【最新版!】中国の主要スーパー・コンビニエンスストア15選〜流通・小売業界〜

中国 スーパー

今回は、中国のスーパー・コンビニエンスストア業界に焦点を当て、ローカル・日系・外資合わせて15社を厳選してお届けしていきます!

それぞれの企業情報や事業内容について、一つ一つ詳しくご紹介します。

読了時間の目安:5分

中国のスーパー・コンビニエンスストア業界 業界地図はこちら!
目次

中国の主要スーパー・コンビニエンスストア5選〜ローカル編〜

華潤万家(Vangurd)

国務院が直接管理する中央企業華潤集団傘下のスーパーマーケットであり、世界500社の企業である華潤グループの優良小売チェーン企業。

萬家CITY、萬家MART、萬家LIFE、苏果、Olé、blt等を傘下に有する。

現在自営店の総数は3240店以上で、 2020年の全国自営店売上は約900億元。

全国28の省、自治区、直轄市と特別行政区をカバーしており、113の地級以上の都市で、従業員数は17万人以上を抱える。

価値創造を重視すると同時に、社会的責任管理を強化し、責任理念と要求を会社の戦略計画、生産経営と業務発展などの各仕事に取り入れ、企業、環境と社会の調和共生の方式を絶えず模索し、各関係者と協力して美しい社会を建設するために努力している。

出典:https://www.crv.com.cn/index_16630.html

苏宁小店(スーニン)

2017年に設立された蘇寧傘下のコンビニ。2018年の新規開店数は1500以上。迪亜天天コンビニを買収。2020年中国コンビニランキングトップ10入り。

伝統的なコンビニと異なり、ユーザーのニーズに応じて多様な商品の選択を提供している。生鮮、果物野菜、総菜などのカテゴリを中心に、平日買い物にあまり時間をさけないようなユーザーから絶大な支持を得ている。

今後は、宅配便の受け取り代行、家電、携帯電話の修理と洗浄サービス、住宅仲介、宝くじ販売などの一連の付加価値サービスを消費者に提供していく方針である。

出典:https://snxd.suning.com/

美宜佳(メイイージアー)

1997年に設立され、東関の地元小売大手であり、美佳スーパーをベースに発展した中国最大のコンビニチェーン企業である。

2021年10月までに、チェーン店の数は25000社を超え、主に広東、福建、湖南、江西、湖北など20の省市180余りの都市に分布している。

毎月300~400軒の店を新規オープンしており、月平均サービス客は2億人を超えている。

中国小売業の十大優秀特許加盟ブランド、中国コンビニ大賞など多くの名誉ある賞を受賞している。

コンビニを本業とし、多産業発展を行っている。

出典:https://www.meiyijia.com.cn/

永輝超市(YH)

2001年に設立された福建省福州市に本社を置く大手民営企業。

中国企業500社の一つで、国家レベルの「流通」と「農業産業化」を強みとする。

中国本土の近代的なスーパーマーケットに、新鮮な農産物を導入した最初の企業で、安価で品質の高い商品が庶民に認められている。

中国国内で29の省、587の都市をカバーしており、経営面積が800万平方メートル以上。

ユーザーに安全、健康、コストパフォーマンスの高い生鮮食品を提供することを心がけている。

出典:https://www.yonghui.com.cn/

联华世纪联华(リエンフアシージー)

1991年に設立された国有企業の百聯傘下のスーパーマーケット。

普通サイズの店舗は「聯華」、超大型店舗は「世紀聯華」のブランドで展開。

上海初のチェーン経営の発展を特色とするスーパー会社で、聯華は現在中国最大の商業小売企業となり、大型総合スーパー(大売り場)、スーパーマーケット、コンビニなどの多元業態連動相補的な競争優位を形成している。

中国の主要都市を中心とした20余りの省・市と自治区の100余りの都市に強力なチェーン経営ネットワークを構築し、消費者が信頼する商業ブランドである。

出典:http://www.hnsjlh.com/

中国のスーパー・コンビニエンスストア業界 業界地図はこちら!

中国の主要スーパー・コンビニエンスストア5選〜日系編〜

全家(FamillyMart)

1988年末、台北駅のビジネス街に1号店の関前店がオープンし、2004年に中国大陸でも全国展開している。

現在中国市場は急速に開拓中で、上海は484のコンビニに達する見込み。

海外運営は多国籍戦略の下で順調に売り上げを伸ばしており、、合弁企業を設立することで現地の市場にサービスを提供している。

2020年、艾媒金榜(iiMedia Ranking)が発表した「2020年6月中国コンビニスブランドランキングTOP10」の3位を獲得した。

日本ではコンビニチェーン業界が成熟しているため、特に中国やベトナムなどのコンビニチェーン店がまだ完全に開発されていない市場の開拓を引き続き行う予定。

出典:http://www.familymart.com.cn/

7-Eleven(セブンイレブン)

1992年に中国に進出。美団などの宅配サービスと連携した戦略を積極的に推し進めている。本社は成都市。

多くの国に出店しているため、国際的な共同購入やメーカーの相互紹介を通じて、商品の購入コストを下げ、特色のある商品を作ることを特徴としている。

中国大陸部では、現在700社近くあり、主に広州と深センに集中している。

上海では生鮮食品が全店の収益に占める割合は40%に達しており、他国と比較してもかなり割合が多い。このため、店内にイートインスペースを設けている店舗も多く見られる。

出典:http://www.7-11cd.cn/

罗森(LAWSON)

1996年に上海華灘株式会社の合弁会社として設立。上海では、2012年にスイーツ、2014年にパンの開発に注力し、現地人の人気を得ている。

顧客に良質、安全、市民に安心の商品とサービスを提供している。

南京では国内の最高販売記録を更新したこともあり、順調に売り上げを伸ばしている。

2020年より河北省にも進出をはじめ、今後河北省では、2025年までに大加盟商金典商業が少なくとも50店舗を開設することを目標としていると表明している。

出典:https://www.chinalawson.com.cn/

永旺(イオン)

イオンは1985年に香港で、1996年に広州で事業を拡大し始めて以来、現在中国で400余りの異なる業態の店舗を経営している。

2008年に海外のイオンモール1号店をオープン。中国国内での認知とブランド価値をさらに高めると共に、ローカルスタッフによるマネジメントの現地化を積極的に推進し、持続的な成長をめざす。

2011年、イオンは北京に「イオン(中国)投資有限会社))イオングループ中国本部)」を設立した。

事業は総合百貨店(GMS)、食品スーパー(SM)、コンビニエンスストア、総合金融、商業地産開発、サービス、専門店、機能会社など多くの分野をカバーし、異なる発展ニーズを満たし、現地の民生にサービスを提供し、安全で安全な商品とサービスを提供することを目的としている。

出典:http://www.aeonchina.com.cn/

伊藤洋華堂(ItoYOokado)

1997年成都市に開業。元対外経済貿易協力部(現商務部)の批准を得て設立された中外合資会社である。

中国各地にて小売業を積極的に拡大。中国人従業員の教育にも注力している。

中国展開戦略としては、北京を重点発展地域とし、ある地域を中心に複数の店舗を開設していくことで、コストを節約しながら、その地域内で一定の知名度を得ることを目指している。

大手スーパーマーケットチェーン、生鮮スーパー、コンビニエンスストアの3つの業態で進出することで、高消費需要を重視するハイエンド消費層だけでなく、便利、低価格、高品質を重視する多方面のニーズにも応えることができる。

出典:http://www.iy-cd.com/

中国のスーパー・コンビニエンスストア業界 業界地図はこちら!

中国の主要スーパー・コンビニエンスストア5選〜外資系編〜

家楽福 (Carrefour)

1959年設立、1995年中国進出。2019年、カルフール中国の株式80%を蘇寧グループに売り、実店舗とオンラインとの融合を図るため、連携し展開する。

店内を全面的にデジタル化し、オンラインとオフラインが融合したスーパーマーケット消費シーンを構築し、進化する消費ニーズをよりよく満たすため工夫している。

中国国内に210の大型総合スーパーと24のコンビニを開設し、22の省と51の中規模から大規模の都市をカバーし、約3000万人の会員を擁している。

出典: http://carrefourtemp.suningholdings.com/cms/index.html

麦德竜超市(METRO)

ドイツに本部を置く、小売卸売スーパーマーケットグループ。1996年に上海に開業し、食品の品質と安全にこだわりを持ち事業展開をしている。

中国の60都市に99のデパートを開設し、11000人以上の従業員を擁し、2000万人の顧客にサービスを提供してきた。

同社は異なる顧客タイプに対してマルチチャネル業務モデルを発展させ、O2O全ルート小売、食品配送サービスおよび福祉贈り物の三大業務分野での発展を加速し、専門顧客および個人消費者に豊富で高品質な製品とオンライン一体化サービスを提供している。

食品の品質と安全分野のリーディングカンパニーとしてISO9001、ISO22000、HACCPの三認証を取得している。

出典: https://www.metro.cn/

沃乐玛(Walmart)

アメリカの大手スーパー。中国各地においても抜群の知名度を生かしており、中国での長期的な投資と発展に取り組んでいる。本社は深圳市。

中国国内には100余りの都市に400余りの店、23の配送センターを開設している。

人材の現地化を重視し、人材の多様性、特に女性従業員と経営陣の育成と発展を奨励しており、女性の従業員は約66%、管理チームの約50%は女性である。

実体小売店、オンライン電子商店、モバイルデバイスのモバイル端末など、さまざまなプラットフォームを通じて、世界中の人々がいつでもどこでも利用できるように注力している。

出典: https://www.walmart.cn/

開市客(Costco)

米国で最大のチェーンメンバーシップベースの倉庫店。2020年1月に1号店が上海に、8月に2号店が蘇州にてオープン。行列ができるほどの人気。

全世界の会員は1億人以上。

強大な購買力を武器に、大量仕入れ方式と、倉庫・卸売り販売を通じ、過度の包装を避け、できるだけコストを下げることで、節約した利益を会員に還元している。

毎年定額会費を徴収して開業客の日常的な運営と管理を維持し、会員により多くの価値を創造できるよう尽力している。

出典: https://www.costco.com.cn/#/index

大润发(RT-mart)

台湾企業。1998年に中国進出した会員制の大型チェーン総合スーパー。

中国大陸の「大潤発」店はすべて康成投資(中国)有限公司が投資して設立されたものである。

2021年現在、中国大陸地区に500近くの総合的な大型スーパーを開設することに成功し、華東、華北、東北、華中、華南の五つの地域に広がり、全国29の省市と自治区が230余りの都市をカバーしている。

10万人余りの従業員と10万人余りの案内購入を持ち、毎日500万人余りの顧客にサービスを提供している。

出典: http://www.rt-mart.com.cn/

中国のスーパー・コンビニエンスストア業界 業界地図はこちら!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次