【急速な成長】マレーシアのトイレタリー・日用品業界

malaysia-toiletries

マレーシアのパーソナルケアとトイレタリー産業は、消費者支出の上昇と共に急速に成長しており、2018年の市場規模は64億リンギットと推計されています。

今回は、そんなマレーシアのトイレタリー・日用品業界に関する最新ニュースをお届け!マレーシアのトイレタリー・日用品業界の今に迫ります。

読了時間の目安:5分

マレーシアのトイレタリー・日用品業界 業界地図はこちら!

2021年 マレーシアのトイレタリー・日用品(製造業)業界

マレーシアのNTPM、2021年度Q2はパーソナルケアが増収〜トイレタリー・日用品業界動向〜

ティッシュなどの紙製品を製造・販売する消費財メーカーのNTPMホールディングスは、2020年度第2四半期の収益が前年同期比で2.8%減となる1億8,867万リンギットであったことを発表した。

事業別では、まず紙製品セグメントはホスピタリティ業界での需要減少により、収益は前年同期比で5.7%減少した。ただ、バージンパルプや古紙などの原材料費が下がったことで、税引前利益は前期から11,849%の増加となっている。

パーソナルケア製品は、ウェットティッシュ及びコットン製品の収益が増加し、前年同期比で4.3%増となる1億1,030万リンギットであった。また、原材料費が下がったことで、税引前利益は前年同期比で307%増加した。

出典:https://disclosure.bursamalaysia.com/FileAccess/apbursaweb/download?id=212567&name=EA_FR_ATTACHMENTS

マレーシアのサウザンライオン、2020年度は減収増益 〜トイレタリー・日用品業界動向〜

洗剤などの日用品を手掛けるサウザンライオンは、消費者心理の弱まりと不確実な経済の見通しに伴い、2019年度の収益が前年度比で2.7%減となる6億2,110万リンギットを記録した。ただ、税引後利益は4,720万リンギットと前年同期比で12.4%増加した。同社は、製造効率の改善と主要原材料のコスト低下の恩恵を受けたとしている。

同社は同年度において歯磨き粉のシステマセンシティブを発売し、機能性歯磨き粉セグメントへ参入した。また、先細歯ブラシ分野においてシステマの市場シェアは35.6%に拡大した。

洗濯用洗剤ブランドのTOPは、2019年プトラ・ブランド・アワードの家庭用品部門において、プラチナ賞を受賞した。

出典:http://www.lamsoon.com.my/pdf/Annual%20Report%202019.pdf

malaysia-toiletries

マレーシアでトイレタリー・日用品業界大手のユニ・チャーム、新おむつでデング熱予防

ユニ・チャームは、世界初となるアンチモスカプセル搭載の紙おむつ『MamyPoko Extra Dry Protect』を、COVID-19後にデング熱の拡大が懸念されているマレーシアとシンガポールで発売することを発表した。自然由来のレモングラス成分を含んだマイクロカプセルを、おむつを止めるテープに塗布している。

クアラルンプールにおいては、デング熱の危険性や予防策について専門医とのパネルセッションを実施し、「デング熱から子を守る宣言」を「MamyPoko」の動画を通して発信、デング熱拡大防止に取り組んでいる。

また、同社は『MamyPoko Extra Dry Protect』発売を通じて、持続可能な開発目標で定めた17目標のうち、「すべての人に健康と福祉を」と「つくる責任 つかう責任」に貢献するとしている。

出典:http://www.unicharm.co.jp/company/news/2020/1214706_13534.html

マレーシアでトイレタリー・日用品業界牽引のユニリーバ、持続可能なココナッツ産業へ

家庭用品を製造・販売するユニリーバは、小規模農家の収入と生計を改善し、サプライチェーンのトレーサビリティを強化、森林破壊を防ぎ、気候危機を緩和するための業界イニシアチブである持続可能なココナッツ憲章に署名したことを発表した。

この憲章は、小規模農家の社会的、経済的、環境的ウェルビーイングに取り組むプログラムを開発するものであり、地域の持続可能な発展に積極的な役割を果たすことを目的としている。

同社のマーティン・ハクスタブル役員は、ココナッツを原料とする食材の需要が増加している中で、業界は持続可能な方法で需要を満たさなければならず、ココナッツ憲章への署名は正しい方向へ向かう重要な一歩だとしている。

出典:https://www.unilever.com.my/news/news-and-features/2020/we-are-helping-to-create-a-more-sustainable-coconut-industry.html

マレーシアでトイレタリー・日用品業界牽引のP&Gが100万リンギット超を寄付

一般消費財メーカーのプロクター・アンド・ギャンブル(P&G)は、COVID-19との戦いに向けて保健省を支援し、またロストフードプロジェクトと提携することで、100万リンギット以上の金銭・物品の寄付を行っている。この寄付は、病院の医療用品購入や、慈善団体が貧困層を支援するために使用される。

病院向けには、スンガイブロー病院とマラヤ大学医療センター(UMMC)、クイーンエリザベス病院へ、50万リンギット相当の現金、そして医療従事者向けにシャンプーやマウスウォッシュなどが寄付された。

また、同社は製品の寄付に加えて特別な募金活動を行い、ロストフードプロジェクトを通じて必要としている人々を支援している。

出典:https://amcham.com.my/wp-content/uploads/Malaysia-Donation-Press-Release-Media.pdf

まとめ:マレーシアのトイレタリー・日用品業界

マレーシアのトイレタリー業界の特徴として、高所得者層ではマウスウォッシュの消費が多く、中南部地域では約3分の1の消費者がデオドラントを頻繁に使用しています。今後も更なる市場規模拡大が見込まれるトイレタリー・日用品業界の動向に目が離せません!

マレーシアのトイレタリー・日用品業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. malasya-fashion

    【海外ブランド多数進出!】マレーシアのアパレル業界

  2. malaysia-hotel

    【増加し続けるホテル】マレーシアのホテル業界

  3. philippine-drugstore

    【自社で製造販売】フィリピンのドラッグストア業界

  4. malaysia-fastfood

    【ライフスタイルにマッチ】マレーシアのファストフード業界

  5. vietnam-drugstore

    【市場は海外がメイン】ベトナムのドラッグストア業界

  6. thai-drugstore

    【日本式スーパードラッグストア】タイのドラッグストア業界

  7. malaysia-telecommunications

    【通信速度世界基準超え】マレーシアの携帯電話事業者業界

  8. indonesia-stationery

    【日本企業と共に】インドネシアの文房具・事務用品業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、東南アジア・中華圏で販路を拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。個別相談・調査サービス「BIZLAB」が運営しています。くわしくはこちら

人気記事

  1. singapore-private-banker
  2. singapore-cosmetics
  3. singapore-pharmacy
  4. singapore-toiletries
  5. malaysia-cosmetis
PAGE TOP