【スマートエネルギーの活用へ】台湾のバイク業界

taiwan-motorbike

台湾では近年、スマートエネルギーを活用したバイクの需要が高まっており、EV市場ではGogoroが圧倒しているため各社が対応に迫られています。

今回は、そんな台湾のバイク業界に焦点を当て、最新の業界情報をお届けしていきます!

読了時間の目安:5分

台湾のバイク業界 業界地図はこちら!

2021年 台湾のバイク(製造業)業界

台湾の三陽工業、2020年の業績は好調〜バイク業界動向〜

台湾のバイクメーカー、三陽工業の2021年2月の純利益額は2.518,091千台湾ドルと、前年同月比プラス2.70%だった。2021年累計純売上額は、6,240,980千台湾ドルに達し、増減率プラス20.49%と大幅なプラスとなっている。

2020年の年始から売上高は伸び続けている。第4四半期の1か月の収益の年間成長率はさらに伸び、約50%に達した。2020年12月の収益は過去2番目に高かった。

2020年の年間売上高は約408億元で、年間21.48%増加し、過去最高を記録した。

出典:三陽工業 https://bit.ly/2QUW2gj

GoShare、台湾で利用者拡大中〜バイク業界動向〜

電動シェアバイクのGoShareのユーザー数は、昨年の同時期に比べて150%増加し、引き続き新記録を樹立している。GoShareは台湾で合計6,000台の車両を投入し、5つの都市、1つの観光ルートなどをカバーしている。

GoShareの電池交換の総数は100万回に到達し、その約70%がGoShareユーザーによって自主交換されている。メインユーザーは26〜35歳の通勤者。毎日GoShareを利用しているユーザーのうち、約40%が2回以上乗車しており、最も人気のある利用期間は午後5時から9時だった。

GoShareがより活発に利用されている人気エリアは次の6つ。台北「東區商圈」、新北「樂華夜市」、青春山海線「淡水捷運站」、桃園「桃園火車站」、雲林「斗六車站」、台南「藍晒圖文創園區」。

出典:goshare  https://www.ridegoshare.com/tw/news

taiwan-motorbike

台湾にも展開するSUZUKIのバイクグローバルオンライン展示会〜バイク業界動向〜

2021年2月5日にSUZUKIバイクグローバルオンライン展示会が世界同時開催された。いつでもどこでも、パソコンやモバイルデバイスがあればアクセスが可能。誰もが簡単にアクセスできる新仮想コミュニケーション会場である。

実際のショールームまたはライブモーターショーに参加するときと同じように新しいバイクモデルの発表を見ることや、スズキディーラースタッフに相談することも可能。これをSUZUKI MOTORCYCLE GLOBALSALONと呼ぶ。

自分のアバターを使ってサロンを自由に探索したり、カスタムカラーやアクセサリーを試したりして、最先端のテクノロジーが楽しめる。

出典:SUZUKI https://www.globalsuzuki.com/motorcycle/event.html

YAMAHA、台湾・鴻寶重安店をオープン〜バイク業界動向〜

YAMAHAは、台湾市場で継続的に電動バイク事業を提供するために、2020年12月24日、鴻寶重安店をオープンした。同店はPoweredbyGogoroNetwork®(=電動バイク展示区)及びGoStation®電池交換ステーションとして運営される。同社は現在、台湾全土に300の修理サービス拠点を持っている。

同社は2019年8月に「GogoroNetwork®スマートバッテリー交換プラットフォーム」と電動バイク「EC-05」を販売後、日本独特のブランドスタイルとヤマハ独自の「人機官能」という開発思想が好評を受けた。

2020年は「ドイツ設計大賞Excellent Product Design Winner」と台灣「ゴールデン設計賞-年度最優秀設計賞」の表彰を獲得している。

出典:Yamaha https://www.yamaha-motor.com.tw/news/news_202012_GoStation.aspx

台湾のSYM、バーチャルリアリティでバイクを発表〜バイク業界動向〜

SYM三陽バイクは「SYMLimitless」をテーマに、バーチャルリアリティで新発売のバイクを発表した。台湾の人々は世界で先駆けてSYMコンセプトの魅力を体験することができる。

SYMのBTシリーズではFNXBT、DRGBT、最新のKRNBTの3台のモデルが用意されている。FNXBTから始まった「世界の美学」のコンセプトでは、中国と西洋の美学を組み合せ、多様化した設計理念を導入している。

DRGBTはドラゴンのイメージを表現しており、空を旅し、自由奔放で柔軟な姿を現している。これは多くの消費者から支持を得ることができ、同社が研究開発を行う上で最大の原動力になっている。

出典:三陽 https://tw.sym-global.com/newsin.php?op=showone&nid=499

台湾のバイク業界 業界地図はこちら!

2020年 台湾のバイク(製造業)業界

ヤマハがゴゴロと提携、台湾で電動スクーター発売〜バイク業界動向〜

ヤマハ発動機株式会社は、2019年8月1日に電動スクーター「EC-05」を台湾で発売した。「EC-05」はGogoro Inc.(本社:台湾桃園市)と台湾市場におけるEVビジネスとの協業活動で開発された電動スクーターとなった。

「EC-05」は、Gogoroの市販車のプラットフォームをベースに、ヤマハがデザインを行ったもので、ヤマハブランドの車両として、現地法人ヤマハモーター台湾の販路を通じて販売される。「EC-05」は、Gogoroエナジーネットワーク社により台湾国内に1,200カ所以上に設置されたバッテリー交換ステーション「GoStation®」を利用できる。「EC-05」の生産はGogoroが行う。

ヤマハは2018年末に発表した長期ビジョンならびに中期経営計画において、「環境・資源課題」を特定し、2050年までに自社製品からのCO2排出量を2010年比で50%削減することを目指している。その解決方法として、小型電動製品の製造・販売を推進する方針を掲げている。

出典:https://global.yamaha-motor.com/jp/news/2019/0627/ec-05.html

台鈴、台湾のゴゴロと電動二輪車の共同開発へ〜バイク業界動向〜

2019年10月31日の発表によると、台鈴は台湾の電動スクーター「GogoroSmartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を手掛ける睿能創意(ゴゴロ)と電動二輪車を共同開発するとのこと。

2020年の第4四半期には、Gogoro Networkスマートバッテリー交換サービスを備えた、Powered by GogoroNetworkTM(PBGN)を利用する電動二輪車を発売する予定だ。

台鈴は電動二輪車の独自開発と共同開発を行うことにしており、2019年7月には、充電式電動二輪車であるe-Ready 1を独自に発売した。それとともに着脱式電池を搭載した電動二輪車のリーディングカンパニーであるGogoroとの共同開発にも着手し、消費者により多くの選択肢を提供できるようにする方針だ。

出典:http://www.suzukimotor.com.tw/index.php?m=News&a=show&id=228

taiwan-motorbike

台湾の摩特動力工業(PGO)、初の電動二輪車発売へ〜バイク業界動向〜

2019年11月27日、二輪車製造を手掛ける摩特動力工業(PGO)は、同社初の電動車ブランド「Ur1」を発表した。台湾の電動スクーター「GogoroSmartscooter(ゴゴロ・スマートスクーター)」を展開する睿能創意(ゴゴロ)の電装システムを搭載したのが特徴となっている。

PGO社によると、現在、高い技術と環境保護は、電気自動車全般に求められる条項だ。しかし、PGOのビジョンはそれだけではなく、エキサイティングでライディングの楽しみに満ちたものを作成することにあるとのことだ。

「Ur1」はGogoro Network™スマートバッテリー交換サービスを利用することができ、台湾の約1,500ヶ所のGoStationを利用できる。バッテリー交換は簡単で、わずか6秒で交換できる。

出典:https://pgo.com.tw/newsDia.php?id=394

台湾経済部発表!伸びる二輪車の販売台数、その背景とは?〜バイク業界動向〜

台湾経済部(経済産業省)は2019年1月から10月までの二輪車の新車販売が71万5000台に上り、年率で1.9%増となったことを発表した。また、新車販売のうち11万5000台が電動二輪車で、年率84.6%増となり、全体に占める割合が2012年に比べ14.7ポイント高い、16.1%になったことを指摘した。

増加の要因としては、国民の環境意識の高まりと補助金政策が有利に働いたことで、電気二輪車を購入する消費者の意欲が高まったことが挙げられる。このことから小売販売、卸売りともに、売上高が増加し成長がみられた。

台湾の二輪車の新車販売数は2015年以前までは年間約60万台〜70万台で推移していたが、2017年から始まった、旧式の古くなった二輪車を電動二輪車に買い替える際の優遇措置の恩恵を受け、近年は年間100万台の新車販売数になっている。

出典:https://www.moea.gov.tw/Mns/dos/bulletin/Bulletin.aspx?kind=9&html=1&menu_id=18808&bull_id=6626

台湾の中華汽車、電動二輪車ブランドを発表〜バイク業界動向〜

2019年7月29日、台湾自動車大手の中華汽車(CMC、三菱自動車系)は、電動二輪車ブランド「e-moving(eムービング)」の新モデル「iE125」を発表した。

e-movingは、2010年のブランド設立以来、電動自転車、小型電動二輪車、およびビジネス専用モデルを発売してきた。今回、大型電気自動車に対する消費者の需要が高まっていることから、同社は台湾で首位の急速充電能力、出力性能、耐久性能、技術機器等のアップグレードを図り、125ccの燃料二輪車に匹敵する性能を達成した。

iE125はフル充電で最大155kmの走行が可能だ。家庭と充電ステーションでの充電の併用が売りだ。「急速充電ステーション」と「スーパー充電ステーション」がKFC、カルフール、中国三菱のディーラー(順義汽車、HSBC Motors)に設置される。

出典:https://www.china-motor.com.tw/news_page.php?id=1520

まとめ:台湾のバイク業界

今までは台湾の2社と日本のYAMAHAでバイクの占有率の8割程を占めていましたが、EVの躍動により各社がGogoroとの提携を結ぶなど市場のニーズに合わせるため急な対応に迫られるなど業界順位は今後変化があるかもしれません。2ストロークエンジンバイクは今年度から禁止になるなど、今後も環境への配慮はバイクにおいて必須条件になっていきます。

台湾のバイク業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. taiwan-workers-education

    【企業のデジタル化に伴うAI教育ニーズ】台湾の資格・社会人教育業界

  2. Thailand-motorbike

    【国内需要に応える】タイのバイク業界

  3. indonesia-car

    【ASEAN最大の市場】インドネシアの自動車業界

  4. philippines-toiletries

    【拡大する市場 】フィリピンのトイレタリー・日用品業界

  5. taiwan-childcare

    【サービス拡充!?】台湾の保育業界

  6. taiwan-toiletries

    【法律の大幅改正】台湾のトイレタリー・日用品業界

  7. taiwan-real estate

    【政府による住宅支援の拡大】台湾の不動産仲介業界

  8. singapore-cosmetics

    【今注目の化粧品は?】シンガポールの化粧品業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP