCEOによると、昨年発売された器具は、「取り外し可能でほとんど目に見えないため、従来の歯列矯正器具よりも快適である」とコメントしている。Zenyumはすでに歯科医によって使用されており、同社はこれまでにシンガポール各地の9つの診療所と提携している。しかし、Zenyumは万人向けではなく、大きな矯正を必要とするより深刻なケースには適用されない。

出典:https://zenyum.sg/zenyum-is-not-diy-orthodontics/

Singapore-beauty salon

シンガポールHAS、違法ダイエット薬品が摘発〜美容業界動向〜

2018年10月23日の発表によると、Health Sciences Authority(HAS)は、INTERPOL主導による11回目のOperation Pangeaと呼ばれるインターネットベースの強制捜査に参加した。シンガポールでは、違法健康食品など4,520単位が押収された。押収された商品には、減量目的の商品や違法医薬品が含まれていた。現在、2人がHSAの調査に協力をしている。

ダイエット製品は、 Operation Pangeaで押収された製品の大部分を占めていおり、90%以上を占めていた。これらの製品は、「素早い減量」、「ファストバーナー」から「食欲抑制」まで、「100%天然」または「ハーブ原料」であるとされている。2013年から2018年9月にかけて、HSAはダイエットのために市販されている39種類の製品を摘発している。これらの製品は、シブトラミン、エフェドリンおよび強力な緩下剤が混入されている。また、偽造ダイエット製品に関連した有害事象には幻覚、呼吸困難、そして動悸が惹起されていると報告されている。

HSAは、教育キャンペーンなどを通じて、違法な健康食品を購入する危険性についての認識を高める努力をしている。

出典:https://www.hsa.gov.sg/content/hsa/en/News_Events/Press_Releases/2018/opspangea2018.html

シンガポールのムスリム女性間でホームサロンの人気が上昇中〜美容業界動向〜

ホームベースの小規模事業スキームの下では、住宅の所有者は、理容や裁縫などの小規模事業を経営するために住宅委員会の承認を必要としない。しかし、これらの活動は労働者を雇うことなく小規模であるべきであり、隣人に混乱や迷惑を引き起こさないようにしなければならないと定められている。

最近、このスキームを用いてHDBにて営業を行うビジネスが広がりつつある。隣人の玄関と何も変わらないHDBの一室にて営業されているヘアサロンやマッサージサロンなどのホームサロンなどもそうである。

ムスリム向けヘアサロンでは女性だけを受け入れており、ニッチな顧客であるがプライバシーを尊重する環境を好む、より保守的なマレーの人などイスラム教徒の女性が通いやすいサロンの人気が上昇している。スカーフを着用している顧客は、他の人に囲まれる商業的なサロンよりもHDBのような自宅のサロンでプライバシーが保証されている方が好まれる。スカーフの脱着が気兼ねなくできることで、口コミで広がりつつある。

出典:https://www.hdb.gov.sg/cs/infoweb/residential/living-in-an-hdb-flat/home-business/home-based-small-scale-business-scheme

シンガポールの美容業界 業界地図はこちら!
お役立ち資料をダウンロードする

2018年 シンガポールの美容(製造)業界

シンガポールのスパ認可制度(1)〜美容業界動向〜

シンガポール消費者協会(CASE: Consumers Association of Singapore)は、スパや健康に関するビジネスを提供する機関に対して、顧客保護の観点からCASE TRUST ACCREDITEDという認定を行っている

承認申請の要件は以下の通り(マッサージに関しては別ライセンスが必要)。

  • 認可申請前までに、消費者保護及び構成取引法 (CPFTA: Consumer Protection (Fair Trading) Act)に抵触するクレームが5つ以下
  • 申請前の1年間に、関連機関に正当な登録がなされている

承認を受けると、店舗内にCASE TRUST Markの掲載が許可され、以下の条件を履行する必要がある。

  • 先払費用は、期間内かつ証明する書類がある場合、未使用分を保証
  • 申込を強制された消費者は、無提供のサービスに対して5日間のクーリングオフ期間を与えられる
  • 明確な費用ルール・サービスの記載とシステムを導入
  • トレーニングを受けたスタッフの雇用を行う

出典:https://www.casetrust.org.sg/accreditation-detail.aspx?id=5

シンガポールのスパ認可制度(2)〜美容業界動向〜

シンガポール消費者協会(CASE: Consumers Association of Singapore)は、CASE TRUST ACCREDITEDの承認を受けたスパのうち、認可基準をクリアした店舗についてライセンスのアップグレードを認めている

アップグレードライセンスは警察ライセンス&規制局(PLRD: Police Licensing & Regulatory Department)によって発行され、Cat I ME(カテゴリー1マッサージ施設)と呼ばれる。

この Cat I MEのライセンスを受領した施設は、下記事項を認められる。

  • 営業時間に規制を受けない
  • アルコール類の提供認可
  • 顧客の年齢制限無し
  • HDB(公営住宅)近隣センター内での運営認可
  • 外国人のマッサージ技師/セラピストの雇用認可

出典:https://www.casetrust.org.sg/accreditation-detail.aspx?id=5

Singapore-beauty salon

日本の最先端脱毛サービスをシンガポールへ〜美容業界動向〜

日系脱毛サロンJapan IPLは、シンガポールで初となるユニセックス脱毛サロンだ。日本のIPL脱毛サービス(施術後数日で効果が認められることの多い、最先端の治療法)がシンガポール人の間で浸透しつつある

同店が従来の脱毛サロンと大きく違う点は、以下の2つ。

  • 従来のサロンのように、先払いでの多額の支払いが不要。実際の通院回数ベースで費用を支払う仕組みで、事前のパッケージ購入は不要。
  • 予約制を廃止。顧客が予約時間に来られない場合は再予約が必要になるが、その手間を省いた。顧客が自分のスケジュールに合わせ、行きたいと思ったタイミングで訪問できる制度が大変好評となっている。

すでにシンガポールに8店舗、その他に近隣のマレーシアやフィリピンにも進出している。

すでにシンガポールに8店舗、その他に近隣のマレーシアやフィリピンにも進出している。

出典:http://www.japaniplexpress.com/

シンガポールで拡大する日本や韓国の低価格ヘアサロン〜美容業界動向〜

日本でもおなじみのヘアカット専門店 QB Houseはすでにシンガポールへ進出して市場を拡大している。一方で、韓国発のKcuts10という低価格ヘアカット専門店も人気を博している。“たった10分で素敵なカット”というのが、両社のセールスポイント。

QB Houseは、カットを低価格で素早く行う他に、顧客へ予測待ち時間の表示や、清潔さなど、顧客満足度の向上に努めている。

価格は韓国のKCuts10がSGD10、日本のQB HouseがSGD12。両社ともシンガポールだけで30店舗以上を駅構内やショッピングモールで展開しており、アクセスがしやすい点も人気の理由であると考えられる。

出典:http://www.k-cuts.com/about-kcuts.html
http://www.qbhouse.com/sg/about/

全方位的サービスで成長を続ける、シンガポールのローカルサロン〜美容業界動向〜

海外からのヘアサロンや脱毛サロン、ネイルサロンの進出が続く中、ローカルの強みを生かして成長してきたヘアサロンがSnip Avenueだ。2007年のスタート時に6名だったスタッフは、現在300人を超える。

美容カテゴリ全般で高クオリティのサービスを提供することをポリシーとし、ヘアカット、ネイルケア、そしてフットマッサージにわたる多様なメニューを用意している。サロン内で使用する商品にもこだわり、資生堂やロレアル等の高品質な製品を使用している。

美容カテゴリ全般で高クオリティのサービスを提供することをポリシーとし、ヘアカット、ネイルケア、そしてフットマッサージにわたる多様なメニューを用意している。サロン内で使用する商品にもこだわり、資生堂やロレアル等の高品質な製品を使用している。

出典:http://snipavenue.com/shop/

まとめ:シンガポールの美容業界

低価格設定の新型サロンが人気の一方で、ローカル企業の勢いも止まらないシンガポールの美容業界。個人消費の拡大によって大きな需要がある今こそ、新規参入のチャンスではないでしょうか。

シンガポールの美容業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. thai-stationery

    【異業種も取り入れる】タイの文房具・事務用品業界

  2. indonesia-cosmetics

    【すべての人へ向けた商品を】インドネシアの化粧品業界

  3. singapore accounting firm

    【2019年、企業はどう動く?】シンガポールの会計事務所業界

  4. philippines-stationery

    【若年層へのアプローチ】フィリピンの文房具・事務用品業界

  5. singapore-stock

    【外資系企業を魅了する】シンガポールの証券業界

  6. singapore-stationary

    【意外なところでも?】シンガポールの文房具・事務用品業界の活躍に注目

  7. singapore-languageschool

    【政府の手厚い支援】シンガポールの語学学校業界

  8. thai-salon

    【医療観光の促進化】タイの最新美容業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-pharmacy
  3. singapore-cosmetics
  4. malasya-fashion
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP