【最新版!】シンガポール 主要海運会社12選〜運輸・物流業界〜

singapore-shipping




今回はシンガポールの海輸業界に焦点を当て、ローカル、日系、外資合わせて12社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

シンガポールの海運業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要海運会社4選〜ローカル企業編〜

X-Press Feeders (エクスプレス・フィーダーズ)

エクスプレス・フィーダーズは、1972年に設立された世界最大の独立した通信事業者。X-PRESS FEEDERSは、SOCの通信事業者であるため、どの顧客とも競合しない。シンガポールの他ドバイ、ムンバイ、バルセロナ、ハンブルク、パナマに300人の専任スタッフが配置されている。


エクスプレス・フィーダーズは、アジア、アフリカ、カリブ海、ラテンアメリカ、ヨーロッパ、地中海、中東のすべての主要な世界の積み替えハブをカバーする、完全所有の43隻を含む110隻以上の船舶(を運航している。2019年、エクスプレス・フィーダーズグループの年間スループットは560万TEを超えAlphaline(仏)TOP100リストで18位になった。

出典: https://www.x-pressfeeders.com/

PSA International (PSAインターナショナル)

PSAインターナショナル(Port of Singapore Authority=PSA)は1964年に設立
されたシンガポールに本部を置く世界最大の港湾運営会社の一つ。 シンガポール港湾庁はシンガポール港の整備、維持、管理、船舶の運行管理などを行なってきた。


1997年に港湾業務の効率化、国際競争力の強化のために政府全額出資のPSAコーポレーションとして民営化し、海事、港湾業務の監督などの機能は海事港湾庁(Maritime and Port Authority)に移管した。2020年に処理されたTEUは86.6メートルに及び、40,000人のスタッフが1,900のクレーンを動かしている。

出典: https://www.globalpsa.com/

Pacific International Lines (パシフィック・インターナショナル・ラインズ)

1967年3月16日にシンガポールで設立された海運会社。2020年9月に102歳で亡くなるまで、世界最古の億万長者であったシンガポールの起業家チャンユンチョンによって設立された。海運からコンテナ製造、その他のロジスティクス関連サービスに至るまで幅広い事業を運営しており、コンテナ船を中核としている。


PILは、シンガポールの沿岸船主から東南アジア最大の船主へと発展し、中国、アジア、アフリカ、南アメリカ、中東、オセアニアを中心に発展してきました。PILは、約100のコンテナ船と多目的船を所有および運営しており、世界90か国以上の500を超える場所にサービスを提供している。PILは、サプライチェーン管理、統合/流通施設、倉庫保管、マルチモーダルサービス、コンテナデポ/ターミナルオペレーションなどのロジスティクス関連の活動に多様化しており、世界中の船舶代理店、コンテナの製造/修理、船舶リサイクル、船舶に関心を持っている。

出典: https://www.pilship.com

Sea Lead Shipping (シー・リード・シッピング)

Sea-Lead Shipping は、2017年3月末にシンガポールで設立された比較的新しい企業。シンガポール本社に加えて、最近ドバイに地域事業所を開設。さらに、18か国でSea-Leadを代表する代理店の優れたネットワークがすでに整っている。


シーリードシッピングは、大型の外航船への積み下ろしのために、貨物を小型船で積み替え港との間で水上輸送するフィーダーサービスを提供する。新しい企業ではあるがすでに海運およびコンテナ業界の地域専門家として認められている。2017年10月、ジェッダとポートスーダン間で最初の船舶の運航を開始した。現在紅海、湾岸、インド亜大陸、東南アジアの接続を専門とおり、スロット契約または独自のサービスを通じて、すべての顧客にに高品質で効率的な接続を提供する。

出典: https://sea-lead.com/

シンガポールの海運業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要海運会社4選〜日系企業編〜

NYK Bulkship (Asia) (日本郵船)

2001年にシンガポールで設立された日本郵船の子会社。日本郵船株式会社は、1885年9月29日に創立された船会社。三菱財閥の中核企業であり、三菱重工とともに三菱グループの源流企業である。1893年12月15日に株式会社となった。日本の3大海運会社の一つであり、戦後の東京証券取引所の指定銘柄12社の一つでもあった。


NYK Bulkship (Asia) 社 が保有するメタノール専用船「TAKAROA SUN」の環境性能が評価され、シンガポール海事港湾庁(Maritime and Port Authority of Singapore、以下MPA)から、Singapore InternationalMaritime Awardsの内、SRS Green Ship of the Year Awardを初めて受賞した。NYKが運航するばら積み船「FRONTIER JACARANDA(フロンティア ジャカランダ)」は、世界的な鉱業会社アングロ・アメリカン社と、バイオ燃料を供給する豊田通商ぺトロリアム社の協力のもと、6月にシンガポール港でバイオ燃料を補油し、南アフリカのサルダナ ベイまでの航路で試験航行に成功した。

出典: https://www.nyk.com

MOL Logistics (Singapore)(商船三井)

MOL Logistics(Singapore)Pte Ltdは、1989年にTotal Logistics Providerとして設立され、現在はグローバルな海運グループMOLの完全子会社。グループは、日本、米国、英国、オーストラリア、中国、インドなどの事業所で構成されており、コンテナ船、ばら積み貨物船、自動車運搬船、タンカー、フェリーの最大の船隊の1つを所有する世界有数の海運会社の1つ。MOLは大規模な商品輸送を提供するだけでなく、今日の新しいビジネス時代の要求を満たすために優れた顧客サービスも提供する。

MOLのコアビジネスは、航空貨物および海上貨物サービス。主な企業戦略は、シンガポール市場だけでなく国際的にもサービスを拡大する。このように、世界中のお客様のロジスティック要件に最適なソリューションを提供する上で重要な役割を果たしている。

出典:http://www.mol-logistics.com.sg/

“K”Line Ship Management (ケーラインシップマネジメント)

2005年7月1日に発足した「K」ラインシップマネジメント(シンガポール)Pte Ltdは、「K」ラインシップマネジメント株式会社を本社とする自社の船舶管理会社。東南アジアの主要な海運ハブの1つであるシンガポールに位置するここでの事業運営は、意欲的で献身的なマネージャー、監督者、スタッフによって適切に管理されている。

KLSMシンガポールは、親会社である「K」ラインに包括的な統合船舶管理サービスを提供。本社は1972年2月16日に設立。払込資本金7千5百万円(授権資本金2億円)、2019年度の売上高は10,842百万円。それらには、技術および乗組員の管理、品質/安全/健康/環境管理、および船内の内部監査とトレーニングが含まれている。

出典: https://www.klsm.com.sg/

NS UNITED SHIPPING(Singapore) (NSユナイテッドシッピング)

1999年11月シンガポールに DAJIN SHIPPING PTE LTD(後にNS UNITED TANKERPTE. LTD.とNS UNITED BULK PTE.LTD.に分割)を設立。外航海運事業者で、鉄鋼原料や鉄鋼製品、液化石油ガス (LPG) などの海上輸送を行う。ばら積み貨物船やタンカーを中心に2012年時点で100隻(用船含む)の船舶を擁している。

本社は東京都にあり、その他中国上海市、ベトナムハイフォンにも拠点があり、イギリス・ロンドン、アメリカ、中国香港、シンガポール、フィリピンの5か所に現地法人を持つ。NSユナイテッド海運は2010年12月24日、長引く円高などで採算が悪化しているシンガポール現地法人のNSユナイテッドシッピング(シンガポール)社の事業再編に伴い、約25億円の特別損失を第3四半期連結決算に計上すると発表した。

出典: http://www.nsuship.co.jp

シンガポールの海運業界 業界地図はこちら!

シンガポールの主要海運会社4選〜外資企業編〜

Mediterranean Shipping Co. (メディテラネアンシッピングカンパニー)

Mediterranean Shipping Co. (以下MSC)は1970年にイタリアナポリで設立
、現在ではスイスのジュネーブに本社を置く世界有数のコンテナ輸送ラインの1つ。世界155か国に524のオフィスを運営し、10万人以上の従業員を擁している。215以上の交易路を航行し、570の港に寄港している。


MSCシンガポールは、シームレスで手間のかからない顧客体験を主な焦点とし
て提供し、通関手続き(通関および貿易網許可申請、輸出入の提出)、トラック輸送(輸出入)を含む包括的な貨物サービスを提供している。またコンテナの燻蒸(輸出および輸送)、コンテナの封印および危険物プラカードの貼り付け(輸出および輸送)、およびコンテナの再取り扱い(輸送)も行なっている。

出典: https://www.msc.com/

CMA CGM (シーエムエー・シージーエム)

CMA CGM Groupは1978年にフランスのマルセイユでCompagnie Maritimed’Affretement(CMA)として創業、南欧~地中海サービスを開始した。 1996年にフランスの国営船社、Compagnie Generale Maritime(CGM)を吸収、社名をCMA CGMとした。現在CMA CGMはフランスを本拠とする世界有数の海運会社・コンテナ輸送会社のひとつ。世界160各国以上の各水域に広がるグループ会社のネットワークを活用し、420以上の港を結ぶ航路の海上輸送、内陸水路輸送、鉄道・トラック輸送を組み合わせたマルチモーダルサービスを提供している。


マースクライン、MSCに次ぐ世界第3位のコンテナ物流企業。事業内容は外航
海運代理店業で航空貨物・海上貨物利用運送業、通関業、倉庫業などを行う。CMA CGM&ANL(シンガポール)PTE LTDは、CMA CGMグループの完全子会社であり、390万TEUを超えるコンテナを運用している。

出典: https://www.cma-cgm.com/local/singapore

COSCO SHIPPING International (コスコ・シッピング・インターナショナル)

1961年に設立されたチャイナオーシャンシッピングカンパニーリミテッド(旧
チャイナオーシャンシッピングカンパニー)は、通称COSCO Group、または単にCOSCOで知られている。元中国政府所有の海運およびロジスティクスサースサプライヤー企業。中国遠洋海運の主要持株会社の1つ。COSCO SHIPPING International(Singapore)は、南アジアおよび東南アジアの主要な統合ロジスティクスサービスプロバイダーの1つになることを目指している。また、ドライバルク輸送、船舶修理、海洋工学、およびさまざまな子会社を通じた資産管理にも携わっている。


2018年に買収した完全子会社であるCogent Holdings Pte. Ltd. (コージェン
ト)は、地元の中小企業から多国籍企業に至るまで幅広い顧客を抱えている。シンガポール最大のワンストップ統合ロジスティクスハブの1つであるCogent1.Logistics Hubの所有者として、Cogentの主な事業は、シンガポールで
の倉庫保管、コンテナデポ、自動車ロジスティクス、輸送、および資産管理です。また、マレーシアで倉庫業とコンテナデポ事業を運営している。

出典:http://www.coscoshipping.com.sg/

Hapag-Lloyd(ハパックロイド)

ハパックロイドは1970年に設立されたドイツの海運会社・海上コンテナ運送会
社。ハンブルクに本社を置く。250隻の近代的な船によって年間1,180万TEUが輸送され、130か国にある394のオフィスで約13,400人の従業員が世界をリードする定期船会社。


ハパックロイドは、総容量180万TEUのフリートと、世界最大かつ最新の冷凍コンテナフリートの1つを含む約280万TEUのコンテナストックを提供している。世界中で合計121の定期船サービスが、すべての大陸の600を超える港間の高速で信頼性の高い接続を保証する。ハパックロイドは、大西洋横断、中東、ラテンアメリカ、およびアメリカ内貿易の主要な海運会社に属している。

出典: https://www.hapag-lloyd.com/

シンガポールの海運業界 業界地図はこちら!

関連記事

  1. taiwan-warehouse

    【海外からの受け入れ態勢は万全】台湾の倉庫業界

  2. vietnam-landtransport

    【システムの電子化】成長が続くベトナムの陸運業界

  3. singapore-medicalcare

    【東南アジアの医療ハブ】シンガポールの最新医療業界事情に迫る

  4. 【大型小売店にシフト】シンガポールのスーパー・コンビニエンスストア業界

  5. singapore-restaurant

    〔デモ〕【変化を遂げる!】シンガポールの外食業界

  6. singapore-electronics-retail

    【最新版!】シンガポールの主要家電量販店11選〜流通・小売業界〜

  7. malaysia-airshipping

    【顔認証システム導入】マレーシアの空運業界

  8. Singapore‐cm

    【テクノロジーへの期待が高まる!】シンガポールの広告業界

ABOUT US

BIZLABマガジンは、海外でビジネスを拡大したい経営者、経営幹部、海外担当者向けに、役立つ情報を提供している専門メディアです。海外での個別相談・調査サービスを提供している「BIZLAB(ビズラボ)」が運営しています。

              ↓↓ビズラボとは↓↓

人気記事

  1. vietnam-bank
  2. singapore-cosmetics
  3. Indonesia-motorbike
  4. singapore-private-banker